基本情報

写真a

青柳 学

アオヤギ マナブ


担当専攻 博士前期課程

情報電子工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

情報電子工学系学科

職名

教授

電子メールアドレス

メールアドレス

ホームページURL

http://www3.muroran-it.ac.jp/asken/index.html

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 電力工学・電力変換・電気機器

  • 機械力学・制御

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 超音波, 圧電, 電気機械振動

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 超音波/圧電アクチュエータの開発と応用

    超音波モータ,圧電アクチュエータ,1991年04月 ~ 2016年

  • 超音波システムの開発

    超音波システム,2004年04月 ~ 2016年

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 超音波モータおよび圧電アクチュエータの開発と応用

    1991年04月 ~

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 山形大学・大学院

    1991年03月,修士,工学研究科,電気工学専攻,修了,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 山形大学

    1989年03月,工学部,電気工学科,卒業,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

    棒状超音波モータの摩擦力制御特性改善に関する研究

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会

  • 電気学会

  • 精密工学会

  • 日本音響学会

学術賞 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会学術奨励賞

    1994年03月,電子情報通信学会

  • 粟屋潔学術奨励賞

    1997年03月,日本音響学会

  • 日本工学教育協会賞

    2008年08月,日本工学教育協会

  • 超音波シンポジウム論文賞

    2010年12月07日,超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム

 

超音波アクチュエータの設計と応用

形状自由度の高い超音波アクチュエータ

研究開発の目的

小型で高性能な超音波アクチュエータを考案・設計

超音波アクチュエータの特徴である応答性のよさ、小型化の容易さ、動作音の静粛性、低速高トルクである利点を十分に活かして、将来も発展しつづけるモバイル産業やマイクロマシン分野での小型で高性能な超音波アクチュエータを考案して設計していく。

研究開発の概要

様々な超音波振動で物を動かす

超音波振動を動力源として応用する技術である。小型でも大きな力を出すことができる超音波アクチュエータは小型化が容易で、動作音の静粛性も高い。それらの特徴・利点を活かし、用途・要求機能・スペースに合わせたオリジナルの超音波アクチュエータを考察・設計している。

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • 優れた静粛性
  • シンプルな構造で小型化が容易
  • 低速高トルクでギア機構が不要
  • 様々な要求に合わせたオリジナルの超音波アクチュエータを考案・設計
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • 小さな電力で駆動が可能
  • 小型・細型・薄型など高い形状自由度
  • リニアモータが容易
  • 多自由度モータが容易
  • 特許4767726
  • 米国特許7772744
  • 特開2004-289880
  • 特開2005-086884
  • 特開2008-219961
 

著書 【 表示 / 非表示

  • アクチュエータの新材料,駆動制御,最新応用技術

    鈴森康一,金藤敬一,小林征男,弓削亮太,杉野卓司,安積欣志,高島義徳,千葉正毅,山内健,須丸公雄,橋本稔,平井利博,西垣勉,藤本康治,永田邦裕,山本晃生,青柳学,田村英樹,秦誠一,櫻井淳平,三田俊裕,三俣哲,山浦真一,吉田和弘,佐藤恭一,平田勝弘,新口昇,加藤雅之,堺谷洋,森元瑛樹,石川仁,青野光,山田俊輔,飯田明由,木村元昭,秋元雅翔,宮城徳誠,古谷克司,岩見健太郎,菅洋志,式田光宏,石井佑弥,延島大樹,酒井平祐,植村 聖,都井裕,髙木賢太郎,荒川武士,舛屋賢,田原健二,釜道紀浩,鈴木元哉,橋口原,竹岡敬和,則次俊郎,矢野智昭,齋藤あい,佐々木廉,鈴木隆平,Arif Md.Rashedul Kabir,佐田和已,角五彰,向井利春,佐々木勝美,郭書祥,藤里俊哉,中村太郎,伊原正,三林浩二,進藤裕英,光用剛,佐藤祐一,臼田隆之,奥寛雅,権藤雅彦,南澤孝太,井上崇行,北野英明,西山清隆,水野勉,卜穎剛,田中豊,竹内敬治,槙原幹十朗,山口大介,NTS,第5章 アクチュエータに用いられる材料とその応用-圧電材料系-, 第5節 小型薄型の超音波/圧電アクチュエータ(執筆)青柳学,田村英樹,(頁 536),2017年03月,978-4-86104-649-0

  • オムニバス技術者倫理 第2版

    蔵田伸雄,眞島俊造,岩崎豪人,竹中章二,鈴木好夫,河合秀樹,青柳学,板倉賢一,藤木裕行,溝口光男,安居光國,共立出版.,第Ⅱ部 事例研究,(頁 176),2015年09月,978-4-32007-196-4

  • アクチュエータ研究開発の最前線

    (監修)樋口俊郎,大岡昌樋(執筆)樋口俊郎,山本晃生,佐々木実,大岡昌博,古谷克司,黒澤実,則次俊郎,鈴森康一,横田眞一,吉田和弘,安積欣志,本間大,矢野智昭,竹村研治郎,梅田倫弘,岩見健太郎,小野崇人,菅原康弘,李艶君,内藤賀公,川嶋健嗣,藤田壽憲,矢野健,徐世傑,服部正,戸津健太郎,鈴木博章,橋本研也,大森達也,新井史人,萩原将也,田中豊,蝶野成臣,辻知宏,森島圭祐,秋山佳丈,森田剛,吉田龍一,上野敏幸,田所諭,昆陽雅司,岩附信行,高野剛浩,田村英樹,青柳学,富川義朗,鈴木誠,田村安孝,稲邑朋也,鈴木淳史,福田敏男,中島正博,関山浩介,伊原正,中村太郎,三林浩二,工藤寛之,荒川貴博,齊藤浩一,和田智志,田中真美,奥山武志,前野隆司,三俣哲,小久保尚,甲斐昌一,香川明男,水本将之,髙﨑正也,清原健司,古荘純次,原口真,神田岳文,新野俊樹,大谷幸利,細田秀樹,竹岡敬和,武田博明,鶴見敬章,古川勇二,小山大介,中村健太郎,NTS,第2編第3章 第4節 平板の縦-屈曲結合振動を利用する単相駆動薄型超音波モータ,同 第11節 振動片を用いた薄型高速回転超音波モータ,(執筆)青柳学,田村英樹,高野剛浩,富川義朗,(頁 345),2011年08月,978-4-86043-386-4

  • アクティブラーニングでなぜ学生が成長するのか―経済系・工学系の全国大学調査からみえてきたこと―

    林一雅,溝上慎一,成田秀夫,青柳学,神谷修,塚本真也,佐藤恵一,松尾尚,日向野幹成,石崎祥之,黒坂佳央,谷口哲也,友野伸一郎,東信堂,第2部大学事例報告と質疑応答,(頁 320),2011年06月,978-4-7989-0068-1

  • 技術者倫理事例集

    青柳学,鈴木好夫,藤木裕行,溝口光男,安居光國,室蘭工業大学技術者倫理研究会 発行,シンドラーエレベータ事故,六本木ヒルズ自動回転ドア事故,(頁 64),2010年03月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • 周期入力制御系の数理構造と強制引き込み現象

    梶原秀一,花島直彦,青柳 学,計測自動制御学会論文集,52巻,10号,(頁 573 ~ 579),2016年10月

  • Study on spherical stator for multidegree-of-freedom ultrasonic motor

    Shuta Nakajima, Hidekazu Kajiwara, Manabu Aoyagi, Hideki Tamura, and Takehiro Takano,応用物理学会欧文誌,55巻,7S1号,(頁 07KE18-1 ~ 07KE18-5),2016年06月

  • Non-Resonance Type Linear Ultrasonic Motor Using Multilayer PiezoeLectric Actuators with Parallel Beams

    Manabu Aoyagi,Ryuichi Nakayasu, and Hidekazu Kajiwara,Int.J. of Automation Technology,10巻,4号,(頁 557 ~ 563),2016年05月

  • Dynamic characteristic analysis of nonresonance-type ultrasonic actuator using electronic circuit simulator

    Shinji Sakai and Manabu Aoyagi,応用物理学会欧文誌,54巻,6号,(頁 07HE14-1 ~ 07HE14-6),2015年06月

  • 引き込み現象を利用した結合van der Pol方程式の同期パターン制御 -2または3結合van der Pol方程式の場合-

    梶原秀一, 花島直彦, 青柳学,電子情報通信学会論文誌,J98-A巻,6号,(頁 406 ~ 416),2015年06月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Consideration of Spherical Stator for Spherical Ultrasonic Motor

    M.Aoyagi and S.Nakajima and H.Kajiwara and H.Tamura and T.Takano,Proseedings of the 12th Western Pacific Acoustics Conference 2015,(頁 559 ~ 563),WESPAC2015,2015年12月,Repppublic of Singapore

  • Generation of acoustic flow using a cylindrical pipe vibrating in axisymmetric flexural damped travelling wave and applications to non-contact ultrasonic transportation and manipulation of a small object

    T.Takno and H.Tamura and M.Aoyagi,Proseedings of the 12th Western Pacific Acoustics Conference 2015,(頁 564 ~ 568),WESPAC2015,2015年12月,Repppublic of Singapore

  • Ethical Case is Powerful Method in Engineering Ethics Education

    Mitsukuni Yasui, Manabu Aoyagi, Ding Li yu, Hiroyuki Fjiki and Mitsuo Mizoguchi,The First UNESCO Conference on Ethics Education for All "Searching for a New Paradigm of Learning to Live Together: Asia-Pacific'',(頁 103 ~ 113),UNESCO Bangkok,2014年10月,Petchburi, Thailand

  • Development of 2-DOF hybrid actuator system

    Ryota Okeya and Manabu Aoyagi,Proceedings of the 14th International Conference on Precision Engineering (ICPE2012),(頁 733 ~ 738),ICPE2012,2012年11月,Awaji, Japan

  • Examination of an Outer-Rotor-Type Multidegree-of- Freedom Spherical Ultrasonic Motor

    Bo Lu and Manabu Aoyagi,Proceedings of the 15th International Conference on Electrical Machines andSystems(ICEMS2012), LS4C-3,(頁 LS4C-1 ~ ),IEEJ Industry Applications Society,2012年10月,Sapporo, Japan

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • 近距離場音波浮場によるステッピング搬送と運動制御

    青柳学,田村英樹,高野剛浩,超音波テクノ,26巻,2号,(頁 49 ~ 53),2014年04月

  • 細径パイプ屈曲振動伝送路形超音波モータ

    田村英樹,高野剛浩,青柳学,超音波テクノ,26巻,2号,(頁 29 ~ 33),2014年04月

  • 大学電気系学科における技術者倫理の活動紹介と今後の展望

    青柳学,鈴木好夫,電気学会誌,131巻,6号,(頁 353 ~ 356),2011年06月

  • 圧電・超音波モータ/アクチュエータの変遷④=山形大(工)/東北工大/室蘭工大・グループ周辺での20年=

    富川義朗,日下部千春,広瀬精二,田村英樹,高野剛浩,青柳学,飯野朗弘,舟窪朋樹,高橋誠也,宮沢修,土信田豊,田沼千秋,宗石猛,超音波テクノ,22巻,3号,(頁 102 ~ 111),2010年06月

  • 圧電・超音波モータ/アクチュエータの変遷③=山形大(工)/東北工大/室蘭工大・グループ周辺での20年=

    富川義朗,日下部千春,広瀬精二,田村英樹,高野剛浩,青柳学,飯野朗弘,舟窪朋樹,高橋誠也,宮沢修,土信田豊,田沼千秋,宗石猛,超音波テクノ,22巻,2号,(頁 111 ~ 125),2010年03月

全件表示 >>

研究報告 【 表示 / 非表示

  • 金属パイプ内への強力音場形成の試み

    中尾晃大,青柳学,田村英樹,高野剛浩,信学会技術研究報告,115巻,207号,(頁 57 ~ 60),2015年09月

  • 球状ステータの振動モード設計と励振方法の検討

    中島秀太,青柳学,梶原秀一,田村英樹,高野剛浩,信学会技術研究報告,115巻,207号,(頁 1 ~ 6),2015年09月

  • 円筒の弾性振動を用いた荷重計の検討

    衛藤数,青柳学,田村英樹,高野剛浩,信学会技術研究報告,115巻,207号,(頁 7 ~ 12),2015年09月

  • パイプに励振される屈曲減衰進行波による音響流の発生と非接触搬送への応用

    高野剛浩,田村英樹,青柳学,信学会技術研究報告,115巻,207号,(頁 51 ~ 57),2015年09月

  • 技術者倫理共通授業アンケートデータを用いた授業改善

    大来 雄二,青柳 学,大場恭子,片倉啓雄,島本 進,清水 一男,下村直行,松木 純也,丸山武男,電気学会研究会資料,FIE-13-025~038巻,(頁 25 ~ 30),2013年12月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 複数円筒を用いた音場形成方法の検討,-金属円筒を用いた強力音場形成と浮揚搬送への応用(2)-

    中尾晃大,青柳学,梶原秀一,田村英樹,高野剛浩,日本音響学会2017年春季研究発表会,日本音響学会,日本音響学会2017年度春季研究発表会講演論文集,(頁 1065-1066),2017年03月15日,神奈川県

  • 円筒状振動子の固有周波数の変化を応用した荷重計の試作

    衛藤数,青柳学,田村英樹,高野剛浩,日本音響学会2017年春季研究発表会,日本音響学会,日本音響学会2017年度春季研究発表会講演論文集,(頁 1019-1020),2017年03月15日,神奈川県

  • 縦-ねじれ振動の効果の検討,―電動アクチュエータを用いた超音波圧入加工(9)―

    服部晃和,青柳学,田村英樹,高野剛浩,日本音響学会2017年春季研究発表会,日本音響学会,日本音響学会2017年度春季研究発表会講演論文集,(頁 1045-1046),2017年03月15日,神奈川県

  • 浮揚物体の傾斜が搬送に与える影響,―近距離場音波浮揚による非接触ステッピング搬送(5)―

    和田顕次,青柳学,梶原秀一,田村英樹,高野剛浩,日本音響学会2017年春季研究発表会,日本音響学会,日本音響学会2017年度春季研究発表会講演論文集,(頁 1047-1048),2017年03月15日,神奈川県

  • 多自由度超音波モータ用球状ステータの駆動点の検討

    水野愛,青柳学,梶原秀一,田村英樹,高野剛浩,日本音響学会2017年春季研究発表会,日本音響学会,日本音響学会2017年度春季研究発表会講演論文集,(頁 1059-1060),2017年03月15日,神奈川県

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 中小企業

    2006年05月09日,情報通信分野,500000(円)

  • 大企業

    2006年04月27日,製造技術・ものづくり技術分野,1000000(円)

  • 大企業

    2005年06月30日,情報通信分野,500000(円)

  • 大企業

    2005年05月27日,製造技術・ものづくり技術分野,750000(円)

  • 中小企業

    2005年05月09日,製造技術・ものづくり技術分野,3000000(円)

全件表示 >>

受託研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 公益法人等

    2008年07月08日,情報通信分野,2000000(円)

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 完全脱力モードを有するロボット関節用高出力多次元アクチュエータの開発

    2014年度 ~ 2017年度,基盤研究(B),26289023

  • 近距離音場に発生する音響流の制御と高出力音響アクチュエータへの応用

    2014年度 ~ 2016年度,挑戦的萌芽研究,26630076

  • 授業アンケートの共同実施による技術者倫理教育の実質化・高度化の研究

    2013年度,基盤研究(C),23501028

  • 授業アンケートの共同実施による技術者倫理教育の実質化・高度化の研究

    2012年度,基盤研究(C),23501028

  • 授業アンケートの共同実施による技術者倫理教育の実質化・高度化の研究

    2011年度,基盤研究(C),23501028

全件表示 >>

特許・実用新案取得 【 表示 / 非表示

  • 超音波アクチュエータ

    日本,特願2006-067669,特開2007-252015,特許第4767726号

  • 超音波アクチュエータ

    米国,PCT/JP2007/053808,WO/2007/105489,7772744

  • レンズ駆動装置

    日本,特願2006-098276,特開2007-271990

  • シャッタ装置

    日本,特願2006-098275,特開2007-271989

  • 超音波アクチュエータ

    日本,特願2007-049673,特開2008-219961

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 電気回路III

    2017年度,学部

  • 制御工学

    2017年度,学部

  • 制御工学特論

    2017年度,博士前期課程

  • 電気回路III

    2016年度,学部

  • パワーエレクトロニクス

    2016年度,学部

全件表示 >>

教材開発 【 表示 / 非表示

  • 技術者倫理事例集

    2011年03月,青柳学,鈴木好夫,藤木裕行,溝口光男,安居光國, (頁 64)

  • 技術者倫理学習のスキル

    2008年,鈴木好夫,藤木裕行,安居光國,青柳学,溝口光男

教育著書 【 表示 / 非表示

  • オムニバス技術者倫理第2版

    2015年09月,蔵田伸雄,間島俊造,岩崎豪人,竹中文章二,鈴木好夫,河合秀樹,青柳学,板倉賢一,藤木裕行,溝口光男,安居光國,第8章事例概要、第9章その他の事例概要, (頁 176),共立出版

  • アクティブラーニングでなぜ学生が成長するのか―経済系・工学系の全国大学調査からみえてきたこと―

    2011年06月,林一雅,溝上慎一,成田秀夫,青柳学,神谷修,塚本真也,佐藤恵一,松尾尚,日向野幹成,石崎祥之,黒坂佳央,谷口哲也,友野伸一郎, (頁 320),東信堂

  • オムニバス技術者倫理

    2007年04月,青柳学、石原孝二、板倉賢一、河合秀樹、蔵田伸雄、清水一道、鈴木好夫、須長一幸、新田孝彦、藤木裕行、松山春男、溝口光男、安居光圀、吉田省子,電気電子系の技術者倫理, (頁 215),共立出版

  • 超音波エレクトロニクス振動論 -基礎と応用-

    1998年02月,富川義朗,7.5 伝送線路法による解析, 全般の編集, (頁 272),朝倉書店

教育論文 【 表示 / 非表示

  • 総合的理解を目指した技術者倫理教育の教授法

    2008年09月,安居光國,藤木裕行,青柳学,菅田紀之,早坂成人,工学教育,56巻,5号, (頁 115-119)

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 電気電子系コースのオープンラボ,学科ブース

    2013年08月03日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,オープンキャンパス,企画

講演 【 表示 / 非表示

  • 力覚提示用ハイブリッドアクチュエータシステムの開発

    2011年10月07日,マスワークス・ジャパン

  • 超音波アクチュエータ~多自由度動作,搬送など~

    2011年07月29日,超音波モータ連絡会

  • アクティブラーニング事例報告(大学のアクティブラーニング)

    2011年01月07日,河合塾

学会・研究会の主催等 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会超音波研究会

    登別市,委員,日本

  • 電気学会研究会

    室蘭市,委員,日本

  • 電子情報通信学会超音波研究会

    登別市,委員,日本

学会委員会 【 表示 / 非表示

  • 超音波研究会専門委員会

    2016年06月05日 ~ 2018年06月04日,委員,電子情報通信学会,全国

  • 編集委員会

    2016年04月01日 ~ 2017年03月31日,論文査読,日本音響学会,全国

  • 運営委員会

    2016年04月01日 ~ 2017年03月31日,委員,超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム運営委員会,その他

  • ソサイエティ論文誌編集委員会

    2015年06月04日 ~ 2016年06月03日,論文査読,電子情報通信学会,全国

  • 運営委員会

    2015年06月01日 ~ 2016年03月31日,委員,超音波エレクトロニクスの基礎と応用に関するシンポジウム運営委員会,その他

全件表示 >>

学協会役員 【 表示 / 非表示

  • 精密工学会北海道支部

    2013年02月01日 ~ 2014年01月31日,地方支部,支部役員

  • 精密工学会北海道支部

    2012年02月01日 ~ 2013年01月31日,地方支部,支部役員

  • 精密工学会北海道支部

    2011年02月01日 ~ 2012年01月31日,地方支部,支部役員

  • 電気学会北海道支部

    2008年05月01日 ~ 2010年04月30日,地方支部,支部役員