Personnel Information

写真a

Kanda Yasuharu


The master's program in charge

Division of Sustainable and Environmental Engineering

The department in charge

Department of Sciences and Informatics

Job title

Associate Professor

E-mail Address

E-mail address

Research field 【 display / non-display

  • Environmental conscious materials and recycle

  • Catalyst/Resource chemical process

Keywords for Research Field 【 display / non-display

  • Noble metal phosphides

  • Hydrodesulfurization

  • Hydrodenitrogenation

  • Hydrodeoxigenation

  • Selective hydrogenation

display all >>

Graduate school・Graduate course, etc. 【 display / non-display

  • Muroran Institute of Technology

    2006.03,Doctoral program,Graduate School, Division of Engineering,Division of Science for Composite Functions,Completed,Japan

Graduate school・major, etc. 【 display / non-display

  • Muroran Institute of Technology

    2001.03,Faculty of Engineering,Department of Applid Chemistry,Graduate,Japan

Degree 【 display / non-display

  • Doctor of Engineering

    新規高活性貴金属系脱硫触媒の創製と高活性発現機構に関する研究

Academic Society 【 display / non-display

  • The Japan Petroleum Institute

  • Catalysis Society of Japan

  • Japan Association of Zeolite

  • The Chemical Society of Japan

Academic prize 【 display / non-display

  • 石油学会奨励賞(出光興産賞)

    2014.05.27,公益社団法人石油学会

  • 日本化学会北海道支部奨励賞

    2019.01.23,日本化学会北海道支部

 

貴金属系触媒による高効率脱硫

石油から硫黄化合物を取り除く触媒

Purpose of Research

環境への負荷を抑えた石油燃料をつくる

日本のエネルギーの約50%を占める石油燃料。その石油には硫黄化合物が入っているので、燃焼させると硫黄酸化物(SOx)が排出されてしまう。SOxは大気中の水分と反応して酸性雨になり、水質汚染や腐食、森林破壊の原因となる。消費前に石油から硫黄分を取り除くことで、環境-の負荷を低減できる。

Summary of Research

貴金属を高分散またはリン化した高活性触媒の開発

水素化脱硫により石油から硫黄を取り除くための触媒の研究をしている。貴金属は高価であるが水素化能が高く、高活性が期待できる。また貴金属触媒は回収技術が確立されているため、高いリサイクル性を併せ持つ。一般的に貴金属は硫黄に弱いとされてきたが、貴金属を高分散状態またはリン化物にすることにより、硫黄に対して強くすることが可能になった。

Research Content

Features / Benefits of Research

1.Point of research 2.Research of novelty
  • 貴金属触媒の設計と調製
  • 今まで硫黄に弱いとされてきた貴金属を用いる脱硫触媒
3.Primacy of Technology 4.Situation of patent-related
  • 工業的に利用されている触媒よりも高効率
  • 穏和な反応条件
 

Books 【 display / non-display

  • リンの事典

    神田康晴,朝倉書店,金属リン化物,(p.368),2017.11

  • 触媒の設計・反応制御 事例集

    神田康晴・上道芳夫・杉岡正敏,技術情報協会,触媒の予備硫化と活性化技術,(p.827),2013.04

  • 各種手法による有機物の分解技術

    上道芳夫・神田康晴,情報機構,ポリオレフィンの分解における触媒の効果,(p.381),2007.05

Papers 【 display / non-display

  • 粉砕物への水添加による高比表面積微粒子の生成メカニズム

    山中真也, 漆戸勇貴, 神田康晴,粉体工学会誌,vol.56,(9),(p.501 ~ 504),2019.09

  • Mechanistic study of the selective hydrogenation of carboxylic acid derivatives over supported rhenium catalysts

    T. Toyao, K.W. Ting, S.M.A. H. Siddiki, A.S. Touchy, W. Onodera, Z. Maeno, H. Ariga-Miwa, Y. Kanda, K. Asakura, K. Shimizu,Catalysis Science & Technology,vol.9,(p.5413 ~ 5424),2019.09

  • Catalytic Activity of Rhodium Phosphide for Selective Hydrodeoxygenation of Phenol

    Y. Kanda, T. Chiba, R. Aranai, T. Yasuzawa, R. Ueno, T. Toyao, K. Kato, Y. Obora, K. Shimizu, Y. Uemichi,Chemistry Letters,vol.48,(5),(p.471 ~ 474),2019.05

  • Development of Hydrogen Recycling Systems for Petroleum Refineries: Hydrogen Sulfide Decomposition Using Titania Photocatalyst

    M. Takase, S. Furukawa, S. Matsuda, K. Nishimori, Y. Kanda,Journal of the Japan Petroleum Institute,vol.61,(p.361 ~ 364),2018.11

  • Dehydrogenation of Methylcyclohexane over Zinc-containing Platinum/Alumina Catalysts

    K. Mori, Y. Kanda, Y. Uemichi,Journal of the Japan Petroleum Institute,vol.61,(p.350 ~ 356),2018.11

display all >>

Editorial and Commentary 【 display / non-display

  • 貴金属リン化物触媒の調製と種々の反応に対する活性

    神田康晴,POSPHORUS LETTER,vol.97,(p.7 ~ 16),2020.02

  • ポリオレフィンの接触分解による低級オレフィン化

    上道芳夫,加賀慎之介,神田康晴,ファインケミカル,vol.46,(12),(p.44 ~ 51),2017.12

  • 新規貴金属リン化物触媒の調製と水素化脱硫・脱窒素活性に関する研究

    神田康晴,ペトロテック,vol.37,(8),(p.588 ~ 592),2014.08

  • リン化ニッケル触媒の低温合成

    神田康晴,触媒,vol.56,(1),(p.64 ~ ),2014.01

  • ポリオレフィンのケミカルリサイクルのための高性能分解触媒の開発

    上道芳夫,田幸恵,落合嘉美,山田誠人,神田康晴,ケミカルエンジニヤリング,vol.57,(4),(p.254 ~ 257),2012.04

display all >>

Research reports 【 display / non-display

  • 酸化チタンを担体に用いた高性能脱硫触媒の開発と活性制御因子の解明

    神田康晴,日揮・実吉奨学会2018年度研究助成金受給者 研究報告書,vol.37,(p.56 ~ 59),2020.03

  • グリーン水素製造(第2報)金属酸化物担持ニッケル触媒によるメタン分解反応

    アスマリザ アプドル ビンティ ガニ, 齋藤真由, 神田康晴, 小林隆夫, 上道芳夫, 杉岡正敏,室蘭工業大学紀要,vol.58,(p.97 ~ 101),2009.02

  • Catalytic properties of metallosilicates

    Y. Kanda, E. Janiszewska, J. Pawlesa, S. Kowalak, M. Sugioka,Memoirs of the Muroran Institute of Technology,vol.58,(p.89 ~ 95),2009.02

  • 担持ニッケル触媒によるメタンの分解反応 -グリーン水素製造

    アスマリザ ビンティ アブドル ガニ, 齋藤真由, 神田康晴, 小林隆夫, 上道芳夫, 杉岡正敏,室蘭工業大学紀要,vol.57,(p.37 ~ 42),2007.11

  • アルミニウムと水とのメカノケミカル反応による水素製造

    杉岡正敏, 竹田昌広, 東條祐輔, 出口力也, 神田康晴,佐藤考志, 小林隆夫, 上道芳夫,室蘭工業大学紀要,vol.56,(p.35 ~ 39),2006.12

display all >>

Presentaion at conference, meeting, etc. 【 display / non-display

  • リン化ロジウム系脱硫触媒の耐硫黄性評価方法の開発

    神田康晴,上野錬,上道芳夫,第125回触媒討論会,予稿集,(p.1P72),2020.03.26

  • Sulfur Tolerance of Rhodium Phosphide Catalyst Evaluated by Temmperature-programmed Sulfidation Method

    Y. Kanda, R. Ueno, Y. Uemichi,JSED2020,Organizing committee of JSED2020,Abstract of JSED2020,(p.114),2020.03.06,Muroran,Japan

  • ホウ化ロジウム触媒の調製と脱水素活性

    田中希実,有川英一,永金雅浩2,神田康晴,化学系学協会北海道支部2020年冬季研究発表会,化学系学協会北海道支部,要旨集,(p.P028),2020.01.28

  • 粉砕操作と貝殻の多形がカドミウムイオンの吸着に及ぼす影響

    中島克,神田康晴,山中真也,第6回海水・生活・化学連携シンポジウム,日本海水学会若手会,要旨集,(p.28),2019.11.14

  • 水素貯蔵・輸送システム構築に向けた脱水素触媒の開発

    三浦潤,森公佑,上道芳夫,神田康晴,第6回海水・生活・化学連携シンポジウム,日本海水学会若手会,要旨集,(p.37),2019.11.14

display all >>

 

Class subject in charge 【 display / non-display

  • 応用化学プレゼンテーション技法バイオシステムプレゼンテーション技法

    2019,Department

  • 北海道産業論A

    2019,Department

  • 環境化学

    2019,Department

  • 分析化学

    2019,Department

  • 化学・生物学概論(Aクラス)

    2019,Department

display all >>