基本情報

写真a

中野 英之

ナカノ ヒデユキ


担当専攻 博士前期課程

環境創生工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

システム理化学科

職名

教授

電子メールアドレス

メールアドレス

ホームページURL

http://www3.muroran-it.ac.jp/nakano_lab/

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 機能物性化学

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学大学院

    1991年,博士後期,工学研究科,プロセス工学専攻,修了,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学

    1986年,工学部,応用化学科,卒業,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 光化学協会

  • 応用物理学会

  • 高分子学会

  • 日本化学会

  • 近畿化学協会

学術賞 【 表示 / 非表示

  • Distinguished Award 2018 for Novel Materials and their Synthesis

    2018年10月25日,International Union of Pure and Applied Chemistry & Organizing Committee of Novel Materials and their Synthesis

 
 

著書 【 表示 / 非表示

  • 発光の事典 基礎からイメージングまで

    木下修一ほか多数,朝倉書店,8.2 発光の応用 「8.2.1発光色材」,(頁 788),2015年09月

  • 光化学の事典

    光化学協会メンバー,朝倉書店,6.1 医療に用いる光技術 「歯科用光重合レジン」,(頁 418),2014年06月

  • フォトクロミズムの新展開と光メカニカル機能材料

    入江正浩ほか65名,シーエムシー出版,14 アゾベンゼン系分子材料で観測される光誘起物質移動,(頁 337),2011年11月

論文 【 表示 / 非表示

  • Reversible Change in Fluorescent Color of Moisture-sensitive Binary Films of 4-[Bis(4-methylphenyl)amino]benzylideneaniline with Organic Acids

    T. Tsukada, Y. Kitamura, and H. Nakano,Asian Journal of Organic Chemistry,10巻,3号,(頁 588 ~ 593),2021年03月

  • Photomechanical Behaviors of Azobenzene-based Amorphous Molecular Materials: Photoinduced Structural Changes of Amorphous Films of 4-[Bis(9,9-dimethylfluoren-2-yl)amino]azobenzene Analogues Fabricated on the Surface of Agar Gel

    A. Kitano and H. Nakano,JOURNAL OF PHOTOPOLYMER SCIENCE AND TECHNOLOGY,33巻,1号,(頁 63 ~ 66),2020年06月

  • Effect of rigidity of microenvironment on fluorescence of 7,7,8,8-tetracyanoquinodimethane (TCNQ)

    T. Iimori, T. Ishikawa, Y. Torii, H. Tamaya, H. Nakano, and M. Kanno,Chemical Physics Letters,738巻,(頁 136912 ~ ),2020年01月

  • Photophysics and Inverted Solvatochromism of 7,7,8,8-Tetracyanoquinodimethane (TCNQ)

    H. Tamaya, Y. Torii, T. Ishikawa, H. Nakano, and T. Iimori,ChemPhysChem,20巻,19号,(頁 2531 ~ 2538),2019年10月

  • Vapochromic Emission Observed for Amorphous Molecular Materials: Emitting Properties of N,N-Bis(9,9-dimethylfluoren-2-yl)-4-nitroaniline

    Y. Kitamura, A. Sato, and H. Nakano,Journal of Photopolymer Science and Technology,32巻,2号,(頁 185 ~ 188),2019年06月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • アゾベンゼン系分子ガラス微粒子の光誘起らせん構造形成

    松原情菜、鵜飼裕康、倉賀野正弘、徳樂清孝、中野英之,日本化学会第101春季年会,日本化学会第101春季年会講演予稿集,2021年03月19日,Web

  • Design of Amorphous Molecular Materials and Their Emitting Properties

    H. Nakano,日本化学会第101春季年会,日本化学会第101春季年会講演予稿集,2021年03月19日,Web

  • ベンジリデンアニリン系アモルファス分子材料-有機酸複合膜の発光特性

    塚田琢真、北村侑也、中野英之,日本化学会第101春季年会,日本化学会第101春季年会講演予稿集,2021年03月19日,Web

  • シアノスチルベン系アモルファス分子材料の発光と光反応

    福島寛也、森健介、相良剛光、小門憲太、中村貴義、玉置信之、中野英之,日本化学会第101春季年会,日本化学会第101春季年会講演予稿集,2021年03月19日,Web

  • ジフェニルアントラセン骨格を有する新規アモルファス分子材料の発光と光反応

    松井諒真、浅沼宏紀、中野英之,日本化学会第101春季年会,日本化学会第101春季年会講演予稿集,2021年03月19日,Web

全件表示 >>

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 新規メカノクロミックアモルファス分子材料の創出とアモルファス化度評価法の開拓

    2019年度 ~ 2021年度,基盤研究(C),19K05625

  • 界面分子協調システムによる高次光子利用反応系の構築

    2014年度 ~ 2018年度,新学術領域研究(「計画研究」の研究分担者,「公募研究」の研究代表者),26107006

  • アゾベンゼン系分子材料が示す光誘起物質移動現象の機構解明と光駆動微小機械の開発

    2014年度 ~ 2016年度,基盤研究(C),26410211

  • 新しい原理に基づく高性能書き換え可能ホログラムの開発を志向した材料の探索研究

    2009年度 ~ 2011年度,基盤研究(C),21550171

  • フォトクロミック分子単結晶表面における光誘起物質移動

    2009年度 ~ 2010年度,特定領域研究,21021014

その他補助金等 【 表示 / 非表示

  • 持続的光メカニカル運動を示すフォトクロミックアモルファス分子材料複合体の開発

    2019年10月01日 ~ 2020年09月30日,公益財団法人泉科学技術振興財団,2019年度研究助成,1000000(円)

特許取得 【 表示 / 非表示

  • 湿度感受性を有する混合物

    日本,特願2014-239123,特開2016-098363,特許第6740562号

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 高分子化学B(後半8週)

    2021年度,学部

  • 物理化学B

    2021年度,学部

  • 高分子化学A(前半8週)

    2021年度,学部

  • 短期インターンシップ(化学生物システムコース)

    2021年度,学部

  • 地域インターンシップ(化学生物システムコース)

    2021年度,学部

全件表示 >>