基本情報

写真a

佐藤 和彦

サトウ カズヒコ


担当専攻 博士前期課程

情報電子工学系専攻

担当学科

システム理化学科

職名

准教授

電子メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 教育工学

  • 情報通信 / 知能情報学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 遠隔教育、Web教材、学習状況把握

  • 知的エージェント、意思決定支援、心理モデル

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • モバイル端末向け位置情報サービスに関する研究

    PDA,GPS,位置情報,2002年09月 ~ 2005年03月

  • 事前対応型の修学指導支援システムの開発

    修学指導,学生ポートフォリオ,2006年04月 ~

  • 研究活動支援システムの開発

    知識共有,研究活動支援,論文検索,2010年04月 ~

  • 自由度の高いWebインタフェースの開発

    Webインタフェース,情報検索支援,2010年04月 ~

  • 留学生の日本語習熟度に応じた教材編集システムの開発

    学習支援,留学生支援,教材編集,2011年04月 ~ 2013年03月

全件表示 >>

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 知的エージェントの意思決定機構

    1997年04月 ~ 2005年03月

  • Web教材を利用する学習形態における学習状況把握支援手法

    2000年04月 ~ 2003年03月

  • 心理モデルに基づく知的エージェントの意思決定機構とその応用

    2005年04月 ~ 2007年03月

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 会津大学・大学院

    2002年03月,博士後期,コンピュータ理工学研究科,コンピュータシステム学専攻,修了,日本国

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 会津大学

    1997年03月,コンピュータ理工学部,コンピュータソフトウェア学科,卒業,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(コンピュータ理工学)

    New Agent-based Match-Making Methods and Their Applications

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 情報処理学会

  • 電子情報通信学会

  • 教育システム情報学会

  • コンピュータ利用教育協議会

  • 日本感性工学会

全件表示 >>

学術賞 【 表示 / 非表示

  • 称号「シニア会員」

    2011年05月23日,電子情報通信学会

  • CIEC学会賞(論文賞)

    2012年08月04日,コンピュータ利用協議会

  • 日本工学教育協会賞(業績賞)

    2012年08月22日,日本工学教育協会

  • 第4回実践的IT教育シンポジウム 最優秀論文賞

    2018年01月24日,日本ソフトウェア科学会

  • PCカンファレンス2018優秀論文賞

    2018年08月25日,コンピュータ利用教育学会(CIEC)

全件表示 >>

 

インターネット上でのコミュニケーション支援

ネットワーク環境における知的作業支援

研究開発の目的

パーソナルエージェントの開発

パーソナルエージェント技術の開発により,インターネットでのコミュニケーション支援をしてもらうことである。個人の負担を減らし,ユーザーの満足度を上げ,全体としてのコミュニケーションのバランスをとることのできるエージェントの開発である。

研究開発の概要

もう一人の自分を支援するプログラム

エージェントと呼ばれるプログラム(もう一人の自分)にコミュニケーションを支援してもらう研究で,インターネット上で人間的なやりとりが可能になる。エージェント間のコミュニケーション能力や利用者の要求を把握する能力をもって人間を支援できる。心理学も加味されたエージェント(プログラム)の開発をしている。

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • インターネットを利用するときに常に支えてくれるものとしてさらに利便性のあるエージェントの開発(もう一人の自分)
  • 結果だけではなく,やりとりの過程まで,ユーザーの意思を尊重した手順で進めていけるエージェント開発
  • 人間の心理状態と同じようにエージェントの知識を豊富にし,心理学も加味
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • 心理を反映させることができるエージェント開発
  • ユーザーが命令しなくても理解して行動するエージェント
 

著書 【 表示 / 非表示

  • 現代社会と情報システム

    岡田吉史,小川祐紀雄,岸上順一,桑田喜隆,佐賀聡人,佐藤和彦,塩谷浩之,渡邉真也,朝倉書店,現代の情報化社会,(頁 145),2020年04月,9784254122534

論文 【 表示 / 非表示

  • Non-destructive Leaf Area Index estimation via guided optical imaging for large scale greenhouse environments

    Stefan Baar, Yosuke Kobayashi, Tatsuro Horie, Kazuhiko Sato, Hidetsugu Suto, Shinya Watanabe,Computers and Electronics in Agriculture,197巻,2022年06月

  • Layer Based Firewall Application for Detection and Mitigation of Flooding Attack on SDN Network

    Yubaraj Gautam, Kazuhiko Sato, Bishnu Prasad Gautam,Journal of Engineering Research and Sciences,1巻,5号,(頁 88 ~ 101),2022年05月

  • 大学学部生を対象とした実践的IT人材育成プログラムenPiT2における教育効果の測定と評価

    山本雅基,小林隆志,宮地充子,沢田篤史,岡村耕二,佐藤和彦,奥野拓,粂野文洋,井上克郎,コンピュータソフトウェア,39巻,2号,(頁 3 ~ 18),2022年05月

  • A PROPOSAL OF ROLE-PLAYING GAMIFICATION BASED E-LEARNING TO LEARN CYBER SECURITY FOR SAUDI STUDENTS

    Njoud Alsubaiheen, Kazuhiko Sato, Kento Suzuki,Journal of International Scientific Publications: Educational Alternatives,19巻,(頁 169 ~ 178),2021年10月

  • 3D Periodic-Sugoroku Game for Active Learning of the Periodic Table

    Takeshi Shibata, Masami Ido, Shinichi Ito, Kazuhiko Sato,Neo-Simulation and Gaming Toward Active Learning,18巻,(頁 89 ~ 98),2019年10月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Puzzle game as learning identifier : HELLTAKER use case

    Vivat Thongchotchat, Kazuhiko Sato, Hidetsugu Suto,7th International Conference on Business and Industrial Research (ICBIR2022),2022年05月,Bangkok, Thailand

  • Novel Firewall Application for Mitigating Flooding Attacks on an SDN Network

    Yubaraj Gautam, Kazuhiko Sato, Bishnu Prasad Gautam, Norio Shiratori,Proc of 2021 International Conference on Networking and Network Applications (NaNA2021),IEEE Xplore,2021年10月,オンライン

  • A Proposal of Role-Playing Gamification based e-Learning to Learn Cyber Security for Saudi Students

    Njoud Alsubaiheen, Kazuhiko Sato, Kento Suzuki,Proc. of 12th International Conference on Education, Research & Development,2021年08月,Burgas, Bulgaria (online)

  • Recommender System Utilizing Learning Style: Systematic Literature Review

    Vivat Thongchotchat, Kazuhiko Sato, Hidetsugu Suto,6th International Conference on Business and Industrial Research (ICBIR),IEEE,2021年06月,Bangkok, Thailand (online)

  • Experimental Security Analysis of SDN Network by Using Packet Sniffing and Spoofing Technique on POX and Ryu Controller

    Yubaraj Gautam, Bishnu Prasad Gautam, Kazuhiko Sato,2020 International Conference on Networking and Network Applications (NaNa),2020年12月,中国海口市(オンライン)

全件表示 >>

研究報告 【 表示 / 非表示

  • コロナ禍初期における室蘭工業大学の対応 ~遠隔授業配信のためのシステム構築~

    佐藤和彦,小川祐紀雄,岡田吉史,澤口直哉,藤本敏行,有村幹治,浅田拓海,湯浅友典,畠中 和明,加野裕,早坂成人,三林光,室蘭工業大学紀要,71巻,(頁 8 ~ 15),2022年03月

  • ネパールにおける学術交流活動についての第一報

    佐藤和彦,室蘭工業大学紀要,70巻,(頁 81 ~ 88),2021年03月

  • 主体的学習を促す実践的ソフトウェア開発演習のための学習環境の改善と課題

    佐藤和彦,服部峻,佐賀聡人,日本ソフトウェア科学会第4 回実践的IT教育シンポジウム(rePiT2018) 論文集,82号,(頁 1 ~ 11),2018年01月

  • Design and Implementation of Sustainable e-learning System in an Unstable Community Wireless Mesh Network

    Dibesh Shrestha, Kazuhiko Sato,電子情報通信学会技術研究報告,114巻,121号,(頁 7 ~ 12),2014年06月

  • 不安定ネットワーク向けのe-learningシステムの提案

    佐藤和彦,鈴木雄士,Shrestha Dibesh,Dambar Raj Paudel,Bishnu Prasad Gautam,CIEC研究会論文集,5巻,(頁 58 ~ 61),2014年03月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • ユーザの感情に応じたインタラクティブインタフェースの提案

    楊基楽,佐藤和彦,情報処理学会第84回全国大会,情報処理学会,情報処理学会第84回全国大会予稿集,2022年03月03日,愛媛大学(オンライン参加),日本国

  • 睡眠の質向上を促す生活習慣改善支援システムの提案

    伊東秀,佐藤和彦,高原まどか,須藤秀紹,情報処理学会第84回全国大会,情報処理学会,情報処理学会第84回全国大会予稿集,2022年03月03日,愛媛大学(オンライン参加),日本国

  • Novel Firewall Application for Mitigating Flooding Attacks on an SDN Network

    Yubaraj Gautam, Kazuhiko Sato, Bishnu Prasad Gautam, Norio Shiratori,2021 International Conference on Networking and Network Applications (NaNA2021),Proc. of 2021 International Conference on Networking and Network Applications (NaNA2021),2021年10月29日,Lijiang, China (online),中華人民共和国

  • A Proposal of Role-Playing Gamification based e-Learning to Learn Cyber Security for Saudi Students

    Njoud Alsubaiheen, Kazuhiko Sato, Kento Suzuki,12th International Conference on Education, Research & Development,Proc. of 12th International Conference on Education, Research & Development,2021年08月25日,Burgas,ブルガリア共和国

  • Recommender System Utilizing Learning Style: Systematic Literature Review

    Vivat Thongchotchat, Kazuhiko Sato, Hidetsugu Suto,6th International Conference on Business and Industrial Research (ICBIR),Proc. of 6th International Conference on Business and Industrial ResearcProc. of ,2021年05月21日,Bangkok

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 大企業

    2021年04月07日,0(円)

  • 大企業

    2020年04月01日,0(円)

  • 大企業

    2019年04月01日,0(円)

受託研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 独立行政法人

    2020年07月30日,0(円)

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 不安定環境下で安定稼動可能な協調型学習支援システムの開発とネパールでの実践活用

    2020年度 ~ 2022年度,基盤研究(C),20K12104

  • 不安定ネットワーク環境下で安定稼動可能な協調型eラーニングシステムの開発

    2017年度 ~ 2019年度,基盤研究(C),17K01106

  • 修学指導支援システムのWebユーザインタフェース動的生成機能の開発

    2012年度 ~ 2014年度,若手研究(B),24700881

  • 事前対応型の修学指導支援システムの開発

    2007年度 ~ 2009年度,若手B,19700234

  • 心理モデルに基づく知的エージェントの意思決定機構とその応用

    2005年度 ~ 2006年度,若手B,17700133

その他補助金等 【 表示 / 非表示

  • ICTを活用するIoT時代のイノベーション人材育成のためのビジネスアプリケーション/システムデザイン実践教育ネットワーク

    2017年04月01日 ~ 2018年03月31日,文部科学省,平成29年度研究拠点形成費等補助金(H28~H32年度予定),7000000(円)

  • ICTを活用するIoT時代のイノベーション人材育成のためのビジネスアプリケーション/システムデザイン実践教育ネットワーク

    2016年09月26日 ~ 2017年03月31日,文部科学省,平成28年度研究拠点形成費等補助金(H28~H32年度予定),9000000(円)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 基盤情報学演習

    2022年度,学部

  • プログラミングB

    2022年度,学部

  • 計算機システム特論

    2022年度,博士前期課程

  • プログラミングB

    2021年度,学部

  • プログラミングA

    2021年度,学部

全件表示 >>

教材開発 【 表示 / 非表示

  • VRソフトウェア開発支援フレームワーク

    2017年09月,佐藤和彦

  • 平成24年度「情報工学PBL:システム開発演習」の手引き

    2012年09月,佐賀聡人、佐藤和彦、ほか, (頁 190)

  • 平成23年度「情報工学PBL:システム開発演習」の手引き

    2011年09月,佐賀聡人、佐藤和彦、ほか, (頁 182),自費出版

  • VRソフトウェア開発公開講座テキスト

    2011年03月,佐藤和彦, (頁 13)

  • 情報工学PBL:システム開発演習テキスト

    2010年09月,佐賀聡人、佐藤和彦、ほか, (頁 20)

全件表示 >>

教育著書 【 表示 / 非表示

  • 現代社会と情報システム

    2020年04月,岡田吉史,小川祐紀雄,岸上順一,桑田,2.現代の情報化社会, (頁 145),朝倉書店

教育論文 【 表示 / 非表示

  • 主体的学習を促す実践的ソフトウェア開発演習のため改善とその効果の検証

    2019年06月,佐藤和彦,服部峻,佐賀聡人,コンピュータ&エデュケーション,46巻, (頁 64-69)

  • A Practice for Training Practical IT Engineers by Combining Two Different Types of PBL

    2018年03月,Kazuhiko Sato, Yosuke Kobayashi, Takeshi Shibata, Hidetsugu Suto, Shinya Watanabe, Shun Hattori and Sato Saga,Intelligent Information and Database Systems, ACIIDS2018 Proceedings Part II,10752巻, (頁 159-168)

  • 主体的学習を促す実践的ソフトウェア開発演習のため の学習環境の改善と課題

    2018年01月,佐藤和彦,服部峻,佐賀聡人,日本ソフトウェア科学会第4 回実践的IT教育シンポジウム(rePiT2018) 論文集,82号, (頁 1-11)

  • 学生のやる気を引き出す「見える」ソフトウェア開発演習の実現と評価

    2011年12月,佐藤和彦,倉重健太郎,岡田吉史,佐賀聡人,コンピュータ&エデュケーション,Vol.31巻, (頁 94-99)

  • 簡略型遠隔ゼミシステムの構築

    2004年,向井 誠・ルアンルアンリット サワット・佐藤 和彦・早坂成人・石田 純一・杉岡 一郎,大学情報システム環境研究

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 教育とICT技術

    2019年07月21日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,教員免許状更新講習,講演

  • 教育とICT技術

    2018年07月21日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,教員免許状更新講習,講演

  • バーチャルリアリティ・プログラミング入門

    2011年03月,室蘭工業大学,室蘭工業大学,室蘭工業大学公開講座,未設定

講演 【 表示 / 非表示

  • Collaborative E-learning System for Unstable Environment

    2017年12月30日,Tribhuvan University of Nepal, Prithvi Narayan Campus

学会委員会 【 表示 / 非表示

  • 教育工学研究会専門委員会

    2012年04月01日 ~ 2014年03月31日,委員,電子情報通信学会,全国

国際研究協力活動 【 表示 / 非表示

  • Collaborative E-learning System for Unstable Environment

    ネパール,Tribhuvan University of Nepal, Prithvi Narayan Campus,2019年12月 ~ 2020年01月

  • Joint Research Workshop 2019

    ネパール,Tribhuvan University of Nepal, Prithvi Narayan Campus,2019年09月

  • Presentation Program of Zoological Society of Pokhara

    Nepal,Tribhuvan University of Nepal, Prithvi Narayan Campus,2017年12月

  • 不安定なネットワーク環境下で安定稼動する教育支援システムの開発

    Nepal,Tribhuvan University of Nepal, Prithvi Narayan Campus,2012年12月 ~ 2018年03月