基本情報

写真a

大石 義彦

オオイシ ヨシヒコ


担当専攻 博士前期課程

生産システム工学系専攻

担当学科

機械航空創造系学科

職名

助教

電子メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 流体工学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 混相流

  • 流体計測

  • 抵抗低減

  • 乱流

  • 流れの可視化

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 大規模流動場のPIV計測

    流体工学,流れの可視化,計測,2012年04月 ~ 2016年

  • 気泡による摩擦抵抗低減

    気泡,抵抗低減,乱流,2012年04月 ~ 2017年

  • 広義PIVによる圧力場推定

    粒子画像流速測定法,圧力場推定,流体解析,2013年04月 ~ 2017年

  • 雪冷房システム

    利雪,ホワイトデータセンター,熱力学,2015年04月 ~ 2017年

  • テーラークエット流れのカオス流動過程

    乱流遷移,渦,超音波計測,2015年04月 ~ 2017年

全件表示 >>

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 福井大学大学院

    2005年03月,博士前期,工学研究科,ファイバーアメニティ工学専攻,修了

  • 北海道大学大学院

    2008年03月,博士,工学研究科,エネルギー環境システム専攻,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学士

  • 修士(工学)

  • 博士(工学)

    Study on Mechanism of Frictional Drag Reduction by Bubbles

職歴 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学大学院(学術研究員)

    2008年04月 ~ 2009年03月

  • 株式会社豊田中央研究所(客員研究員)

    2009年04月 ~ 2011年03月

  • 大塚電子株式会社(研究員)

    2011年04月 ~ 2012年03月

  • 北海道大学大学院(助教)

    2012年03月 ~ 2015年03月

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会

  • 日本混相流学会

  • 可視化情報学会

  • 自動車技術会

学術賞 【 表示 / 非表示

  • 研究技術賞

    2016年03月08日,日本機械学会北海道支部

  • 流れの夢コンテスト 優秀賞 流体力学的札幌市

    2008年10月13日,日本機械学会流体工学部門

  • Best presentation award, The 6th International Symposium on Measurement Techniques for Multiphase Flows

    2008年12月13日,The Japanes Society for Multiphase Flow

  • 日本混相流学会論文賞

    2010年07月20日,日本混相流学会

  • 流れの夢コンテスト 一樹賞 風ットボール

    2013年11月09日,日本機械学会流体工学部門

全件表示 >>

 

気泡による壁面乱流の知的制御

研究開発の目的

気泡を使った摩擦抵抗の制御とメカニズム解明

低減技術のひとつとして微細気泡による摩擦抵抗低減の研究がある.船の航行速度は大型タンカークラスで14not(秒速7m)であり,流れは乱流となる.乱流の時の壁面摩擦抵抗は粘性の効果 に加え,乱れの効果(レイノルズ応力)がかかります.この微細気泡による摩擦抵抗低減は乱流境界層中に微細気泡を混入させることで船舶の摩擦抵抗を低減させる方法です.しかし,現時点でなぜ摩擦抵抗が低減するのかわかっていません.私の研究は摩擦抵抗が低減するメカニズムを解明することが研究のモチベー ション(研究の動機)です.

研究開発の概要

現象解明を助ける混相流体の先進的な計測技術の開発

大型船舶は航行中,常に抵抗を受けています.船舶の抵抗は大きく分けて造波抵抗,造渦抵抗,摩擦抵抗の3つがあります.そのうち大型船舶が受ける 摩擦抵抗は船全体にかかる抵抗のうちおよそ80%を占めています.この摩擦抵抗を低減させることで,船舶の航行速度の効率化や省エネ効果が期待され,輸送 期間の削減と輸送コストが期待されます.このようなことから,摩擦抵抗を低減させる技術に関する研究は国内外を問わず精力的に行われています.

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • 乱流場と気泡の干渉
  • 複雑なメカニズムと包括的な現象の整理
  • レーザー応力計
  • 高時間分解の解析
  • 気泡群と乱流構造の相互干渉
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • 添加剤が不要で低環境負荷
  • 既存装置に取り付け,設計が容易
  • 国際競争力のある高い船舶技術
  • 高付加価値
  • なし
 

論文 【 表示 / 非表示

  • Oil mist transport process in a long pipeline on turbulent flow transition region

    Tomoaki Takeuchi, Jumpei Ohkubo, Norio Yonezawa, Yoshihiko Oishi, Ichiro Kumagai, Yuji Tasaka, Yuichi Murai,International Journal of Multiphase Flow,87巻,(頁 45 ~ 53),2016年12月

  • Void waves propagating in the bubbly two-phase turbulent boundary layer beneath a flat-bottom model ship during drag reduction

    Hyun Jin Park, Yoshihiko Oishi, Yuji Tasaka, Yuichi Murai,Experiments in Fluids,57巻,178号,(頁 1 ~ 18),2016年11月

  • Quantitative visualization of swirl and cloud bubbles in Taylor–Couette flow

    Bruno van Ruymbeke,Yuichi MuraiYuji TasakaYoshihiko OishiCéline GabilletCatherine ColinNoureddine Latrache,Journal of Visualization,(頁 1 ~ 10),2016年09月

  • Ultrasonic velocity profiling rheometry based on a widened circular Couette flow

    T.SHIRATORI, Y.TASAKA, Y.OISHI, Y.MURAI,Measurement Science and Technology,(頁 085302 ~ ),2015年

  • Drag reduction promoted by repetitive bubble injection in turbulent channel flows

    H.J.PARK, Y.TASAKA, Y.OISHI, Y.MURAI,International Journal of Multiphase Flow,(頁 12 ~ 25),2015年

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Pressure field estimation from particle tracking velocimetry for vortex ring impinging on a sold wall

    Yoshihiko Oishi, MomoTakeuchi, Hideki Kawai, Yuichi Murai,12th International symposium of Particle Image Velocimetry, Book of Abstract, Full paper,(頁 1 ~ 2),Article Number:ISPIV-268,2017年06月,Korea

  • Frequency Analysis of Chaotic Flow in Transition to Turbulence in Taylor-Couette System with Small Aspect Ratio

    Tatsuya Fujii, Yoshihiko Oishi, Hideki Kawai, Hiroshige Kikura, Riky Stepanus Situmorang, Himsar Ambarita.,1st International Conference on Computing And Applied Informatics (ICCAI) 2016,(頁 1 ~ 8),2016年12月,Medan, Indonesia

  • Diffusion behavior of oil mist in a horizontal pipe flow

    T.Takeuchi, Y.Oishi, I.Kumagai, Y.Tasaka, and Y.Murai,Proc. 9th International Symspoium on Measurement Techniques for Multiphase Flow,(頁 165 ~ 166),2015年09月,JAPAN

  • Grid free pressure field measurement by particle tracking velocimetry

    Y.Oishi, T.Oda, Y.Tasaka, Y.Murai,11th International symposium of Particle Image Velocimetry, Book of Abstract, Full paper,(頁 1 ~ 8),2015年09月,USA

  • Time-resolved LDV for bubble-laden turbulent boundary layers

    K.Toda, H-J.Park, Y.Oishi, Y.Tasaka, and Y.Murai,Proc. 9th International Symspoium on Measurement Techniques for Multiphase Flow,(頁 41 ~ 42),2015年09月,JAPAN

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 傾斜する平板に衝突する渦輪の圧力場

    竹内桃,大石義彦,河合秀樹,村井祐一,日本流体力学会年会2017,流体力学会,日本流体力学会年会2017 USB講演論文集,(頁 1-5),2017年08月31日,東京都,日本

  • 低アスペクト比Taylor-Couette流れにおける孤立混合領域の超音波計測

    加藤雄太郎,大石義彦,河合秀樹,木倉宏成,第45回可視化情報シンポジウム,可視化情報学会,可視化情報 Vol.37, Suppl. No.1 USB A105,(頁 1-4),2017年07月18日,東京,日本

  • りん片粒子を用いた有限長の上下固定端Taylor-Couette流れにおける壁面近傍の可視化

    藤井達也,大石義彦,河合秀樹,第45回可視化情報シンポジウム,可視化情報学会,可視化情報 Vol.37, Suppl. No.1 USB C202,(頁 1-5),2017年07月18日,東京,日本

  • 離散要素法を用いた高炉内粉流体の流動特性の数値シミュレーション

    大石 義彦,吉野雅人,埜上 洋,河合 秀樹,第26回化学工学・粉体工学研究発表会,第26回化学工学・粉体工学研究発表会講演要旨,(頁 50-53),2017年01月27日,札幌,日本

  • 細胞保持粒子の挙動解析による光合成微生物固定化メカニズムの解明

    荷川取将吾,山地秀樹,大石 義彦,河合秀樹,第26回化学工学・粉体工学研究発表会,第26回化学工学・粉体工学研究発表会講演要旨,(頁 34-36),2017年01月27日,札幌,日本

全件表示 >>

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 全混相流場対応の高時間分解せん断応力計の開発と摩擦抵抗低減メカニズムの解明

    2016年度 ~ 2017年度,若手研究(B),16K18006

  • 乱流摩擦抵抗低減のための二相流のスマート制御

    2016年度,基盤研究(A),24246033

  • 回転風車まわりの三次元圧力場計測システムの開発

    2016年度,挑戦的萌芽研究,15K13861

  • 回転風車まわりの三次元圧力場計測システムの開発

    2015年度,挑戦的萌芽研究,15K13861

  • 乱流摩擦抵抗低減のための二相流のスマート制御

    2015年度,基盤研究(A),24246033

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 流体力学

    2017年度,学部

  • 機械システム工学実験

    2017年度,学部

  • 機械システム工学セミナー

    2017年度,学部

  • 機械科学設計法

    2016年度,学部

  • 流体力学

    2016年度,学部

全件表示 >>

 

学会・研究会の主催等 【 表示 / 非表示

  • 可視化情報全国講演会(室蘭2017)

    室蘭市,委員

  • Japan-U.S. Seminar on Two-phase flow dynamics 2017

    Sapporo,Committee,JAPAN

国際研究協力活動 【 表示 / 非表示

  • テーラクエット気泡流れにおける3次元計測

    France,French Naval Academy /Ecole Navale,2016年09月 ~ 2017年