基本情報

写真a

徳楽 清孝

トクラク キヨタカ


所属センター等1

クリエイティブコラボレーションセンター

担当専攻 博士前期課程

環境創生工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

システム理化学科

職名

教授

電子メールアドレス

メールアドレス

ホームページURL

http://www3.muroran-it.ac.jp/tokuraku

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 機能生物化学

  • ライフサイエンス / 生物物理学

  • ナノテク・材料 / ケミカルバイオロジー

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • アミロイド

  • アルツハイマー病

  • 運動・輸送

  • 自己組織化

  • 量子ドット

全件表示 >>

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 量子ドットラベル化ナノプローブを用いたアミロイド形成性タンパク質凝集の可視化とその応用

    アミロイド,量子ドット,イメージング,2008年 ~ 2021年

  • 微小管結合蛋白質の機能解析

    微小管,微小管結合蛋白質,細胞骨格,1996年 ~ 2021年

  • アクチンフィラメントの構造多型と機能

    アクチン,ミオシン,コフィリン,1999年 ~ 2021年

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学

    1996年03月,修士,バイオシステム研究科,バイオシステム専攻,修了,日本国

  • 九州工業大学

    1999年03月,博士後期,情報工学研究科,情報科学専攻,修了,日本国

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 都城工業高等専門学校

    1992年03月,ー,工業化学科,卒業,日本国

  • 九州工業大学

    1994年03月,情報工学部,生物化学システム工学科,卒業,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(情報工学)

    微小管結合蛋白質のPro-rich部位の機能 に関する研究

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本生物物理学会

  • 日本食品化学学会

  • 日本生化学会

  • 日本生物工学会

  • Society for Neuroscience

全件表示 >>

学術賞 【 表示 / 非表示

  • Outstanding Poster Award

    2014年11月10日,The 5th Forum on Studies of the Environmental and Public Health Issues in the Asian Mega-cities (EPAM 2014)

  • Best Presentation Award

    2016年09月01日,EPAM2016

  • Best Presentation Award

    2016年09月01日,EPAM2016

  • Poster Award

    2017年10月24日,The 10th International Conference and Exhibition on Nutraceuticals & Functional Foods

その他の受賞(官庁・民間団体表彰、感謝状等) 【 表示 / 非表示

  • 北海道科学技術奨励賞

    2017年02月23日,北海道庁

 

タンパク質の自己集合による機能創成

研究開発の目的

タンパク質が自己集合することにより創発される機能を解明する。

研究開発の概要

アクチンフィラメント、微小管、アミロイドなど、繊維を形成するタンパク質について、その機能を調べる。
研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • 自己集合制御機構の解明
  • アミロイドβ凝集阻害物質の微量ハイスループットスクリーニング(MSHTS)法を開発
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • 数μLの微量サンプル量で多数のサンプルのAβ凝集阻害活性を効率的に評価できる。また夾雑物を多く含む粗抽出物や食品の評価も可能。
 

著書 【 表示 / 非表示

  • BIO Clinica

    徳樂清孝、上井幸司,北隆館,量子ドットを用いたAβ凝集阻害物質の微量ハイスループットスクリーニング法,(頁 114),2016年04月,0919-8237

  • NETT91

    徳樂清孝,北海道東北地域経済総合研究所,シソがつないだ地域連携 〜室蘭工業大学と北海道白糠町の包括連携協定による抗認知症物質の探索〜,(頁 82),2016年01月

  • Recent Research Development in Biochemistry

    Kiyotaka Tokuraku, Miho Katsuki, and Susumu Kotani,Research Signpost,Structural and Functional Analyses of Microtubule-associated Protein 4,(頁 391),2002年,81-7736-155-4

  • 生体の科学 モチーフ・ドメインリスト

    徳楽清孝,医学書院,チューブリン結合モチーフ,微小管結合(リピート)ドメイン,(頁 164),2001年10月

論文 【 表示 / 非表示

  • Microwave-assisted synthesis and formation mechanism of fluorescent carbon dots from starch

    Hisahiko Shibata, Mina Abe, Kazuya Sato, Koji Uwai, Kiyotaka Tokuraku, Toshifumi Iimori,Carbohydrate Polymer Technologies and Applications,3巻,Article Number:100218,2022年06月

  • Chemical analysis of amyloid β aggregation inhibitors derived from Geranium thunbergia

    Kenji Kubo, Hikaru Watanabe, Hiroyuki Kumeta, Tomoyasu Aizawa, Chigusa Seki, Hiroto Nakano, Kiyotaka Tokuraku, Koji Uwai,Bioorganic & Medicinal Chemistry,68巻,Article Number:116840,2022年05月

  • Chiral Photomechanical Behavior of Achiral Azobenzene-based Molecular Glass Particles Fixed in Agar Gel

    Motona Matsubara, Hiroyasu Ukai, Masahiro Kuragano, Kiyotaka Tokuraku, Hideyuki Nakano,Chemistry Letters,51巻,(頁 493 ~ 496),2022年03月

  • Amyloid β aggregation induces human brain microvascular endothelial cell death with abnormal actin organization

    Yushiro Take, Yusaku Chikai, Keiya Shimamori, Masahiro Kuragano, Hiroki Kurita, Kiyotaka Tokuraku,Biochemistry and Biophysics Reports,29巻,Article Number:101189,2022年03月

  • Kinetics of amyloid accumulation in physiological viscosity

    Masahiro Kuragano, Shinya Yamanaka, Kiyotaka Tokuraku,COLLOIDS AND SURFACES B-BIOINTERFACES,214巻,Article Number:112449,2022年03月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Biological evaluation of disinfecting effect of slaked lime under the situation of "standby disinfection"

    Shinji Matsuzaki, Kento Azuma, Xuguang Lin, Masahiro Kuragano, Koji Uwai, Shinya Yamanaka, Kiyotaka Tokuraku,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2020,(頁 18 ~ 19),2020年03月,Muroran

  • Aβ-aggregation inhibitors isolated from willow (Salix sachalinensis)

    aro Imamaeda, Hiroyuki Kumeta, Masahiro Kuragano, Chigusa Seki, Hiroto Nakano, Tomoyasu Aizawa, Kiyotaka Tokuraku, Koji Uwai,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2020,(頁 100 ~ 101),2020年03月,Muroran

  • Microtubule-associated protein 4 promotes cellular process formation by binding to both actin filament and microtubule

    Kohei Nishida, Masahiro Kuragano, Chihiro Doki, Susumu Kotani, Kiyotaka Tokuraku,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2020,(頁 90 ~ 91),2020年03月,Muroran

  • Evaluation of serum amyloid A aggregation in in vitro and in vivo using a quantum dot nanoprobe

    Xuguang Lin, Masahiro Kuragano, Kenichi Watanabe, Kiyotaka Tokuraku,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2020,(頁 92 ~ 93),2020年03月,Muroran

  • Time-lapse observation of cooperative binding between fimbrin and actin filament by fluorescence microscopy

    Naoki Hosokawa, Masahiro Kuragano, Keitaro Shibata, Taro Q.P. Uyeda, Kiyotaka Tokuraku,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2020,(頁 46 ~ 47),2020年03月,Muroran

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • 消石灰を用いた効果的でSDGsな消毒

    徳樂清孝、上井幸司、山中真也, LIME,606巻,(頁 27 ~ 29),2022年07月

  • 家畜衛生用消石灰に関する研究開発~研究背景と粒状化技術~

    山中真也、上井幸司、徳樂清孝,LIME,603巻,(頁 11 ~ 15),2021年07月

  • 蛍光イメージング技術を応用した変性タンパク質凝集の多面的評価

    徳樂清孝,ファルマシア,57巻,7号,(頁 641 ~ 645),2021年07月

  • International Symposium on Materiome Research 2019開催報告および台湾と日本における研究環境の比較に関する一考察

    飯森俊文,徳樂清孝,室蘭工業大学紀要,70巻,(頁 73 ~ 79),2021年03月

  • 北海道天然資源を利用して地域・世界を救う 〜アオジソの抗認知症機能性食品としての可能性〜

    上井幸司、徳樂清孝,グリーンテクノ情報,15巻,(頁 9 ~ 13),2019年06月

研究報告 【 表示 / 非表示

  • アミロイド凝集体の観察と凝集阻害物質の探索

    倉賀野正弘,徳樂清孝,公立千歳科学技術大学ナノテクノロジー支援事業報告書,2019年

  • アミロイド凝集阻害物質の探索

    吉成航, 田井中玲奈, 徳樂清孝,公立千歳科学技術大学ナノテクノロジー支援事業報告書,2018年

  • アミロイド凝集阻害物質の微量探索システムの開発

    松井一史, 田井中玲奈, 徳楽清孝,公立千歳科学技術大学ナノテクノロジー支援事業報告書,2017年

  • 量子ドットナノプローブを用いたアミロイド凝集過程のリアルタイムイメージング技術とその活用

    徳樂清孝、上井幸司,第54回粉体に関する討論会講演論文集,(頁 136 ~ 140),2016年09月

  • 蛍光性半導体ナノ結晶を用いた高アルツハイマー剤の微量探索システムの開発

    徳樂清孝,モ・ルラン,59号,(頁 6 ~ 8),2016年04月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 微小管結合タンパク質が微小管の粘弾性に与える影響の解明

    松村滉祐、樺澤聖、佐田和己、コビル アリフムハンマドラセドゥル、徳楽清孝、角五彰,第71回高分子学会年次大会,高分子学会予稿集,2022年05月25日,オンライン開催

  • チリメンアオジソの蛍光比と成分量及び機能性の関係

    佐野英道、倉賀野正弘、徳樂清孝、飯森俊文、上井幸司,日本食品化学学会第28回総会・学術大会,日本食品化学学会第28回総会・学術大会講演要旨集,(頁 81),2022年05月19日,東京

  • チリメンアオジソ葉抽出物のアミロイドβ凝集阻害活性に寄与する栽培環境因子

    島森圭弥、南部智彦、川又大輝、倉賀野正弘、飯森俊文、山中真也、上井幸司、徳樂清孝,日本食品化学学会第28回総会・学術大会,日本食品化学学会第28回総会・学術大会講演要旨集,(頁 83),2022年05月19日,東京

  • ロスマリン酸はアミロイドβ凝集によるPC12細胞の遊走阻害を緩和する

    倉賀野正弘、北村嶺太、Lin Xuguang、高橋正行、 徳樂清孝,日本食品化学学会第28回総会・学術大会,日本食品化学学会第28回総会・学術大会講演要旨集,(頁 85),2022年05月19日,東京

  • チリメンアオジソの採取時期による機能性成分の含有量変動とアミロイドβ凝集阻害活性

    久保野 真理、島森 圭弥、倉賀野 正弘、徳樂 清孝、上井 幸司,日本薬学会第124年会,日本薬学会第124年会講演要旨集,2022年03月27日

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 大企業

    2022年02月21日,0(円)

  • 大企業

    2021年09月01日,3300000(円)

  • その他

    2021年08月02日,0(円)

  • 大企業(同一県内)

    2021年04月14日,0(円)

  • 大企業

    2021年04月07日,0(円)

全件表示 >>

受託研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 大企業

    2021年07月01日,1201200(円)

  • 地方公共団体

    2021年05月27日,500000(円)

  • 公益法人等

    2021年05月10日,0(円)

  • 地方公共団体

    2020年06月12日,500000(円)

  • その他

    2020年02月06日,400000(円)

全件表示 >>

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 量子ドットナノプローブを活用したアミロイド凝集阻害物質の探索とその作用機序の解明

    2016年度 ~ 2018年度,基盤研究(B),16H03288

  • タンパク質の拡散運動が細胞内構造体により抑制されることで創生する機能に関する研究

    2016年度 ~ 2017年度,挑戦的萌芽研究,16K14704

  • アメーバ運動を統御するアクチン構造多型マシナリー

    2016年度,新学術領域研究(研究領域提案型),24117008

  • アメーバ運動を統御するアクチン構造多型マシナリー

    2015年度,新学術領域研究(研究領域提案型),24117008

  • アメーバ運動を統御するアクチン構造多型マシナリー

    2014年度,新学術領域研究(研究領域提案型),24117008

全件表示 >>

その他補助金等 【 表示 / 非表示

  • 白糠町産チリメンアオジソの機能性食品開発に向けた機能実証と加工法開発

    2021年08月03日 ~ 2022年03月15日,公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター,イノベーション創出研究支援事業(発展・橋渡し研究(研究成果展開)補助金),0(円)

  • 家畜伝染病予防のための待ち受け消毒用着色粒状散布剤の実証試験

    2015年08月17日 ~ 2016年03月18日,(財)北海道科学技術総合振興センター,平成27年度ノーステック財団「研究開発助成事業」発展・橋渡し研究補助金,4000000(円)

  • 生体分子ナノマシンの動作原理解明に向けて

    2005年04月01日 ~ 2007年03月01日,長岡技科大学長裁量経費分類(C)高専との共同研究の推進,750(円)

  • 植物栽培システムの開発を通した人材育成

    2005年04月01日 ~ 2005年12月31日,都城市元気づくり21事業費補助金,200(円)

  • 「遺伝子組換え実験」実施のための調査研究

    2002年04月01日 ~ 2003年03月31日,高等専門学校教育改善充実プロジェクト,210(円)

全件表示 >>

特許取得 【 表示 / 非表示

  • 消毒剤

    201737034376,№383053 of 2016

  • 消毒剤

    201680014300.2,CN107708423A,ZL201680014300.2

  • 可視化剤、これを用いた消毒剤の有効性判定方法及び炭酸化の検出方法

    特願2020-044879,特許第6820575号

  • 消毒剤

    特願2016-176927,特開2018-039767,特許第6815003号

  • アミロイドβタンパク質の凝集阻害用組成物

    特願2015-249378,特開2016-124865,特許第6707251号

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 基礎生物学(A・B・Cクラス)

    2022年度,学部

  • 食品科学(前半8週)

    2022年度,学部

  • 蛋白質化学特論

    2022年度,博士前期課程

  • 生化学B(後半8週)

    2021年度,学部

  • バイオ演習

    2021年度,学部

全件表示 >>

教材開発 【 表示 / 非表示

  • 生物工学実験 Ver. 1.10

    2020年10月

  • 生物工学実験 Ver. 1.9

    2019年, (頁 19)

  • 生物工学実験 Ver. 1.8

    2018年, (頁 19)

  • 生物工学実験 Ver. 1.7

    2017年, (頁 19)

  • 生物工学実験 Ver. 1.6

    2016年, (頁 19)

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 白糠が素材の宝庫なんてしらぬかった・・・白糠特産品を科学する!

    2019年11月11日,室蘭工業大学,白糠町立白糠中学校,講演

  • 白糠が素材の宝庫なんてしらぬかった・・・白糠特産品を科学する!

    2018年10月29日,白糠町立庶路学園,講演

  • 白糠が素材の宝庫なんてしらぬかった・・・白糠特産品を科学する!

    2017年10月30日,白糠町立茶路中学校,企画

  • 白糠が素材の宝庫なんてしらぬかった・・・白糠特産品を科学する!

    2016年10月21日,白糠町立白糠中学校,出前授業,企画

  • シソの色素の謎 —光と色の関係—

    2015年11月09日,白糠町立庶路中学校,出前授業,講演

全件表示 >>

講演 【 表示 / 非表示

  • カラダにいい食事をデザインする〜タンパク質の自己集合によって創生される良い機能/悪い機能〜

    2021年12月10日,東北大学農学部

  • タンパク質の凝集と病気〜認知症、リウマチ、糖尿病、心不全〜

    2021年11月08日,室蘭工業大学

  • 理工学からの認知症予防への挑戦

    2019年08月23日,第57回全国大学保険管理協会北海道地方部会研究集会

  • 北海道の天然資源で認知症を予防する〜アミロイド凝集阻害物質の微量探索システムの開発と北海道天然資源からの有用物質の探索〜

    2019年01月09日,日本鉄道電気技術協会北海道支部

  • バイオナノイメージング法を応用した抗認知症物質の微量探索システム開発

    2018年10月25日,第30回フロンティア技術討論会、室蘭地域産学官連携事業実行委員会

全件表示 >>

研修 【 表示 / 非表示

  •  

    2011年08月,室蘭工業大学,室蘭工業大学,平成23年度室蘭工業大学インターンシップ受入れプログラム,研究指導

技術セミナー 【 表示 / 非表示

  • 北海道天然物質を利用した機能性物質の開発

    2018年10月,バイオジャパン2018,講演

  • 効力が一目でわかる消毒用多機能粒状散布剤〜鳥インフルエンザや口蹄疫を撲滅〜

    2017年08月,JST, NEDO,東京ビッグサイト,イノベーションジャパン2017,講演

  • 抗認知症効果が期待されるアミロイドβ凝集阻害物質の微量探索システム

    2017年01月26日,JST,東京,ライフサイエンス系新技術説明会,講演

  • 家畜伝染病予防のための待ち受け消毒用着色粒状散布剤

    2016年03月08日,JST,東京,北海道地域4大学1高専 新技術説明会,講演

  • 道内産未利用資源の価値化

    2015年11月05日,札幌,第29回北海道技術・ビジネス交流会(ビジネスEXPO),講演

全件表示 >>

学会・研究会の主催等 【 表示 / 非表示

  • International Symposium on Materiome Research 2019

    Muroran,Committee

  • The 7th Forum on Studies of Environmental and Public Health Issues in the Asian mega-Cities (EPAM 2016)

    Muroran,Committee,Japan

  • 第15回細胞運動系研究交流セミナー

    伊達市,委員長

学会委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本食品化学学会 第13期 評議員会

    2021年01月01日 ~ 2022年12月31日,委員,日本食品化学学会,全国

国・自治体等の委員 【 表示 / 非表示

  • 白糠町創生総合戦略推進会議

    2021年度

  • 白糠町新農業ビジョン推進協議会委員

    2021年度

  • 白糠町新農業ビジョン推進協議会委員

    2020年度

  • 白糠町創生総合戦略推進会議

    2020年度

  • 白糠町新農業ビジョン推進協議会委員

    2019年度

全件表示 >>

国際研究協力活動 【 表示 / 非表示

  • International Webinar series: Recent Trends in Neuroscience Research

    インド,Kasturba Medical College Mangalore,2020年10月

  • Joint seminar on environmental and biological chemistry

    中国,内蒙古師範大学,2019年07月