基本情報

写真a

PERREM JOHN GUY

ペレム ジョン ガイ


所属センター等1

理工学基礎教育センター

職名

准教授

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 人文地理学

  • 人文・社会 / 教育学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • global issues, education

  • public space, mobility, intercultural

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 青少年と都市の公共空間

    2002年 ~ 2006年

  • 都市計画

    2008年

  • 教育学

    2009年 ~ 2010年

  • 子どもや若者のモビリティー

    2012年 ~ 2017年

  • クオティディアンの生活と感情

    2018年 ~ 2020年

全件表示 >>

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • ユニバーシティカレッジコーク、地理学部

    2006年09月,博士前期,人文科学研究科,人文地理学,修了,アイルランド

  • ユニバーシティカレッジダブリン、教育学部

    2010年,博士前期,教育学研究科,教育,修了,アイルランド

  • 文化人類学専攻, 民族学の工芸

    2013年,博士,歴史・人類学研究科,Anthropology,修了,スウェーデン王国

  • 学術指導・学習の質的向上部門

    2014年,博士,教育学研究科,Education,修了,スウェーデン王国

  • SLU

    2014年,博士,社会科学研究科,Social Science,修了,スウェーデン王国

全件表示 >>

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • ユニバーシティカレッジコーク(UCC)

    2006年,人文学院,院 哲学の修士号 ,卒業,アイルランド

  • ユニバーシティカレッジダブリン(UCD)

    2010年,教育学部 大学院 ,教育大学院修士 ,卒業,アイルランド

  • ウプサラ大学 (UU)

    2016年,Faculty of Social Science,博士号,卒業,スウェーデン王国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 社会学と地理学の学士号

職歴 【 表示 / 非表示

  • ユニバーシティチューター&デパートメントリソースルームマネージャー、デパートメントオブジオグラフィー、ユニバーシティカレッジコーク(UCC)

    2002年 ~ 2005年

  • アイルランド、コークのアーバンスペースイニシアチブの研究者/創設者。

    2010年 ~ 2012年

  • ウプサラ大学社会経済地理学部博士課程候補

    2012年 ~ 2016年

  • ウプサラ大学社会経済地理学部客員大学教員(所属)

    2017年

  • 副教授, Muroran IT

    2020年10月

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 王立地理学会(RGS)

  • JALT

  • 英国応用言語学会

その他の受賞(官庁・民間団体表彰、感謝状等) 【 表示 / 非表示

  • Fieldwork Funding

    2013年,John Guy Perrem

  • Fieldwork Funding

    2014年,John Guy Perrem

  • Fieldwork Funding

    2014年,John Guy Perrem

  • Fieldwork Funding

    2017年,John Guy Perrem

 

人文地理学. 教育学

アーバンモビリティ、マッピング、公共空間

研究開発の目的

経験や移動の軌跡に関連した、公共空間におけるさまざまな利用パターンを検証すること。

この研究の目的は、公共空間の利用、アクセス、移動に関連するさまざまな要素を探ることです。これは、都市の視点から見た公平性と環境正義の問題につながるものです。

研究開発の概要

新たな視点で公共空間を考える

公共空間は、都市生活者が社会的・身体的に回復するための重要な基盤であると考えられてきた。しかし、公園などの公共空間へのアクセスや利用状況は、社会全体で平等ではありません。性別、年齢、そして時間性などの関連する要素はすべて、アクセスや利用に影響を与える可能性があります。この研究では、様々な都市部のグループにおける移動の軌跡や地図上の軌跡、そして関連する経験を調査しています。

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • 公共空間における移動軌跡マップを作成し、現場での利用状況を把握する。
  • 都市のさまざまな集団の公共空間の利用経験を調べる。
  • 都市生活者の視点から、公共空間改善の可能性を探る。
  • アクセシビリティの観点から、公共空間における環境正義に貢献することを支援する。
  • トラジェクトリーマッピングと定性的な方法論要素の組み合わせ。
  • 未開拓のフィールドワーク先に着目。
  • 外部ユーザーと内部ユーザーの両方の視点から、公共空間の利用状況を分析。
  • 公共空間は内部ゾーンを持つと考える。
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • 学際的な思考が以前より多く活用されている。
 

著書 【 表示 / 非表示

  • 都市の公共空間における子どもや若者の移動排除のさまざまな形態の規制と抵抗

    John Guy Perrem,Geographica Series ,All,(頁 102),2016年11月,978-91-506-2602-5

論文 【 表示 / 非表示

  • オンラインと物理的な教室環境における混乱と気晴らし

    John Guy Perrem,北海道言語文化研究,20号,(頁 133 ~ 153),2022年03月

  • 地理的想像力:EFLの大学授業で地図を使用することに対する学生の認識。

    John Guy Perrem,北海道言語文化研究,19号,(頁 95 ~ 116),2021年03月

  • "Some Type of Force Field'': Immigrant Parents Everyday Encounters with Exclusion and Public Space Mobilities

    John Guy Perrem,Space and Polity,22巻,1号,(頁 1 ~ 14),2018年02月

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • プラスティンクリエーション

    John Guy Perrem,The Language Teacher,46巻,4号,2022年07月

  • 日本におけるコビド-19への対応における学生の体験談

    John Guy Perrem,T.C.O. Urbanism,2020年

  • 日本の日常の都市の流れ

    John Guy Perrem,Royal Institute of the Architects of Ireland ,2020年

  • 空間、記憶、つながり。都市公園の情緒層

    John Guy Perrem,Architecture Ireland,2018年

  • 座席と地域公共空間の重要性

    John Guy Perrem,Building Material,18巻,2009年

全件表示 >>

研究報告 【 表示 / 非表示

  • ひと文化系領域教員によるコロナ禍における遠隔授業の取り組みについて

    上村浩信、木元浩一、清末愛砂、工藤ローラ、前田潤、森田英章、小野真嗣、ペレム・ジョンガイ、塩谷亨、サステナンス・スコット、山路奈保子,室蘭工業大学紀要,71号,(頁 39 ~ 59),2022年03月

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Urban Mobilities and Fear: Women's Experiences of Public Space in Dublin.

    John Guy Perrem,RGS,Everyday life and urban transformation ,2022年08月,Newcastle University

  • 言語教育における社会的、政治的問題。EFL大学の授業でマップをインスパイアツールとして活用する

    John Guy Perrem,JALT 2021: Reflections and New Perspectives,Sociopolitical Issues in Language Education,2021年11月,日本国

  • 見知らぬ危険」を生み出すプロセスと子どもたちの都市公共空間におけるモビリティーへの影響

    John Guy Perrem,Conference of Nordic Geographers,Conference of Nordic Geographers,NGM,2017年06月,スウェーデン王国

  • 分断された公園。有料再開発が都市公園のモビリティと社会生活に与える影響」と題して、「公園は分断された。

    John Guy Perrem,Conference of Nordic Geographers,Conference of Nordic Geographers,NGM,2015年06月,エストニア共和国

  • 質的方法で隠されたものを明らかにする。アイルランドの公立公園での子どもと親の経験

    John Guy Perrem,Conference of Nordic Geographers ,NGM,2013年06月,アイスランド共和国

全件表示 >>

作品 【 表示 / 非表示

  • 思索の場 - クリエイティブフォトプロジェクト

    2022年,John Guy Perrem,Ireland

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • フレッシュマン英語演習(L~Pクラス)

    2022年度,学部

  • 英語コミュニケーションⅠ(Dクラス)

    2022年度,学部

  • 英語コミュニケーションⅠ(Lクラス)

    2022年度,学部

  • 英語コミュニケーションⅠ(Pクラス)

    2022年度,学部

  • フレッシュマン英語演習(C~Gクラス)

    2022年度,学部

全件表示 >>

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • English Around the World: Irish English

    2022年06月,Muroran IT,N Building 210,Public Lecture: Internationalization & Education,講演

  • Irish culture and communicating in English.

    2021年10月,Muroran IT,N Building ,Public Lecture: Internationalization & Education,講演

研修 【 表示 / 非表示

  • English Education

    2019年,Hokkaido Board of Education,Sapporo Government Buildings,Education,Lesson Plan Presenter

  • English Education

    2019年,Hokkaido Board of Education,DOKEN,Teacher Training,Facilitator

  • English Education

    2018年,Hokkaido Board of Education,Sapporo Government Buildings,Education,Lesson Plan Presenter

学会委員会 【 表示 / 非表示

  • Departmental International Information Pack Group

    2015年,委員,Department of Social and Economic Geography - Task Group,地方支部

  • Election Committee of the Departmental Board

    2014年,委員,Uppsala University - Departmental Committee,地方支部

  • PhD Student Council for Social Sciences (SDR, faculty wide council)

    2013年 ~ 2015年,委員,Faculty of Social Science Council,地方支部

  • PhD Association for Social and Economic Geography Department.

    2012年 ~ 2014年,委員,Department of Social and Economic Geography - Association ,地方支部

国際研究協力活動 【 表示 / 非表示

  • テーママップ・プロジェクト

    Colombia,Universidad Externado de Colombia,2022年