基本情報

写真a

上井 幸司

ウワイ コウジ


担当専攻 博士前期課程

環境創生工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

システム理化学科

職名

准教授

電子メールアドレス

メールアドレス

ホームページURL

http://www3.muroran-it.ac.jp/biocat

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ケミカルバイオロジー

  • 生体関連化学

  • 天然資源系薬学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 生物活性物質

  • アミロイドβ

  • アルツハイマー病

  • 構造活性相関

  • 酵素

全件表示 >>

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 北海道の天然資源を基盤としたアミロイドβ凝集阻害物質の探索と活性機構の解明への活用

    アミロイド,認知症,誘導体化,2011年04月 ~ 2019年12月

  • 天然物化学を基盤とした生物活性物質の創出

    天然物化学,生物活性物質,構造活性相関,1995年04月 ~ 2019年12月

  • 生物機能を利用した新規物質変換反応の開発

    リパーゼ,Pseudomonas putida,2011年04月 ~ 2018年03月

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 東北大学

    1997年03月,博士前期,薬学研究科,立体創薬化学,修了,日本

  • 東北大学

    2000年03月,博士後期,薬学研究科,薬学専攻,修了,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 東北大学

    1995年03月,薬学部,薬学科,卒業,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(薬学)

    ドクゼリ(Cicuta virosa)の中枢毒性C17-多価不飽和アルコールの薬学的研究

職歴 【 表示 / 非表示

  • 金沢大学薬学部教務職員

    2000年04月 ~ 2000年08月

  • Max-Planck-Institute fur molekulare Physiologie博士研究員

    2000年09月 ~ 2002年03月

  • 東北薬科大学助手

    2002年04月 ~ 2006年03月

  • 東北薬科大学講師

    2006年04月 ~ 2011年03月

  • 室蘭工業大学大学院工学研究科 准教授

    2011年04月

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 生体触媒化学研究会

  • 日本認知症学会

  • 日本薬学会

  • 日本薬物動態学会

  • 日本生物工学会

全件表示 >>

学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第十五回生体触媒化学シンポジウム ポスター賞

    2011年12月22日,第十五回生体触媒化学シンポジウム実行委員会

  • 日本医療薬学会論文賞

    2013年09月22日,日本医療薬学会

  • Outstanding Poster Award in The 5th Forum on Studies of the Environmental and Public Health Issues in the Asian Mega-cities (EPAM 2014)

    2014年11月10日

  • Best Presentation Award

    2016年09月01日,EPAM2016

 

天然資源由来の新機能性食品

北海道天然資源からの新規機能性物質の探索と活用法の開発

研究開発の目的

研究開発の目的

超少子高齢化が進む我が国では、認知症、とりわけその半 数以上を占めるアルツハイマー病の克服は喫緊の課題となっ ている。本研究では、その病因の一つとされる脳内でのアミ ロイドβタンパクの凝集を抑制する素材と活性物質の探索か ら新機能性食品の開発を目的としている。

研究開発の概要

研究開発の概要

北海道白糠町産植物約190 種類のエキスライブラリーを作成した他、他団体提 供のものを合わせ、これまでに約900 種類のサンプルを収集した。これらのアミ ロイドβ凝集阻害活性を微量ハイスループットスクリーニング(MSHTS) システム により評価した結果、シソ科に属するハーブ系香辛料、その中でも北海道白糠町 産のチリメンアオジソが特に高い活性を示すことがわかった。

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • 独自に収集した素材を研究グループ独自の手 法を使ってハイスループットに分析できる。 また,抗酸化活性やポリフェノール定量など の他の活性と複合的な評価ができる。
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • ・チリメンアオジソのアミロイドβ凝集阻害活性は、 香辛料で最も高かったスペアミントより40 倍、既知の アミロイドβ凝集阻害物質ロスマリン酸の15 倍の活性 を示している。 ・エキスライブラリーは北海道白糠町で採取したもの や、委託栽培した植物から独自に作成したもので、他 にはないラインアップを揃えている。
  • ・特願2015-249378 「アミロイドβタンパク質の凝集阻害組成物」
 

著書 【 表示 / 非表示

  • BIO Clinica

    徳樂清孝、上井幸司,北隆館,量子ドットを用いたAβ凝集阻害物質の微量ハイスループットスクリーニング法,(頁 114),2016年04月

論文 【 表示 / 非表示

  • Simple primary β-amino alcohols as organocatalysts for the asymmetric Michael addition of β-keto esters to nitroalkenes

    Zubeda Begum, Haruka Sannabe, Chigusa Seki, Yuko Okuyama, Eunsang Kwon, Koji Uwai, Michio Tokiwa, Suguru Tokiwa, Mitsuhiro Takeshita and Hiroto Nakano,RSC Advances,1号,(頁 203 ~ 209),2020年12月

  • Daurichromenic Acid from the Chinese Traditional Medicinal Plant Rhododendron dauricum Inhibits Sphingomyelin Synthase and Aβ Aggregation

    Hadya Virupaksha Deepak, Mahadeva M. Swamy, Yuta Murai, Yoshiko Suga, Masaki Anetai, Takuro Yo, Masahiro Kuragano, Koji Uwai, Kiyotaka Tokuraku, Kenji Monde,Molecules,25巻,Article Number:4077,2020年09月

  • Evaluation of amyloid β42 aggregation inhibitory activity of commercial dressings by a microliter-scale high-throughput screening system using quantum-dot nanoprobes

    Masahiro Kuragano, Wataru Yoshinari, Xuguang Lin, Keiya Shimamori, Koji Uwai and Kiyotaka Tokuraku,Foods,9巻,Article Number:825,2020年06月

  • Simple organocatalyst component system for asymmetric hetero Diels–Alder reaction of isatins with enones

    Perumalsamy Parasuraman, Zubeda Begum, Madhu Chennapuram, Chigusa Seki, Yuko Okuyama, Eunsang Kwon, Koji Uwai, Michio Tokiwa, Suguru Tokiwa, Mitsuhiro Takeshita and Hiroto Nakano,RSC Advances,10号,(頁 17486 ~ 17491),2020年04月

  • Design of calcium hydroxide–based granules for livestock sanitation

    Shinya Yamanaka, Shuya Hirano, Koji Uwai, Kiyotaka Tokuraku,Case Studies in Chemical and Environmental Engineering,2巻,Article Number:100005,2020年04月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Biological evaluation of disinfecting effect of slaked lime under the situation of "standby disinfection

    Shinji Matsuzaki, Kento Azuma, Xuguang Lin, Masahiro Kuragano, Koji Uwai, Shinya Yamanaka, Kiyotaka Tokuraku,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2020,(頁 18 ~ 19),2020年03月,Muroran

  • Aβ-aggregation inhibitors isolated from willow (Salix sachalinensis)

    Taro Imamaeda, Hiroyuki Kumeta, Masahiro Kuragano, Chigusa Seki, Hiroto Nakano, Tomoyasu Aizawa, Kiyotaka Tokuraku, Koji Uwai,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2020,(頁 100 ~ 101),2020年03月,Muroran

  • An automated microliter-scale high-throughput screening system (MSHTS) using quantum-dot nanoprobes for amyloid aggregation inhibitors

    Rina Sasaki, Reina Tainaka, Yuich Ando, Masahiro Kuragano, Kiminori Ota, Kenji Monde, Koji Uwai, Kiyotaka Tokuraku,Neuroscience 2019,(頁 376 ~ ),2019年10月,Chicago

  • Development of an automated microliter-scale high-throughput evaluation system for amyloid aggregation inhibitory activity and evaluation of extracts from plants collected in Hokkaido

    Rina Sasaki, Masahiro Kuragano, Koji Uwai, Kiyotaka Tokuraku,The 27th Annual Meeting of International Congress on Nutrition and Integrative Medicine (ICNIM 2019),(頁 14 ~ ),2019年07月,Sapporo

  • Development of an automated microliter-scale highthroughput screening system with quantum-dot nanoprobes for amyloid aggregation inhibitors

    Rina Sasaki, Kenji Monde, Koji Uwai, Kiyotaka Tokuraku,Symposium papaer of Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2019,(頁 116 ~ 117),2019年03月,Muroran

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • アルツハイマー病予防を目指した,天然由来のアミロイドβ凝集阻害物質

    上井幸司,ファルマシア,57巻,2号,(頁 129 ~ 133),2020年02月

  • 蛍光イメージング技術を用いたアミロイドβ凝集阻害物質の微量ハイスループットスクリーニングシステム

    倉賀野正弘、上井幸司、徳樂清孝,分光研究,2020年

  • 北海道天然資源を利用して地域・世界を救う 〜アオジソの抗認知症機能性食品としての可能性〜

    上井幸司、徳樂清孝,グリーンテクノ情報,15巻,(頁 9 ~ 13),2019年06月

研究報告 【 表示 / 非表示

  • シソ科植物由来阻害物質によるアミロイドβタンパク質凝集阻害機構の円二色性スペクトルを用いた解析

    田口 莉帆,上井 幸司,東 陽介,箕輪 貴司,NanotechJapan Bulletin ナノテクノロジーPick Up企画 第9回,10巻,6号,2017年10月

  • 量子ドットナノプローブを用いたアミロイド凝集過程のリアルタイムイメージング技術とその活用

    徳樂清孝、上井幸司,第54回粉体に関する討論会講演論文集,2016年09月

  • 微量ハイスループットスクリーニング法を利用したアオジソ含有Aβ凝集阻害物質の探索

    上井幸司,秋山財団年報,29巻,(頁 74),2016年07月

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • New Type Small Peptide Organocatalyst for Asymmetric Aldol Reaction of Ketones with Aldehydes

    Rajkumar Thiyagarajan, Zubeda Begam,関 千草,奥山 祐子,權 垠相,上井 幸司,常盤 峻士,常盤 傑,竹下 光弘,中野 博人,日本化学会第101春季年会,日本化学会,日本化学会第101春季年会要旨集,2021年03月19日,オンライン,日本

  • 新規有機分子複合触媒系を用いるイサチン類とエノン類との不斉ヘテロ Diels-Alder 反応

    堤知里,Zubeda Begam,関千草,奥山祐子,權垠相,上井幸司,常盤峻士,常盤傑,竹下 光弘,中野 博人,日本化学会第101春季年会,日本化学会,日本化学会第101春季年会要旨集,2021年03月19日,オンライン,日本

  • 新規ジアミノアルコール有機分子触媒を用いるイサチン類とケトン類との不斉アルドール反応

    中川 竜寿,関 健斗,Zubeda Begam,関 千草,奥山 祐子,權 垠相,上井 幸司,常盤 峻士,常盤 傑,竹下 光弘,中野 博人,日本化学会第101春季年会,日本化学会,日本化学会第101春季年会要旨集,2021年03月19日,オンライン,日本

  • アミノアルコール有機分子触媒を用いるピロール類とエノン類との不斉 Friedel-Crafts アルキル化

    渡辺 敦也,Zubeda Begam,関 千草,奥山 祐子,權 垠相,上井 幸司,常盤 峻士,常盤 傑,竹下 光弘,中野 博人,日本化学会第101春季年会,日本化学会,日本化学会第101春季年会要旨集,2021年03月19日,オンライン,日本

  • Focused surface plasmon response to gigantic birefringence of azo-polymer thin film

    Ipsita Chakraborty, Koji Uwai and Hiroshi Kano,応用物理学会,講演予稿集 2021,(頁 03-311),2021年03月16日,オンライン,オンライン

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 中小企業(同一県内)

    2020年04月03日,550000(円)

  • 大企業

    2020年04月01日,3250000(円)

  • 大企業

    2019年07月29日,0(円)

  • 大企業

    2019年07月03日,4400000(円)

  • 大企業

    2019年04月01日,3939000(円)

全件表示 >>

受託研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 地方公共団体

    2020年06月12日,500000(円)

  • その他

    2020年01月01日,0(円)

  • 地方公共団体

    2019年05月07日,500000(円)

  • その他

    2018年08月28日,ライフサイエンス分野,550000(円)

  • 独立行政法人

    2017年08月18日,0(円)

全件表示 >>

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 抗アルツハイマー病薬を目指す可溶性アミロイドβオリゴマー形成阻害物質の開発と評価

    2019年度 ~ 2021年度,基盤研究(C),19K05728

  • 量子ドットナノプローブを活用したアミロイド凝集阻害物質の探索とその作用機序の解明

    2017年度,基盤研究(B),16H03288

  • シソ科植物の成分基づく新規アミロイドβ凝集阻害物質の開発とその分子機構

    2016年度 ~ 2018年度,基盤研究(C),16K01909

  • 量子ドットナノプローブを活用したアミロイド凝集阻害物質の探索とその作用機序の解明

    2016年度 ~ 2018年度,基盤研究(B),16H03288

  • 量子ドットナノプローブを活用したアミロイド凝集阻害物質の探索とその作用機序の解明

    2016年度,基盤研究(B),16H03288

全件表示 >>

特許取得 【 表示 / 非表示

  • 可視化剤、これを用いた消毒剤の有効性判定方法及び炭酸化の検出方法

    日本,特願2020-044879,特許第6820575号

  • 消毒剤

    日本,特願2016-176927,特開2018-039767,特許第6815003号

  • アミロイドβタンパク質の凝集阻害用組成物

    日本,特願2015-249378,特開2016-124865,特許第6707251号

  • 消毒剤

    日本,特願2015-047017,特開2016-166150,特許第6633831号

  • 消毒剤

    インド,201737034376

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 生物物質化学(A・B・Cクラス)

    2021年度,学部

  • 有機構造解析学

    2020年度,学部

  • 生物物質化学(Aクラス)

    2020年度,学部

  • 生物物質化学(Cクラス)

    2020年度,学部

  • 生物物質化学(Bクラス)

    2020年度,学部

全件表示 >>

教育著書 【 表示 / 非表示

  • 製剤化のサイエンス 改訂第6版

    2013年03月,第1部製剤材料の性質 第2章 分散系,ネオメディカル

  • 標準薬剤学

    2012年04月,渡辺善照、芳賀信他全41名,薬局製剤と病院製剤(製剤化の基礎), (頁 683),南江堂

  • NEO薬学シリーズ1 製剤化のサイエンス 改訂第5版

    2012年03月,唐沢健、上井幸司、金澤秀子、寺田勝英、高村彰、東豊、鴨原淳、徳村忠一、下園拓郎、高山幸三、高山信子、森下真莉子、松永和久、髙田二郎,第1部製剤材料の性質 第2章 分散系, (頁 415),ネオメディカル

  • 製剤化のサイエンス 改訂4版

    2011年03月,唐沢健、上井幸司、金澤秀子、寺田勝英、東豊、北河修治、伴野和夫、高村彰、高山幸三、宮嶋勝春、森下真莉子、髙田二郎,第1部 製剤材料の性質 第2章 分散系, (頁 420),ネオメディカル

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 白糠が素材の宝庫なんてしらぬかった・・・白糠特産品を科学する!

    2019年11月11日,室蘭工業大学,白糠町立白糠中学校,講演

  • 白糠が素材の宝庫なんてしらぬかった・・・白糠特産品を科学する!

    2018年10月29日,白糠町教育委員会,白糠町立庶路学園,講演

  • 北海道天然資源を利用して地域・地球を救う〜アオジソの抗認知症機能性食品としての可能性〜

    2018年07月01日,室蘭工業大学,北海道札幌市,室蘭工業大学インフォメーションキャラバン in SAPPORO,講演

  • 白糠が素材の宝庫なんてしらぬかった・・・白糠特産品を科学する!

    2017年10月30日,白糠町教育委員会,白糠町立茶路中学校,出前授業,企画

  • 白糠が素材の宝庫なんてしらぬかった・・・白糠特産品を科学する!

    2016年10月21日,北海道白糠町立白糠中学校,企画

全件表示 >>

講演 【 表示 / 非表示

  • 白糠町−室蘭工大包括連携協定

    2016年10月28日,白糠町環境衛生会

研修 【 表示 / 非表示

  • 「失敗しない進路選択」

    2017年01月,室蘭市経済部産業振興課,室蘭工業大学 地域共同研究開発センター 2F「産学交流室」,「高校生キャリア教育」,講師

  • 細菌Pseudomonas putidaを用いたベンズアルデヒド酸化還元反応の制御

    2016年09月,室蘭工業大学,室蘭工業大学,平成23年度室蘭工業大学インターンシップ受入れプログラム,研究指導

  • 細菌Pseudomonas putida によるベンズアルデヒド酸化還元反応の添加剤を用いた制御

    2016年08月,室蘭工業大学,室蘭工業大学,平成28年度室蘭工業大学インターンシップ受入れプログラム,研究指導

  • 微生物を用いた有機化合物の構造変換に関する実習

    2014年09月,室蘭工業大学,室蘭工業大学,平成26年度室蘭工業大学インターンシップ受入れプログラム,研究指導

技術セミナー 【 表示 / 非表示

  • 北海道天然物質を利用した機能性物質の開発

    2018年10月10日,バイオジャパン2018,パシフィコ横浜,バイオジャパン2018,講演

  • 微量ハイスループットスクリーニング(MSHTS)法を用いたアミロイドβ凝集阻害活性物質の網羅的探索

    2015年10月28日,JST,JST東京別館ホール,JST発 医療分野 新技術説明会,企画

学会・研究会の主催等 【 表示 / 非表示

  • International Symposium on Materiome Research 2019

    Muroran,委員,Japan

  • 化学系学協会北海道支部2019年冬季研究発表会

    北海道札幌市,委員,日本

  • 化学系学協会北海道支部2018年冬季研究会

    北海道札幌市,委員,日本

  • The 7th Forum on Studies of Environmental and Public Health Issues in the Asian mega-Cities (EPAM 2016)

    室蘭市,Committee,日本

  • 日本化学会北海道支部2016夏季研究発表会

    室蘭市,委員,日本

学協会役員 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会北海道支部

    2021年04月01日 ~ 2022年03月31日,地方支部,支部役員

  • 日本化学会北海道支部

    2017年04月01日 ~ 2018年03月31日,地方支部,支部役員

  • 日本化学会北海道支部

    2013年04月01日 ~ 2014年03月31日,地方支部,支部役員

調査研究会 【 表示 / 非表示

  • 文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術予測センター調査員

    2020年度,委員,文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術予測センター

  • 文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術予測センター調査員

    2019年度,委員,文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術予測センター

国・自治体等の委員 【 表示 / 非表示

  • 白糠町創生総合戦略推進会議委員

    2020年度

  • 白糠町新農業ビジョン推進協議会委員

    2020年度

  • 白糠町新農業ビジョン推進協議会委員

    2019年度

  • 白糠町新農業ビジョン推進協議会委員

    2018年度

  • 白糠町新農業ビジョン推進協議会委員

    2017年度

全件表示 >>