Personnel Information

写真a

Hanajima Naohiko


Affiliation centers1, etc

Center of Environmental Science and Disaster Mitigation for Advanced Research

The master's program in charge

Division of Production Systems Engineering

The doctoral program in charge

Division of Engineering

The department in charge

Department of Engineering

Job title

Professor

E-mail Address

E-mail address

Research field 【 display / non-display

  • robotics

  • Control engineering/System engineering

  • Intelligent mechanics/Mechanical systems

Keywords for Research Field 【 display / non-display

  • Control Engineering

  • Robotics

Graduate school・Graduate course, etc. 【 display / non-display

  • Hokkaido University

    1994.03,Doctoral program,Graduate School, Division of Engineering,Division of Electrical Enginnering,Completed,Japan

Graduate school・major, etc. 【 display / non-display

  • Hokkaido University

    1989.03,Faculty of Engineering,Department of Electrical Enginnering,Graduate,Japan

Degree 【 display / non-display

  • Doctor of Engineering

    ロバストモデルマッチングによる柔軟構造物の位置・姿勢制御系設計に関する研究

Academic Society 【 display / non-display

  • The Institute of the Systems, Control and Information Engineers

  • The Japan Society of Mechanical Engineers

  • The Robotics Society of Japan

  • The Institute of Electrical and Electronics Engineers

  • Japanese Society for Engineering Education

display all >>

 

ロボットをはじめとする機械系の制御

制御の力でロボットをはじめとる機械系の動きを司る

Purpose of Research

機械の動作に巧みさ優しさを

テクノロジーが進化して,身の回りの機械にもコンピュータが内蔵されるのが当たり前になってきている。機械が複雑になれば,それだけできることも増え,コンピュータによる制御の自由度も高くなる。ロボットをはじめとする機械系の動作に巧みさや優しさを与えるような制御方法を研究開発している。

Summary of Research

制御設計支援プログラムからロボットの制御まで

機械を指令値どおりに適切に制御するには,二自由度制御という制御手法が有効である。その一手法であるデュアルモデルマッチング法を適用して,制御器設計を支援するプログラムを開発している。また,制御の応用として,湿地など人間の立ち入りが難しい場所を移動するロボットの設計制御,周囲の人に不快感を与えないロボットの動作設計などの研究開発も展開している。

Research Content

Features / Benefits of Research

1.Point of research 2.Research of novelty
  • 指令値どおりに機械を制御するための二自由度制御系設計
  • 複雑な設計計算をコンピュータが肩代わりし,設計者が制御器の設計に専念できるように支援する制御系設計支援プログラム
  • 特性伝達関数ベースのデュアルモデルマッチング法の採用とスミス正準形を利用した新しい設計計算法
  • ユーザ親和性を考慮したGUIの利用とシミュレーション機能
3.Primacy of Technology 4.Situation of patent-related
  • 設計パラメータを伝達関数に残したまま設計し,シミュレーションをしながらパラメータの値を調整可
  • シミュレーション結果を踏まえ,現場でパラメータ調整が可能
 

Papers 【 display / non-display

  • Development of Hanger-Rope Inspection Robot for Suspension Bridges

    Kajiwara Hidekazu, Hanajima Naohiko, Kurashige Kentarou, Fujihira Yoshinori,Journal of Robotics and Mechatronics,vol.31,(6),(p.855 ~ 862),2019.12

  • Development of Lifting System for High-Elevation Inspection Robot Targeting Hanger Ropes

    Fujihira Yoshinori, Hanajima Naohiko, Kurashige Kentarou, Kajiwara Hidekazu, Mizukami Masato,Journal of Robotics and Mechatronics,vol.31,(6),(p.803 ~ 815),2019.12

  • Pulse Point Position Tracking-control and Simulation based on 4-DOF Pulse Diagnosis Robot

    Qunpo Liu, Guanghui Liu, Hongqi Wang, Xianzhe Liu, Naohiko Hanajima,Journal of Robotics, Networking and Artificial Life,vol.6,(2),(p.113 ~ 117),2019.09

  • Modeling and Simulation for a Quadrotor Vehicle With Adaptive Wing

    Qunpo Liu, Hongqi Wang, Fuzhong Wang, Jikai Si, Naohiko Hanajima,Journal of Robotics, Networking and Artificial Life,vol.4,(3),(p.213 ~ 216),2017.11

  • Ditches crossing considering approach angles for car-like robots by Path-generating regulator

    平岡 圭介, 花島 直彦, 吉田 英樹, 藤平 祥孝, 水上 雅人,室蘭工業大学紀要,(66),(p.17 ~ 27),2017.03

display all >>

International conference proceedings 【 display / non-display

  • Pulse Pose Follow Control and Simulation for a 4-DOF Pulse Diagnosis Robot

    Qunpo Liu, Guanghui Liu, Hongqi Wang, Xianzhe Liu, Naohiko Hanajima,The 2019 International Conference on Artificial Life and Robotics (ICAROB2017),2019.01,Ohita, Japan

  • Exercise classification using CNN with image frames produced from time-series motion data

    Hajime Itoh, Naohiko Hanajima, Yohei Muraoka, Makoto Ohata, Masato Mizukami, Yoshinori Fujihira,The 2017 International Conference on Artificial Life and Robotics (ICAROB2017),(p.100 ~ 103),2017.01,Miyazaki, Japan

  • Application and Performance Evaluation of a Lifting Device with Alternating Rotation Hoist

    Hanchao Li, Daisuke Harada, Naohiko Hanajima, Hidekazu Kajiwara, Kentaro Kurashige, Yoshinori Fujihira, and Masato Mizukami,Proc. of the 2016 IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII2016),(p.385 ~ 390),2016.12,Sapporo, Japan

  • Static Stability of Double-Spiral Mobile Robot Over Rough Terrain

    Naohiko Hanajima, Taiki Kaneko, Hidekazu Kajiwara and Yoshinori Fujihira ,2016 9th EUROSIM Congress on Modelling and Simulation,(p.979 ~ 985),Article Number:#1570282366,2016.09,Oulu, Finland

  • Path-generating regulator along a straight passage for car-like robots

    Naohiko HANAJIMA, Bo YANG, Wei LUO, Jun DAI and Akihiko TAKASHIMA : , , (2014.8/4-6, Sapporo) ,,Proceedings of 12th International Conference on Motion and Vibration Control (MOVIC 2014),(1B15),(p.1 ~ 12),2014.08,Sapporo, Japan

display all >>

Editorial and Commentary 【 display / non-display

  • グリーンアスパラガス収穫ロボットの開発

    花島直彦,グリーンテクノ情報,vol.14,(3),(p.31 ~ 35),2018.11

  • 遺伝的アルゴリズムを利用した制御系設計(2)

    花島直彦,機械の研究,vol.52,(1),(p.35 ~ 41),2000

  • 遺伝的アルゴリズムを利用した制御系設計(1)

    花島直彦,機械の研究,vol.51,(12),(p.1222 ~ 1226),1999

Research reports 【 display / non-display

  • 経路生成形レギュレータによる進入角度を考慮した四輪車両の溝横断走行

    平岡 圭介,花島 直彦,吉田 英樹,藤平 祥孝,水上 雅人,室蘭工業大学紀要,(66),(p.17 ~ 27),2017.03

  • A Four-legged Mobile robot with Prismatic Joints on Spiral Footholds

    Naohiko HANAJIMA, Qunpo LIU and Hidekazu KAJIWARA,Mem. Muroran Inst. Tech,(65),(p.23 ~ 30),2016.03

  • Development of the sensor and actuator node device for an autonomous ATV

    Makoto KOBAYASHI, Yuuta TOCHIKUBO, Jun DAI, and Naohiko HANAJIMA,Mem. Muroran Inst. Tech,(62),(p.59 ~ 65),2013.03

  • 3D Scanning Map Building for Mobile Robot Navigation

    Jun DAI, Naohiko HANAJIMA, Hiromitsu HIKITA, Mitsuhisa YAMASHITA, and Toshiharu KAZAMA,Chiang-Mai University Journal of Natural Sciences - Special Issue on Manufacturing Technology,vol.10,(1),(p.149 ~ 156),2011

  • Kinematic Modeling and Analysis of a Serial-Parallel Field Robot with Variable Structure

    Qunpo LIU, Naohiko HANAJIMA, Kunio KAWAUCHI, Mitsuhisa YAMASHITA, Hiromitsu HIKITA and Toshiharu KAZAMA,Chiang-Mai University Journal of Natural Sciences - Special Issue on Manufacturing Technology,vol.10,(1),(p.127 ~ 139),2011

display all >>

Presentaion at conference, meeting, etc. 【 display / non-display

  • 卓上4軸ロボットアームを用いた仕分けシステムと教育への活用

    藤平 祥孝,花島 直彦,水上 雅人,第11回日本ロボット学会北海道ロボット技術研究専門委員会学術講演会,日本ロボット学会北海道ロボット技術研究専門委員会,第11回日本ロボット学会北海道ロボット技術研究専門委員会学術講演会論文集,(p.39-41),2020.03.09,札幌市,日本

  • 接ベクトル場を用いた経路生成形レギュレータによる四輪車両の円弧追従制御

    八木沼優,花島直彦,稲邊翔太,藤平祥孝,水上雅人,日本機械学会北海道学生会第49回学生員卒業研究発表講演会,日本機械学会北海道学生会,日本機械学会北海道学生会第49回学生員卒業研究発表講演会講演論文集,(p.326-327),2020.03.07,苫小牧市,日本

  • 二重螺旋移動ロボットの円弧旋回と直進による目的地到達動作計画

    長谷 隆功,花島 直彦,藤平祥孝,水上 雅人,日本機械学会北海道支部第57回講演会,日本機械学会北海道支部,日本機械学会北海道支部第57回講演会講演概要集,(p.9-10),2020.03.07,苫小牧市,日本

  • 二重螺旋移動ロボットの片側モデル試作機におけるグリッパの製作と性能評価

    當田 一貴,花島 直彦,藤平 祥孝,水上 雅人,日本機械学会北海道支部第57回講演会,日本機械学会北海道支部,日本機械学会北海道支部第57回講演会講演概要集,(p.11-12),2020.03.07,苫小牧市,日本

  • 日常生活基本動作下の小型 RGB-D センサにおける関節座標推定の精度評価

    久保 慶,花島 直彦,村岡 洋平,大畠 誠,三政 辰徳,藤平 祥孝,日本機械学会北海道支部第57回講演会,日本機械学会北海道支部,日本機械学会北海道支部第57回講演会講演概要集,(p.17-18),2020.03.07,苫小牧市,日本

display all >>

Patent and utility model acquisition 【 display / non-display

  • 植物自動収穫機、植物自動収穫プログラムおよび植物自動収穫方法

    日本,特願2014-029714,特開2014-183841

  • 植物自動収穫機、植物自動収穫プログラムおよび植物自動収穫方法

    日本,特願2014-029689,特開2014-186723

 

Class subject in charge 【 display / non-display

  • データサイエンス入門(Bクラス)

    2019,Department

  • ロボット工学

    2019,Department

  • データサイエンス入門(夜間主)

    2019,Department

  • 制御工学演習

    2019,Department

  • 制御工学

    2019,Department

display all >>

Education book 【 display / non-display

  • データサイエンス入門

    2019.10,機械工学と情報学, (p.105),学術図書出版社

  • 教育実践報告集 室蘭工業大学はこんな授業で勝負する

    2002.05,誤算だらけの教授術,室蘭工業大学

Education paper 【 display / non-display

  • Robot-based Learning : Toward Cultivation of Information Technology Skills for Mechanical Engineering Students

    2008.09,花島直彦,山下光久,風間俊治,湯浅友典,新井田要一,相津佳永,疋田弘光,工学教育,vol.56,(5), (p.17-24)

  • ロボット・トライアスロン標準ロボットを用いたプログラミング教育

    2006,花島 直彦, 山下 光久, 疋田 弘光,電子情報通信学会教育工学研究会報告,vol.106,(166), (p.31--35)

  • 移動ロボット製作授業におけるエンジニアリング・デザイン教育へのアプローチ

    2005.12,花島直彦,山下光久,疋田弘光,第6回 (社)計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会講演論文集, (p.707--708)

  • コンテストと標準キット提供による地域でのメカトロ教育

    2004.12,花島直彦,橋本幸男,山下光久,疋田弘光,第5回 (社)計測自動制御学会 システムインテグレーション部門講演会 論文集, (p.384--385)

  • 工学導入教育を志向した道内大学対抗ロボット・トライアスロンの試み

    2003,花島直彦,橋本幸男,山下光久,疋田弘光,2003年日本機械学会ロボティクス・メカトロニクス部門講演会講演論文集, (p.1A1-3F-F5)