Personnel Information

写真a

Takase Yuya


Affiliation centers1, etc

Center of Environmental Science and Disaster Mitigation for Advanced Research

The master's program in charge

Division of Sustainable and Environmental Engineering

The doctoral program in charge

Division of Engineering

The department in charge

Department of Engineering

Job title

Associate Professor

E-mail Address

E-mail address

Research field 【 display / non-display

  • Concrete Structures

  • Social Infrastructure (Civil Engineering, Architecture, Disaster Prevention) / Building structures and materials

Keywords for Research Field 【 display / non-display

  • Structural analysis / Constitutive law

  • Seismic retrofitting

  • Shear failure

  • Reinforced concrete structure

Research themes 【 display / non-display

  • Shear stress transfer mechanism of concrete crack surface

    Concrete crack surface,Shear stress transfer mechanism,Fracture mechanics,2005.04 ~ 2010.03

  • Mechanical model of post-installed anchor subjected to cyclic shear force

    Post-installed anchor,Seismic retrofitting,Dowel action,2010.04 ~ 2025.03

  • Effect of shape of concrete surface roughening on shear resistant performance

    Cocrete surface roughening,Shear resistant performance,2012.04 ~ 2023.03

  • Effective utilization of existing reinforced concrete structures

    Seismic retrofitting,Earthquake,Bearing failure,2016.04 ~ 2025.03

  • Mechanical assesment of damaged RC member

    Frozen damage,Bond slip,Anchor,2019.04 ~ 2025.03

display all >>

Graduate school・Graduate course, etc. 【 display / non-display

  • Hokkaido University Graduate School

    2005.03,Master's Course,Graduate School, Division of Engineering,Department of Structual and Geotechnical Engineering,Others

  • Hokkaido University Graduate School

    2008.03,Doctor's Course,Graduate School, Division of Engineering,Division of Architectural and Structural Design,Others

Graduate school・major, etc. 【 display / non-display

  • Hokkaido University

    2003.03,Faculty of Engineering,Department of Architecture,Others

Degree 【 display / non-display

  • Ph.D.

    Development of optimal shear experimental method and constitutive equation based on contact theory on concrete crack surface

Academic Society 【 display / non-display

  • Architectural Institute of Japan

  • Japan Concrete Institute

  • Japan Society of Civil Engineers

  • Japan Association for Earthquake Engineering

Academic prize 【 display / non-display

  • 第27回コンクリート工学講演会年次論文賞

    2005.06.24,日本コンクリート工学協会

  • 2011日本地震工学会大会優秀論文発表賞

    2011.12.22,日本地震工学会

  • 第34回コンクリート工学講演会年次論文賞

    2012.07.06,日本コンクリート工学会

  • 土木学会第70回年次学術講演会優秀講演者

    2015.11.11,土木学会

  • フロンティア材料研究所学術賞 研究奨励部門

    2023.07.01,東京工業大学 フロンティア材料研究所

display all >>

 

既存建築物の持続的活用に関する研究

Purpose of Research

既存鉄筋コンクリート(RC)構造物の補修・補強・損傷評価

規模の大きな地震が多く発生する日本に建つ構造物は、高い耐震性が要求されます。また、資源の有効活用、地球環境等を鑑みると、既存建物を長期的に有効活用することが期待されます。特に北海道のような寒冷地においては、コンクリートの凍害や、寒冷地での施工も課題となり、これらのテーマを総合的に解決することを研究目的としています。

Summary of Research

構造実験・構成則・部材解析

既存建物を補修・補強するためには、どのように接合するかが重要な課題となります。そこで、目荒らしやあと施工アンカーの接合性能に関する実験、モデル化を行っています。また大規模な地震時には、RC構造物はひび割れが発生しながら損傷します。この損傷度合いと構造性能の関係を定量評価するため、構造実験および部材解析を行っています。

Research Content

Features / Benefits of Research

1.Point of research 2.Research of novelty
  • コンクリート目荒らし面の力学性状
  • あと施工アンカーの力学性状
  • AIを活用した施工管理ツール
  • コンクリート構造部材の損傷評価
  • 劣化したコンクリートの補修・補強工法
  • コンクリート目荒らし面の力学性状を形状特性を用いてモデル化
  • 組み合わせ応力下で多数回の載荷を受けるアンカー筋の挙動を把握
  • ひび割れ発生量に着目したRC2次壁の構造特性
3.Primacy of Technology 4.Situation of patent-related
  • 既存構造物と新設部材の接合性能を緻密に評価できる
  • 鉄筋間隔の違いによるひび割れ発生量を精度よく予測できる
  • 画像解析やAIを使ってコンクリートの損傷を評価できる
  • 目荒らし施工方法
  • せん断力抵抗装置
 

Books 【 display / non-display

  • 2018年北海道胆振東部地震災害調査報告

    日本建築学会,一般社団法人 日本建築学会,鉄筋コンクリート造建築物の被害,(p.180),2024.04,9784818920538

  • 東日本大震災合同調査報告建築編1 鉄筋コンクリート造建築物

    日本建築学会構造委員会,日本建築学会,仙台市役所,(p.578),2015.05

  • 日本建築学会東北支部2011年東日本大震災災害調査報告書

    日本建築学会東北支部災害調査委員会,日本建築学会,仙台市役所本庁舎,(p.276),2013.05

Papers 【 display / non-display

  • Bond strength of post-installed anchor adhering to damaged concrete by freeze-thaw action

    Yano Y., Shiokoshi T., Takase Y., Ishida Y., Abe T., Takahashi M. and Ishigaki T.,Journal of Advanced Concrete Technology,vol.22,(p.178 ~ 189),2024.04

  • Building damage assessment model using AI and damage rate evaluation by video from vehicle mounted camera

    大笹航汰,加藤圭祐,高瀬裕也,中嶋唯貴,AIJ Journal of Technology and Design,vol.30,(74),(p.548 ~ 552),2024.02

  • Strengthening Effect of the Fixing Method of Polypropylene Band on Unreinforced Brick Masonry in Flexural, Shear, and Torsion Behaviors

    Ta Quy Hung, Mitsuo Mizoguchi and Yuya Takase,Buildings,vol.13,(11),Article Number:2863,2023.12

  • 側面が劣化したRC梁における補修厚さがせん断強度に及ぼす影響

    中村遼太郎,及川雄大,朱俊彦,高瀬裕也,コンクリート構造物の補修,補強,アップグレード論文集,vol.23,(p.485 ~ 490),2023.10

  • 寒中期に屋外で定着した接着系あと施工アンカーの付着特性

    塩越汰斗,矢野悠佑雅,高瀬裕也,阿部隆英,高橋宗臣,コンクリート構造物の補修,補強,アップグレード論文集,vol.23,(p.263 ~ 266),2023.10

display all >>

International conference proceedings 【 display / non-display

  • Finite element analysis of concrete cone failure mechanism in post-installed anchors applied to frost-damaged concrete

    Ishida, Y., Takase, Y., Shiokoshi, T., Ishigaki, T., and Takahashi, M.,Proceedings of Fracture Mechanics of Concrete and Concrete Structures,2023.09,Bangalore, India

  • Modified cyclic model of interfaces with roughened surface and dowel bar subjected to normal and shear stresses

    Takase, Y., Yamada, T. and Abe, T.,Proceedings of Fracture Mechanics of Concrete and Concrete Structures,2023.09,Bangalore, India

  • 3D FEM analysis of disk shear-key considering the material properties of the existing concrete surface

    Ishida Y., Sato T., Kubota M., Akisawa T., Sakata H., Maida Y. and Takase Y.,Computational Modelling of Concrete and Concrete Structures,(p.275 ~ 283),2022.05,Vienna, Austria

  • Verification on Accumulating of Roughened Concrete and Post-Installed Anchor in Seismic Reinforcement Joints

    Okuyama, Y., Yamada, T, Takase, Y., Abe, T., Sakamoto, K. and Katori, K.,17th World Conference on Earthquake Engineering,Article Number:2j-0024,2020.09,Sendai, Japan

  • Mechanical Model of Roughened Concrete of Existing Members for Shear failure mode

    Katagiri, Y., Takase, Y., Abe, T., Sakamoto, K., Hiwatashi, T. and Katori, K.,Proceedings of Fracture Mechanics of Concrete and Concrete Structures,Article Number:235482,2019.06,Bayonne, France

display all >>

Editorial and Commentary 【 display / non-display

  • 円柱状シアキーを用いた耐震補強工法と適用事例—チッピングに代わる目荒らし—

    阿部隆英,樋渡健,高瀬裕也,香取慶一,コンクリート工学,vol.61,(3),(p.239 ~ 246),2023.03

  • 様々な学習モデルを用いた鉄筋コンクリート造壁のひび割れ幅計測

    鎌田聖也,大笹航汰,高瀬裕也,溝口光男,画像ラボ,vol.34,(2),(p.6 ~ 13),2023.02

  • 氷点下でも定着可能な無機系注入式アンカー 防凍専用水を用いたセメフォースアンカー

    阿部隆英,折田現太,安藤重裕,高瀬裕也,建設機械,vol.59,(1),(p.31 ~ 38),2023.01

  • 氷点下でも施工可能な無機系アンカーの定着性能

    高瀬裕也,阿部隆英,折田現太,安藤重裕,コンクリート工学,vol.60,(6),(p.525 ~ 532),2022.06

  • 高いせん断耐力と剛性を持つ接合要素を用いた耐震補強用接合工法

    高瀬裕也,池田隆明,八木沢康衛,尾中敦義,コンクリート工学,vol.51,(11),(p.898 ~ 904),2013.11

display all >>

Research reports 【 display / non-display

  • AIを用いた建物の損傷度判定モデルと車載カメラの動画による被災率の評価

    大笹航汰,加藤圭祐,高瀬裕也, 中嶋唯貴,第16回日本地震工学シンポジウム,Article Number:Day3-G416-19,2023.11

  • 接着中間層でのズレを考慮した積層梁の弾性座屈解析

    濵圭吾, 井上圭一, 高瀬裕也, 和田俊良,日本建築学会北陸支部研究報告集,vol.66,(p.45 ~ 48),2023.07

  • 接合面におけるズレを考慮した積層チモシェンコ梁部材の弾性解析のための定式化

    三上孝輝, 井上圭一, 高瀬裕也, 和田俊良,日本建築学会北陸支部研究報告集,vol.66,(p.41 ~ 44),2023.07

  • AIおよびIoTを活用した深層学習による戸建て住宅の損傷度評価に関する基礎的検討

    加藤圭祐, 大笹 航汰, 高瀬裕也, 中嶋唯貴,日本建築学会北海道支部研究報告集,vol.96,(p.67 ~ 70),2023.06

  • ウォータージェットによる目荒しと吹付モルタルによる断面修復面のせん断強度

    朱俊彦, 中村遼太郎, 高瀬裕也, 石田雄太郎, 阿部隆英,日本建築学会北海道支部研究報告集,vol.96,(p.61 ~ 64),2023.06

display all >>

Presentaion at conference, meeting, etc. 【 display / non-display

  • 凍結融解作用により劣化したコンクリートと断面修復材の付着面のせん断強度

    朱俊彦,高瀬裕也,中村遼太郎,日本建築学会大会学術講演会,日本建築学会,日本建築学会大会学術講演梗概集,構造IV,(p.183-184),2022.09.12,札幌市,北海道,Japan

  • コンクリートの劣化と補修効果を考慮したRC梁のせん断耐力評価

    中村遼太郎,朱俊彦,高瀬裕也,日本建築学会大会学術講演会,日本建築学会,日本建築学会大会学術講演梗概集,構造IV,(p.227-228),2022.09.12,札幌市,北海道,Japan

  • 画像解析を用いた鉄筋コンクリート部材のひび割れ間隔の計測手法の提案 その2 複製画像の移動量に基づく計測手法と考察

    鎌田聖也,大笹航汰,髙瀬裕也,溝口光男,日本建築学会大会学術講演会,日本建築学会,日本建築学会大会学術講演梗概集,構造IV,(p.125-126),2022.09.12,札幌市,北海道,Japan

  • 画像解析を用いた鉄筋コンクリート部材のひび割れ間隔の計測手法の提案 その1 試験体画像の概要とひび割れ端部の座標を使った測定手法

    大笹航汰,鎌田聖也,髙瀬裕也,溝口光男,日本建築学会大会学術講演会,日本建築学会,日本建築学会大会学術講演梗概集,構造IV,(p.123-124),2022.09.12,札幌市,北海道,Japan

  • 耐寒促進剤を配合した無機系接着剤によるあと施工アンカーのせん断抵抗性能

    高瀬裕也,折田現太,阿部隆英,安藤重裕,兼吉孝征,令和3年度土木学会全国大会,土木学会,土木学会第76回年次学術講演論文集,(p.v-517),2021.09.09

display all >>

Patent acquisition 【 display / non-display

  • 目荒らし施工方法

    特願2013-006674,特開2014-136926,特許第6071573号

  • せん断力抵抗装置

    特願2011-117569,特開2012-246641,特許第5783799号

 

Class subject in charge 【 display / non-display

  • 長期インターンシップ(建築土木工学コース建築学トラック)

    2024,Department

  • 短期インターンシップ(建築土木工学コース建築学トラック)

    2024,Department

  • 地域インターンシップ(建築土木工学コース建築学トラック)

    2024,Department

  • 建築学演習Ⅱ

    2024,Department

  • 建築鉄筋コンクリート構造

    2024,Department

display all >>