基本情報

写真a

寺本 孝司

テラモト コウジ


担当専攻 博士前期課程

生産システム工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

機械航空創造系学科

職名

教授

電子メールアドレス

メールアドレス

ホームページURL

http://www3.muroran-it.ac.jp/mel/

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 生産工学・加工学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 生産システム

  • 機械加工

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 切削加工における工作物把持支援

    低剛性,モデル化,モニタリング,2013年04月 ~ 2019年03月

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学・大学院

    1993年,博士前期,工学研究科,電子制御機械工学専攻,修了,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学

    1991年,工学部,機械工学科,卒業,日本

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 精密工学会

  • 日本機械学会

 

切削加工現場へのデジタル化技術の適用

デジタル化技術による新たなものものづくり技能の実現

研究開発の目的

シミュレーションで切削加工の職人技をサポートする

複雑な切削加工においては高度な職人の技術が必要不可欠だが、現在その職人が後継者不足などの理由により減少している。そのような社会の動向に合わせて、切削加工シミュレーションなどの情報技術を新たな道具として活用する次世代のものづくり環境を提案する。

研究開発の概要

デジタル加工・生産技術と人間特性の双方を加味する

シミュレーションやCAD/CAMなどの情報システムと実際の加工現場は、限られた条件下でしか連携できない。この研究では加工プロセスのデジタル化を基にした生産技術と、個別の作業現場や作業者の人間特性を考慮した加工・生産システム設計の融合を試みる。

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • スピーディーで正確な現場に馴染むデジタル化
  • 切削力や熱などの物理現象を考慮した加工の可視化
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • 切削力や熱などの物理現象を考慮した加工の可視化
  • 実際の現場状況を反映させたシミュレーション
 

著書 【 表示 / 非表示

  • スキルの科学

    岩田一明・小野里雅彦・橋詰謙・松尾知之・吉川恒夫・馬野元秀・椹木哲夫・野村幸正・入来篤史・寺本孝司・高谷裕浩,国際高等研究所学術出版,スキル研究の系譜,(頁 208),2007年07月

論文 【 表示 / 非表示

  • An Evaluation Criterion to Select Temperature Measurement Positions in End-Milling

    Dongjin Wu and Koji Teramoto,Int. J. of Automation Technology,12巻,1号,(頁 105 ~ 112),2018年01月

  • Analysis of cutting force in elastomer end milling

    Koji Teramoto, Takahiro Kunishima, Hiroki Matsumoto,International Journal of Automation Technology,11巻,6号,(頁 958 ~ 963),2017年11月

  • On-Machine Estimation of Workpiece Deformation for Thin-Structured Parts Machining

    Koji Teramoto,International Journal of Automation Technology,11巻,6号,(頁 978 ~ 983),2017年11月

  • 曲がり穴放電加工用マイクロロボットの開発-極間距離自動制御機構の改良による小型化と性能向上-

    北 正彦,石田 徹,寺本 孝司,竹内芳美,精密工学会誌,75巻,11号,(頁 1355 ~ 1359),2009年11月

  • 曲がり穴放電加工のための電極制御機構の開発

    Tohru Ishida, Yasuhito Miyake, Koji Teramoto, Yoshimi Takeuchi,International Journal of Automation Technology,Vol.2巻,No.6号,(頁 447 ~ 456),2008年11月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Experimental investigation on uncertainties of workholding process in end-milling

    Koji TERAMOTO, Shyuuhei KUTOMI, JingKai ZENG and Dongjin WU,Proceedings of the 2018 International Symposium on Flexible Automation (ISFA2018),Article Number:S046,2018年07月,Kanazawa

  • Research on mechanistic modeling of machining error for model-based elastomer end-milling

    Zejian WU, Koji TERAMOTO,Proceedings of The 9th International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century ,Article Number:E05,2017年11月,Hiroshima, Japan

  • Development of Body-powered Prosthetic Hand for Non-dominant Hand Use

    Yutaro MATSUI and Koji TERAMOTO, ,Proceedings of 21st International Conference on Mechatronics Technology,(頁 218 ~ 221),2017年10月, Ho Chi Minh City, Vietnam

  • A Proposal of Selection Method for Temperature Measurement in End-Milling

    Dngjin WU and Koji TERAMOTO,Proceedings of the 16th International Conference on Precision Engineering (ICPE2016),2016年11月,Hamamatsu

  • Study of rapid on-machine shape measurement for accuracy assured machining

    Kentaro OTA, Koji TERAMOTO, and Ryota HAYASHI,Proc. of the 8th International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century,(頁 A03 ~ ),JSME,2015年10月,京都

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • 室蘭工業大学の機械系設計製図に関する実践教育(製図演習と加工実習の連携を模索して)

    風間 俊治,藤木 裕行,松本 大樹,寺本 孝司,長船 康裕,日本設計工学会誌,47巻,5号,(頁 236 ~ 243),2012年05月

  • 機械加工における技能拡張

    寺本孝司,日本機会学会誌,109巻,1050号,(頁 413 ~ ),2006年05月

研究報告 【 表示 / 非表示

  • A Framework of Accuracy Assured Machining for Smart Manufacturing

    Koji TERAMOTO , Dongjin WU, Kentaro OTA and Ryota HAYASHI,Memoirs of the Muroran Institute of Technology,65巻,(頁 35 ~ 39),2016年03月

  • Experimental investigation of machining error in elastomer endmilling

    Koji TERAMOTO and Kazuhisa YABUKI,室蘭工業大学紀要,62巻,(頁 55 ~ 58),2013年03月

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Research on mechanistic modeling of machining error for model-based elastomer end-milling

    Zejian WU, Koji TERAMOTO, Takuma ARAKI and Hiroki MATSUMOTO,The 9th International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century (LEM21),JSME,Proc. of the 9th International Conference on Leading Edge Manufacturing in 21st Century (LEM21),2017年11月14日,広島市,日本

  • Development of Body-powered Prosthetic Hand for Non-dominant Hand Use

    Yutaro MATSUI and Koji TERAMOTO,21st International Conference on Mechatronics Technology(ICMT2017),Proc. of 21th International Conference on Mechatronics Technology (ICMT2017),(頁 218-221),2017年10月20日,ホーチミン,ベトナム

  • Research on On-machine Estimation of Fixturing Situation

    Jingkai Zeng,寺本孝司, 2017年度 精密工学会 北海道支部 学術講演会,公益社団法人 精密工学会 北海道支部,2017年度 精密工学会 北海道支部 学術講演会 講演論文集,(頁 31-32),2017年09月02日,札幌,日本

  • Research on Effective Accuracy Monitoring for Precision Machining

    Dongjin Wu,寺本孝司, 2017年度 精密工学会 北海道支部 学術講演会,公益社団法人 精密工学会 北海道支部, 2017年度 精密工学会 北海道支部 学術講演会 講演論文集,(頁 87-88),2017年09月02日,札幌,日本

  • 義手のハンドリング機能を考慮した系統的評価手法に関する研究

    菊地亮希,寺本孝司, 2017年度 精密工学会 北海道支部 学術講演会,公益社団法人 精密工学会 北海道支部,2017年度 精密工学会 北海道支部 学術講演会 講演論文集,(頁 73-74),2017年09月02日,札幌,日本

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 中小企業

    2012年11月26日,製造技術分野,420000(円)

  • 中小企業

    2012年06月18日,製造技術分野,300000(円)

  • 中小企業

    2008年08月18日,製造技術・ものづくり技術分野,300000(円)

  • 中小企業

    2008年08月07日,製造技術・ものづくり技術分野,420000(円)

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 異分野連携による高度専門職業人のルーブリックを用いたアウトカムアセスメント開発

    2017年度,基盤研究C,16K01074

  • 異分野連携による高度専門職業人のルーブリックを用いたアウトカムアセスメント

    2016年度,基盤研究(C),16K01074

  • 高精度機上形状計測とモデルベース誤差分析を融合した精度保証型切削加工

    2014年度 ~ 2016年度,基盤研究(C),26420038

  • ゴム切削における切りくず分離過程のインプロセス観察を基にした加工誤差のモデル化

    2011年度 ~ 2013年度,基盤研究(C),23560111

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 工作法実習

    2018年度,学部

  • 機械工作法実習I

    2018年度,学部

  • 機械工作法実習I

    2018年度,学部

  • 機械工作法実習I

    2018年度,学部

  • 機械工作法実習II

    2018年度,学部

全件表示 >>

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 機械の強さ,機械の動き

    2002年08月09日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,免許法認定公開講座,未設定