基本情報

写真a

立山 耕平

タテヤマ コウヘイ


生年月日

1986年11月

担当専攻 博士前期課程

生産システム工学系専攻

担当学科

創造工学科

職名

准教授

電子メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 機械材料・材料力学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 衝撃現象

  • 高速変形

  • セル構造

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • セル構造体の衝撃吸収機構の解明

    セル構造体,衝撃吸収,2015年 ~ 2022年

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 防衛省 防衛大学校

    2018年03月,博士,理工学研究科,修了

  • 防衛省 防衛大学校

    2015年03月,修士,理工学研究科,修了

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 山形大学

    2009年03月,工学部,卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(工学)

  • 博士(工学)

職歴 【 表示 / 非表示

  • 立命館大学 理工学部 機械工学科 助教

    2018年09月26日 ~ 2022年03月31日

  • 室蘭工業大学 大学院工学研究科 もの創造系領域 准教授

    2022年04月01日

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本材料学会

  • 日本火山学会

  • 日本建築学会

  • 日本地球惑星科学連合

  • 建築研究開発コンソーシアム

全件表示 >>

学術賞 【 表示 / 非表示

  • 部門一般表彰奨励講演論文部門

    2014年09月08日,日本機械学会

  • 三浦賞

    2015年02月26日,日本機械学会

  • 山崎学生奨励賞

    2015年03月21日,防衛大学校学術・教育振興会

  • 第64期学術講演会優秀講演発表賞

    2015年06月03日,日本材料学会

  • 衝撃部門賞(奨励賞)

    2022年03月30日,日本材料学会 衝撃部門委員会

その他の受賞(官庁・民間団体表彰、感謝状等) 【 表示 / 非表示

  • 第5級賞詞

    2012年03月15日,立山耕平

 

セル構造体の衝撃吸収機構の解明

研究開発の目的

軽量でありながら優れた衝撃吸収特性を有するセル構造体について,その衝撃吸収機構を明らかにする.

研究開発の概要

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
 

論文 【 表示 / 非表示

  • Performance Evaluation of Electromagnetic Shield Constructed from Open-Cell Metal Foam Based on Sphere Functions

    Yuya Hanaoka, Taku Itoh, Kohei Tateyama, Susumu Nakata, Keiko Watanabe,Computer Modeling in Engineering & Sciences,132巻,1号,(頁 43 ~ 53),2022年06月

  • 模擬火山れきに対する登山用ヘルメットの耐衝撃特性

    山田 浩之, 鵜飼 悠帆, 樋口 理宏, 立山 耕平, 佐々木 寿, 保科 祐一郎, 和田野 加恵, 小笠原 永久,材料,70巻,11号,(頁 824 ~ 830),2021年11月

  • 磁気粘性流体における衝突誘起圧力波の伝ぱ特性

    立山 耕平, 三谷 祐哉, 渡辺 圭子,材料,70巻,11号,(頁 810 ~ 815),2021年11月

  • マグネット・コイル法を利用した直進移動物体の位置および姿勢計測

    立山 耕平, 小濱 直樹, 渡辺 圭子,材料,70巻,11号,(頁 816 ~ 823),2021年11月

  • Shape Modelling of Metal Foams of Open/Closed States and their Intermediates by Implicit Function

    Y. Hanaoka, T. Itoh, K. Tateyama, S. Nakata, K. Watanabe,,Journal of Advanced Simulation in Science and Engineering,18巻,1号,(頁 143 ~ 153),2021年

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Investigation of Pressure Wave Propagation Behavior in Magnetorheological Fluids Using an Experimental Equipment that Incidents Plane Waves

    Daiki Tanaka, Kohei Tateyama, Keiko Watanabe,16th International Symposium on Advanced Science and Technology in Experimental Mechanics,2021年

  • Effect of microstructure on dynamic compressive behavior of cellular materials

    K. Tateyama, K. Watanabe,13th International Conference on the Mechanical and Physical Behaviour of Materials under Dynamic Loading,2021年

  • Evaluation of Compressive and Energy Absorption Characteristic of a Closed-cell Polymeric Foam subject to Dynamic Loading

    Takahiro Kawano, Yuta Takase, Tomohisa Kojima, Hiroyuki Yamada, Kohei Tateyama, Tomoaki Tsuji,13th International Conference on the Mechanical and Physical Behaviour of Materials under Dynamic Loading,2021年

  • 3-D Identification Method of Moving Object Using Sub Coil

    Naoki Kohama, Kohei Tateyama, Keiko Watanabe,16th International Symposium on Advanced Science and Technology in Experimental Mechanics,2021年

  • Measurement of Stress Waves Passing through Glass Beads using SHB Test Equipment

    Yosuke Arai, Kohei Tateyama, Keiko Watanabe,16th International Symposium on Advanced Science and Technology in Experimental Mechanics,2021年

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • 突発的水蒸気噴火の危険とその防護対策例 (特集 大規模災害時における災害レジリエンス評価研究)

    山田 浩之, 立山 耕平,オペレーションズ・リサーチ = Communications of the Operations Research Society of Japan : 経営の科学,66巻,8号,(頁 492 ~ 498),2021年08月

  • 異分野融合への思い

    TATEYAMA Kohei,材料,70巻,7号,(頁 587 ~ ),2021年07月

  • 衝撃工学のモバイル機器への展開 (特集 衝撃工学を活かした強度設計方法と応用事例)

    奥井 亮, 立山 耕平, 山田 浩之,機械設計 = Machine design,64巻,12号,(頁 32 ~ 35),2020年11月

  • 薄形かつ低剛性な材料の圧縮特性評価 (動的応力・ひずみの測定技術の発展)

    立山 耕平,非破壊検査 : 検査と材料評価 : journal of the Japanese Society for Non-destructive Inspection,69巻,4号,(頁 186 ~ 191),2020年04月

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • これまでの研究とこれから

    立山耕平,日本材料学会衝撃部門委員会,日本材料学会衝撃部門委員会,2022年03月,オンライン

  • 砂中高速貫入時の飛翔体挙動に及ぼす大気圧の影響

    花室皓太,立山耕平,渡辺圭子,2021年度衝撃波シンポジウム,2021年度衝撃波シンポジウム,2022年03月,オンライン

  • 磁気粘性流体中の圧力波伝播挙動

    松岡佑真,田中大貴,立山耕平,渡辺圭子,2021年度衝撃波シンポジウム,2021年度衝撃波シンポジウム,2022年03月,オンライン

  • セルの幾何形状がポーラス材料の機械的性質に及ぼす影響

    眞惠原啓太,立山耕平,渡辺圭子,2021年度卒業研究発表講演会,2021年度卒業研究発表講演会,2022年03月,オンライン

  • 磁気粘性流体の撹拌手法の確立および界面活性剤が分散安定性に及ぼす影響

    杉本琢磨,立山耕平,渡辺圭子,2021年度卒業研究発表講演会,2021年度卒業研究発表講演会,2022年03月,オンライン

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 材料の力学A(前半8週)

    2022年度,学部

 

学会委員会 【 表示 / 非表示

  • 衝撃荷重を受ける構造物の構造健全性評価基準に関する研究 (フェーズ3)

    2020年04月 ~ 継続中,委員,日本高圧力技術協会,全国

  • 中高層建築物のガラス・サッシの安全性に関する研究 (快適性との両立)

    2019年04月 ~ 2022年03月,委員,建築研究開発コンソーシアム,全国

  • 衝撃部門委員会

    2018年12月 ~ 継続中,委員,日本材料学会,全国

  • 材料力学における異分野融合に関する研究会 委

    2018年10月 ~ 継続中,委員,日本機械学会材料力学部門,全国