Personnel Information

写真a

MAWATARI Yasuteru


Affiliation centers1, etc

Research Center for Environmentally Friendly Materials Engineering

Job title

Assistant Professor

E-mail Address

E-mail address

Research field 【 display / non-display

  • Functional Polymer Chemistry

  • Polymer chemistry

Keywords for Research Field 【 display / non-display

  • pai-Conjugated helical polymer

  • Color controllable material

  • Betulin

  • Polyester

  • Substituted Polyacetylene

Graduate school・Graduate course, etc. 【 display / non-display

  • Hokkaido University

    2005.03,Doctoral program,Graduate School, Division of Engineering,Dept. of Molecular Chemistry,Completed,Japan

Graduate school・major, etc. 【 display / non-display

  • Hokkaido University

    2000.03,Faculty of Engineering,Applied Chemistry,Graduate,Japan

 

白樺外樹皮から生分解性ポリマーの合成

シラカバの外樹皮から作る生分解性ポリマー

Purpose of Research

北の天然資源、白樺の有効利用

本州中部以北にはたくさんの白樺が自生している。白樺の白色は有機化合物であるベチュリンに由来する。白樺は成長が早く、生命力も強く、増やすことも簡単で、外樹皮も再生することから資源量は無尽蔵である。捨てられて使われていない天然資源として有望である。

Summary of Research

白樺の外樹皮内のベチュリンを抽出し生分解ポリマーを作製

繰り返し採取可能な白樺の外樹皮を利用して、外樹皮内に含まれるベチュリンを溶媒抽出する。ベチュリン単離法の技術革新によって、今まで20日ほども要していた工程を短縮し、約4時間という短時間かつ無臭で抽出できるようになった。抽出されたベチュリンから生分解性ポリマー原料を作製する。

Research Content

Features / Benefits of Research

1.Point of research 2.Research of novelty
  • ベチュリンからポリマー原料の作製が可能
  • 白樺の外樹皮に含まれるベチュリンを生分解性ポリマーの原料として利用
3.Primacy of Technology 4.Situation of patent-related
  • ベチュリンを短期間に抽出可能
  • 耐熱性に優れた生分解性プラスチック
  • 化石燃料に依存しない植物由来のポリマー原料
 

Books 【 display / non-display

  • Carbon-related Materials -in Recognition of Nobel Lectures by Prof. Akira Suzuki in ICCE

    Y. Mawatari, M. Tabata,Springer,Synthetic Molecular Springs: Stretched and Contracted Helices with Their Interconversion of Monosubstituted Polyacetylenes Prepared with a Rh Complex Catalyst,(p.457),2017.05

  • 透明樹脂・フィルムへの機能性付与と応用技術

    馬渡康輝、田畑昌祥,技術情報協会,ポリマー鎖の末端封止法による高耐熱透明ポリエステル樹脂の開発,(p.6),2014.11

  • 透明性を損なわないフィルム・コーティング剤への機能性付与

    馬渡康輝、田畑昌祥,技術情報協会,末端封止法による高耐熱透明ポリエステル樹脂の開発,2012.11

  • ”熱・光・水・汚れ・傷”による透明樹脂の劣化・変色対策とその評価

    田畑昌祥、馬渡康輝、竹中康、山崎隆喜,技術情報協会,芳香族ポリエステルの分子設計による耐熱・透明性の向上,(p.7),2012.03

Papers 【 display / non-display

  • Strictly Alternating Sequences When Copolymerizing Racemic and Chiral Acetylene Monomers with an Organo-Rhodium Catalyst

    Y. Yoshida, Y. Mawatari, T. Sasaki, T. Hiraoki, M. Wagner, K. Müllen, M. Tabata,Macromolecules,vol.50,(p.1291 ~ 1301),2017.02

  • 混合気体から炭酸ガスの高選択的分離を目指した一置換ポリアセチレン膜の開発

    吉田嘉晃、馬渡康輝、田畑昌祥,化学工業,vol.68,(1),(p.58 ~ 66),2017.01

  • Mutual Conversion between Stretched and Contracted Helices and its External Stimuli Induced Drastic Colors and Geometrical Structures Changes of Substituted Polyacetylenes Prepared with an Organo-Rhodium Catalyst

    M. Tabata, Y. Mawatari, Y. Yoshida, T. Sasaki,Advances in Science and Technology,vol.97,(p.18 ~ 23),2017.01

  • Emerging π-Conjugated Stretched and Contracted Helices and their Mutual Conversions of Substituted Polyacetylenes Prepared using an Organo-rhodium Catalyst

    M. Tabata, Y. Mawatari,,Polymer Reviews,vol.57,(p.65 ~ 88),2017.01

  • Production of poly-3-hydroxybutyrate (P3HB) and poly(3-hydroxybutyrate-co-3-hydroxyvalerate) P(3HB-co-3HV) from synthetic wastewater using Hydrogenophaga palleronii

    M. Venkateswar Reddy, Yasuteru Mawatari, Yuka Yajima, Kohki Satoh, S. Venkata Mohan, Young-Cheol Chang,Bioresource Technology,vol.215,(p.155 ~ 162),2016.09

display all >>

International conference proceedings 【 display / non-display

  • Mutual Conversion between Stretched and Contracted Helices Accompanied with Drastic Colors and Geometrical Structures of Substituted Polyacetylenes Prepared with an Organo-rhodium Catalys

    Yasuteru Mawatari*, Masayoshi Tabata*, Yoshiaki Yoshida, Takahiro Sasaki,Proceedings of 16th Chitose International Forum on Photonics Science&Technology (CIF 16)

Editorial and Commentary 【 display / non-display

  • 芳香族ポリエステルを光学樹脂へ 〜高温着色を低減させる末端封止法の開発〜

    馬渡康輝、田畑昌祥,MATERIAL STAGE,vol.14,(9),(p.37 ~ 41),2014.12

  • 立体規則性置換ポリアセチレンの構造に起因する色彩変化

    馬渡康輝・田畑昌祥,色材協会誌,vol.82,(5),(p.204 ~ 209),2009

  • 置換ポリアセチレンの高次構造と色彩制御 -カラムナー形成による黄色から黒色への変換-

    田畑昌祥;馬渡康輝,高分子,vol.55,(12),(p.938 ~ 941),2006

  • Rh錯体触媒による置換アセチレンの立体特異性重合

    田畑昌祥; 馬渡康輝; 宮坂淳史; 黄凱; 貞広嘉和,触媒技術の動向と展望(触媒学会編),(p.35 ~ 42),2005

Research reports 【 display / non-display

  • 伝達空間距離の制御によるキャリア移動度可変型有機単分子ナノ電線を目指したπディスク積層らせん構造の創成

    馬渡康輝、田畑昌祥、吉田嘉晃,マツダ財団研究報告書,2016.06

  • H23年度中小企業応援ファンド事業 産業クラスター形成促進事業 成果報告書

    田畑昌祥、馬渡康輝、広瀬寿樹,H23年度中小企業応援ファンド事業 産業クラスター形成促進事業 成果報告書,2012.03

  • 平成22年度 地域イノベーション創出研究開発事業「白樺外樹皮から新規高機能性物質「ベチュリン」の製造開発」 成果報告書

    田畑昌祥、馬渡康輝,平成22年度 地域イノベーション創出研究開発事業「白樺外樹皮から新規高機能性物質「ベチュリン」の製造開発」 成果報告書,2011.03

  • 平成21年度 地域イノベーション創出研究開発事業「白樺外樹皮から新規高機能性物質「ベチュリン」の製造開発」 成果報告書

    田畑昌祥、馬渡康輝,平成21年度 地域イノベーション創出研究開発事業「白樺外樹皮から新規高機能性物質「ベチュリン」の製造開発」 成果報告書,2010.03

  • Development of a Novel Thermally Stable and Biodegradable Polymer Using a Triterpene as Natural Products Derived from Outer Bark of White Birch

    馬渡康輝、田畑昌祥、渡邊満明、古谷俊晃,室蘭工業大学地域共同研究開発センター研究報告,vol.19,(p.51 ~ 52),2008.03

Presentaion at conference, meeting, etc. 【 display / non-display

  • Organic-Inorganic Hybrid Complexes Prepared Using Gallic Acid Derivatives Toward Transparent Film with High Glass Transition Temperature

    Kanako Aoki, Yasuteru Mawatari, Mai Takase,Symposium on Nanomaterials for Environmental Purification and Energy Conversion,Symposium on Abstract book of Nanomaterials for Environmental Purification and Energy Conversion,2018.02.20,日本

  • 天然由来カルボン酸をもちいた金属錯体による 無色透明耐熱有機ガラスの開発

    青木佳那子・松田峻・馬渡康輝・高瀬舞,化学系学協会北海道支部2018年冬季研究発表会,化学系学協会北海道支部2018年冬季研究発表会 予稿集,2018.01.16

  • 伸縮するらせん状置換ポリアセチレンの段階的色彩制御

    馬渡康輝、田畑昌祥,第25回ポリイミド・芳香族系高分子会議,第25回ポリイミド・芳香族系高分子会議予稿集,2017.11.25

  • Light Rare-Earth Element – Alkoxy Benzoate Complexes: A New Class of Transparent Materials with High Grass Transition Temperature

    Yasuteru Mawatari, Kanako Aoki, Mai Takase,Rare-Earth Workshop 2017,Abstract book of Rare-Earth Workshop 2017,2017.10.18,日本

  • 芳香族置換ポリアセチレンの側鎖間πスタックに起因するらせん伸縮

    馬渡康輝、田畑昌祥,第66回高分子討論会,第66回高分子討論会 予稿集,2017.09.20

display all >>

Patent and utility model acquisition 【 display / non-display

  • 温度履歴センサー

    日本,特願2016-033590,特開2017-149845

  • 水素吸蔵材

 

Class subject in charge 【 display / non-display

  • 先進マテリアル工学概論

    2018,Master's program

  • 先進マテリアル工学概論

    2017,Master's program

  • フレッシュマンセミナー

    2009,Department