Personnel Information

写真a

Hirota Mitsutomo


The master's program in charge

Division of Production Systems Engineering

The doctoral program in charge

Division of Engineering

The department in charge

Department of Engineering

Job title

Professor

Research field 【 display / non-display

  • Combustion Engineering

Graduate school・Graduate course, etc. 【 display / non-display

  • Keio University

    1998.03,Master's program,Graduate School, Division of Science and Engineering,機械工学専攻,Completed,Japan

  • Keio University

    2001.03,Doctoral program,Graduate School, Division of Science and Engineering,機械工学専攻,Coursework completed without degree,Japan

Graduate school・major, etc. 【 display / non-display

  • Keio University

    1996.03,Faculty of Science and Engineering,機械工学科,Graduate,Japan

Degree 【 display / non-display

  • Doctor of Engineering

    様々な濃度勾配中に形成されるTriple Flameの特性とその遷移機構

Career 【 display / non-display

  • Tohoku University, assistant professor

    2001.04.01 ~ 2007.03.31

  • 室蘭工業大学大学院工学研究科講師

    2007.04.01 ~ 2014.03.31

  • University of California, San Diego, Visiting Scholar

    2012.08.01 ~ 2013.03.31

  • 室蘭工業大学大学院工学研究科准教授

    2014.04.01 ~ 2023.03.31

  • 室蘭工業大学大学院工学研究科教授

    2023.04.01 ~ 2024

Academic Society 【 display / non-display

  • Combustion Society of Japan

  • The Combustion Institute

  • The Japan Society of Mechanical Engineers

  • 日本火災学会

  • The Japan Society for Aeronautical and Space Sciences

display all >>

Academic prize 【 display / non-display

  • 日本航空宇宙学会北部支部2005年講演会および第6回再使用型宇宙推進系シンポジウム  Best Presentation Award for Student

    2005.03,日本航空宇宙学会

  • 日本機械学会北海道支部第37回学生員卒業研究発表講演会  Best Presentation Award

    2008.03,日本機械学会

  • 日本機械学会北海道支部第39回学生員卒業研究発表講演会(2010年)Best Presentation Award

    2010.03,日本機械学会

  • 第48回燃焼シンポジウムBest Presentation Award

    2010.12,日本燃焼学会

  • 日本燃焼学会平成23年度奨励賞「希薄燃焼に向けた火炎基部の安定化に関する基盤研究」

    2011.12,日本燃焼学会

display all >>

 

超音波を用いた燃焼制御法

既存の燃焼器の燃焼率を上げエコ対策を実現

Purpose of Research

燃焼の効率化でエコを実現

小型燃焼器や施設の大型ボイラーの燃焼効率が悪ければ、コストがかさむばかりではなく、環境にも悪影響を及ぼす。原油高で燃料が高騰し続ける昨今、効率的な燃焼システムが求められている。既存のものを使い、燃焼効率を上げて低コスト化しながら、限られた資源を効率よく使うことが望まれている。

Summary of Research

余分なものを出さないように燃焼を制御する

20kHzの超音波を利用して、燃焼の安定性を向上させながら有害排出物を低減させることができる、次世代高負荷クリーン燃焼器に向けた非接触の燃焼制御を行っているO超音波振動子とその反射面で挟まれた空間に定在波を作り出し、これを火炎の最も上流側に作用させて流れを偏向させ、火炎の吹き飛び限界を拡大しながらすすの排出を抑えることが可能になった。※定在波とは進行波と反射波が重なってできた波

Research Content

Features / Benefits of Research

1.Point of research 2.Research of novelty
  • 20kHzの超音波で燃焼を制御
  • すすを出さない燃焼
  • 燃焼の効率化
  • 超音波による燃焼の制御
3.Primacy of Technology 4.Situation of patent-related
  • 振動部が非接触型
  • 非接触型により後付けが可能
  • 局所的に制御が可能
  • 特願2007-128446
 

Books 【 display / non-display

  • きちんと知りたい!飛行機メカニズムの基礎知識

    東野和幸,上羽正純,溝端一秀,今井良二,廣田光智,畠中和明,湊亮二郎,中田大将,樋口健,境昌宏,勝又暢久,日刊工業新聞社,(p.183),2018.01

Papers 【 display / non-display

  • 音波による水を使わない新規消火方法

    廣田光智,,日本燃焼学会誌,vol.65,(211),(p.17 ~ 23),2023.02

  • 高粘度流体,ゲルを用いた広域森林火災消火における消火戦略

    斎藤寛泰,廣田光智,,日本燃焼学会誌,vol.65,(211),(p.24 ~ 28),2023.02

  • 間接消火に対する高温壁面と液滴の衝突で生じる微粒化現象の影響

    廣田光智,鳥飼宏之,斎藤寛泰,畠中和明,,Earozoru Kenkyu 特集「火炎とエアロゾル」,vol.36,(3),(p.164 ~ 169),2021.09

  • 加熱平板への水滴衝突現象を用いた間接消火法の検討−加熱平板表面粗さの変化と消火特性の関係

    廣田光智,鳥飼宏之,後藤好孝,佐々木崇志,飯塚光耶,齋藤務,,日本燃焼学会誌,vol.61,(198),(p.361 ~ 367),2019

  • 亜音速FTVノズルの特性とその飛行実証

    廣田光智,畠中和明,齋藤務,Srisha RAO,日本航空宇宙学会論文集,vol.66,(1),(p.1 ~ 6),2018.02

display all >>

International conference proceedings 【 display / non-display

  • Influence of Nozzle Geometry on Mixing Enhancement of Jet in Supersonic Crossflow

    K. Hatanaka, T. Seguchi, M. Hirota, T. Saito and S. Rao,Proceedings of the 32nd International Symposium on Shock Waves,2019.07

  • Compressible Turbulent Mixing layer of Quantitative Measurement by Background Oriented Schlieren Method

    M. Ito, K. Hatanaka, M. Hirota and T. Saito,,Proceedings of the 32nd International Symposium on Shock Waves,2019.07,Singapore

  • Investigations on Compressible Mixing Layers by Using Hot-Wire Velocimetry

    T. Ikeda, R. Fuse, K. Hatanaka, M. Hirota, T. Saito, S. Rao,The 31st International Symposium on Shock Waves,2017.07

  • Visualization of Flame Extinction Process by the Effect of Liquid Droplet Impinging on Heated Plate

    M. Hirota, H. Torikai, T. Sasaki, H. Okimoto, Y. Matsuoka and T. Saito,The 31th International Congress on High-speed Imaging and Photonics,(p.USB ~ ),2016.11

  • Investigations on Compressible Mixing Layers in Confined Ducts

    S. M. V. Rao, S. Asano, I Imani, M. Hirota, T. Saito,12th International Conference of Flow Dynamics,(p.USB ~ ),2015.10

display all >>

Editorial and Commentary 【 display / non-display

  • より効果的な消火法の開発を目指して―消火戦略の重要性―

    鳥飼宏之,廣田光智,斎藤寛泰,安全工学,vol.62,(2),(p.1 ~ 7),2023.04

  • 2021年における重要なエネルギー関係事項Annual Energy Reviews-2021

    廣田光智,日本エネルギー学会誌えねるみくす,vol.101,(5),(p.563 ~ 565),2022.09

  • 2020年における重要なエネルギー関係事項Annual Energy Reviews-2020

    廣田光智,本エネルギー学会誌えねるみくす,vol.100,(5),(p.619 ~ 621),2021.09

  • Researcher's Eye 「ゆらぐ火」

    廣田光智,三田評論,(5月号),2021.05

  • 2019年における重要なエネルギー関係事項Annual Energy Reviews-2019

    廣田光智,日本エネルギー学会誌えねるみくす,2020.11

display all >>

Research reports 【 display / non-display

  • 濃度勾配の時間的非定常変化に対するTriple Flameの挙動

    溝本雅彦,科学研究費補助金(基盤研究(c)(2))研究成果報告書,2002

  • 濃度勾配を有する予混合気中に形成される火炎の特性

    溝本雅彦,廣田光智,日本機械学会研究協力部会RC173「乱流燃焼の最適制御技術研究分科会」研究報告書(中間),(p.41 ~ 44),2000

  • 濃度勾配の時間的変化を伴う混合気中の火炎の特性

    松尾亜紀子,財団法人マツダ財団第14回(1998年度)マツダ研究助成に関する最終報告書,2000

  • 濃度勾配を有する予混合気中に形成される火炎の特性

    溝本雅彦,廣田光智,日本機械学会研究協力部会RC173「乱流燃焼の最適制御技術研究分科会」研究報告書(最終),(p.41 ~ 44),2000

  • 濃度勾配の時間的変化を伴う混合気中の火炎の特性

    松尾亜紀子,財団法人マツダ財団第14回(1998年度)マツダ研究助成に関する中間経過報告書,1999

Presentaion at conference, meeting, etc. 【 display / non-display

  • BOS法による流れ場の3次元定量測定の分解の向上手法

    森川宏太郎,畠中和明,廣田光智, ,2022年度衝撃波シンポジウム,日本衝撃波研究会,2022年度衝撃波シンポジウム講演論文集,2023.03.08,茨城県つくば市,Japan

  • 超音波の援用による複雑形状を有する表面に対する新規塗装技術の提案

    早川浩樹,廣田光智,斎藤寛泰,和田好隆,佐藤圭峰,,第31回微粒化シンポジウム,日本液体微粒化学会,第31回微粒化シンポジウム講演論文集,2022.12.15,千葉県習志野市,Japan

  • 高温気流中に置かれた可燃物上の熱ゲル溶液の膜厚が着火抑制効果に与える影響

    馬場智也,廣田光智,斎藤寛泰,鳥飼宏之,畠中和明,,第60回燃焼シンポジウム,日本燃焼学会,第60回燃焼シンポジウム講演論文集,2022.11.21,東京都墨田区,Japan

  • 高温環境での駆動を考慮した超音波による火炎の安定化

    佐藤階梧,廣田光智,中村祐二,畠中和明,,第60回燃焼シンポジウム,日本燃焼学会,第60回燃焼シンポジウム講演論文集,2022.11.21,東京都墨田区,Japan

  • 超音波の効果を利用したスパークノック及びプレイグニッションの抑制に関する研究

    小笠原日向子,廣田光智,斎藤寛泰,佐藤圭峰,畠中和明,,第60回燃焼シンポジウム,日本燃焼学会,第60回燃焼シンポジウム講演論文集,2022.11.21,東京都墨田区,Japan

display all >>

Patent acquisition 【 display / non-display

  • 背景指向シュリーレン法における測定分解能の向上を目的とした流れ場の密度勾配可視化方法、プログラム、システム

    特願2021-125006,特開2023-019924

 

Class subject in charge 【 display / non-display

  • 物理学C(後半8週・Bクラス)

    2023,Department

  • 物理学B(前半8週・Bクラス)

    2023,Department

  • 熱力学基礎B(後半8週)

    2023,Department

  • 燃焼工学

    2023,Department

  • 宇宙機設計法

    2023,Department

display all >>

Education paper 【 display / non-display

  • (特集)ながれと創造教育-「創造工学研修」ロケット飛翔体の設計・製作

    2007,滝田謙一,廣田光智,升谷五郎,ながれ,vol.26, (p.pp.87-90)