Personnel Information

写真a

SHIMAZU MASAMITSU


The master's program in charge

Division of Sustainable and Environmental Engineering

The department in charge

Department of Sciences and Informatics

Job title

Assistant Professor

E-mail Address

E-mail address

Research field 【 display / non-display

  • Functional biochemistry

Graduate school・Graduate course, etc. 【 display / non-display

  • Gunma University

    1994.03,Doctoral program,Graduate School, Division of Engineering,物質工学専攻,Coursework completed without degree

Graduate school・major, etc. 【 display / non-display

  • Gunma University

    1989.03,Faculty of Engineering,高分子化学科,Graduate

Degree 【 display / non-display

  • Doctor of Engineering

    金属イオン触媒を用いる核酸関連生理活性物質の合成およびその物性

Academic Society 【 display / non-display

  • 日本分子生物学会

  • 日本農芸化学会

 

酵母の液胞膜および細胞膜に局在する輸送体/輸送体間シグナル伝達系の機能解析

Purpose of Research

Summary of Research

Research Content

Features / Benefits of Research

1.Point of research 2.Research of novelty
3.Primacy of Technology 4.Situation of patent-related
 

Books 【 display / non-display

  • 化学実験(2015改訂版)

    室蘭工業大学応用理化学系学科化学実験担当教員群,(有)昭和印刷,(p.27),2015.10

  • 化学実験

    室蘭工業大学応用理化学系学科化学実験担当教員群,(有)昭和印刷,(p.26),2010.04

Papers 【 display / non-display

  • 浮力秤量法によるW/Oエマルションの液滴径分布測定

    澤田紋佳・島津昌光・大平勇一・平野博人,化学工学論文集,vol.45,(5),(p.184 ~ 187),2019.09

  • 3段階縦型攪拌槽における液の逆混合と交換流量

    大平勇一、澤田紋佳、島津昌光,化学工学論文集,vol.45,(1),(p.1 ~ 5),2019.01

  • Measurement and Estimation of the Particle Size Distribution by the Buoyancy Weighing–Bar Method and the Rosin–Rammler Equation

    Rondang Tambun, Katsuhiko Furukawa, Masayuki Hirayama,Masamitsu Shimadzu, Shin-ya Yamanaka and Yuichi Ohira,Journal of Chemical Engineering of Japan,vol.49,(2),(p.229 ~ 233),2016.02

  • カルシウムイオン欠如培養液によるSpirulina platensisの増殖と形状変化

    大平勇一、山本幸恵、山中真也、島津昌光,化学工学論文集,vol.40,(1),(p.35 ~ 37),2014.01

  • 6段階縦型攪拌槽における逆流量と交換流量におよぼす液粘度の影響

    大平勇一、島津昌光、小幡英二、安藤公二,化学工学論文集,vol.39,(1),(p.13 ~ 17),2013.01

display all >>

Research reports 【 display / non-display

  • 浮力秤量法: 新規な沈降法を用いた粒径分布測定

    大平勇一、古川克彦、ロンダン タムブン、島津昌光、小幡英二,堆積学研究,vol.69,(p.17 ~ 26),2010.09

  • ホタテガイ貝殻に含まれる脂肪分解促進因子の健康食品としての開発

    長谷川靖、島津昌光、長谷川順一,ノーステック財団 成17 年度「研究開発助成事業」の研究成果の報告,(p.1 ~ 21),2006

Presentaion at conference, meeting, etc. 【 display / non-display

  • 3段縦型攪拌槽の交換流量に及ぼす縦横比の影響

    小寺司馬・澤田紋佳・島津昌光・大平勇一,第29回化学工学・粉体工学研究発表会,化学工学会北海道支部,第29回化学工学・粉体工学研究発表会予稿集,2020.01.24,北海道苫小牧市,日本

  • セリウム(III)化合物共存下での酸化プラセオジムの生成に及ぼすpHの影響

    林睦・澤田紋佳・島津昌光・大平勇一,第29回化学工学・粉体工学研究発表会,化学工学会北海道支部,第29回化学工学・粉体工学研究発表会予稿集,2020.01.24,北海道苫小牧市,日本

  • 藍藻スピルリナの従属栄養培養に及ぼす共存微生物の影響

    金勤醇・安居光國・大平勇一・島津昌光・澤田紋佳,化学工学会横浜大会,化学工学会関東支部,化学工学会横浜大会予稿集,2019.08.08,神奈川県横浜市,日本

  • 種々の触媒調製法による鉄添加ゼオライト触媒の一酸化二窒素分解活性とキャラクタリゼーション

    小田真夕・澤田紋佳・島津昌光・大平勇一,第59回オーロララミナー,触媒学会北海道支部,第59回オーロラセミナー予稿集,2019.07.21,北海道夕張郡栗山町,日本

  • 天然ゼオライト触媒の調製と一酸化二窒素分解反応

    澤田紋佳、門田康太郎、島津昌光、大平勇一,第28回化学工学・粉体工学研究発表会,化学工学会北海道支部、粉体工学会北海道談話会、化学工学北海道懇話会,講演要旨集,2019.01.25,鹿児島,日本

display all >>

 

Class subject in charge 【 display / non-display

  • 化学工学実験A

    2019,Department

  • 化学工学実験A

    2019,Department

  • 生物学(Cクラス)

    2019,Department

  • 化学実験(Bクラス)

    2019,Department

  • 生物学(Bクラス)

    2019,Department

display all >>