Personnel Information

写真a

Yuasa Tomonori


The master's program in charge

Division of Production Systems Engineering

The department in charge

Department of Engineering

Job title

Associate Professor

E-mail Address

E-mail address

Research field 【 display / non-display

  • Intelligent mechanics/Mechanical systems

  • Intelligent mechanics/Mechanical systems

Keywords for Research Field 【 display / non-display

  • Printing

  • Image

Graduate school・Graduate course, etc. 【 display / non-display

  • Muroran Institute of Technology

    1992,Master's Course,Graduate School, Division of Engineering,Division of Mechanical System Enginnering,Completed,Japan

Graduate school・major, etc. 【 display / non-display

  • Muroran Institute of Technology

    1990,Faculty of Engineering,Department of Mechanical System Enginnering,Graduate,Japan

Degree 【 display / non-display

  • Doctor of Engineering

    印刷物生産工程の標準化に関する研究

Career 【 display / non-display

  • Research associate

    1992.04.01 ~ 2006.03.31

  • Assistant professor

    2006.04.01 ~ 2007.03.31

  • Associate professor

    2007.04.01

Academic Society 【 display / non-display

  • Japanese Society of Printing Science and Technology

  • Institute of Image Electronics Engineers of Japan

  • The Japan Society of Applied Physics

  • The Color Science Association of Japan

  • The Society of Instrument and Control Engineers

display all >>

 

生産システムの知的統合管理

熟練者技術のノウハウを誰にでも使えるように

Purpose of Research

知識を蓄積して新たな知恵を創出する

生産管理や業務管理において使用される情報は独自に管理されることが多く,また作業指示書や熟練技術者に蓄積された情報やノウハウ等のようにデジタル化されていない・しづらい情報も多く存在する。工学的な面からそれらの情報をいかに効率よく蓄積し有効に活用することができるかが求められている。

Summary of Research

情報の標準化とデータマイニング

機械制御に用いられるパラメータを分類・整理し,さらに標準化することで無駄を省き,使える情報を蓄積するための入れ物を用意する。そしてジョブごとに複数のパラメータ間の関連性も同時に蓄積し,オペレータの設定情報も同時に蓄積する。各種データマイニング手法により蓄積情報から有効な情報を抽出する。

Research Content

Features / Benefits of Research

1.Point of research 2.Research of novelty
  • 階層構造モデルによる情報の分類・整理
  • 知識の蓄積と知恵の創出
3.Primacy of Technology 4.Situation of patent-related
  • ISO/JIS標準規格
  • あらゆる情報を同一フォーマットで蓄積可能
  • パラメータ間の関連性を明確に定義可能
  • 物理量を明確に定義することで機械制御に有効
 

Books 【 display / non-display

  • 皮膚の測定・評価法バイブル

    相津佳永,湯浅友典,横井直倫,他128名,技術情報協会,ストレスが及ぼす皮膚への影響を測定したい~皮膚代謝~,(p.740),2013.05

Papers 【 display / non-display

  • Simple detection of absorption change in skin tissue using simulated spectral reflectance database

    K.Das, T.Yuasa, T.Maeda, I.Nishidate, H.Funamizu and Y.Aizu,Measurement,vol.182,(p.1 ~ 15),2021

  • Simulated reflectance spectra and point spread functions in database constructed by moderate grouping of nine layers in skin model

    Kaustav Das, Tomonori Yuasa, Izumi Nishidate, Hideki Funamizu & Yoshihisa Aizu,OPTICAL REVIEW,2020.02

  • 皮膚の分光計測のための多層構造光学ファントム

    相津佳永,前田貴章,西舘泉,湯浅友典,日本レーザー医学会誌,vol.40,(4),(p.331 ~ 338),2020.01

  • 皮膚組織における光吸収とその推定

    相津佳永,湯浅友典,レーザー研究,vol.48,(12),(p.649 ~ 654),2020

  • 高照度光治療器の活用

    三浦淳,湯浅友典,相津佳永,精神医学,vol.61,(8),(p.935 ~ 942),2019

display all >>

International conference proceedings 【 display / non-display

  • Investigation on estimation of absorption and scattering parameters using skin spectral reflectance database

    Tomonori Yuasa, Takehiro Ohya, Kaustav Das, Takaaki Maeda, Hideki Funamizu, and Yoshihisa Aizu,The 6th Biomedical Imaging and Sensing Conference 2020,2020.04,Yokohama

  • Construction of spectral reflectance database for estimation of absorption and scattering parameters in skin tissue

    Tomonori Yuasa, Tomoki Hashisaka, Yuji Masuda, Takaaki Maeda, Hideki Funamizu, and Yoshihisa Aizu,SPIE/OSA European Conferences on Biomedical Optics,SPIE,2019.06,Munich

  • Development of silicone-based skin tissue phantom and its spectral reflectance properties

    Tomonori Yuasa, Teru Kuwahara, Takaaki Maeda, Hideki Funamizu, and Yoshihisa Aizu,The 5th Biomedical Imaging and Sensing Conference 2019,2019.04,Yokohama

  • Investigation of temporal response in finger blood flow and concentration change in occlusion test on human arm using bio-speckle patterns

    Tomonori Yuasa, Naomichi Yokoi, Hideki Funamizu, Yoshihisa Aizu,7th International Conference on Speckle Metrology,2018.09,Warsaw

  • Development of portable light therapy apparatus using LED for improvement of sleep and wakefulness

    Tomonori Yuasa, Jun Miura, Yasumori Sugai, Yousuke Ito, Yoshihisa Aizu,The 7th Laser Display and Lighting Conference 2018,2018.04,Yokohama

display all >>

Editorial and Commentary 【 display / non-display

  • Database AMPACに基づくCIP3/PPFパラメータのデータベース化処理

    湯浅友典,サワット・ルアンルアンリット(修),三品博達,The Journal of the institute of image information and television engineers,vol.55,(10),(p.1301 ~ 1307),2001

  • 印刷工程関連データの統合化基礎技術の動向

    湯浅友典 ,三品博達,Journal of printing science and technology,vol.37,(1),(p.2 ~ 9),2000

Research reports 【 display / non-display

  • シリコーンベース3層皮膚ファントムの試作と可視域光学特性の検討

    湯浅友典, 橋本遼平, 桑原照, 前田貴章, 船水英希, 西館泉, 相津佳永,応用物理学会光波センシング技術研究会講演論文集,(60),(p.71 ~ 76),2017

  • バイオスペックルイメージングによる自律神経機能の評価

    横井直倫, 島谷祐一, 京相雅樹, 船水英希, 湯浅友典, 相津佳永,応用物理学会光波センシング技術研究会講演論文集,(57),(p.5 ~ 10),2016

Presentaion at conference, meeting, etc. 【 display / non-display

  • UAV空撮画像を用いた海藻植生の解析手法の構築 ~ 色補正による解析精度向上の検討

    高橋春香,高橋育登,湯浅友典,宮崎義弘,飯島俊匡,浦池隆文,林峻輔,相津佳永,第69回応用物理学会春季学術講演会,応用物理学会,第69回応用物理学会春季学術講演会予稿集,2022.03.22,青山学院大学+オンライン,日本

  • リアルタイム色彩可変皮膚モデルの開発に向けた色彩値再現手法の構築

    池田賢次郎,湯浅友典,相津佳永,第69回応用物理学会春季学術講演会,応用物理学会,第69回応用物理学会春季学術講演会予稿集,2022.03.22,青山学院大学+オンライン,日本

  • 皮膚伝搬光子に関する平均浸透深さと検出エネルギーのシミュレーション

    川村隼斗,八木沼優,田村光,高成真輝,湯浅友典,相津佳永,第69回応用物理学会春季学術講演会,応用物理学会,第69回応用物理学会春季学術講演会予稿集,2022.03.22,青山学院大学+オンライン,日本

  • リアルタイム色彩可変皮膚モデルの開発に向けた色彩値再現手法の検討

    池田賢次郎,湯浅友典,相津佳永,第57回応用物理学会北海道支部/第18回日本光学会北海道支部合同学術講演会,応用物理学会北海道支部,日本光学会北海道支部,第57回応用物理学会北海道支部/第18回日本光学会北海道支部合同学術講演会予稿集,2022.01.08,オンライン,日本

  • UAV空撮画像を用いた海藻植生の解析手法の構築 ~ 色補正による解析精度の向上

    高橋春香,高橋育登,湯浅友典,宮崎義弘,飯島俊匡,浦池隆文,林峻輔,相津佳永,第57回応用物理学会北海道支部/第18回日本光学会北海道支部合同学術講演会,応用物理学会北海道支部,日本光学会北海道支部,第57回応用物理学会北海道支部/第18回日本光学会北海道支部合同学術講演会予稿集,2022.01.08,オンライン,日本

display all >>

Patent acquisition 【 display / non-display

  • 光照射装置

    日本,特願2012-112654,特開2013-236812,特許第6061216号

 

Class subject in charge 【 display / non-display

  • 確率統計(Bクラス)

    2022,Department

  • 機械工学セミナーB

    2022,Department

  • 機械ロボット工学実験

    2022,Department

  • 機械ロボット工学設計法・機械科学設計法(特設)・ロボティクス設計法(特設)

    2022,Department

  • 生産システム工学概論

    2022,Master's program

display all >>

Education paper 【 display / non-display

  • ロボット・ベースド・ラーニング情報技術を身につけた機械技術者の育成に向けて

    2008,花島・山下・風間・湯浅・新井田・相津・疋田,工学教育,vol.56,(5), (p.17-24)

  • レゴ・マインドストームを用いた工学初動教育への取り組み

    2007,風間・湯浅・花島,日本設計工学会平成19年度秋期研究講演発表会講演論文集, (p.93-94)