Personnel Information

写真a

Kuwata Yoshitaka


Affiliation centers1, etc

The Center for ICT Education

Affiliation centers2, etc

The Center for Fundamental Education in Science and Engineering

Job title

Professor

E-mail Address

E-mail address

Research field 【 display / non-display

  • Computer system

Keywords for Research Field 【 display / non-display

  • Computer-Supported Cooperative Work

  • Physical Computing

  • Cloud Computing

Research themes 【 display / non-display

  • Research on educaion environment for programming with cloud computing technology

    Education of programming,Cloud Vomputing,Jupyter Notebook,2018.04 ~ 2021.04

Graduate school・Graduate course, etc. 【 display / non-display

  • Gunma University

    1986.03,Master's Course,Graduate School, Division of Engineering,電子工学,Completed,日本

Graduate school・major, etc. 【 display / non-display

  • Gunma University

    1984.03,Faculty of Engineering,電子工学科,Graduate,日本

Degree 【 display / non-display

  • 博士(工学)

    ミッションクリティカル・タスクにおける意思決定支援に関する研究

Career 【 display / non-display

  • 日本電信電話株式会社 データ通信事業本部 社員

    1986.04 ~ 1991.05

  • マサチューセッツ大学 計算機科学科 客員研究員

    1991.06 ~ 1993.06

  • (株)NTTデータ 開発本部 課長代理

    1993.07 ~ 2000.08

  • (株)NTTデータ 公共システム事業本部 課長

    2000.09 ~ 2002.02

  • (株)NTTデータ 開発本部 企画部企画担当 部長

    2002.03 ~ 2006.02

display all >>

Academic prize 【 display / non-display

  • 計測自動制御学会SI部門 技術業績賞

    2000.12,計測自動制御学会

  • ロボカップレスキューシミュレーションリーグ計測自動制御学会賞

    2005.05,計測自動制御学会

  • RoboCupRescue Infrastracture Competition Award

    2006.12,「情報社会のデザイン」シンポジウム実行委員会

 

Cloud Computing Technology

Purpose of Research

Summary of Research

クラウドシステムの最適化 1.オンデマンドシステム構築技術   構築を自動化して、迅速にクラウド上にシステムを構築する。 2.ライフサイクル最適化   運用中のソフトウェア更新はシステム停止が必要になる。    更新タイミングを最適化することで、ライフサイクルコストを下げる。 3.システム運用技術   クラウドを使った災害復旧、ログ分析技術(例:学習支援システム)

Research Content

Features / Benefits of Research

1.Point of research 2.Research of novelty
  • オンデマンドシステム構築技術
  • ライフサイクル最適化
  • システム運用技術
  • 最新技術を応用した、クラウドの最適化技術
  • ・コンテナ技術の活用
  • ・Jupyter Notebookによるノウハウ蓄積
  • ・オープンソースソフトウェアの活用
3.Primacy of Technology 4.Situation of patent-related
  • ライフサイクル全体を考慮した、システムの最適設計が可能になる。
 

Books 【 display / non-display

  • Jupyter Notebookで始めるプログラミング2019

    桑田喜隆、小川祐紀雄、早坂成人、石坂徹,学術図書出版,第1章−第7章、第10章、付録など,(p.153),2019.09,9784780607697

  • 情報サービス産業白書2014

    情報サービス産業協会(JISA),日経BP社,仮想化技術,(p.470),2014.01,4822210960

  • 情報サービス産業白書2013

    情報サービス産業協会(JISA),日経BP社,仮想化技術,(p.466),2012.12,4822262758

  • 情報サービス産業白書2011-2012

    情報サービス産業協会(JISA),日経BP社,仮想化技術,(p.520),2011.10,4822262618

  • 情報サービス産業白書2010

    情報サービス産業協会(JISA),日経BP社,クラウドコンピューティング,仮想化技術,(p.422),2010.06,4822262456

display all >>

Papers 【 display / non-display

  • Evaluation of the Building and Operation of Moodle on Public Cloud Services

    桑田喜隆,石坂徹,合田憲人,竹房あつ子,横山重俊,浜元信州,PROCEEDINGS OF MOODLEMOOT JAPAN 2018 ANNUAL CONFERENCE,(p.41 ~ 48),2018.10

  • A Study on an Operation Model of OSS Products and Optimization

    桑田 喜隆 石坂 徹 横山 重俊 合田 憲人,Japan Social Data Science Society,vol.1,(1),(p.28 ~ 36),Article Number:1,2017.03

  • A Proposal of Academic Community Cloud Architecture and Its Evaluation

    横山重俊、桑田喜隆、吉岡信和,情報処理学会論文誌,vol.54,(2),(p.688 ~ 698),2013.02

  • クラウドコンピューティングの最新動向とその技術

    桑田 喜隆, 直井 康広,電気通信,vol.72,(746),(p.23 ~ 29),2009.02

  • Next Generation Work Style and Work Place with Thin Client Environment

    神戸雅一, 桑田喜隆, 本橋賢二, 小豆川裕子, 箱守聡,情報処理学会論文誌,vol.49,(1),(p.116 ~ 129),2008.01

display all >>

International conference proceedings 【 display / non-display

  • A Study on Growth Model of OSS Projects to estimate the stage of lifecycle

    Yoshitaka Kuwata,Procedia Computer Science,vol.2015,(60),(p.1004 ~ 1013),Elsevier,2015.09,Singapore

  • A Study on Maturity Model of Open Source Software Community to Estimate the Quality of Products

    Yoshitaka Kuwata, Kentaro Takeda, Hiroshi Miura,Procedia Computer Science,vol.2014,(35),(p.1711 ~ 1717),Elsevier,2014.09,Gdynia, Poland

  • Automation of Message Handling in Cloud-based Managed Service

    Daisuke Yamada, Yoshitaka Kuwata, Ryosei Kasai, and Tatsuya Nakamura,17th International Conference in Knowledge Based and Intelligent Information and Engineering Systems (KES2013),(p.643 ~ 652),KES International,2013.09,Kitakyushu, Japan

  • An Evaluation of Situated-Optimal Planning Strategy with Integrated Disaster Simulation System

    Yu Fukuda, Keisuke Natsume, Nobuhito Ito, Eiji Yamada, Yoshitaka Kuwata, Kazunori Iwata, and Koichi Wada,SICE Annual Conference 2008,(p.433 ~ 438),IEEE,2008.08,Tokyo,Japan

  • Monitoring of Carbon Sink Preservation Activity for Global Warming Countermeasure using a High-Resolution Satellite Imag

    Naoko Kosaka, Yoshitaka Kuwata,IGARSS 2006,(p.690 ~ 693),IEEE,2006.07,Denver, CO

display all >>

Research reports 【 display / non-display

  • 研究用の計算機環境の保存と再利用に関する考察

    桑田喜隆,石坂徹,横山重俊,合田憲人,人工知能学会 知識流通ネットワーク研究会,vol.第18回,2016.03

  • 仮想化基盤上でのシステム再構築の一手法

    石坂 徹、桑田 喜隆、横山 重俊、合田 憲人,情報処理学会 インターネットと運用技術研究会,vol.第32回,2016.03

  • KES2015 Invited Session "Networksfor Innovation, Knowledge Creation and Sharing" 開催報告

    山本 修一郎, 櫨山 淳雄, 桑田 喜隆,人工知能学会 知識流通ネットワーク研究会,vol.第17回,2015.10

Presentaion at conference, meeting, etc. 【 display / non-display

  • プログラミング演習の実行履歴に基づく演習課題の評価

    桑田喜隆,石坂徹,小川 祐紀雄,政谷好伸,長久勝,横山重俊,浜元信州,第26回人工知能学会 知識流通ネットワーク研究会,人工知能学会,第26回人工知能学会 知識流通ネットワーク研究会,(p.6),2020.03.13,愛知県名古屋市(オンライン開催),日本

  • Jupyter Notebookを使ったプログラミング模擬演習の評価

    桑田喜隆,石坂徹,小川 祐紀雄,政谷好伸,長久勝,横山重俊,浜元信州,第25回人工知能学会 知識流通ネットワーク研究会,人工知能学会,第25回人工知能学会 知識流通ネットワーク研究会,(p.6),2019.09.13,愛知県名古屋市,日本

  • Jupyter Notebookの実行履歴を活用したプログラミング演習の状況把握

    桑田喜隆,石坂徹,小川 祐紀雄,政谷好伸,長久勝,横山重俊,浜元信州,第24回人工知能学会 知識流通ネットワーク研究会,人工知能学会,第24回人工知能学会 知識流通ネットワーク研究会,(p.6),2019.03.08,東京,日本

  • MoodleとJupyter Notebookの連携

    石坂徹,桑田喜隆,合田憲人,竹房あつ子,横山重俊,浜元信州,Moodlemoot2019,日本Moodle協会,Moodlemoot2019,(p.20),2019.03.01

  • クラウドを利用した対話的なプログラミング教育環境とその評価手法の提案

    桑田喜隆,石坂徹,合田憲人,政谷好伸,長久勝,横山重俊,浜元信州,第23回人工知能学会 知識流通ネットワーク研究会,人工知能学会,第23回人工知能学会 知識流通ネットワーク研究会,(p.6),2018.09.28,名古屋,日本

display all >>

 

Class subject in charge 【 display / non-display

  • 情報セキュリティ入門(Cクラス)

    2019,Department

  • プログラミング入門(Cクラス)

    2019,Department

  • 情報セキュリティ特論

    2019,Master's program

  • 情報メディア基礎

    2018,Department

  • 情報メディア基礎

    2018,Department

display all >>