基本情報

写真a

近藤 敏志

コンドウ サトシ


担当専攻 博士前期課程

情報電子工学系専攻

担当学科

システム理化学科

職名

准教授

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報通信 / 知能情報学

  • 情報通信 / 生命、健康、医療情報学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 医用画像処理

  • 画像認識

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 動画像符号化

    1992年09月 ~ 2003年04月

  • コンピュータビジョン

    2003年04月 ~ 2007年09月

  • 医用画像処理・画像認識

    2007年10月 ~ 2023年04月

  • 一般画像認識

    2015年12月 ~ 2023年03月

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 動画像符号化

    1992年09月 ~ 2003年04月

  • コンピュータビジョン

    2003年04月 ~ 2007年09月

  • 医用画像処理・画像認識

    2007年10月 ~ 2021年09月

  • 一般画像認識

    2015年12月 ~ 2021年09月

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 大阪府立大学

    1992年03月,博士前期,工学研究科,電気工学専攻,修了,日本国

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 大阪府立大学

    1990年03月,工学部,電気工学科,卒業,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

    動画像符号化方式における高画質化と高能率化に関する研究

職歴 【 表示 / 非表示

  • 松下電器産業株式会社(現パナソニック株式会社)

    1992年04月01日 ~ 2013年12月31日

  • コニカミノルタ株式会社 部長

    2014年01月01日 ~ 2021年06月30日

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会

  • 日本医用画像工学会

  • IEEE

国際的・全国的コンクール等受賞 【 表示 / 非表示

  • 総合1位,WCE lesion detection部門1位,WCE lesion localization部門1位,Polyp detection部門1位

    2018年09月,Gastrointestinal Image Analysis (GIANA) sub-challenge in Endoscopic Vision Challenge at MICCAI 2018

  • Instrument presence detection部門1位,Action recognition部門1位

    2019年09月,Surgical Workflow Analysis and Skill Analysis Sub-challenge in Endoscopic Vision Challenge at MICCAI 2019

  • Category #1 1位

    2020年09月,SurgVisDom - Surgical Visual Domain Adaptation Sub-challenge in Endoscopic Vision Challenge at MICCAI 2020

  • Category #1 (Surgical tool clevis and needle detection) 1位

    2021年09月,SimSurgSkill - Objective Surgical Skills Assessment in VR Simulation at MICCAI 2021

その他の受賞(官庁・民間団体表彰、感謝状等) 【 表示 / 非表示

  • 近畿地方発明表彰発明奨励賞

    2010年11月25日,(社)発明協会

 
 

著書 【 表示 / 非表示

  • Computer-Aided Analysis of Gastrointestinal Videos

    B. Jorge, H. Aymeric (編),Springer,2021年07月,978-3-030-64339-3

  • 映像情報メディア工学大事典

    映像情報メディア学会編,オーム社 (2010),2010年,978-4274208690

論文 【 表示 / 非表示

  • MIcro-surgical anastomose workflow recognition challenge report

    A. Huaulmé, D. Sarikaya, K. Le Mut, F. Despinoy, Y. Long, Q. Dou, C.-B. Chng, W. Lin, S. Kondo, L. Bravo-Sánchez, P. Arbeláez, W. Reiter, M. Mitsuishi, K. Harada, P. Jannin,Computer Methods and Programs in Biomedicine,212巻,2021年11月

  • LapFormer: surgical tool detection in laparoscopic surgical video using transformer architecture

    Satoshi Kondo,Computer Methods in Biomechanics and Biomedical Engineering: Imaging & Visualization,2020年10月

  • CATARACTS: Challenge on automatic tool annotation for cataRACT surgery

    Al Hajj Hassan, Lamard Mathieu, Conze Pierre-Henri, Roychowdhury Soumali, Hu Xiaowei, Marsalkaite Gabija, Zisimopoulos Odysseas, Dedmari Muneer Ahmad, Zhao Fenqiang, Prellberg Jonas, Sahu Manish, Galdran Adrian, Araujo Teresa, Duc My Vo, Panda Chandan, Dahiya Navdeep, Kondo Satoshi, Bian Zhengbing, Vandat Arash, Bialopetravicius Jonas, Flouty Evangello, Qiu Chenhui, Dill Sabrina, Mukhopadhyay Anirban, Costa Pedro, Aresta Guilherme, Ramamurthys Senthil, Lee Sang-Woong, Campilho Aurelio, Zachow Stefan, Xia Shunren, Conjeti Sailesh, Stoyanov Danail, Armaitis Jogundas, Heng Pheng-Ann, Macready William G., Cochener Beatrice, Quellec Gwenole,MEDICAL IMAGE ANALYSIS,52巻,(頁 24 ~ 41),2019年02月

  • Evaluation of 2D and 3D ultrasound tracking algorithms and impact on ultrasound-guided liver radiotherapy margins

    De Luca Valeria, Banerjee Jyotirmoy, Hallack Andre, Kondo Satoshi, Makhinya Maxim, Nouri Daniel, Royer Lucas, Cifor Amalia, Dardenne Guillaume, Goksel Orcun, Gooding Mark J., Klink Camiel, Krupa Alexandre, Le Bras Anthony, Marchal Maud, Moelker Adriaan, Niessen Wiro J., Papiez Bartlomiej W., Rothberg Alex, Schnabel Julia, van Walsum Theo, Harris Emma, Bell Muyinatu A. Lediju, Tanner Christine,MEDICAL PHYSICS,45巻,11号,(頁 4986 ~ 5003),2018年11月

  • Computer-Aided Diagnosis of Focal Liver Lesions Using Contrast-Enhanced Ultrasonography With Perflubutane Microbubbles

    Kondo Satoshi, Takagi Kazuya, Nishida Mutsumi, Iwai Takahito, Kudo Yusuke, Ogawa Kouji, Kamiyama Toshiya, Shibuya Hitoshi, Kahata Kaoru, Shimizu Chikara,IEEE TRANSACTIONS ON MEDICAL IMAGING,36巻,7号,(頁 1427 ~ 1437),2017年07月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Multi-source Domain Adaptation Using Gradient Reversal Layer for Mitotic Cell Detection

    S. Kondo,Proceedings of Biomedical Image Registration, Domain Generalisation and Out-of-Distribution Analysis,2022年

  • Pose Estimation of 2D Ultrasound Probe from Ultrasound Image Sequences Using CNN and RNN

    K. Miura, K. Ito, T. Aoki, J. Ohmiya, S. Kondo,,International Workshop on Advances in Simplifying Medical UltraSound,(頁 96 ~ 105),2021年09月

  • Probe Localization from Ultrasound Image Sequences Using Deep Learning for Volume Reconstruction

    K. Miura, K. Ito, T. Aoki, J. Ohmiya, S. Kondo,,International Forum on Medical Imaging in Asia,2021年01月

  • Localizing 2D Ultrasound Probe from Ultrasound Image Sequences Using Deep Learning for Volume Reconstruction

    K. Miura, K. Ito, T. Aoki, J. Ohmiya, S. Kondo,International Workshop on Advances in Simplifying Medical Ultrasound,(頁 07 ~ 105),2020年10月

  • PROBE LOCALIZATION USING STRUCTURE FROM MOTION FOR 3D ULTRASOUND IMAGE RECONSTRUCTION

    Ito Shuya, Ito Koichi, Aoki Takafumi, Ohmiya Jun, Kondo Satoshi,2017 IEEE 14TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON BIOMEDICAL IMAGING (ISBI 2017),(頁 68 ~ 71),2017年

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • キュレーション

    Kondo Satoshi,映像情報メディア学会誌,67巻,8号,(頁 695 ~ 696),2013年

  • 動画像に対する手振れ補正と超解像ズームの統合処理方式

    近藤 敏志, 遠間 正真,画像ラボ,21巻,6号,(頁 66 ~ 70),2010年06月

  • 手振れ補正と超解像ズームを統合した動画像処理方式 (特集 最新の画像復元・超解像技術)

    近藤 敏志, 遠間 正真,O plus E,32巻,3号,(頁 298 ~ 302),2010年03月

研究報告 【 表示 / 非表示

  • Tackling Mitosis Domain Generalization in Histopathology Images with Color Normalization

    Satoshi Kondo, Satoshi Kasai, Kousuke Hirasawa,bioRxiv 2022.08.23.50505,2022年08月

  • Multi-Modality Abdominal Multi-Organ Segmentation with Deep Supervised 3D Segmentation Model

    Satoshi Kondo, Satoshi Kasai,arXiv:2208.12041,2022年08月

  • A Two Step Approach for Whole Slide Image Registration

    Satoshi Kondo, Satoshi Kasai, Kousuke Hirasawa,arXiv:2208.12635,2022年08月

  • Mitosis domain generalization in histopathology images -- The MIDOG challenge

    Marc Aubreville, Nikolas Stathonikos, Christof A. Bertram, Robert Klopleisch, Natalie ter Hoeve, Francesco Ciompi, Frauke Wilm, Christian Marzahl, Taryn A. Donovan, Andreas Maier, Jack Breen, Nishant Ravikumar, Youjin Chung, Jinah Park, Ramin Nateghi, Fattaneh Pourakpour, Rutger H.J. Fick, Saima Ben Hadj, Mostafa Jahanifar, Nasir Rajpoot, Jakob Dexl, Thomas Wittenberg, Satoshi Kondo, Maxime W. Lafarge, Viktor H. Koelzer, Jingtang Liang, Yubo Wang, Xi Long, Jingxin Liu, Salar Razavi, April Khademi, Sen Yang, Xiyue Wang, Mitko Veta, Katharina Breininger,arXiv:2204.03742,2022年04月

  • CholecTriplet2021: A benchmark challenge for surgical action triplet recognition

    Chinedu Innocent Nwoye, Deepak Alapatt, Tong Yu, Armine Vardazaryan, Fangfang Xia, Zixuan Zhao, Tong Xia, Fucang Jia, Yuxuan Yang, Hao Wang, Derong Yu, Guoyan Zheng, Xiaotian Duan, Neil Getty, Ricardo Sanchez-Matilla, Maria Robu, Li Zhang, Huabin Chen, Jiacheng Wang, Liansheng Wang, Bokai Zhang, Beerend Gerats, Sista Raviteja, Rachana Sathish, Rong Tao, Satoshi Kondo, Winnie Pang, Hongliang Ren, Julian Ronald Abbing, Mohammad Hasan Sarhan, Sebastian Bodenstedt, Nithya Bhasker, Bruno Oliveira, Helena R. Torres, Li Ling, Finn Gaida, Tobias Czempiel, João L. Vilaça, Pedro Morais, Jaime Fonseca, Ruby Mae Egging, Inge Nicole Wijma, Chen Qian, Guibin Bian, Zhen Li, Velmurugan Balasubramanian, Debdoot Sheet, Imanol Luengo, Yuanbo Zhu, Shuai Ding, Jakob-Anton Aschenbrenner, Nicolas Elini van der Kar, Mengya Xu, Mobarakol Islam, Lalithkumar Seenivasan, Alexander Jenke, Danail Stoyanov, Didier Mutter, Pietro Mascagni, Barbara Seeliger, Cristians Gonzalez, Nicolas Padoy,arXiv:2204.04746,2022年04月

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 大企業

    2021年10月01日,1300000(円)

  • 大企業(同一県内)

    2021年09月03日,0(円)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 基盤情報学演習

    2022年度,学部

  • 情報学応用演習A

    2022年度,学部

  • 情報学ゼミナール

    2021年度,学部

  • 情報学特別講義D(後半8週)

    2021年度,学部

 

講演 【 表示 / 非表示

  • AI技術の社会実装への取り組みとこれからのAI・データサイエンス教育

    2020年09月,阪南大学

  • Computer Vision Technology in Konica Minolta’s Care Support Solution

    2018年03月,Machine Learning Prague

  • 医用画像におけるディープラーニングの研究動向

    2018年01月,電子情報通信学会 東海支部

  • 医用画像分野におけるDeep Learningの研究動向 ~MICCAIサーベイを中心として~

    2016年05月,電子情報通信学会 パターン認識・メディア理解研究会

学会委員会 【 表示 / 非表示

  • パターン認識・メディア理解研究会

    2012年 ~ 2015年,委員,電子情報通信学会,全国

  • 編集委員会

    2010年 ~ 2013年,委員,映像情報メディア学会,全国