Personnel Information

写真a

KIYOSUE Aisa


Affiliation centers1, etc

Center for General Education

The master's program in charge

Division of Sustainable and Environmental Engineering

Job title

Associate Professor

E-mail Address

E-mail address

Research field 【 display / non-display

  • Fundamental law

  • Public law

  • New fields of law

Keywords for Research Field 【 display / non-display

  • Gender Legal Studies

  • Family Law

  • Constitutional Law

  • Violence against Women

  • Human Rights

Research themes 【 display / non-display

  • Violence Against Women and Law

    Violence Against Women,Law,Implementation

  • Violence Against Women in War and Armed Conflicts

    Violence Against Women,War and Armed Conflicts,Partriarchy

  • Singapore's Family Law

    Women's Charter,Women's Status

  • Article 24 and Individual Dignity

    2014 ~ 2017

Graduate school・Graduate course, etc. 【 display / non-display

  • Osaka University

    1999.03,Master's program,Osaka School of International Public Policy,International Public Policy,Completed,Japan

  • University of Bradford

    2003.12,Master's Course,The Graduate School,Research Methods forthe Social Sciences,Completed,United Kingdom

  • Osaka University

    2006.03,Doctoral program,Osaka School of International Public Policy,Comparative Public Policy,Coursework completed without degree,Japan

Degree 【 display / non-display

  • Master of International Public Policy

    シンガポールにおける慣習上の婚姻形態と女性憲章制定の意義―女性の地位はどこまで向上したか―

  • Master of Researchin Research Methods for the Social Sciences

    The Researcher as Activist/The Activist as Researcher: an Exploration of Methodological Dilemmas in a Palestinian Study

Career 【 display / non-display

  • Research Associate, School of International Public Policy, Osaka University

    2006.04 ~ 2007.03

  • Assistant Professor, Osaka School of InternationalPublic Policy, Osaka University

    2007.04 ~ 2008.09

  • Associate Professor, Support Office for Gender Equality, Shimane University

    2008.10 ~ 2011.09

  • Associate Professor, Muroran Institute of Technology

    2011.10 ~

Academic Society 【 display / non-display

  • Japan Association of Gender and Law

  • The Japan Society for Socio-Legal Studies on Family Issues

  • Japan Society of Comparative Law

  • The Women's Studies Association of Japan

  • The Peace Studies Association of Japan

display all >>

 
 

Books 【 display / non-display

  • ピンポイントでわかる 自衛隊明文改憲の論点 だまされるな!怪しい明文改憲

    石川裕一郎、飯島滋明(編者)、池田賢太(編者)、伊藤真、岩本一郎、榎澤幸広、清末愛砂(編者)、末延隆成、髙良沙哉(編者)、西川末則、渡邊弘、,現代人文社,「はじめに」、「第1部自衛隊の9条明記の狙い(「侵略戦争はだめですが、自衛のための武力行使は仕方ないのでは?」「自衛隊明記は軍事研究と関係がありますか?」)」、「第2部4  家族の助け合い明文化」,(p.71),2017.12

  • 新版 国際関係論へのファーストステップ

    李善愛、伊藤加須湖、上村雄彦、ウー・グレイス、岡田仁子、落合栄一郎、片岡信之、清末愛砂、小池(相原)晴伴、小林知子、鈴木晃志郎、妹尾裕彦、道券康充、遠井朗子、永井真理、永澤雄治、中根智子、中原ゆかり、中村都(編者)、中村紀子、西村謙一、子島進、橋本博子、真崎克彦、水本和実、宮脇史子、森田明彦、楊海英、横山正樹、吉田敦、吉田晴彦,法律文化社,アフガニスタンの現在、ジェンダーと国際関係,(p.240),2017.05,978-4-589-03852-4

  • 緊急事態条項で暮らし・社会はどうなるか-「お試し改憲」を許すな

    飯島滋明(編者)、清水雅彦、榎澤幸広(編者)、清末愛砂(編者)、馬場里美、永井幸寿、安原陽平、石川裕一郎(編者)、往住嘉文、奥田喜道、前田朗、渡邊弘、池田賢太、髙良沙哉、小田博志、松原幸恵、松村芳明、李京柱、吉田達矢、佐伯奈津子、川眞田嘉壽子、,現代人文社,「はじめに」、「軍事化と密接な関係がある緊急事態条項」、「緊急事態条項と24条の同時改憲・加憲の目論みはどこに?」、「パキスタンの緊急事態条項」、「基本的権利や人権、司法の独立のために闘ってほしい」,(p.176),2017.05,9784877986728

  • 徹底検証 日本の右傾化

    大内裕和、北野隆一、清末愛砂、斎藤貴男、斉藤正美、佐藤圭、島薗進、杉原里美、鈴木エイト、高史明、竹中佳彦、田崎基、塚田穂高(編者)、中北浩爾、能川元一、早川タダノリ、樋口直人、藤倉善郎、藤田庄市、堀内京子、マーク・R・コリンズ,筑摩書房,重要条文・憲法二四条はなぜ狙われるのか,(p.400),2017.03,448001649X

  • 北海道で生きるということ―過去・現在・未来

    池田賢太、亀田正人、永井真也、清末愛砂(編者)、阿知良洋平、前田輪音、松本ますみ(編者)、小田博志、藤岡登、片野淳彦,法律文化社,「はじめに」、「室蘭と安保法制-平和的生存権のゆくえ」、「イスラエル/パレスチナ問題から考える北海道-植民地支配・占領という視点」、「座談会 持続可能な地域をめざして:北海道を例に」,(p.141),2016.12,4589038153

display all >>

Papers 【 display / non-display

  • ジェンダーに基づく暴力の視点から考える安全保障法制-自衛隊の性質の変遷に着目しながら-

    清末愛砂,ジェンダー法研究,(4),(p.77 ~ 90),2017.12

  • 女性学・ジェンダー研究は変容を求められるのか-女性の活躍推進法時代を迎えて

    清末愛砂,女性学,vol.24,(p.31 ~ 42),2017.03

  • シンガポール-同性婚の法制化をめぐる現状、小川富之監修「アジアにおける同性婚に対する法的対応-家族・婚姻の視点から-(2・完)」

    清末愛砂,福岡大学法学論叢,vol.61,(3),(p.857 ~ 867),2016.12

  • 台湾とマレーシアにおけるDV被害者支援の現状と課題-何が制度を機能させるのか-

    北仲千里、井上匡子、清末愛砂、松村歌子、李妍淑,アジア女性研究,(25号),(p.37 ~ 55),2016.03

  • 女性間の分断を乗り越えるためにー女性の活躍推進政策と改憲による家族主義の復活がもたらすもの

    清末愛砂,平和研究,(45号),(p.65 ~ 83),2015.11

display all >>

International conference proceedings 【 display / non-display

  • Israeli Occupation in Palestine

    Aisa KIYOSUE,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2013,(p.107 ~ 108),Center of Envrionmental Science and Disaster Mitigation for Advanced Research, Muroran Institute of Technology,2013.03,Muroran

Editorial and Commentary 【 display / non-display

  • 平和への権利・憲法に関する北海道交流会&集会の報告-今後の平和運動に活かすために-

    清末愛砂,インタージュリスト,(194),(p.20 ~ 21),2017.11

  • アジア諸国の親子関係における子の最前の利益に関する国際会議 第1回 離婚後の親権者・監護権者決定

    伊藤弘子、小川富之、立石直子、大川謙蔵、梅澤彩、清末愛砂,戸籍時報,(759),(p.2 ~ 13),2017.10

  • 続・マレーシア家族法(18)

    モガナ・スンタリ・スブラマニアム(著)、清末愛砂(訳)、小川富之・伊藤弘子(監修),戸籍時報,(758),(p.30 ~ 34),2017.09

  • 24条から自衛隊明記・緊急事態条項を斬る!改憲勢力が「家族」条項を狙う理由

    清末愛砂,週刊金曜日,(1147),(p.28 ~ 29),2017.08

  • 続・マレーシア家族法(17)

    モガナ・スンタリ・スブラマニアム(著)、清末愛砂(訳)、小川富之・伊藤弘子(監修),戸籍時報,(757),(p.10 ~ 15),2017.08

display all >>

Research reports 【 display / non-display

  • 台湾・マレーシアにおける女性に対する暴力被害者支援の研究

    北仲千里、井上匡子、清末愛砂、松村歌子、李妍淑,公益財団法人アジア女性交流・研究フォーラム 調査研究報告書 Vol.2015-3,(p.1 ~ 75),2016.03

  • オーストラリアおよびニュージーランドにおける社会政策の現状から学ぶ-公共サービス、言語教育、ジェンダー平等の観点から

    ハグリー・エリック、清末愛砂、永井真也,室蘭工業大学紀要,(63),(p.123 ~ 134),2014.03

  • モンゴル・女性に対する暴力に関する調査報告書

    雪田樹理、後藤弘子、清末愛砂、福嶋由里子、後藤安子、髙坂明奈,特定非営利活動法人 ヒューマンライツ・ナウ 調査報告書,(p.1 ~ 21),2013.10

  • 研究成果報告書 日本・シンガポール・台湾のDV防止と被害星支援に関する比較法研究

    清末愛砂、福嶋由里子,2011年度~2012年度厚生労働科学研究費補助金(政策科学総合研究事業【政策科学推進研究事業】) 研究成果報告書,(p.1 ~ 19),2013.03

  • ベトナム・女性に対する暴力に関する調査報告書

    雪田樹理、後藤弘子、清末愛砂、豊田美由紀、福嶋由里子、大西陽子,特定非営利活動法人 ヒューマンライツ・ナウ 調査報告書,(p.1 ~ 33),2012.09

display all >>

Presentaion at conference, meeting, etc. 【 display / non-display

  • A Long History of Women's Struggles for Dignity: Case Studies from Afghanistan and Palestine

    Aisa KIYOSUE,Conference on Policy towards Indigenous Peoples: Lesson to be learned,Centre for Environmental and Minority Policy Studies, Ainu Women's Association, The Hugo Valentin Centre(Uppsala University), The Northern Institute of Environmental and Minority Law(Arctic Centre, University of Lapland),2017 Indiginous Art Workshop & International Conference on Policy towards Indigenous Peoples: Lesson to be learned,(p.60-61),2017.12.02,Hokkaido University,Japan

  • Considering the New Family Norms from Feminist Perspectives: Examining Child Contact in Japan

    Kyoko TAKADA, Aisa KIYOSUE,16th ISFL World Conference 2017,International Society of Family Law,None ,2017.07.25,VU University,Holland

  • Keeping the Peace: Challenges, Contributions and New Directions for Gender, Queer and Feminist Research in the Militarized Asia-Pacifc Region

    SallyMacLaren, Aisa Kiyosue, Emma Dalton, Elizabeth Bowman, Ronni Alexander,The ISA-HKU Conference "The Pacific Century?",International Studies Association, Faculty of Social Sciences & Department og Politics and Public Administration at the University of Hong Kong,None,2017.06.15,University of Hong Kong,Hong Kong

  • 離婚後扶養に関する一考察(ワークショップ「変わる家族」に家族法は対応できているかー離婚後に生じる問題を中心に)

    清末愛砂,ジェンダー法学会第14回学術大会,ジェンダー法学会,ジェンダー法学会2016年大14回学術大会プログラム,(p.4-5),2016.12.03,立命館大学,日本

  • Family Law in Japan and Gender-biased Discrimination as Reflected in Judicial Judgements

    Aisa Kiyosue,Comparative Discussion on Current Trends in Family and Gender Policies- Case Studies from Japan and Finland,北海道大学教育学院・教育学研究院・教育学部,Comparative Discussion on Current Trends in Family and Gender Policies- Case Studies from Japan and Finland,(p.8-12),2016.07,Hokkaido University,Japan

display all >>

 

Class subject in charge 【 display / non-display

  • 地域再生論

    2017,Department

  • 日本の憲法

    2017,Department

  • 基本的人権論

    2017,Department

  • ゼミナール「市民と公共」

    2017,Department

  • 日本の憲法

    2017,Department

display all >>

Education book 【 display / non-display

  • 北海道で生きるということ―過去・現在・未来

    2016.12,「はじめに」、「室蘭と安保法制-平和的生存権のゆくえ」、「安全保障関連法案への政治的抵抗の様相」、「イスラエル/パレスチナ問題から考える北海道-植民地支配・占領という視点」、「」、「座談会 持続可能な地域をめざして:北海道を例に」, (p.141),法律文化社

  • 平和研究入門

    2014.04,木戸衛一、木戸衛一、飯塚一幸、神坂玲子、藤目ゆき、康宗憲、畑井克彦、清末愛砂、文箭祥人、二宮厚美、金羽木徳志、廣川和花、今岡良子、下田正、春日匠、長野八久、金麻紀、小沢隆一、桃木至朗、出原隆俊、大城尚子、小野田正利、望月太郎、我田広之、川越道子,イスラエル/パレスチナ問題とは何か, (p.299),大阪大学出版会

  • よくわかるジェンダー・スタディーズ-人文社会科学から自然科学まで

    2013.03,青木紀久代、青山薫、浅井美智子、朝倉むつ子、天野知香、飯田貴子、飯田祐子、池田忍、伊田久美子、井谷惠子、伊藤裕子、井上摩耶子、岩間暁子、宇井美代子、上野千鶴子、江原由美子、岡野八代、小ヶ谷千穂、荻野美穂、小野ゆり子、笠間千浪、川口章、川島慶子、神原文子、北仲千里、金富子、木村涼子、清末愛砂、熊安貴美江、Claire Maree、黒木雅子、桑原雅子、児島亜紀子、小山静子、齋藤圭介、酒井隆史、佐保美奈子、多賀太、高橋さきの、立石直子、田中雅和、田間泰子、柘植あづみ、筒井晴香、天童睦子、内藤葉子、中谷文美、中村桃子、橋本ヒロ子、東優子、福田珠己、藤岡淳子、古久保さくら、堀内かおる、松岡悦子、松波めぐみ、水島希、宮崎あゆみ、宮脇幸生、牟田和恵、室住眞麻子、元百合子、森永康子、諸橋泰樹、山田和代、山地久美子、山中京子、山根純佳、養父知美、好井裕明、吉沢豊予子,「第三世界」の女性, (p.242),ミネルヴァ書房

  • 国際関係論へのファーストステップ

    2011.08,伊藤和子、上村雄彦、ウー・グレース、岡田仁子、片岡信之、清末愛砂、小池(相原)晴伴、小林知子、妹尾裕彦、道券康充、遠井朗子、永井真理、中村都、西村謙一、橋本博子、真崎克彦、水本和実、宮脇史子、森田明彦、横山正樹、吉田敦、吉田晴彦,パレスチナ難民女性のための職業訓練, (p.228),法律文化社

  • ジェンダー・スタディーズ-女性学・男性学を学ぶ

    2009.03,牟田和恵、小矢野 哲夫、ジェリー・ヨコタ、北原恵、スコット・ノース、山本べバリーアン 、木村涼子、水島郁子、渡辺めぐみ、藤目ゆき、村上正直、清末愛砂,第12章 ジェンダーと平和学, (p.250),大阪大学出版会

display all >>