基本情報

写真a

小室 雅人

コムロ マサト


担当専攻 博士前期課程

環境創生工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

建築社会基盤系学科

職名

准教授

電子メールアドレス

メールアドレス

ホームページURL

https://www.facebook.com/struct.lab.muroranIT

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 鋼構造学

  • 土木工学

  • 耐震工学

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 室蘭工業大学・大学院

    1994年,博士前期,工学研究科,建設システム工学専攻,修了

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 室蘭工業大学

    1992年,工学部,土木工学科,卒業,日本

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 土木学会

  • 日本建築学会

  • 日本コンクリート工学協会

  • 日本鋼構造協会

学術賞 【 表示 / 非表示

  • 構造工学シンポジウム論文賞

    2004年05月11日,土木学会構造工学委員会

  • Highly Commendable Papers Award 2017

    2017年06月16日,IAPS(International Association of Protective Structures)

 

社会基盤施設の高度化 / 長寿命化

現地計測と数値解析による構造物の診断

研究開発の目的

社会基盤施設の健全度評価手法の確立

我が国では高度成長期に建設された膨大な社会基盤施設が存在する。今後は,これらの社会基盤施設をいかに長く使い続けるかが重要となる。そのための簡易診断技術の開発や適切な補強・補修法の確立を目指している。

研究開発の概要

たとえば,アラミド繊維シートによる円形鋼製橋脚の局部座屈抑制法の開発

従来の補強方法(コンクリート充填や補剛リブ増設)では,鋼製橋脚の強度が上昇するため,その基礎(土台)部分に損傷が発生する,重機による大規模は補強工事が必要になるなど難しい面が多々あった。しかし,アラミド繊維シートを座屈防止のために鋼管構造物に巻く工法によって,強度の上昇を抑え,変形性能を向上させる方法を種々の実験により導き出し,作業性・施工性に優れる補修・補強工法の開発に成功した。

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • 補強材としてアラミド繊維シートを使用することにより,巻くだけで補強ができ,作業性が向上
  • 新素材繊維シートであるカーボン(炭素)繊維シートの場合,鋼との接触により電気腐食の危険性あり
  • 水圧鉄管などの補強にも応用可能
  • 局部座屈をアラミド繊維シートで抑える研究
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • 施工性に優れ,特殊技術が不要
  • 電気腐食の危険性なし
  • 土木分野にアラミド繊維シートを使用
 

著書 【 表示 / 非表示

  • 鋼橋の性能評価と強度設計の合理化,JSSCテクニカルレポート,No.105

    (社)日本鋼構造協会,(社)日本鋼構造協会,第1章,補剛板の耐荷力,(頁 184),2015年11月

  • 構造物の耐衝撃設計の考え方

    日本建築学会,丸善出版,第8章 設計事例,(頁 226),2015年01月,978-4-8189-0624-2

  • 鋼橋の強度設計の合理化,JSSCテクニカルレポート,No.98

    (社)日本鋼構造協会,(社)日本鋼構造協会,第2章 補剛版,2013年03月

  • Semi-rigid Connections Handbook

    Wai-Fah Chen,Norimitsu Kishi,and Masato Komuro,J. Ross Publishing,Inc.,(頁 1300),2011年01月,978-1932159998

論文 【 表示 / 非表示

  • 重錘衝突を受ける単粒度砕石ジオセル緩衝体の動的応答解析

    瓦井智貴・小室雅人・大山亮貴・宮本大介,ジオシンセティックス論文集,32巻,(頁 125 ~ 132),2017年12月

  • 鉄筋コンクリート充填鋼管の耐荷性状に関する実験的・解析的研究

    堅田恭輔, 小室雅人, 栗橋祐介, 岸徳光,鋼構造年次論文報告集,25巻,(頁 120 ~ 127),2017年11月

  • 従来型落石防護柵に用いられる間隔保持材の設置効果に関する研究

    今野久志,小室雅人,西弘明,荒木恒也,岸徳光,鋼構造年次論文報告集,25巻,(頁 151 ~ 158),2017年11月

  • Probabilistic ultimate buckling strength of stiffened plates, considering thick and high-performance steel

    Mahmudur Rahman, Yoshiaki Okui, Shoji Takahiro, Masato Komuro,Journal of Constructional Steel Research ,138巻,(頁 184 ~ 195),2017年07月

  • CFRP ロッドを用いて下面埋設曲げ補強を施した RC 梁の重錘落下衝撃実験

    岸徳光, 栗橋祐介, 小室雅人, 三上浩,コンクリート工学年次論文集,39巻,2号,(頁 1147 ~ 1152),2017年07月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Criteria for performance evaluation and numerical verification to shock-resistant design of buildings

    Nishida, A, Mukai, Y., Hamamoto, T., Kushibe, A., Komuro, M., Ohashi, Y., Obi, H., and Tsubota, H. ,12th International Conference on Shock & Impact Loads on Structures,(頁 379 ~ 388),CI-PREMIER PTE LTD,2017年06月,Singapore

  • Design loads and structural member modelling to shock-resistant design of buildings

    Ikawa, N., Mukai, Y., Nishida, A., Hamamoto, T., Kano, T., Ohta, T., Nakamura, N., Komuro, M. and Takeuchi, M,12th International Conference on Shock & Impact Loads on Structures,(頁 259 ~ 268),CI-PREMIER PTE LTD,2017年06月,Singapore

  • Numerical simulation on impact resistant behavior of full-scale pocket-type rockfall protection nets

    Komuro, M., Nishi, H, and Konno, H.,6th Interdisciplinary Workshop on Rockfall Protection,(頁 185 ~ 188),International Center for Numerical Methods in Engineering (CIMNE) ,2017年05月,Barcelona

  • Upgrading effects of near-surface mounting of Aramid fiber reinforced polymer rods on impact resistant capacity of reiforced concrete beams

    Kishi, N., Komuro, M., Kurihashi, Y. and Mikami, H.,6th Interdisciplinary Workshop on Rockfall Protection,(頁 149 ~ 152),International Center for Numerical Methods in Engineering (CIMNE),2017年05月,Barcelona

  • An examination on the influence of certain parameters on three-dimensional dynamic frame analysis for a rockfall protection gallery

    Yamasawa, F., Konno, H., Nishi, H., Kishi, N. Komuro, M, and Kurihashi, Y. ,6th Interdisciplinary Workshop on Rockfall Protection,(頁 157 ~ 160),International Center for Numerical Methods in Engineering (CIMNE),2017年05月,Barcelona

全件表示 >>

研究報告 【 表示 / 非表示

  • トラス橋のケーススタディ(非線形解析)-鋼トラス橋を対象とした連鎖崩壊型動的リダンダンシー解析-

    馬越一也,小室雅人,山沢哲也,由井幸司,見原理一,野中哲也,吉岡勉,奥井義昭,第17回 鋼構造と橋に関するシンポジウム論文報告集,(頁 39 ~ 52),2014年08月

  • 旭橋の固有振動特性評価に関する実験的・数値解析的検討

    小室雅人,岸 徳光,西 弘明,佐藤 京,橋梁振動コロキウム2011,(頁 136 ~ 141),2011年09月

  • 詳細解析による車両衝突時の門形RC造骨組に関する耐衝撃特性-パンパーの影響を考慮しない場合-

    岸 徳光,小室雅人,花岡健治,構造物の耐衝撃設計ガイドラインに関するシンポジウム,(頁 123 ~ 132),2010年

  • 詳細解析による車両衝突時の門形S造骨組に関する耐衝撃特性-パンパーの影響を考慮しない場合-

    小室雅人,岸 徳光,玉木美帆,構造物の耐衝撃設計ガイドラインに関するシンポジウム,(頁 147 ~ 156),2010年

  • 両端固定RC柱の耐衝撃挙動に関する数値解析的研究

    岸 徳光,三上 浩,小室雅人,花岡健治,第10回 構造物の衝撃問題に関するシンポジウム論文集,10巻,(頁 149 ~ 154),2010年

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Numerical simulation of AFRP rod NSM RC beams under falling-weight impact loading

    Komuro, M., Kurihashi, Y., Kawarai, T., and Kishi, N. ,13th International Symposium on Fiber-Reinforced Polymer Reinforcement for Concrete Structures (FRPRCS-13),13th International Symposium on Fiber-Reinforced Polymer Reinforcement for Concrete Structures (FRPRCS-13),2017年10月14日,Anaheim,USA

  • Field vibration test on evaluation of natural vibration characteristics of an existing cable-stayed bridge

    Komuro, M.,IABMAS2016,Maintenance, Monitoring, Safety, Risk and Resilience of Bridges and Bridges Networks (IABMAS2016),(頁 CD-ROM),2016年06月26日, Foz do Iguasu,Brazil

  • An approach for maintaining the Hakucho-Ohashi bridge

    Komuro, M,ICSBOC2016,The 9th International Cable Supported Bridge Operator's Conference(ICSBOC2016),(頁 CD-ROM),2016年06月19日,Halifax, Canada

  • Impact response analysis of RC beams by means of fiber element approach

    Komuro, M.,PROTECT2015,Proceedings of Performance, Protection and Strengthening of Structures under Extreme Loading,2015年06月,East Lansing,USA

  • Experimental study on the natural vibration characteristics of a steel compositegirder bridge before and after reconstruction of RC slab

    Komuro, M.,37th IABSE Symposium Madrid 2014,IABSE,37th IABSE Symposium "Engineering for Progress, Nature and People",(頁 2705-2712),2014年09月,Madrid,Spain

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 中小企業

    2016年08月31日,社会基盤分野,550000(円)

  • 中小企業

    2016年08月31日,社会基盤分野,550000(円)

  • 公益法人等

    2016年07月25日,社会基盤分野,0(円)

  • 中小企業

    2016年03月31日,社会基盤分野,517000(円)

  • 大企業

    2015年12月02日,社会基盤分野,540000(円)

全件表示 >>

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • FRPロッド表面埋設工法によるRC部材の耐衝撃性向上法に関する研究

    2016年度,基盤研究(C),15K06199

  • 衝撃的外力により損傷した鉄筋コンクリート部材の耐衝撃性向上法に関する研究

    2016年度,基盤研究(C),26420451

  • FRPロッド表面埋設工法によるRC部材の耐衝撃性向上法に関する研究

    2015年度,基盤研究(C),15K06199

  • 衝撃的外力により損傷した鉄筋コンクリート部材の耐衝撃性向上法に関する研究

    2015年度,基盤研究(C),26420451

  • 衝撃的外力により損傷した鉄筋コンクリート部材の耐衝撃性向上法に関する研究

    2014年度,基盤研究(C),26420451

全件表示 >>

その他補助金等 【 表示 / 非表示

  • 既設落石防護擁壁工に関する三層緩衝構造を用いた耐衝撃性能の高度化に関する技術開発

    2013年07月17日 ~ 2014年03月31日,(株)構研エンジニアリング,平成25年度建設技術研究開発費補助金(国交省),2500000(円)

  • 既設落石防護擁壁工に関する三層緩衝構造を用いた耐衝撃性能の高度化に関する技術開発

    2012年06月28日 ~ 2013年03月31日,(株)構研エンジニアリング,平成24年度建設技術研究開発費補助金,4000000(円)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 土木鋼構造学II

    2017年度,学部

  • 応用振動工学

    2017年度,学部

  • 土木工学概論

    2017年度,学部

  • 地域社会概論

    2017年度,学部

  • 土木鋼構造学I

    2017年度,学部

全件表示 >>

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 防災教育に必要な基礎知識

    2015年07月18日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,免許状更新講習,講演

  • 地震と地盤災害-メカニズムと対策-

    2009年08月09日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,免許状更新講習,講演

  • 地震に備えて

    2009年06月29日,室蘭工業大学,樽前山火山対策防災拠点施設,自然災害への備え -北海道有数の大雨地域に対して-,講演

  • 地震

    2008年10月21日,室蘭工業大学,伊達市防災センター,自然災害への備え,講演

講演 【 表示 / 非表示

  • 白鳥大橋の現状と維持管理に向けた取り組み

    2017年01月12日,室蘭工業大学

  • 橋梁の基礎知識と今後の維持管理に向けて

    2016年01月26日,十勝建設産業の未来を考える会

  • 地震について

    2010年09月22日,北海道電力・室蘭支店