基本情報

写真a

塩谷 浩之

シオヤ ヒロユキ


担当専攻 博士前期課程

情報電子工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

システム理化学科

職名

教授

電子メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報工学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 確率システム

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学大学院

    1995年03月,博士後期,工学研究科,情報工学専攻,修了,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学

    1990年03月,理学部,数学科,卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

    情報量の数理的構造および学習問題に関する情報工学的研究

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 情報処理学会

  • 日本神経回路学会

  • アメリカ光学会

  • 電子情報通信学会

学術賞 【 表示 / 非表示

  • Recognition Award

    2006年09月,Joint 3rd International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 7th International Symposium on advanced Intelligent Systems (SCIS&ISIS 2006)

  • 情報処理学会北海道支部 技術研究賞

    2016年10月01日,情報処理学会北海道支部

 

データ解析のための基礎理論と応用システム

表現力が高いデータ学習モデルによるデータ解析

研究開発の目的

情報処理を効率よく導き出すデータ解析手法を確立

高度情報化社会による膨大なデータを正しく処理し、利用することは、社会のあらゆる分野で重要となっている。情報数理の基礎・応用研究により、複雑な新しいデータから、最適な処理を効率よく導き出すことのできるデータ解析手法を確立する。

研究開発の概要

混合モデルによる協調型学習

データが欠けていたり、他のデータが混じっているなどデータが完全ではない状況で解析を行うことを前提とした研究に取り組んでいる。文殊の知恵のごとくに、不完全なデータから、個別の学習済み学習機械を組み合わせることで、未知のデータに対する表現力が高いアンサンブル学習モデルを基盤として学習モデルの基礎理論と応用研究を行っている。

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • 異なる情報群の混ぜ方のための確率モデルの構築
  • アンサンブル学習のための確率モデルの構築
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • 異なる情報の良い混ぜ方に関するアルゴリズムおよび数理的妥当性の理論的解析
 

著書 【 表示 / 非表示

  • 3D Local Structure and Functional Design of Materials

    H. Daimon, T. Matsushima, F. Matsui, K. Hayashi, W. Voegeli, Y. Wakabayashi, K. Gohara, H. Shioya, J. Yamasaki, H.Sekiguchi, Y. C. Sasaki, Y. Morikawa, Y. Takano, N. Kobayashi, H. Ishii, K.Hirose, T. Fukushima, D.Oka, Y. Kubozono, H. Goto, H. Yamada, H. Sekiguchi,Maruzen Publishing, World Scientific ,Diffractive Imaging ,(頁 209),2019年02月,978-981-3273-66-5

  • 機能構造科学入門 ~3D活性サイトと物質デザイン~

    (監修)大門寛,佐々木裕次(執筆)石井宏幸,岡大地,久保園芳博,郷原一寿,小林伸彦,佐々木裕次,塩谷浩之,大門寛,鷹野優,林好一,広瀬賢二,福村知昭,松井文彦,松下智裕,森川良忠,山崎順,山田容子,若林裕助,丸善出版,ナノ構造体・1分子イメージング,位相回復問題,(頁 166),2016年07月,978-4-621-30060-2

  • Statistical Inference: The Minimum Distance Approach

    A. Basu H. Shioya and C. Park,CRC press,information divergence,(頁 450),2011年06月

  • ハンドブック:認知機能を持つエージェント技術とその応用

    久保田直行,川本一彦,今井倫太,工藤卓,小嶋秀樹,塩谷浩之,延原肇,古山博之,森善一,電気学会,認知的アプローチによるデータ学習の理解,(頁 58),2009年11月

論文 【 表示 / 非表示

  • A Support Construction for CT Image Based on K-Means Clustering

    Wisan Dhammatorn, Hiroyuki Shioya,Journal of Computer and Communications,5巻,(頁 137 ~ 151),2017年01月

  • フーリエスペクトル特性を考慮した進化型多目的最適化による少数投影CTの再構成

    長舟 和馬 , 渡邉 真也 , 塩谷 浩之,情報処理学会論文誌 数理モデル化と応用(TOM),8巻,1号,(頁 45 ~ 61),2015年03月

  • K-means clustering for support construction in diffractive imaging

    Shunsuke Hattanda, Hiroyuki Shioya, Yosuke Maehara, and Kazutoshi Gohara,Journal of the Optical Society of America, A,31巻,3号,(頁 470 ~ 474),2014年03月

  • A Policy-Improving System for Adaptability to Dynamic Environments Using Mixture Probability and Clustering Distribution

    Uthai Phommasak, Daisuke Kitakoshi, Jun Mao, Hiroyuki Shioya,Journal of Computer and Communications,2号,(頁 210 ~ 219),2014年02月

  • A Refinement of Extracting Approximate Symmetry Planes Based on Least Square

    Jun Mao, Hiroyuki Shioya,Journal of Computer and Communications,2号,(頁 188 ~ 195),2014年02月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Using Hatchery-Release Data of Eastern Hokkaido to Predict Returns of Chum Salmon

    Yosuke Maehara, Hiroyuki Shioya, Kiyoshi Kasugai, Makoto Fujiwara and Yasuyuki Miyakosh,Proceedings of Joint 10th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 19th International Symposium on Advanced Intelligent Systems,(頁 1068 ~ 1073),2018年12月,Toyama

  • Sequential on-line construction for ensemble phase-retrieved images

    Katsuya Ichihashi, Hiroyuki Shioya, Daiki Yamamoto, Yosuke Maehara, and Kazutoshi Gohara,2017 International Conference on Biometrics and Kansei Engineering,OS2-4巻,(頁 163 ~ 168),2017年09月,Kyoto

  • Complement Algorithm for Phase Retrieval by the Fourier Intensity with a Missing Region

    Katsuya Ichihashi, Hiroyuki Shioya, Yosuke Maehara, Jun Yamasaki, and Kazutoshi Gohara,The 24th Congress of the International Commission for Optics,P4-36 巻,The Optical Society of America,2017年08月,Tokyo

  • A Hybrid Method of CT Algorithms Using Total Variation, Iterative FT and Support Construction

    Wisan Dhammatorn, Hiroyuki Shioya ,A Hybrid Method of CT Algorithms Using Total Variation, Iterative FT and Support Construction,(頁 989 ~ 992),2016年08月,Sapporo

  • An adaptation system to unknown environment by modifying the parameters of profit sharing method and using mixture probability

    Phonnasaku Uthai, Daisuke Kitakoshi, Hiroyuki Shioya,Proceedings of International Workshop on Advanced Computational,CD-ROM巻,CD-ROM号,(頁 CD-ROM ~ ),2011年10月,Suzhou,CHINA

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • 位相回復-計算アルゴリズム (ミニ特集 回折イメージング~位相回復の新展開~)

    塩谷浩之,郷原一寿,計測と制御 (計測自動制御学会誌),50巻,5号,(頁 332 ~ 337),2011年05月

研究報告 【 表示 / 非表示

  • 複素位相回復アルゴリズムに関する検討

    市橋克哉, 塩谷浩之, 前原洋祐, 山﨑順, 郷原一寿,電子情報通信学会 技術研究報告,116巻,495号,(頁 137 ~ 142),2017年03月

  • 位相回復像群による球殻構造の内部解析

    山本大稀, 市橋克哉, 塩谷浩之, 広林茂樹, 郷原一寿,電子情報通信学会技術研究報告(画像工学研究会),115巻,459 号,(頁 41 ~ 46),2016年02月

  • 位相回復像群による球殻構造の中心推定

    市橋克哉, 山本大稀, 塩谷浩之, 広林茂樹, 郷原一寿,電子情報通信学会技術研究報告(画像工学研究会),115巻,308号,(頁 35 ~ 40),2015年11月

  • 高い周波数分解能解析を用いた局所的な画像修復法

    犬塚祐也, 坂下和樹, 長谷川昌也, 廣林茂樹, 参沢匡将, 塩谷浩之,電子情報通信学会技術研究報告,115巻,308号,(頁 1 ~ 5),2015年11月

  • 欠損領域を含むフーリエ強度からの位相回復における動的サポート構成法の比較検討

    市橋克哉, 塩谷浩之, 前原洋祐, 郷原一寿,電子情報通信学会技術研究報告(画像工学研究会),114巻,460号,(頁 107 ~ 112),2015年02月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Using Hatchery-Release Data of Eastern Hokkaido to Predict Returns of Chum Salmon

    Yosuke Maehara, Hiroyuki Shioya, Kiyoshi Kasugai, Makoto Fujiwara, Yasuyuki Miyakosh,SCIS&ISIS2018 with ISWS2018,Proceedings of SCIS&ISIS2018 with ISWS2018,2018年12月05日,Toyama ,Japan

  • CNTモデルを用いた回折イメージングにおける動的サポート構成

    野川翔太,市橋克哉,前原洋祐,塩谷浩之,郷原一寿,第33回 信号処理シンポジウム,電子情報通信学会,第33回 信号処理シンポジウム 講演論文集,2018年11月06日,東京,日本

  • Predicting the Port Catch Volume of Salmon by Using RNNs

    Yue Zhang and Hiroyuki Shioya,情報処理北海道シンポジウム2018,情報処理北海道支部,情報処理北海道シンポジウム2018予稿集,2018年10月06日,北見市,日本

  • CNTモデルを用いた3次元回折イメージングにおける動的サポート構成法の検討

    野川翔太,吉田勝宜,市橋克也,前原洋祐,塩谷浩之,郷原一寿,情報処理北海道シンポジウム2018,情報処理北海道支部,情報処理北海道シンポジウム2018予稿集,2018年10月06日,北見市,日本

  • 非整数次フーリエ変換を用いた複素画像暗号化に関する検討

    澤田拓弥,塩谷浩之,情報処理北海道シンポジウム2018,情報処理北海道支部,情報処理北海道シンポジウム2018予稿集,2018年10月06日,北見市,日本

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 大企業

    2018年09月19日,情報通信分野,200000(円)

  • 中小企業

    2018年08月02日,その他,420000(円)

  • 中小企業

    2018年05月15日,情報通信分野,440000(円)

  • 中小企業

    2017年09月06日,情報通信分野,420000(円)

  • 中小企業

    2017年06月14日,情報通信分野,330000(円)

全件表示 >>

受託研究の実績 【 表示 / 非表示

  • その他

    2018年08月28日,情報通信分野,500000(円)

  • 2018年04月02日,情報通信分野,5850000(円)

  • 2017年04月03日,情報通信分野,10192000(円)

  • 2016年06月03日,情報通信分野,3146000(円)

  • 公益法人等

    2015年10月01日,情報通信分野,1690000(円)

全件表示 >>

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 電子解析によるナノ構造体D原子イメージング

    2017年度,新学術領域(研究領域提案型),26105009

  • 複素物体の回折イメージングに関する基盤研究

    2016年度 ~ 2018年度,基盤研究(C),16K00222

  • 電子解析によるナノ構造体3D原子イメージング

    2016年度,新学術領域研究(研究領域提案型),26105009

  • 電子回析によるナノ構造体3D原子イメージング

    2015年度,新学術領域研究(研究領域提案型),26105009

  • 電子解析によるナノ構造体D原子イメージング

    2014年度 ~ 2018年度,新学術領域研究(「計画研究」の研究分担者,「公募研究」の研究代表者),26105009

全件表示 >>

特許・実用新案取得 【 表示 / 非表示

  • フーリエ反復位相回復法

    日本,特願2012-099896,特開2012-238588,特許第6004323号

  • ボール選択支援システム、ボール選択支援方法、及びプログラム

    日本,特願2017-233924,特開2018-149264

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 確率・統計

    2019年度,学部

  • 技術者倫理(情報システム学コース・コンピュータ知能学コース)

    2019年度,学部

  • 情報システム学実験

    2019年度,学部

  • 情報システム学総合演習コンピュータ知能学総合演習

    2019年度,学部

  • 情報理論

    2019年度,学部

全件表示 >>

教育論文 【 表示 / 非表示

  • オンデマンドストリーミング映像を用いた学習支援教材システム

    2006年03月,曽我聰起,塩谷浩之,杉岡一郎,大学情報システム環境研究,Vol. 9巻, (頁 75-81)

  • オンデマンドサービスを利用したコンピュータリテラシーのための学習支援システム

    2005年06月,曽我聰起,塩谷浩之,杉岡一郎,CIEC会誌,Vol.18巻, (頁 136-144)

 

講演 【 表示 / 非表示

  • AIによって変わる地域医療・産業の未来

    2018年02月18日,札幌市病院協議会,札幌市勤務医協議会,札幌市医師会

  • 「AI入門編 ~地域の暮らしから産業まで~」

    2019年02月18日,北海道庁機関(胆振総合振興局)

  • 情報量f.divergenceとその周辺

    2002年01月27日,情報処理学会北海道支部, 日本ファジィ学会北海道支部