Personnel Information

写真a

Komuro Masato


The master's program in charge

Division of Sustainable and Environmental Engineering

The doctoral program in charge

Division of Engineering

The department in charge

Department of Civil Engineering and Architecture

Job title

Associate Professor

E-mail Address

E-mail address

Labo URL

http://www.muroran-it.ac.jp/cea/index-j.html

Research field 【 display / non-display

  • Steel Structure

  • Civil Engineering

  • 耐震工学

Graduate school・Graduate course, etc. 【 display / non-display

  • Muroran Institute of Technology

    1994,Master's program,Graduate School, Division of Engineering,建設システム工学専攻,Completed

Graduate school・major, etc. 【 display / non-display

  • Muroran Institute of Technology

    1992,Faculty of Engineering,Department of Civil Enginnering and Architecture,Graduate,Japan

Academic Society 【 display / non-display

  • AIJ: Architectural Institute of Japan

  • Japanese Society of Steel Construction

  • JCI: Japan Concrete Institute

  • JSCE: Japan Society of Civil Engineers

Academic prize 【 display / non-display

  • 構造工学シンポジウム論文賞

    2004.05.11,土木学会構造工学委員会

  • Highly Commendable Papers Award 2017

    2017.06.16,IAPS(International Association of Protective Structures)

 

社会基盤施設の高度化 / 長寿命化

現地計測と数値解析による構造物の診断

Purpose of Research

社会基盤施設の健全度評価手法の確立

我が国では高度成長期に建設された膨大な社会基盤施設が存在する。今後は,これらの社会基盤施設をいかに長く使い続けるかが重要となる。そのための簡易診断技術の開発や適切な補強・補修法の確立を目指している。

Summary of Research

たとえば,アラミド繊維シートによる円形鋼製橋脚の局部座屈抑制法の開発

従来の補強方法(コンクリート充填や補剛リブ増設)では,鋼製橋脚の強度が上昇するため,その基礎(土台)部分に損傷が発生する,重機による大規模は補強工事が必要になるなど難しい面が多々あった。しかし,アラミド繊維シートを座屈防止のために鋼管構造物に巻く工法によって,強度の上昇を抑え,変形性能を向上させる方法を種々の実験により導き出し,作業性・施工性に優れる補修・補強工法の開発に成功した。

Research Content

Features / Benefits of Research

1.Point of research 2.Research of novelty
  • 補強材としてアラミド繊維シートを使用することにより,巻くだけで補強ができ,作業性が向上
  • 新素材繊維シートであるカーボン(炭素)繊維シートの場合,鋼との接触により電気腐食の危険性あり
  • 水圧鉄管などの補強にも応用可能
  • 局部座屈をアラミド繊維シートで抑える研究
3.Primacy of Technology 4.Situation of patent-related
  • 施工性に優れ,特殊技術が不要
  • 電気腐食の危険性なし
  • 土木分野にアラミド繊維シートを使用
 

Books 【 display / non-display

  • 鋼橋の性能評価と強度設計の合理化,JSSCテクニカルレポート,No.105

    (社)日本鋼構造協会,(社)日本鋼構造協会,第1章,補剛板の耐荷力,(p.184),2015.11

  • Introduction to Shock-Resisitant Design of Buildings

    日本建築学会,丸善出版,第8章 設計事例,(p.226),2015.01,978-4-8189-0624-2

  • 鋼橋の強度設計の合理化,JSSCテクニカルレポート,No.98

    (社)日本鋼構造協会,(社)日本鋼構造協会,第2章 補剛版,2013.03

  • Semi-rigid Connections Handbook

    Wai-Fah Chen,Norimitsu Kishi,and Masato Komuro,J. Ross Publishing,Inc.,(p.1300),2011.01,978-1932159998

Papers 【 display / non-display

  • 各種発泡材料の緩衝性能評価に関する重錘落下衝撃実験

    栗橋祐介,小暮直親,新田真一,小室雅人,戸上卓也,構造工学論文集,vol.64A,(p.908 ~ 919),2018.03

  • Impact loading tests of rockfall protection retaining wall

    山澤文雄,今野久志,西弘明,小室雅人,岸徳光 ,構造工学論文集,vol.64A,(p.789 ~ 796),2018.03

  • アラミド繊維シート接着による木材の耐衝撃性向上効果

    栗橋祐介,坂井秀敏,岡田泰一,斎藤智久,小室雅人,構造工学論文集,vol.64A,(p.855 ~ 864),2018.03

  • 2種類のRC梁下面埋設FRPロッドの耐衝撃性向上効果に関する実験的研究

    岸徳光,小室雅人,栗橋祐介,三上浩,船木隆史,構造工学論文集,vol.64A,(p.875 ~ 888),2018.03

  • 重錘衝突を受ける単粒度砕石ジオセル緩衝体の動的応答解析

    瓦井智貴・小室雅人・大山亮貴・宮本大介,ジオシンセティックス論文集,vol.32,(p.125 ~ 132),2017.12

display all >>

International conference proceedings 【 display / non-display

  • Impact tests of RC beams flexurally strengthened with CFRP material

    Kishi, N., Komuro, M., Kurihashi, Y., and Mikami, H,13th International Symposium on Fiber-Reinforced Polymer Reinforcement for Concrete Structures (FRPRCS-13),2017.10,Anaheim

  • Numerical simulation of AFRP rod NSM RC beams under falling-weight impact loading

    Komuro, M., Kurihashi, Y., Kawarai, T., and Kishi, N.,13th International Symposium on Fiber-Reinforced Polymer Reinforcement for Concrete Structures (FRPRCS-13),2017.10,Anaheim

  • Criteria for performance evaluation and numerical verification to shock-resistant design of buildings

    Nishida, A, Mukai, Y., Hamamoto, T., Kushibe, A., Komuro, M., Ohashi, Y., Obi, H., and Tsubota, H. ,12th International Conference on Shock & Impact Loads on Structures,(p.379 ~ 388),CI-PREMIER PTE LTD,2017.06,Singapore

  • Design loads and structural member modelling to shock-resistant design of buildings

    Ikawa, N., Mukai, Y., Nishida, A., Hamamoto, T., Kano, T., Ohta, T., Nakamura, N., Komuro, M. and Takeuchi, M,12th International Conference on Shock & Impact Loads on Structures,(p.259 ~ 268),CI-PREMIER PTE LTD,2017.06,Singapore

  • Numerical simulation on impact resistant behavior of full-scale pocket-type rockfall protection nets

    Komuro, M., Nishi, H, and Konno, H.,6th Interdisciplinary Workshop on Rockfall Protection,(p.185 ~ 188),International Center for Numerical Methods in Engineering (CIMNE) ,2017.05,Barcelona

display all >>

Research reports 【 display / non-display

  • トラス橋のケーススタディ(非線形解析)-鋼トラス橋を対象とした連鎖崩壊型動的リダンダンシー解析-

    馬越一也,小室雅人,山沢哲也,由井幸司,見原理一,野中哲也,吉岡勉,奥井義昭,第17回 鋼構造と橋に関するシンポジウム論文報告集,(p.39 ~ 52),2014.08

  • 旭橋の固有振動特性評価に関する実験的・数値解析的検討

    小室雅人,岸 徳光,西 弘明,佐藤 京,橋梁振動コロキウム2011,(p.136 ~ 141),2011.09

  • 詳細解析による車両衝突時の門形RC造骨組に関する耐衝撃特性-パンパーの影響を考慮しない場合-

    岸 徳光,小室雅人,花岡健治,構造物の耐衝撃設計ガイドラインに関するシンポジウム,(p.123 ~ 132),2010

  • 詳細解析による車両衝突時の門形S造骨組に関する耐衝撃特性-パンパーの影響を考慮しない場合-

    小室雅人,岸 徳光,玉木美帆,構造物の耐衝撃設計ガイドラインに関するシンポジウム,(p.147 ~ 156),2010

  • 両端固定RC柱の耐衝撃挙動に関する数値解析的研究

    岸 徳光,三上 浩,小室雅人,花岡健治,第10回 構造物の衝撃問題に関するシンポジウム論文集,vol.10,(p.149 ~ 154),2010

display all >>

Presentaion at conference, meeting, etc. 【 display / non-display

  • 長尺打込み鋼管杭の波動伝播挙動

    近藤里史,名和紀貴,廣上伸二,田尻太郎,西弘明,小室雅人,平成29年度年次技術研究発表会,(公社)土木学会北海道支部,平成29年度土木学会北海道支部論文報告集第74号,(p.A-01),2018.01.27,札幌市,日本

  • 従来型落石防護柵の実規模重錘衝突実験

    荒木恒也,今野久志,寺澤貴裕,小室雅人,田畑翔大,平成29年度年次技術研究発表会,(公社)土木学会北海道支部,土木学会北海道支部論文報告集第74号,(p.A-04),2018.01.27,札幌市,日本

  • RC製落石防護擁壁の耐衝撃挙動

    山澤文雄,今野久志,西弘明,小室雅人,岸徳光,平成29年度年次技術研究発表会,(公社)土木学会北海道支部,土木学会北海道支部論文報告集第74号,(p.A-05),2018.01.27,札幌市,日本

  • 無筋コンクリート製落石防護擁壁の重錘衝突実験

    山澤文雄,今野久志,西弘明,寺澤貴裕,小室雅人,岸徳光,平成29年度年次技術研究発表会,(公社)土木学会北海道支部,土木学会北海道支部論文報告集第74号,(p.A-06),2018.01.27,札幌市,日本

  • 重錘落下衝撃実験による従来型落石防護柵の落石すり抜けに関する研究

    今野久志,荒木恒也,寺澤貴裕,小室雅人,岸徳光,平成29年度年次技術研究発表会,(公社)土木学会北海道支部,土木学会北海道支部論文報告集第74号,(p.A-07),2018.01.27,札幌市,日本

display all >>

 

Class subject in charge 【 display / non-display

  • 応用振動工学

    2018,Department

  • 地域社会概論

    2018,Department

  • 設計製作演習

    2018,Department

  • 土木工学概論

    2018,Department

  • 土木構造設計演習(Bクラス)

    2018,Department

display all >>