基本情報

写真a

高原 まどか

タカハラ マドカ


担当専攻 博士前期課程

情報電子工学系専攻

担当学科

システム理化学科

職名

助教

電子メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ヒューマンインタフェース・インタラクション

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 睡眠

  • 自律神経系

  • Biofeedback

  • 介護

  • 生涯学習

全件表示 >>

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 同志社大学

    2015年03月,博士前期,理工学研究科,情報工学専攻,修了

  • 同志社大学

    2018年03月,博士後期,理工学研究科,情報工学専攻博士後期課程,修了

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 同志社大学

    2013年03月,理工学部,情報システムデザイン学科,卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

    On the Feasibility of Patient-Motivated Remedy via Indirect-Biofeedback

職歴 【 表示 / 非表示

  • Sleep and Circadian Neurobiology Laboratory, Center for Narcolepsy and Behavioral Science, Stanford University School of Medicine, Private Visiting Student Researcher

    2014年10月01日 ~ 2014年11月01日

  • 同志社大学 研究開発推進機構及び理工学部 特別任用助手

    2018年04月01日 ~ 2020年03月31日

  • Sleep and Circadian Neurobiology Laboratory, Center for Narcolepsy and Behavioral Science, Stanford University School of Medicine, Visiting Assistant Professor

    2019年04月 ~ 2020年03月31日

所属学会 【 表示 / 非表示

  • IEEE

  • Association for the Advancement of Artificial Intelligence

  • 計測自動制御学会

  • ヒューマンインターフェース学会

学術賞 【 表示 / 非表示

  • Poster presentation Awards

    2015年11月,The 9th Joint Symposium between Doshisha University and Chonnam National University

  • 総務省 異能vation ジェネレーションアワード部門 企業特別賞

    2018年10月,総務省、株式会社角川アスキー総合研究所、株式会社Nextwel

  • Poster Session Short-listed

    2019年04月,Nature 150 Anniversary Symposium

  • 優秀発表賞

    2020年11月08日,生命ソフトウェア・感性工房・而立の会 合同シンポジウム

 
 

論文 【 表示 / 非表示

  • Effects of Empathy, Swarming, and the Dilemma between Reactiveness and Proactiveness Incorporated in Caribou Agents on Evolution of their Escaping Behavior in the Wolf-caribou Problem

    Fanwei Huang, Madoka Takahara, Ivan Tanev, Katsunori Shimohara,SICE Journal of Control, Measurement, and System Integration,11巻,3号,(頁 230 ~ 238),2018年06月

  • Emergence of Collective Escaping Strategies of Various Sized Teams of Empathic Caribou Agents in the Wolf-caribou Predator-prey Problem

    Fanwei Huang, Madoka Takahara, Ivan Tanev, Katsunori Shimohara,IEEJ Transections on Electronics, Information and System,138巻,5号,(頁 619 ~ 626),2018年05月

  • Self-identification of mental State and Self-control through Indirect Biofeedback

    Madoka takahara, Jilin Huang, Ivan Tanev, Katsunori Shimohara,IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems ,136巻,8号,(頁 1155 ~ 1161),2016年08月

  • Self-identification of mental State and Self-control through Indirect Biofeedback –Indirect Representation and Placebo Effect-

    Madoka takahara, Jilin Huang, Ivan Tanev, Katsunori Shimohara,Journal of Robotics, Networks and Artificial Life,(頁 50 ~ 54),Article Number:vol3, issue1,2016年06月

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Research on Supporting an Operator's Control for OriHime as a Telepresence Robot

    Kosei Furukawa, Madoka Takahara, Hidetsugu Suto, HCII 2021, Proceedings,2021年07月

  • Possibility of Reading Notes as Media to Enrich Communications between Reader and Book

    Satoko YOSHIDA, Madoka TAKAHARA, Ivan TANEV, Katsunori Shimohara, HCII 2021, Proceedings,2021年07月

  • Reading Notes as Media to Enrich Communications between Reader and Book

    Reading Notes as Media to Enrich Communications between Reader and Book,IEEE CSDE 2020,2020年12月,Australia, Online

  • Home Care System for Supporting Caregivers and Elderly Care Receivers- Sleep Quality Evaluation Mechanism of Sleep Induction of the User's 90 Minutes –

    Madoka Takahara, Kakiha Gosho, Hidetsugu Suto, Ivan Tanev, Katsunori Shimohara,59th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan ,2020年09月,Thailand, Online

  • Sleep Support System for Reducing the Burden of Nursing Care

    Kakiha Gosho, Madoka Takahara, Ivan Tanev, Katsunori Shimohara,59th Annual Conference of the Society of Instrument and Control Engineers of Japan ,2020年09月

全件表示 >>

研究報告 【 表示 / 非表示

  • A Framework of Supporting System for Reducing Human Errors in Paperwork Tasks in International Transactions

    Zijie Zhang, Tanapun Srichanthamit, Madoka Takahara, Hidetsugu Suto,第16回日本感性工学会春季大会,(頁 1 ~ 8),2021年03月

  • A Supporting System for Conducting Paperwork in International Transactions from a Perspective of Semantical Heterogeneity

    Zijie Zhang Tanapun Srichanthamit Madoka Takahara Hidetsugu Suto,計測自動制御学会 システム・情報部門第67回離散事象システム研究会,2020年12月

  • A Learning Model of Racing Sailboat based on Deep Q-Network

    22. Kosei Furukawa, Madoka Takahara, Hidetsugu Suto,SICE SSI 2020,2020年11月

  • 保健師教育のためのeポートフォリオシステムの提案

    伊東秀,米田理子,大西竜太,平野美千子,高原まどか,須藤秀紹,生命ソフトウェア・感性工房・而立の会 合同シンポジウム,2020年11月

  • 遠隔ミーティングにおける端末操作補助システムの提案

    古川孔晴,高原まどか ,須藤秀紹,生命ソフトウェア・感性工房・而立の会 合同シンポジウム,2020年11月

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • その他

    2020年08月26日,0(円)

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 高齢者生涯学習支援のための学習活動パーソナライズシステムの開発

    2021年度 ~ 2024年度,基盤研究(C),21K02823

  • 独居高齢者の社会的孤立と精神的孤独の解消に向けたオンラインコミュニティ機構の創出

    2020年度 ~ 2023年度,若手研究,20K13787

  • 介護の負担軽減に向けた個人の睡眠リズムの学習とそれに基づく介護環境支援機構の研究

    2019年度 ~ 2020年度,研究活動スタート支援,19K20922

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 基盤情報学演習

    2021年度,学部

  • 情報学ゼミナール

    2021年度,学部

  • 情報学基礎演習A

    2021年度,学部

  • 情報学応用演習A

    2021年度,学部

  • プログラミング演習(Bクラス)

    2020年度,学部

全件表示 >>

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 研究紹介

    2020年06月,オープンキャンパス,講演

学会・研究会の主催等 【 表示 / 非表示

  • ヒューマンインターフェースシンポジウム2019

    Kyoto, Japan,委員

国・自治体等の委員 【 表示 / 非表示

  • 室蘭市民協働推進委員会  副委員長

    2021年度

  • 室蘭市市民共同推進委員会委員 副委員長

    2020年度