基本情報

写真a

倉重 健太郎

クラシゲ ケンタロウ


担当専攻 博士前期課程

情報電子工学系専攻

担当学科

情報電子工学系学科

職名

准教授

電子メールアドレス

メールアドレス

ホームページURL

http://irobot.csse.muroran-it.ac.jp

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報工学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 知能ロボット,機械学習,ソフトコンピューティング

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学大学院

    2002年03月,博士後期,工学研究科,マイクロシステム工学専攻,修了,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学

    1996年,工学部,電子機械工学科,卒業,日本

学術賞 【 表示 / 非表示

  • 2016年度精密工学会中国四国支部山口地方学術講演会優秀講演賞

    2016年11月26日,公益社団法人精密工学会中国四国支部

 
 

著書 【 表示 / 非表示

  • Machine Learning

    Kentarou Kurashige, Yukiko Onoue, Toshio Fukuda, et. al.,In-Tech,From Automation To Autonomy,(頁 450),2009年02月

論文 【 表示 / 非表示

  • Rough Control of Underactuated Serial-type Double Inverted Pendulum Using State-action Pair Prediction

    Masashi Sugimoto, Naoya Iwamoto, Robert W. Johnston, Keizo Kanazawa, Yukinori Misaki, Kentarou Kurashige,IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems,137巻,12号,(頁 1617 ~ 1624),2017年12月

  • Dimensionality Reduction and for State-action and Pair Prediction and based on Tendency and of State and Action

    Masashi Sugimoto, Naoya Iwamoto, Robert W. Johnston, Keizo Kanazawa, Yukinori Misaki, Hiroyuki Inoue, Manabu Kato, Hitoshi Sori, Shiro Urushihara, Kazunori Hosotani, Hitoshi Yoshimura, Kentarou Kurashige,International Journal of New Computer Architectures and their Applications,7巻,1号,(頁 18 ~ 28),2017年11月

  • A Study and of Predicting and Ability in and State-Action Pair and Prediction: and Adaptability to an Almost-Periodic and Disturbance

    Masashi Sugimoto, Naoya Iwamoto, Robert W. Johnston, Keizo Kanazawa, Yukinori Misaki, Kentarou Kurashige,International Journal of Artificial Life Research,7巻,1号,(頁 52 ~ 66),2017年01月

  • Adaptability to Periodic Variable Disturbance using Probabilistic State-Action Pair Prediction

    Masashi Sugimoto, Naoya Iwamoto, Robert W. Johnston, Keizo Kanazawa, Yukinori Misaki, Kentarou Kurashige,International Journal of New Computer Architectures and their Applications,6巻,4号,(頁 122 ~ 131),2016年12月

  • Decision Making Under Multi Task Based on Priority for Each Task

    Takuya Masaki, Kentarou Kurashige,International Journal of Artificial Life Research,6巻,2号,(頁 88 ~ 97),2016年12月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Self-Generation of Reward by Inputs from Multi Sensors -Integration of Evaluations for Inputs to Avoid Danger-

    Masaya Ishizuka, Kentaro Kurashige,2018 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science,(頁 133 ~ 138),IEEE,2018年12月,Nagoya, Japan

  • Action selection of robot by human intention estimated with dynamic evaluation criterion

    Yuya Shimoguchi, Seiya Shirakura, Kentarou Kurashige,Proceedings of IEEE Symposium Symposium Series on Computational Intelligence SSCI 2018,(頁 1785 ~ 1792),IEEE,2018年11月,BENGALURU, INDIA

  • A study of dynamically adjustment for exploitation action using evaluation of achievement

    Masashi Sugimoto, Kentarou Kurashige,2017 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science CD-ROM,(頁 352 ~ 356),IEEE,2017年12月,Nagoya

  • Self-Generation of reward by human interaction -Adaptation to multmulti by reflecting hope degree for priority-

    Seiya Shirakura, Takuya Masaki, Masaya Ishizuka, Kentarou Kurashige,2017 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science CD-ROM,(頁 283 ~ 288),IEEE,2017年12月,Nagoya

  • Design of Counseling Robot for production by 3D printer

    Kentarou Kurashige, Setsuo Tsuruta, Eriko Sakurai, Yoshitaka Sakurai, Rainer Knauf, Ernesto Damiani,Proceedings of 13th International Conferenceon Signal-ImageTechnology and Internet-Based Systems,(頁 56 ~ 62),IEEE,2017年12月,Jaipur, India

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Self-Generation of Reward by Inputs from Multi Sensors -Integration of Evaluations for Inputs to Avoid Danger-

    Masaya Ishizuka, Kentaro Kurashige,2018 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science,IEEE,2018 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science,(頁 133-138),2018年12月09日,Nagoya,Japan

  • Action selection of robot by human intention estimated with dynamic evaluation criterion

    Yuya Shimoguchi, Seiya Shirakura, Kentarou Kurashige,IEEE Symposium Symposium Series on Computational Intelligence SSCI 2018,IEEE,Proceedings of IEEE Symposium Symposium Series on Computational Intelligence SSCI 2018,(頁 1785-1792),2018年11月18日,BENGALURU,INDIA

  • 単体ロボットにおける行動学習 -学習速度の向上を目指したヘテロジニアスMARLシステムの実現-

    井上 昂浩, 倉重 健太郎,第36回日本ロボット学会学術講演会,日本ロボット学会,第36回日本ロボット学会学術講演会講演集,(頁 1-4),2018年09月04日,愛知県春日井市,日本

  • 複数タスク下における優先度を用いたロボットの行動選択 -ヒステリシスを持つ優先度によるタスク達成の効率化-

    大沢 航洋, 白倉 聖也, 倉重 健太郎,第36回日本ロボット学会学術講演会,日本ロボット学会,第36回日本ロボット学会学術講演会講演集,(頁 1-4),2018年09月04日,愛知県春日井市,日本

  • Design of Counseling Robot for production by 3D printer

    Kentarou Kurashige, Setsuo Tsuruta, Eriko Sakurai, Yoshitaka Sakurai, Rainer Knauf, Ernesto Damiani,13th International Conferenceon Signal-ImageTechnology and Internet-Based Systems,IEEE,Proceedings of 13th International Conferenceon Signal-ImageTechnology and Internet-Based Systems,(頁 56-62),2017年12月04日,Jaipur,India

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 中小企業

    2016年08月10日,製造技術分野,495000(円)

  • 中小企業

    2015年08月05日,製造技術分野,990000(円)

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 通信速度が小さい端末のための画像・動画像圧縮の研究

    2010年度,基盤C一般,21500211

  • 通信速度が小さい端末のための画像・動画像圧縮の研究

    2009年度,基盤C一般,21500211

特許・実用新案取得 【 表示 / 非表示

  • メンタルケアロボット装置

    日本

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 情報システム学実験

    2018年度,学部

  • 情報リテラシー演習

    2018年度,学部

  • 認識と学習

    2018年度,学部

  • 認識と学習応用演習

    2018年度,学部

  • コンピュータ知能学実験

    2018年度,学部

全件表示 >>

教材開発 【 表示 / 非表示

  • 数値実験書

    2014年09月

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 武揚小学校4年生の研究室見学会

    2010年11月16日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,武揚小学校見学会,未設定

  • ロボット to 人

    2010年08月07日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,オープンキャンパス,未設定

  • バーチャルリアリティ・プログラミング入門

    2010年03月30日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,室蘭工業大学公開講座,未設定

  • 武揚小学校4年生の研究室見学会

    2009年11月17日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,武揚小学校見学会,未設定

  • 人がロボットに動きを教える難しさ

    2009年08月04日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,キッズラボ帯広校見学,未設定

全件表示 >>

講演 【 表示 / 非表示

  • 「ロボット」についてのお話と実演

    2010年11月06日,水元町会

  • 知能について

    2010年03月05日,NTTグループ水元会

学会・研究会の主催等 【 表示 / 非表示

  • The 5th International Workshop on Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics

    Beijing, P.R. China,Committee

  • Joint 8th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems and 17th International Symposium on Advanced Intelligent Systems

    Sapporo, Hokkaido,Committee

  • The 9th International Conference on Intelligent Robotics and Applications

    Tokyo,Committee

学会委員会 【 表示 / 非表示

  • IEEE SMC reviewer

    2018年04月29日 ~ 2018年05月29日,論文査読,全国

  • IROS Associate Editor

    2018年04月01日 ~ 2018年10月01日,委員,全国

  • WAC reviewer

    2018年04月01日 ~ 2018年04月20日,論文査読,全国

  • IROS reviewer

    2018年04月01日 ~ 2018年04月20日,委員,全国