基本情報

写真a

辻 寧英

ツジ ヤスヒデ


担当専攻 博士前期課程

情報電子工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

創造工学科

職名

教授

電子メールアドレス

メールアドレス

ホームページURL

https://u.muroran-it.ac.jp/yt-lab/

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電子デバイス、電子機器

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • ビーム伝搬法

  • フォトニック結晶

  • トポロジー最適化

  • 光導波路解析

  • 有限要素法

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 量子井戸・細線・箱構造の複素固有状態の解析

    1990年04月 ~ 1993年03月

  • 有限要素法に基づく光導波路解析

    1993年04月 ~ 2021年

  • 光導波路デバイス解析のための光シミュレータの開発

    1993年04月 ~ 2021年

  • 光導波路デバイスのトポロジー最適設計

    2004年10月 ~ 2024年

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学

    1993年03月,博士前期,工学研究科,電子工学専攻,修了,日本国

  • 北海道大学

    1996年03月,博士後期,工学研究科,電子工学専攻,修了,日本国

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学

    1991年03月,工学部,電子工学科,卒業,日本国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

    光ビーム伝搬解析ソフトウエア開発のための基礎的研究

職歴 【 表示 / 非表示

  • 北海道工業大学応用電子工学科 助手

    1996年04月01日 ~ 1996年09月30日

  • 北海道工業大学応用電子工学科 講師

    1996年10月01日 ~ 1997年07月31日

  • 北海道大学大学院工学研究科 助教授

    1997年08月01日 ~ 2004年03月31日

  • 北海道大学大学院情報科学研究科 助教授

    2004年04月01日 ~ 2004年09月30日

  • 北見工業大学電気電子工学科 助教授/准教授

    2004年10月01日 ~ 2011年03月31日

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会(シニア会員)

  • 応用物理学会

  • 米国電気電子学会(IEEE) (Senior Member)

  • 米国光学会(OSA) (Senior Member)

学術賞 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ賞

    2021年09月14日,電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ

  • IEEE Third Millenium Medal

    2000年05月15日,IEEE

  • 電子情報通信学会論文賞

    2019年06月06日,電子情報通信学会

  • 電子情報通信学会論文賞

    1999年05月22日,電子情報通信学会

  • 電子情報通信学会論文賞

    1997年05月17日,電子情報通信学会

全件表示 >>

その他の受賞(官庁・民間団体表彰、感謝状等) 【 表示 / 非表示

  • エレクトロニクスソサイエティ活動功労表彰

    2018年03月20日,電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ

  • Top Peer Reviwer 2019 in Physics

    2019年09月17日,Clarivate Analytics

  • Session Organizer Award

    2021年11月24日,The Electromagnetics Academy

 

光導波路デバイスの数値解析法と自動最適設計法の開発

研究開発の目的

光通信の高速大容量化のための高性能な光デバイスの実現

研究開発の概要

光導波路デバイスの数値解析法と自動最適設計法の開発
研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • 有限要素法を基礎とした汎用的な光導波路デバイスの解析
  • GUIを利用したインタラクティブな構造データ等の入力と電磁界の可視化
  • トポロジー最適化等による光導波路デバイスの自動最適設計
  • アダプティブメッシュを利用した高精度・高効率な有限要素法および有限要素ビーム伝搬法
  • 光導波路デバイスのための各種効果を取り入れた光シミュレータ
  • 設計領域の構造表現に関数展開法を利用したトポロジー最適設計
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
 

著書 【 表示 / 非表示

  • 高速通信に対応した光回路実装、デバイスの開発

    並木 周,小田 拓弥,村上 雅之,辻川 恭三,佐藤 昭,...,奥村 幸彦,辻 寧英,村垣 善浩,... (著者64名),技術情報協会,(頁 628),2022年11月,9784861049019

  • 計算電磁気学

    生野浩正,柏達也,宇野亨,小柴正則,辻寧英,羽野光夫,田中嘉津夫,松原正則,田口光雄,広川二郎,山崎恒樹,山内潤治,河野健治,培風館,有限要素法・導波路不連続解析,(頁 227),2003年07月,78-4563067236

論文 【 表示 / 非表示

  • ベイズ最適化を用いた NRD ガイドスタブ型フィルタの設計

    風間啓佑,井口亜希人,辻 寧英,森本佳太,柏 達也,電子情報通信学会論文誌C,J107-C巻,5号,2024年05月

  • All-optical 8-QAM signal demodulator based on 2D photonic crystals

    Z. Zhang, X. Wang, Y. Zhang, S. Sun, J. Xu, H. Song, and Y. Tsuji,Optics and Laser Technology,169巻,Article Number:110157,2024年02月

  • Optimal design of NRD grating bandpass filters for THz application using GA and EIM

    M.I.H. Patwary, A. Iguchi, and Y. Tsuji,IEEE Photonics Journal,16巻,1号,Article Number:7700109,2024年02月

  • Guided mode analysis of NRD guide using efficient FEM with impedance boundary conditions for THz applications

    T. Bashir, M. I. H. Patwary, K. Morimoto, A. Iguchi, Y. Tsuji, and T. Kashiwa,Journal of Lightwave Technology,2024年

  • 伝搬演算子を活用した有限要素法による光導波路解析の効率化

    森本佳太,井口亜希人,辻 寧英,電子情報通信学会論文誌C,J106-C巻,8号,(頁 291 ~ 298),2023年08月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Optimal design of photonic devices using coordinate transformation finite element beam propagation method

    H. Chen, T. Kimura, A. Iguchi, and Y. Tsuji, XXXXVth URSI General Assembly and Scientific Symposium (URSI GASS 2023),2023年08月,Sapporo

  • Function expansion based topology optimization utilizing Bayesian optimization

    M. I. H. Patwary, A. Iguchi, Y. Tsuji, and T. Kashiwa, XXXXVth URSI General Assembly and Scientific Symposium (URSI GASS 2023),2023年08月,Sapporo

  • Topology optimization of optical and millimeter-wave circuit devices using finite element method and function expansion method

    Y. Tsuji, A. Iguchi, K. Morimoto, T. and Kashiwa, XXXXVth URSI General Assembly and Scientific Symposium (URSI GASS 2023),2023年08月,Sapporo

  • A study on sub-wavelength grating nonradiative dielectric waveguide for single mode transmission

    K. Kazama, A. Iguchi, and Y. Tsuji, XXXXVth URSI General Assembly and Scientific Symposium (URSI GASS 2023),2023年08月,Sapporo

  • A study on magneto-metasurface for THz isolator

    M. Taniguchi, A. Iguchi, and Y. Tsuji, XXXXVth URSI General Assembly and Scientific Symposium (URSI GASS 2023),2023年08月,Sapporo

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • トポロジー最適化法による光デバイス設計

    電子情報通信学会学会誌,106巻,9号,(頁 396 ~ 400),2023年09月

  • シミュレーションを用いたマイクロ波・光デバイスの自動最適設計技術

    辻 寧英,電子情報通信学会誌,96巻,6号,(頁 396 ~ 400),2013年06月

  • 有限要素時間領域ビーム伝搬法

    辻 寧英・平山浩一,光学,35巻,7号,(頁 348 ~ 354),2006年07月

研究報告 【 表示 / 非表示

  • 非線形光学効果を利用した光デバイスのトポロジー最適設計に関する研究

    平尾勇晴,井口亜希人,辻 寧英,電子情報通信学会技術研究報告,123巻,117号,(頁 236 ~ 240),Article Number:EST2023-55,2023年07月

  • 一方向伝搬磁性メタサーフェスの自動最適設計に関する研究

    谷口美緒,井口亜希人,辻 寧英,電子情報通信学会技術研究報告,123巻,117号,(頁 16 ~ 21),Article Number:EST2023-12,2023年07月

  • 非対称コア磁性フォトニック結晶ファイバを用いた光アイソレータの設計

    李 聖博,井口亜希人,辻 寧英,張 沢君,電子情報通信学会技術研究報告,123巻,117号,(頁 22 ~ 26),Article Number:EST2023-13,,2023年07月

  • THz帯NRDガイドを用いたロジックゲートのトポロジー最適設計

    風間啓佑,古森隼矢,井口亜希人,辻 寧英,電子情報通信学会技術研究報告,123巻,117号,(頁 220 ~ 224),Article Number:EST2023-52,2023年07月

  • NRDガイド解析のための3次元フルベクトル双方向ビーム伝搬法

    安 賢旭,井口亜希人,森本佳太,辻 寧英,電子情報通信学会技術研究報告,123巻,117号,(頁 225 ~ 229),Article Number:EST2023-53,2023年07月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 座標変換有限要素ビーム伝搬法を活用した3次元光導波路デバイスの設計に関する研究

    陳 浩男,井口 亜希人,辻 寧英,電気・情報関係学会北海道支部連合大会,電気・情報関係学会北海道支部連合大会,2023年10月28日

  • PUFEMを用いた効率的な光導波路伝搬解析

    松崎 泰輝,井口 亜希人,辻 寧英,電気・情報関係学会北海道支部連合大会,電気・情報関係学会北海道支部連合大会,2023年10月28日

  • 有限要素ベースの双方向固有モード伝搬法を用いたメタサーフェスの解析

    木谷 優冶,松崎 泰輝,井口 亜希人,辻 寧英,電気・情報関係学会北海道支部連合大会,電気・情報関係学会北海道支部連合大会,2023年10月28日

  • 3次元双方向ビーム伝搬法を用いた誘電損失を考慮したNRDガイドの解析

    安 賢旭,井口 亜希人,森本 佳太,辻 寧英,電気・情報関係学会北海道支部連合大会,電気・情報関係学会北海道支部連合大会,2023年10月28日

  • ファイバ型光アイソレータのための磁性PCFの設計

    李 聖博,井口 亜希人,辻 寧英,電気・情報関係学会北海道支部連合大会,電気・情報関係学会北海道支部連合大会,2023年10月28日

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 大企業

    2019年10月24日,8000000(円)

  • 大企業

    2011年05月16日,情報通信分野,1100000(円)

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 発見的最適化手法を用いた第5世代移動通信システム用ミリ波高性能素子の開発

    2022年度 ~ 2024年度,基盤研究(C),22K04234

  • 目的特性を与えるだけで光デバイスを自動設計する多目的トポロジー最適設計法の開発

    2021年度 ~ 2023年度,基盤研究(C),21K04169

  • 関数展開法と進化的手法による光デバイスのトポロジー自動最適設計法の開発

    2018年度 ~ 2020年度,基盤研究(C),18K04276

  • 関数展開法を用いた3次元光導波路デバイスの汎用的なトポロジー最適設計に関する研究

    2015年度 ~ 2017年度,基盤研究(C),15K06009

  • 3次元ベクトル有限要素ビーム伝搬法による光回路のトポロジー最適設計に関する研究

    2011年度 ~ 2013年度,基盤C一般,23560382

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 工学技術者倫理(電気電子工学コース)

    2023年度,学部

  • 通信工学(夜間・電気)

    2023年度,学部

  • 電子回路Ⅰ

    2023年度,学部

  • 通信網工学

    2023年度,学部

  • 伝送回路工学

    2023年度,学部

全件表示 >>

 

学会・研究会の主催等 【 表示 / 非表示

  • XXXVth URSI General Assembly and Scientific Symposium

    札幌市,委員

  • Chitose International Forum on Science & Technology 2022

    Chitose,委員,Japan

  • 電気・情報関係学会北海道支部連合大会

    室蘭市,委員,日本

  • 電気・情報関係学会北海道支部連合大会

    札幌市,委員,日本

  • 電気・情報関係学会北海道支部連合大会

    函館市,委員,日本

全件表示 >>

学会委員会 【 表示 / 非表示

  • PIERS 2025 Subcommittee 3 (SC3 Optics and Photonics) Co-Chair

    2024年01月 ~ 2025年12月,委員長,The Electromagnetics Academy,全国

  • PIERS 2025 実行委員会 幹事(広報・登録)

    2024年01月 ~ 2025年12月,委員,The Electromagnetics Academy,全国

  • 「Special Section on Recent Advances in Simulation Techniques and Their Applications for Electronics」編集委員会 編集委員(リエゾン)

    2023年10月01日 ~ 2024年11月30日,委員,一般社団法人 電子情報通信学会,全国

  • CLEO-PR 2025 Technial Program Comittee(TPC) 委員

    2023年08月 ~ 2024年08月,委員,The Optical Society,全国

  • 電子情報通信学会 会誌編集委員会 委員〔C〕

    2023年06月01日 ~ 継続中,委員,一般社団法人 電子情報通信学会,全国

全件表示 >>

学協会役員 【 表示 / 非表示

  • IEEE Sapporo Section, Chair of Technical Program Committee

    2013年01月01日 ~ 2014年12月31日,地方支部,支部役員

国・自治体等の委員 【 表示 / 非表示

  • 科学技術専門家ネットワーク・専門調査員

    2023年度

  • 科学技術専門家ネットワーク・専門調査員

    2022年度

  • 科学技術専門家ネットワーク・専門調査員

    2021年度