基本情報

写真a

倉重 健太郎

クラシゲ ケンタロウ


担当専攻 博士前期課程

情報電子工学系専攻

担当学科

情報電子工学系学科

職名

准教授

電子メールアドレス

メールアドレス

ホームページURL

irobot.csse.muroran-it.ac.jp

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報工学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 知能ロボット,機械学習,ソフトコンピューティング

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学大学院

    2002年03月,博士後期,工学研究科,マイクロシステム工学専攻,修了,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学

    1996年,工学部,電子機械工学科,卒業,日本

学術賞 【 表示 / 非表示

  • 2016年度精密工学会中国四国支部山口地方学術講演会優秀講演賞

    2016年11月26日,公益社団法人精密工学会中国四国支部

 
 

著書 【 表示 / 非表示

  • Machine Learning

    Kentarou Kurashige, Yukiko Onoue, Toshio Fukuda, et. al.,In-Tech,From Automation To Autonomy,(頁 450),2009年02月

論文 【 表示 / 非表示

  • A Study and of Predicting and Ability in and State-Action Pair and Prediction: and Adaptability to an Almost-Periodic and Disturbance

    Masashi Sugimoto, Naoya Iwamoto, Robert W. Johnston, Keizo Kanazawa, Yukinori Misaki, Kentarou Kurashige,International Journal of Artificial Life Research,7巻,1号,(頁 52 ~ 66),2017年01月

  • Adaptability to Periodic Variable Disturbance using Probabilistic State-Action Pair Prediction

    Masashi Sugimoto, Naoya Iwamoto, Robert W. Johnston, Keizo Kanazawa, Yukinori Misaki, Kentarou Kurashige,International Journal of New Computer Architectures and their Applications,6巻,4号,(頁 122 ~ 131),2016年12月

  • Decision Making Under Multi Task Based on Priority for Each Task

    Takuya Masaki, Kentarou Kurashige,International Journal of Artificial Life Research,6巻,2号,(頁 88 ~ 97),2016年12月

  • 人間とロボットのインタラクションにおける感覚刺激に基づく報酬の自己生成

    倉重 健太郎, 二階堂 芳,知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌),27巻,5号,(頁 734 ~ 742),2015年11月

  • A Study of Effective Prediction Methods of the State-Action Pair for Robot Control Using Online SVR

    Masashi SUGIMOTO, Kentarou KURASHIGE,Journal of Robotics and Mechatronics,27巻,5号,(頁 469 ~ 479),2015年10月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Action selection using priority for each task -Realization of effective processing by dynamical update of priority-

    Takuya Masaki, Kentarou Kurashige,Proceedings of 2017 6th International Conference on Informatics, Electronics and Vision & 2017 7th International Symposium in Computational Medical and Health Technology,IEEE,2017年09月,Himeji, Hyogo

  • Application and Performance Evaluation of a Lifting Device with Alternating Rotation Hoist

    Hanchao Li, Daisuke Harada, Naohiko Hanajima, Hidekazu Kajiwara, Kentaro Kurashige, Yoshinori Fujihira, Masato Mizukami,Proc. of 2016 IEEE/SICE International Symposium on System Integration,(頁 385 ~ 390),Article Number:, pp.385-390,December 13-15,2016,Sapporo,Japan,DOI:10.1109/SII.2016.7844029,ISSN:2474-2325,E-ISBN: 9,IEEE,2016年12月,Sapporo

  • A STUDY OF EFFECTIVENESS OF DYNAMICALLY VARYING SAMPLING RATE FOR STATE-ACTION PAIR PREDICTION

    Masashi Sugimoto, Naoya Iwamoto, Robert W. Johnston, Keizo Kanazawa, Yukinori Misaki, Kentarou Kurashige,Proceedings of the International Conference on Electronics and Software Science,(頁 79 ~ 87),SDIWC,2016年11月,Takamatsu, Japan

  • IoT-aware Context Respectful Counseling Agent

    Yukiko Yamamoto, Tetsuo Shinozaki, Setsuo Tsuruta, Kentarou Kurashige, Rainer Knauf,Proceedings of the IEEE International conference on systems,man,and cybernetics,(頁 4729 ~ 4736),IEEE,2016年10月,Budapest, Hungary

  • Action Learning to Single Robot Using MARL with Repeated Consultation: Realization of Repeated Consultation Interruption for the Adaptation to Environmental Change

    Yoh TAKADA, Kentarou KURASHIGE,Intelligent Robotics and Applications, Proceedings, Part II,(頁 371 ~ 382),Springer International Publishing,2016年08月,Tokyo, Japan

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 他者の行動結果を規範とした 強化学習における探索率の動的調整に関する検討

    杉本 大志, 倉重 健太郎,第35回日本ロボット学会学術講演会,一般社団法人日本ロボット学会,第35回日本ロボット学会学術講演会講演集,(頁 1-4),2017年09月11日,埼玉県川越市,日本

  • 反復合議型MARLにおける単体ロボットの意思決定 -協調決定度に基づく行動決定手法の提案-

    櫻庭 康平, 高田 陽, 倉重 健太郎,第35回日本ロボット学会学術講演会,一般社団法人日本ロボット学会,第35回日本ロボット学会学術講演会講演集,(頁 1-4),2017年09月11日,埼玉県川越市,日本

  • Action selection using priority for each task -Realization of effective processing by dynamical update of priority-

    Takuya Masaki, Kentarou Kurashige,2017 6th International Conference on Informatics, Electronics and Vision & 2017 7th International Symposium in Computational Medical and Health Technology,IEEE,Proceedings of 2017 6th International Conference on Informatics, Electronics and Vision & 2017 7th International Symposium in Computational Medical and Health Technology,2017年09月01日,Himeji Hyogo,Japan

  • Application and Performance Evaluation of a Lifting Device with Alternating Rotation Hoist

    Hanchao Li, Daisuke Harada, Naohiko Hanajima, Hidekazu Kajiwara, Kentaro Kurashige, Yoshinori Fujihira, Masato Mizukami,2016 IEEE/SICE International Symposium on System Integration,IEEE/SICE,Proceedings of 2016 IEEE/SICE International Symposium on System Integration,(頁 385-390),2016年12月13日,Sapporo,Japan

  • 周期的変化をもつ路面に於ける 状態行動対予測による姿勢安定化についての検討

    杉本 大志, 倉重 健太郎,2016年度精密工学会山口地方学術講演会,精密工学会,2016年度精密工学会山口地方学術講演会講演論文集,(頁 9-10),2016年11月26日,山口県大島郡,日本

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 中小企業

    2016年08月10日,製造技術分野,495000(円)

  • 中小企業

    2015年08月05日,製造技術分野,990000(円)

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 通信速度が小さい端末のための画像・動画像圧縮の研究

    2010年度,基盤C一般,21500211

  • 通信速度が小さい端末のための画像・動画像圧縮の研究

    2009年度,基盤C一般,21500211

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 確率・統計応用演習

    2017年度,学部

  • 認識と学習

    2016年度,学部

  • 認識と学習応用演習

    2016年度,学部

  • 情報システム学総合演習

    2016年度,学部

  • 確率・統計応用演習

    2016年度,学部

全件表示 >>

教材開発 【 表示 / 非表示

  • 数値実験書

    2014年09月

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 武揚小学校4年生の研究室見学会

    2010年11月16日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,武揚小学校見学会,未設定

  • ロボット to 人

    2010年08月07日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,オープンキャンパス,未設定

  • バーチャルリアリティ・プログラミング入門

    2010年03月30日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,室蘭工業大学公開講座,未設定

  • 武揚小学校4年生の研究室見学会

    2009年11月17日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,武揚小学校見学会,未設定

  • 人がロボットに動きを教える難しさ

    2009年08月04日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,キッズラボ帯広校見学,未設定

全件表示 >>

講演 【 表示 / 非表示

  • 「ロボット」についてのお話と実演

    2010年11月06日,水元町会

  • 知能について

    2010年03月05日,NTTグループ水元会

学会・研究会の主催等 【 表示 / 非表示

  • Joint 8th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 17th International Symposium on Advanced Intelligent Systems

    Sapporo, Hokkaido,Committee

  • The 9th International Conference on Intelligent Robotics and Applications

    Tokyo,Committee