基本情報

写真a

境 昌宏

サカイ マサヒロ


担当専攻 博士前期課程

生産システム工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

機械航空創造系学科

職名

准教授

電子メールアドレス

メールアドレス

ホームページURL

http://www.mmm.muroran-it.ac.jp/~msakai/msakai_j.html

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 機械材料・材料力学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 腐食防食,電気化学,表面処理

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 九州大学大学院

    1998年03月,博士後期,工学研究科,応用力学専攻,修了

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 軽金属学会

  • 腐食防食協会

  • 空気調和・衛生工学会

  • 日本複合材料学会

  • 表面技術協会

全件表示 >>

学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本銅センター賞

    2002年05月31日,社団法人 日本銅センター

  • 腐食防食協会論文賞

    2003年06月03日,腐食防食協会

  • 腐食防食協会進歩賞

    2005年05月27日,腐食防食協会

その他の受賞(官庁・民間団体表彰、感謝状等) 【 表示 / 非表示

  • 建築用銅管の孔食発生機構の解明と防食技術の開発ならびにその啓蒙活動による建築用銅管の普及促進

    2000年05月31日,日本銅センター(第29回日本銅センター賞)

 

銅管腐食メカニズムの解明と防食法の提案

薬剤を使わない鋼管の防食対策があります

研究開発の目的

腐食による漏洩事故を防ぐ

銅管は施工法,熱伝導性,耐食性の良さから建築用,空調用配管として広く用いられている。腐食によっておこる漏えい事故を防止して,銅管のピンホール(孔食)を防ぐことが重要視される。

研究開発の概要

マウンドレス型ピンホールの研究

エアコンや熱交換器によくおこるマウンドレス型孔食の研究を進めている。早ければ2年以内に孔食ができて,漏洩が起きるマウンドレス型孔食において,水の中に微量に存在するアルミニウムや鉄が被膜となり,腐食を防ぐことがわかった。水質や使用状況にも依存してしまう腐食を,穴が開く前に防止できればコストも少なくて済む。

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • コストをかけずに既存の設備で防食
  • マウンドレス孔食に対応する防食法
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • 薬剤を使わずに防食可能
 

論文 【 表示 / 非表示

  • Stability of cluster glass state in nano order sized YbFe2O4 powders

    H. Kobayashi, K. Fujiwara, N. Kobayashi, T. Ogawa, M. Sakai, M. Tsujimoto, O. Seri, S. Mori, N. Ikeda,Journal of Physics and Chemistry of Solids,103巻,(頁 103 ~ 108),2017年01月

  • C-リング試験片を用いた純銅管のアンモニア環境中における応力腐食割れ試験

    境 昌宏,木谷光来,入江智芳,八鍬浩,材料と環境,65巻,12号,(頁 494 ~ 497),2016年12月

  • ギ酸溶液中におけるリン脱酸銅管の腐食挙動に及ぼす溶存酸素の影響

    境 昌宏,髙橋裕喜,材料と環境,65巻,12号,(頁 510 ~ 514),2016年12月

  • ギ酸銅(Ⅱ),酢酸銅(Ⅱ)水溶液中におけるリン脱酸銅管の腐食挙動

    境 昌宏,渡邊純也,材料と環境,65巻,11号,(頁 462 ~ 466),2016年11月

  • 人工淡水中の電気化学的試験による銅のⅠ型およびⅡ型孔食再現の試み

    境 昌宏,木谷光来,冨田慎太郎,銅と銅合金,55巻,1号,(頁 124 ~ 129),2016年08月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Pitting Corrosion of Copper in Artificial Freshwater Containing Silica and Iorganic Anions

    Masahiro Sakai and Osami Seri(Muroran Institute of Technology),Proceedings of the The 14th Asian-Pacific Corrosion Control Conference,(頁 05-04(CD-ROM) ~ ),2006年10月,Shanghai, CHINA

  • The New Type Pitting Corrosion of Copper Tubes in Tap Water

    Masahiro Sakai and Osami Seri,Proceedings of the The 13th Asian-Pacific Corrosion Control Conference,(頁 K-03(CD-ROM) ~ ),2003年,Osaka, JAPAN

  • Comparative Study on Pitting Corrosion of Copper Tubes in Pitting and Pitting-free Area

    Masahiro Sakai and Osami Seri(Muroran Institute of Technology),Proceedings of the The 12th Asia-Pacific Corrosion Control Conference,(頁 471 ~ 480),2001年,Seoul,KOREA

  • Synergetic Effect of Sodium Chloride and Citric Acid on Dissolution of Aluminium

    Masahiro Sakai and Osami Seri(Muroran Institute of Technology),Proceedings of The 2nd International Symposium on Aluminium Surface Science and Technology (ASST2000),(頁 258 ~ 263),2000年,Manchester,England,UK

  • Electrochemical Study on Pitting Corrosion of Copper Tubes in Soft Tap Water

    Masahiro Sakai and Osami Seri(Muroran Institute of Technology),Proceedings of The 11th Asian-Pacific Corrosion Control Conference,(頁 482 ~ 491),1999年,Hochiminh City,VIETNAM

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • 銅管のマウンドレス型孔食

    境 昌宏,世利修美,材料と環境,57巻,4号,(頁 172 ~ 179),2008年

  • 腐食と劣化(3) 非鉄金属材料の劣化

    世利修美,境昌宏,空気調和・衛生工学,79巻,9号,(頁 813 ~ 821),2005年

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 純銅管の応力腐食割れに及ぼす湿度の影響

    熊谷政人,境 昌宏,日本機械学会北海道学生会第46回学生員卒業研究発表講演会,日本機械学会北海道学生会,日本機械学会北海道学生会第46回学生員卒業研究講演会講演論文集,(頁 209-210(pdfDL)),2017年03月04日,北海道・室蘭工業大学

  • 金属ビスマスの腐食溶解反応を用いたBi0.5Na0.5TiO3粒子の合成

    木谷光来,境 昌宏,佐々木大地,新井田要一,世利修美,粉体粉末冶金協会平成28年度秋季大会,粉体粉末冶金協会,粉体粉末冶金協会講演概要集平成28年度秋季大会,(頁 158),2016年11月09日,宮城県・東北大学青葉山キャンパス

  • 純アルミニウム1050と導電性樹脂を用いたCFRPとのガルバニック腐食

    川戸駿,境昌宏,横関智弘(東京大学),軽金属学会第131回秋期大会,一般社団法人 軽金属学会,軽金属学会第131回秋期大会講演集,(頁 73-74),2016年11月05日,茨城県・茨城大学

  • 純アルミニウム1050とCFRPとのガルバニック腐食に及ぼす液流速の影響

    植松祐貴,境 昌宏,軽金属学会第131回秋期大会,一般社団法人 軽金属学会,軽金属学会第131回秋期大会講演集,(頁 75-76),2016年11月05日,茨城県・茨城大学

  • 高強度銅管C1862のギ酸および酢酸溶液中における腐食挙動

    髙橋裕喜,境 昌宏,第56回日本銅学会講演大会,一般社団法人 日本銅学会,第56回日本銅学会講演大会講演概要集,(頁 39-40),2016年10月29日,東京都・東海大学 高輪キャンパス

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 大企業

    2016年04月25日,ナノテクノロジー・材料分野,1100000(円)

  • 大企業

    2015年08月17日,ナノテクノロジー・材料分野,1100000(円)

  • 大企業

    2015年04月01日,ナノテクノロジー・材料分野,1265000(円)

  • 大企業

    2015年04月01日,ナノテクノロジー・材料分野,5940000(円)

  • 大企業

    2014年04月01日,ナノテクノロジー・材料分野,1265000(円)

全件表示 >>

受託研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 大企業

    2016年10月13日,製造技術分野,1000000(円)

  • 地方公共団体

    2007年12月25日,製造技術分野,257250(円)

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 炭素繊維強化プラスチックと従来金属材料とのガルバニック腐食防止に関する研究

    2014年度 ~ 2016年度,基盤研究(C),26420806

  • 水中のシリカを利用した建築用および空調用銅管の新しい防食法の提案

    2007年度 ~ 2008年度,若手研究(B),19760500

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 航空宇宙機の基礎

    2017年度,学部

  • 航空宇宙構造工学II

    2017年度,学部

  • 航空宇宙工学セミナーII

    2017年度,学部

  • 航空宇宙構造力学

    2017年度,学部

  • フレッシュマンセミナー

    2017年度,学部

全件表示 >>

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 銅管のピンホール腐食

    2005年12月01日,室蘭工業大学地域共同研究開発センター,電気通信大学共同研究センター,電気通信大学青山スカイオフィス,平成17年度大学連携技術講座(高度技術研修)~身近な暮らしに生かす大学の技術~腐食防食技術講座,講演

  • 銅管のピンホール腐食

    2005年11月16日,横浜国立大学大学院工学研究院,室蘭工業大学札幌オフィス,平成17年度横浜国立大学大学院工学研究院公開講座「材料の劣化とその対策」,講演

  • 建築用銅配管の腐食

    2003年11月28日,東京海洋大学社会連携推進共同研究センター,室蘭工業大学地域共同研究開発センター,東京海洋大学越中島講堂,第1回技術研究開発講演会「金属材料の腐食問題と対策」,講演

  • 北海道における建築用銅配管の孔食事例と対策

    2003年03月07日,(社)腐食防食協会・(社)表面技術協会 両北海道支部,室蘭テクノセンター,第5回表面処理と腐食防食に関する講習会,未設定

研修 【 表示 / 非表示

  • 建築設備の防食技術講習会

    2009年11月06日,室蘭工業大学地域共同開発センター,青山オーバルビル,腐食防食,講演

技術セミナー 【 表示 / 非表示

  • アルミニウムとCFRPとの接触腐食

    2016年09月29日,日本材料学会腐食防食部門委員会,たかつガーデン,異種材料接触腐食,講演

  • 銅およびアルミニウムの耐食性

    2010年02月19日,室蘭工業大学地域共同開発センター,北海道ガス株式会社,建築設備の防食技術講習会,講演

  • 銅およびアルミニウムの耐食性

    2009年11月06日,室蘭工業大学地域共同開発センター,青山オーバルビル,建築設備の防食技術講習会,講演

  • 非鉄金属材料の防食技術と使い方

    2009年09月11日,腐食防食協会,東京工業大学百年記念館フェライト会議室,腐食防食,講演

学会委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会北海道支部第58期商議員

    2017年04月01日 ~ 2018年03月31日,委員,日本機械学会,地方支部

  • 日本航空宇宙学会第49期構造部門委員会

    2017年03月01日 ~ 2018年02月28日,委員,日本航空宇宙学会,全国

  • 日本航空宇宙学会第48期構造部門委員会

    2016年03月01日 ~ 2017年02月28日,委員,日本航空宇宙学会,全国

  • 日本航空宇宙学会第46期構造部門委員会

    2014年03月01日 ~ 2015年02月28日,委員,日本航空宇宙学会,全国

  • 日本航空宇宙学会第45期構造部門委員会

    2013年03月01日 ~ 2014年02月28日,委員,日本航空宇宙学会,全国