Personnel Information

写真a

Komuro Masato


The master's program in charge

Division of Sustainable and Environmental Engineering

The doctoral program in charge

Division of Engineering

The department in charge

Department of Engineering

Job title

Professor

E-mail Address

E-mail address

Research field 【 display / non-display

  • Steel Structure

  • Structural engineering/Earthquake engineering/Maintenance management engineering

  • Building structures/Materials

Graduate school・Graduate course, etc. 【 display / non-display

  • Muroran Institute of Technology

    1994,Master's program,Graduate School, Division of Engineering,建設システム工学専攻,Completed

Graduate school・major, etc. 【 display / non-display

  • Muroran Institute of Technology

    1992,Faculty of Engineering,Department of Civil Enginnering and Architecture,Graduate,Japan

Degree 【 display / non-display

  • Doctor of Engineering

    限界状態設計法に基づいた半剛結鋼骨組の合理的設計手法開発に関する研究

Academic Society 【 display / non-display

  • AIJ: Architectural Institute of Japan

  • Japanese Society of Steel Construction

  • JCI: Japan Concrete Institute

  • JSCE: Japan Society of Civil Engineers

Academic prize 【 display / non-display

  • 構造工学シンポジウム論文賞

    2004.05.11,土木学会構造工学委員会

  • Highly Commendable Papers Award 2017

    2017.06.16,IAPS(International Association of Protective Structures)

 

社会基盤施設の高度化 / 長寿命化

現地計測と数値解析による構造物の診断

Purpose of Research

社会基盤施設の健全度評価手法の確立

我が国では高度成長期に建設された膨大な社会基盤施設が存在する。今後は,これらの社会基盤施設をいかに長く使い続けるかが重要となる。そのための簡易診断技術の開発や適切な補強・補修法の確立を目指している。

Summary of Research

たとえば,アラミド繊維シートによる円形鋼製橋脚の局部座屈抑制法の開発

従来の補強方法(コンクリート充填や補剛リブ増設)では,鋼製橋脚の強度が上昇するため,その基礎(土台)部分に損傷が発生する,重機による大規模は補強工事が必要になるなど難しい面が多々あった。しかし,アラミド繊維シートを座屈防止のために鋼管構造物に巻く工法によって,強度の上昇を抑え,変形性能を向上させる方法を種々の実験により導き出し,作業性・施工性に優れる補修・補強工法の開発に成功した。

Research Content

Features / Benefits of Research

1.Point of research 2.Research of novelty
  • 補強材としてアラミド繊維シートを使用することにより,巻くだけで補強ができ,作業性が向上
  • 新素材繊維シートであるカーボン(炭素)繊維シートの場合,鋼との接触により電気腐食の危険性あり
  • 水圧鉄管などの補強にも応用可能
  • 局部座屈をアラミド繊維シートで抑える研究
3.Primacy of Technology 4.Situation of patent-related
  • 施工性に優れ,特殊技術が不要
  • 電気腐食の危険性なし
  • 土木分野にアラミド繊維シートを使用
 

Books 【 display / non-display

  • 鋼橋の設計・評価技術の高度化,JSSCテクニカルレポート,No. 114

    (社)日本鋼構造協会,(社)日本鋼構造協会,第1編 補剛板の終局強度と使用強度,(p.261),2018.08

  • 鋼橋の性能評価と強度設計の合理化,JSSCテクニカルレポート,No.105

    (社)日本鋼構造協会,(社)日本鋼構造協会,第1編 補剛板の耐荷力,(p.209),2015.11

  • Introduction to Shock-Resisitant Design of Buildings

    日本建築学会,丸善出版,第8章 設計事例,(p.226),2015.01,978-4-8189-0624-2

  • 鋼橋の強度設計の合理化,JSSCテクニカルレポート,No.98

    (社)日本鋼構造協会,(社)日本鋼構造協会,第2編 補剛版,(p.193),2013.03

  • Semi-rigid Connections Handbook

    Wai-Fah Chen,Norimitsu Kishi,and Masato Komuro,J. Ross Publishing,Inc.,(p.1300),2011.01,978-1932159998

Papers 【 display / non-display

  • 載荷点を変化させた貫通型鋼製防護柵支柱模型に関する重錘落下衝撃実験

    近藤里史,小室雅人,岸徳光,山元康弘,沼田あずさ,構造工学論文集,vol.66A,(p.963 ~ 974),2020.04

  • 兵庫県南部地震における地下鉄大開駅の倒壊に関してー下層地盤からの突き上げ入力による数値解析的検討ー

    岸徳光,園田惠一郎,小室雅人,瓦井智貴,構造工学論文集,vol.66A,(p.242 ~ 252),2020.04

  • 静的に曲げ圧壊型で終局に至るAFRPシート接着曲げ補強RC梁の一定繰り返し衝撃荷重載荷実験

    瓦井智貴,小室雅人,岸徳光,三上浩,田野順也,構造工学論文集,vol.66A,(p.1059 ~ 1068),2020.04

  • 従来型落石防護柵の耐衝撃挙動に関する数値解析的検討

    小室雅人,服部桃加,中村拓郎,西弘明,岸徳光,構造工学論文集,vol.66A,(p.1016 ~ 1026),2020.04

  • 衝撃荷重載荷時のFRPシート曲げ補強RC梁に関する数値解析ーコンクリート構成則の適用性検討ー

    瓦井智貴,小室雅人,岸徳光,構造工学論文集,vol.66A,(p.1004 ~ 1015),2020.04

display all >>

International conference proceedings 【 display / non-display

  • Dynamic behavior of foundation for steel post of rockfall protection fence under impact loading

    Kondo, S., Komuro, M., Kishi, N. Yamamoto, Y.,16th East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering & Construction (EASEC16),vol.16,Article Number:P095,2019.12,Brisbane

  • Experimental study on dynamic behaviors of flexural strengthened RC beams with AFRP sheet having 1660 g/m2 mass under consecutive impact loading

    Le Huy, S. , Komuro, M., Kishi, N., and Kawarai, T.,16th East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering & Construction (EASEC16),Article Number:P135,2019.12,Brisbane

  • Cyclic loading tests on seismic retrofit of reinforced concrete bridge pier with embedded seismic retrofit rebar and Aramid Fiber-Reinforced Plastic sheets jacketing

    T. Terasawa, M. Akimoto, H. Nishi and M. Komuro,16th East Asia-Pacific Conference on Structural Engineering & Construction (EASEC16),Article Number:P083,2019.12,Brisbane

  • Dynamic response analysis of impact resistant performance of high-energy absorbing protection barrier with strengthened posts for falling rocks

    Komuro, M., Umezawa, H, Okuda, S, Kawarai, T. and Kishi, N.,Proceedings of the 7th International Colloquium on Performance, Protection and Strengthrning of Structures Under Extreme Loading and Events (PROTECT2019),Article Number:Paper 103,2019.09,Whistler

  • Consecutive falling-weight impact loading for flexural strengthened RC beams with AFRP sheet

    Kishi, N., Komuro, M., Kawarai, T., and Mikami, H,Proceedings of the 7th International Colloquium on Performance, Protection and Strengthrning of Structures Under Extreme Loading and Events (PROTECT2019),Article Number:Paper 101,2019.09,Whistler

display all >>

Research reports 【 display / non-display

  • ソイルセメント・ジオグリッド・EPSを用いた緩衝構造による落石防護擁壁補強例

    鈴木健太郎,保木和弘,牛渡裕二,小室雅人,岸徳光,第12回 構造物の衝撃問題に関するシンポジウム論文集,vol.12,Article Number:5,2019.12

  • 重錘落下を受けるAFRPロッド下面埋設曲げ補強RC梁の数値シミュレーション

    瓦井智貴,小室雅人,岸徳光,三上浩,第12回 構造物の衝撃問題に関するシンポジウム論文集,vol.12,Article Number:10,2019.12

  • 重錘落下衝撃を受けるひし形金網の耐衝撃挙動に関する数値シミュレーション

    小室雅人,西弘明,今野久志,田中優貴,第12回 構造物の衝撃問題に関するシンポジウム論文集,vol.12,Article Number:12,2019.12

  • 衝撃荷重を受けるAFRPシート接着曲げ補強RC梁の破壊形式に関する一検討

    三上浩,小室雅人,岸徳光,瓦井智貴,第12回 構造物の衝撃問題に関するシンポジウム論文集,vol.12,Article Number:33,2019.12

  • FRPロッド下面埋設補強RC梁の耐衝撃挙動に及ぼす補強材料の影響

    岸徳光,小室雅人,三上浩,瓦井智貴,第12回 構造物の衝撃問題に関するシンポジウム論文集,vol.12,Article Number:34,2019.12

display all >>

Presentaion at conference, meeting, etc. 【 display / non-display

  • 実物大落石防護擁壁の衝突実験

    山澤文雄,今野久志,葛西聡,小室雅人,岸徳光,令和元年度年次技術研究発表会,(公社)土木学会北海道支部,土木学会北海道支部論文報告集第76号,(p.A-31),2020.01.24,札幌市(かでる2.7),日本

  • 載荷点を変化させた鋼性防護柵支柱の衝撃応答解析

    沼田あずさ,小室雅人,近藤里史,岸徳光,令和元年度年次技術研究発表会,(公社)土木学会北海道支部,土木学会北海道支部論文報告集第76号,(p.A-01),2020.01.24,札幌市(かでる2.7),日本

  • 載荷点を変化させた鋼製防護柵支柱に関する重錘落下衝撃荷重載荷実験

    近藤里史,小室雅人,岸徳光,沼田あずさ,山元康弘,令和元年度年次技術研究発表会,(公社)土木学会北海道支部,土木学会北海道支部論文報告集第76号,(p.A-02),2020.01.24,札幌市(かでる2.7),日本

  • 落石防護擁壁上に設置される鋼製防護柵支柱模型に対するアーム長を変化させた場合における静荷重載荷実験

    山元康弘,小室雅人,近藤里史,岸徳光,沼田あずさ,令和元年度年次技術研究発表会,(公社)土木学会北海道支部,土木学会北海道支部論文報告集第76号,(p.A-03),2020.01.24,札幌市(かでる2.7),日本

  • 従来型落石防護柵用ひし形金網の重錘落下衝撃実験

    今野久志,中村拓郎,葛西聡,小室雅人,岸徳光,令和元年度年次技術研究発表会,(公社)土木学会北海道支部,土木学会北海道支部論文報告集第76号,(p.A-04),2020.01.24,札幌市(かでる2.7),日本

display all >>

 

Class subject in charge 【 display / non-display

  • 応用構造力学

    2019,Department

  • 土木構造力学II

    2019,Department

  • 設計製作演習

    2019,Department

  • 応用振動工学

    2019,Department

  • 土木工学概論

    2019,Department

display all >>