Personnel Information

写真a

Sawaguchi Naoya


The master's program in charge

Division of Production Systems Engineering

The doctoral program in charge

Division of Engineering

The department in charge

Department of Mechanical, Aerospace, and Materials Engineering

Job title

Associate Professor

E-mail Address

E-mail address

Research field 【 display / non-display

  • Computational Material Science

Keywords for Research Field 【 display / non-display

  • Molecular simulation, Molecular dynamics

Graduate school・Graduate course, etc. 【 display / non-display

  • Hokkaido University

    1995.03,Doctoral program,Graduate School, Division of Natural Science,化学専攻,Completed,Japan

Graduate school・major, etc. 【 display / non-display

  • Hokkaido University

    1988.03,Faculty of Science,Department of Chemistry,Graduate,Japan

Academic Society 【 display / non-display

  • 日本金属学会

  • 分子シミュレーション研究会

  • 日本コンピュータ化学会

  • 日本セラミックス協会

  • 日本化学会

Academic prize 【 display / non-display

  • 日本コンピュータ化学会 2015年 学会賞

    2016.06.03,日本コンピュータ化学会

 

分子シミュレーションによる材料開発指標の提示

分子シミュレーションで材料開発の効率を上げる

Purpose of Research

分子シミュレーションで材料開発の指標を示す

実験が困難な状況下(高温・高圧・高速・長期予測・ミクロ現象)の材料の状態や理想的な材料(完全結晶・純粋組成・仮想結晶)の解析に分子シミュレーションを適用し,原子・イオンレベルの解析から材料開発に役立つ指標を示す研究。

Summary of Research

分子動力学法・モンテカルロ法を使う

酸化物イオン伝導体であり酸素センサとして使われているジルコニア中で,酸化物イオンがどこでどのように動くのかをシミュレーションした。用いている分子シミュレーションの手法は「分子動力学法」「モンテカルロ法」である。分子シミュレーションの結果から,実際に使われている環境条件における材料の状態を解析し,新材料の開発に最適な方法を提案できる。

Research Content

Features / Benefits of Research

1.Point of research 2.Research of novelty
  • 過酷な条件下での現象をシミュレーションによって再現可能
  • 酸化物セラミックス粒界に成分が偏析した状態のシミュレーション
3.Primacy of Technology 4.Situation of patent-related
  • 不均一状態の解析
 

Books 【 display / non-display

  • 室蘭工大未来をひらく技術と研究

    澤口直哉,北海道新聞社,リチウムイオン2次電池をもっと便利に,(p.230),2014.07,978-4-89453

Papers 【 display / non-display

  • A new determination method of interatomic potential for sodium silicate

    Yuya Yamamoto, Naoya Sawaguchi, Makoto Sasaki,Journal of Non-Crystalline Solids,vol.466-467,(p.29 ~ 36),2017.07

  • Structure and light emission of scheelite-type ACe(WO4)2 (A=Li, Na, or K)

    Takuya SHIMEMURA, Naoya SAWAGUCHI and Makoto SASAKI,Journal of the Ceramic Society of Japan,vol.125,(3),(p.150 ~ 154),2017.03

  • Synthesis and emission properties of scheelite-type LiCe(WO4)2

    Takuya SHIMEMURA, Naoya SAWAGUCHI and Makoto SASAKI,Journal of the Ceramic Society of Japan,vol.124,(9),(p.938 ~ 942),2016.09

  • Interatomic Potential Moddel for Molecular Dynamics Simulation of Lithium Borate Melts/Glasses

    N.Sawaguchi, K.Yamaguchi, M.Sasaki, K.Kawamura,Journal of Computer Chemistry, Japan,vol.14,(4),(p.139 ~ 146),2015

  • (日)

    山本優也、澤口直哉、佐々木眞,Journal of Computer Chemistry, Japan,vol.14,(3),(p.63 ~ 66),2015

display all >>

Editorial and Commentary 【 display / non-display

  • (日)

    澤口直哉,Journal of Comuputer Chemistry, Japan,vol.14,(4),(p.A23-A24 ~ ),2015

  • ISO Standarization of Hydrogen Detection Apparatus

    松原一郎、申ウソク、澤口直哉,Journal of the Hydrogen Energy Systems Society of Japan,vol.33,(3),(p.23 ~ 27),2008

  • 水素検知器の国際標準化の背景

    澤口直哉、申ウソク、松原一郎,まてりあ,vol.45,(9),(p.683),2006

Presentaion at conference, meeting, etc. 【 display / non-display

  • 分子動力学法によるYbxCo4Sb12中の原子挙動解析

    橋本怜奈、澤口直哉、佐々木眞、関根ちひろ,日本鉄鋼協会・日本金属学会両支部合同冬季講演大会,日本鉄鋼協会北海道支部、日本金属学会北海道支部,日本鉄鋼協会・日本金属学会両支部合同冬季講演大会概要集,(p.1),2016.12.15,北海道・室蘭工業大学

  • 分子動力学シミュレーションを用いたNa2O-K2O-SiO2系ガラス中における修飾イオンの挙動解析

    山本優也、澤口直哉、佐々木眞,日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会,日本セラミックス協会東北北海道支部,日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会講演要旨集,(p.68),2016.10.27,北海道・北海道大学

  • 分子動力学法による充填スクッテルダイト化合物YbxCo4Sb12の格子振動の考察

    橋本怜奈、澤口直哉、佐々木眞、関根ちひろ,日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会,日本セラミックス協会東北北海道支部,日本セラミックス協会東北北海道支部研究発表会講演要旨集,(p.44),2016.10.27,北海道・北海道大学

  • 古典分子動力学法による無機物質の理解支援とその発展性

    澤口直哉,日本コンピュータ化学会2016春季年会,日本コンピュータ化学会,日本コンピュータ化学会2016春季年会予稿集,(p.2A01),2016.06.02,東京都・東京工業大学

  • アルカリケイ酸塩ガラスへ適用する原子間相互作用の考察

    山本優也、澤口直哉、佐々木眞,日本コンピュータ化学会2016春季年会,日本コンピュータ化学会,日本コンピュータ化学会2016春季年会予稿集,(p.1P11),2016.06.02,東京都・東京工業大学

display all >>

 

Class subject in charge 【 display / non-display

  • フレッシュマンセミナー

    2017,Department

  • コミュニケーション技法

    2017,Department

  • マテリアルセミナーI

    2017,Department

  • 工場見学

    2017,Department

  • 材料工学実験A

    2017,Department

display all >>