基本情報

写真a

濱 幸雄

ハマ ユキオ


所属センター等1

環境科学・防災研究センター

担当専攻 博士前期課程

環境創生工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

創造工学科

職名

教授

電子メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 建築材料学

  • コンクリート工学

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学・大学院

    1986年03月,博士前期,工学研究科,建築工学専攻,修了

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学

    1984年03月,工学部,建築工学科,卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

    耐寒促進剤による寒中コンクリート施工技術に関する研究

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本建築仕上学会

  • 日本コンクリート工学会

  • 日本建築学会

  • RILEM

学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本コンクリート工学協会賞論文賞

    1998年05月,日本コンクリート工学協会

  • コンクリート工学講演会優秀講演賞

    2000年07月,日本コンクリート工学協会

  • 日本建築仕上学会論文奨励賞

    2001年05月,日本建築仕上学会

  • コンクリート工学講演会優秀講演賞

    2001年07月,日本コンクリート工学協会

  • セメント協会論文賞

    2004年05月,セメント協会

全件表示 >>

 

コンクリートのナノテクノロジー

寒冷地に建つコンクリート構造物の長寿命化

研究開発の目的

コンクリート構造物の劣化問題を改善

建築材料(コンクリートなど)の劣化問題に対する評価方法や改善方法、劣化予測等を研究することで、資源の無駄遣いを抑えることが可能となる。建物などのコンクリート構造物の劣化問題を改善して長寿命化させることは、環境問題の観点からも社会にとって必要になる研究である。

研究開発の概要

コンクリートの中の穴の構造等の分布を気泡の制御で最適化

寒冷地に建つコンクリート構造物は凍害という劣化現象を引き起こす。 劣化のメカニズムを解明し、評価・予測することでコンクリート構造物を長寿命化させる。手法の一つとして、コンクリートの中の穴の構造や大きさの分布を、ナノオーダーの空隙・気泡の制御によって最適化する。 凍害劣化における劣化機構の解明、性能評価方法、劣化予測手法の開発、対策までを総合的に研究している。

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • コンクリートの耐凍害性に対する評価・予測・開発
  • ばらつきの少ないものを目指したナノオーダーからコンクリートの空隙・気泡の制御
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • マクロからナノレベルまでの範囲で建築材料を評価・改善・開発
  • 建設の立場に立った材料を科学的に評価
 

著書 【 表示 / 非表示

  • コンクリート技術の要点’21

    濱幸雄、山口明伸、北垣亮馬、上野敦、河野政典、桜井邦昭、伊藤正憲、小田部裕一、西田孝弘、橋本紳一郎、松下哲郎、松信岳彦、渡邉賢三、渡邊秀和,日本コンクリート工学会,(頁 439),2021年09月,9784863841185

  • 高炉セメントまたは高炉スラグ微粉末を用いた鉄筋コンクリート造建築物の設計・施工指針(案)・同解説

    鹿毛忠継,兼松学,閑田徹志,濱幸雄他15名,丸善,3.8.5 激しい凍結融解作用を受けるコンクリート,3.8.9 寒中コンクリート,4.2.4 凍害,(頁 168),2017年09月,978-4-8189-1077-5

  • コンクリートの劣化と補修がかわる本update

    和泉意登志,竹田宣典,古賀裕久,濱幸雄,神谷清志,長尾覚博,鳥取誠一,前田敏也,横関康祐,コンクリート新聞社,凍害によるコンクリートの劣化と対策,(頁 127),2016年04月,978-4-915849-93-0

  • 既存コンクリート構造物の維持管理と補修・補強技術に関する特別委員会報告書

    濱幸雄(分担),日本コンクリート工学会,4. コンクリートの劣化メカニズムを踏まえた将来予測と数値解析技術の高度化,2015年09月

  • 建築工事標準仕様書・同解説 JASS5 鉄筋コンクリート工事

    濱幸雄(分担),丸善,12節 寒中コンクリート工事,(頁 953),2015年07月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • ゾノトライト系軽量硬化体の乾燥収縮挙動に及ぼす細孔構造および硬化体剛性の影響

    高村光祐,今澤公一,濱幸雄,セメント・コンクリート論文集,75巻,2022年03月

  • Influence of nanofibrillated bacterial cellulose on the properties of ordinary and expansive mortars

    Emika Kuroiwa, Nguyen Xuan Quy, Yukio Hama,Materials,15巻,Article Number:2094,2022年03月

  • セメントおよび高炉セメント硬化体の乾湿繰り返しによる微細構造変化

    金志訓,山嵜悠,北垣亮馬,濱幸雄,セメント・コンクリート論文集,75巻,2022年03月

  • Influence of hydrothermal synthesis and carbonation on physical properties of xonotlite-based lightweight material

    Nguyen Duc Van, Kouichi Imasawa, Yukio Hama,Construction and Building Materials,321巻,Article Number:126328,2022年01月

  • Investigation on Aesthetic and Water Permeability of Surface Protective Material under Accelerated Weathering

    Feng Chen, Nguyen Xuan Quy, Jihoon Kim, Yukio Hama,Materials,14巻,Article Number:6896,2021年11月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • ESTIMATION OF FREEZING AND THAWING TEST RESULTS USING LIGHTGBM

    Takumi Noguchi, Nguyen Xuan Quy, Yukio Hama,Proceeding of the 14th International Symposium between Korea, Japan & China Performance Improvement of Concrete for Long Life Span Structure,(頁 1 ~ 6),2021年08月

  • Literature Review of Guides to Cold Weather Concreting of Various Countrie

    Jiahui Cui, Nguyen Duc Van, Jihoon Kim, Yukio Hama,Proceeding of the 14th International Symposium between Korea, Japan & China Performance Improvement of Concrete for Long Life Span Structure,(頁 169 ~ 176),2021年08月

  • INTERNATIONAL COMPARISON AND THE IMPACT OF CLIMATE CHANGE IN THE FROST DAMAGE ENVIRONMENT OF CONCRETE

    Yuto Fukuda, Takumi Noguchi, Nguyen Xuan Quy, Yukio Hama,Proceeding of the 14th International Symposium between Korea, Japan & China Performance Improvement of Concrete for Long Life Span Structure,(頁 189 ~ 194),2021年08月

  • INFLUENCE OF NANOFIBRILLATED BACTERIAL CELLULOSE ON BASIC PROPERTIES OF MORTAR

    Emika Kuroiwa, Nguyen Xuan Quy, Takayuki Fukase, Tokuo Matsushima, Yukio Hama,Proceeding of the 14th International Symposium between Korea, Japan & China Performance Improvement of Concrete for Long Life Span Structure,(頁 122 ~ 127),2021年08月

  • INFLUENCE OF SURFACE PROTECTIVE MATERIAL ON APPEARANCE CHANGE AND MOISTURE PROPERTIES AFTER IMMERSION IN WARM WATER

    Feng Chen, Nguyen Xuan Quy, Jihoon Kim, Yukio Hama,Proceeding of the 14th International Symposium between Korea, Japan & China Performance Improvement of Concrete for Long Life Span Structure,(頁 35 ~ 42),2021年08月

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • 寒冷地コンクリートの施工の合理化と凍害劣化予測に関する一連の研究

    濱幸雄,コンクリートテクノ,40巻,8号,(頁 60 ~ 66),2021年08月

  • 寒冷地コンクリートの凍害対策と補修・補強工法の選定の考え方

    濱幸雄,防水ジャーナル,551号,(頁 54 ~ 58),2017年10月

  • コンクリート中に存在する気泡の役割と制御の解明に向けて《JCIコンクリート中の気泡の役割・制御に関する研究委員会の活動より》

    濱幸雄,緒方英彦,林大介,阿波稔,湯浅昇,新大軌,セメント・コンクリート,839号,(頁 26 ~ 34),2017年01月

  • 寒中コンクリート技術の課題と動向

    濱幸雄,コンクリートテクノ,35巻,1号,(頁 31 ~ 36),2016年01月

  • 塗布含浸材による寒冷地のコンクリート劣化の抑制効果

    濱幸雄,防水ジャーナル,(頁 62 ~ 66),2015年02月

全件表示 >>

研究報告 【 表示 / 非表示

  • 微生物セルロースナノファイバーを用いた膨張モルタルの性状

    黒岩笑海歌,深瀬孝之,濱幸雄,日本建築学会大会学術講演梗概集(東海)A1(材料施工),(頁 95 ~ 96),Article Number:1048,2021年09月

  • LightGBM を用いた凍結融解試験結果の推定の試み

    野口巧巳,濱幸雄,日本建築学会大会学術講演梗概集(東海)A1(材料施工),(頁 197 ~ 198),Article Number:1099,2021年09月

  • コンクリートの凍害に関する気象環境リスクの国際比較

    福田悠人,野口巧巳,濱幸雄,日本建築学会大会学術講演梗概集(東海)A1(材料施工),(頁 199 ~ 200),Article Number:1100,2021年09月

  • Slip and ASR Behavior of Waste Glass Fine Aggregate in High Strength Mortar with Low Water/Cement Ratio

    Eu Hamin, Kim Gyuyong, Nam Jeongsoo, Son, Minjae, Sasui Sasui, Lee Yaechan, Hama Yukio, Kim Jihoon,日本建築学会大会学術講演梗概集(東海)A1(材料施工),(頁 57 ~ 58),Article Number:1029,2021年09月

  • Effect of fiber pull-out behavior on direct tensile properties of fiber reinforced cementitious composites

    Lee Yaechan, Kim Gyuyong, Nam Jeongsoo, Lee Sangkyu, Son Minjea, Suh Dongkyun, Hama Yukio, Kim Moohan,日本建築学会大会学術講演梗概集(東海)A1(材料施工),(頁 89 ~ 90),Article Number:1045,2021年09月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • フライアッシュを用いたコンクリートの中性化と凍害の複合劣化に関する研究

    丁振朝,日本建築学会北海道支部研究発表会,日本建築学会,日本建築学会北海道支部研究報告集No.91,2019年06月29日,北海道・札幌市

  • Influence of early age frost damage on the strength properties of Fiber Reinforced Polymer Cement Mortar

    Ikumi OTOMONI,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2019,室蘭工業大学,Proceedings of Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2019(JSED2019),2019年03月01日,室蘭,日本

  • Study on Properties of Fly Ash Concrete and Blast-Furnace Slag Concrete with Various Replacement Ratios

    Zhenzhao DING,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2019,室蘭工業大学,Proceedings of Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2019(JSED2019),2019年03月01日,室蘭,日本

  • Study on Correspondence Between Early Age Frost Damage Diagnosis Methods And Mortar of Wet Color by Water

    Jiahui CUI,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2019,室蘭工業大学,Proceedings of Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2019(JSED2019),2019年03月01日,室蘭,日本

  • Influence of early frost damage on bond strength between cement paste and aggregate of concrete

    Mayuko FURUDATE,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2019,室蘭工業大学,Proceedings of Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2019(JSED2019),2019年03月01日,室蘭,日本

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 大企業

    2018年10月17日,物質・材料分野,1200000(円)

  • 大企業

    2021年08月27日,1000000(円)

  • 大企業

    2021年06月30日,2000000(円)

  • 大企業

    2021年04月14日,1000000(円)

  • 大企業

    2020年09月15日,500000(円)

全件表示 >>

受託研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 独立行政法人

    2021年11月09日,0(円)

  • 大企業

    2020年11月01日,400000(円)

  • 大企業

    2015年12月01日,製造技術分野,300000(円)

  • 公益法人等

    2009年07月01日,社会基盤分野,878134(円)

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • ゾノトライト系軽量高性能建材の開発

    2020年度 ~ 2022年度,基盤研究(C),20K04787

  • コンクリートの効果的補修・補強に資する細孔構造からメゾ構造を結ぶ劣化機構の解明

    2019年度 ~ 2022年度,基盤研究(C),19K04684

  • コンパクト同軸型石炭地下ガス化(UCG)システムの開発

    2017年度,基盤研究(A),15H02332

  • 高炉スラグ高含有セメントコンクリートの温度ひび割れ制御技術の確立

    2017年度,基盤研究(B),15H04084

  • 低炭素型寒中コンクリート技術の実証的研究

    2016年度 ~ 2018年度,基盤研究(B),16H04444

全件表示 >>

その他補助金等 【 表示 / 非表示

  • 北海道産微生物セルロースナノファイバーの建設材料への高度利用

    2021年08月03日 ~ 2022年03月15日,公益財団法人 北海道科学技術総合振興センター,イノベーション創出研究支援事業(スタートアップ研究(産学連携創出)補助金),2000000(円)

  • 全量副産物ゼロセメント固化体製品の実用化技術の構築

    2014年07月28日 ~ 2015年03月20日,(財)北海道科学技術総合振興センター,平成26年度ノーステック財団「研究開発助成事業」 発展・橋渡し研究補助金,4000000(円)

  • 全量副産物ゼロセメント固化体の高付加価値化と二次製品への展開

    2013年08月12日 ~ 2014年02月28日,(財)北海道科学技術総合振興センター,平成25年度ノーステック財団「研究開発助成事業」 発展・橋渡し補助金,4000000(円)

  • 全量副産物ゼロセメント高強度固化体の開発

    2012年08月10日 ~ 2013年03月31日,(財)北海道科学技術総合振興センター,平成24年度ノーステック財団「研究開発助成事業」スタートアップ研究補助金,2000000(円)

  • コンクリート構造物のLCM国際標準の確立

    2011年04月01日 ~ 2012年03月31日,文部科学省,平成23年度科学技術戦略推進費補助金,2311920(円)

全件表示 >>

特許取得 【 表示 / 非表示

  • 高炉セメントコンクリート用のフレッシュコンクリート

    日本,特願2016-139322,特開2018-008848,特許第6753632号

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 建築学演習Ⅱ

    2022年度,学部

  • 工学概論(後半8週、A・Bクラス)

    2022年度,学部

  • 建築材料Ⅱ

    2022年度,学部

  • 建築材料実験

    2022年度,学部

  • 建築構造系特論

    2022年度,博士前期課程

全件表示 >>

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • Concrete for Human

    2010年,室蘭栄高校,室蘭工業大学,室蘭栄高校SSH,未設定

技術セミナー 【 表示 / 非表示

  • 凍害のメカニズム

    2006年,日本コンクリート工学協会北海道支部,北海道開発土木研究所講堂,凍害の予測と耐久性設計の現状講習会,講演

  • 委員会報告-寒冷気象環境WG・気象解析WG

    2005年,日本コンクリート工学協会北海道支部,北海道開発土木研究所講堂,自然環境とコンクリート性能評価に関するセミナー,講演

  • 委員会報告―寒冷気象環境WG

    2005年,日本コンクリート工学協会,東京・あいおい生命ホール,自然環境とコンクリート性能評価に関するシンポジウム,講演

  • 高性能コンクリートの耐凍害性

    2005年,日本建築学会関東支部,日本建築学会,日本建築学会関東支部材料施工委員会セミナー,講演

  • 基礎編3.8-4.6

    2004年,日本コンクリート工学協会,札幌プリンスホテル国際館パミール,2004年度コンクリート診断士講習会,講演

全件表示 >>

学会・研究会の主催等 【 表示 / 非表示

  • PICLS2021

    沖縄県那覇市(オンライン),General Chair,日本

  • PICLS2019

    韓国清州市,Advisory Board

  • PICLS2018

    中国・延吉市,Advisory Board

  • the 11th International Symposium between Japan, China and Korea on Performance Improvement of Concrete for Long life span Structure

    室蘭,General Chair

学会委員会 【 表示 / 非表示

  • 寒冷環境下におけるコンクリートの品質・耐凍害性確保に関する研究委員会

    2021年06月 ~ 2022年05月,委員,日本コンクリート工学会北海道支部,地方支部

  • 品質確保のあるべき姿検討委員会(第2期)

    2020年05月 ~ 2021年05月,委員長,日本コンクリート工学会北海道支部,地方支部

  • 寒中コンクリート小委員会

    2020年04月 ~ 2022年03月,委員長,日本建築学会,全国

  • 品質確保のあるべき姿検討委員会

    2019年05月 ~ 2020年05月,委員,日本コンクリート工学会北海道支部,地方支部

  • 鉄筋コンクリート工事運営委員会

    2019年04月01日 ~ 2021年03月31日,委員,日本建築学会,全国

全件表示 >>

学協会役員 【 表示 / 非表示

  • 日本コンクリート工学会

    2020年06月 ~ 2022年06月,地方支部,支部役員

  • 日本コンクリート工学会

    2018年06月 ~ 2020年06月,全国,本部役員

  • 日本コンクリート工学会

    2018年06月 ~ 2020年06月,地方支部,支部長

  • 日本コンクリート工学会

    2016年06月 ~ 2018年06月,全国,本部役員

  • 日本コンクリート工学会

    2016年05月 ~ 2018年04月,地方支部,支部役員