基本情報

写真a

辻 寧英

ツジ ヤスヒデ


担当専攻 博士前期課程

情報電子工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

創造工学科

職名

教授

電子メールアドレス

メールアドレス

ホームページURL

http://www3.muroran-it.ac.jp/yt-lab/

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 電子デバイス・電子機器

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 有限要素法

  • ビーム伝搬法

  • フォトニック結晶

  • トポロジー最適化

  • 光導波路解析

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 量子井戸・細線・箱構造の複素固有状態の解析

    1990年04月 ~ 1993年03月

  • 有限要素法に基づく光導波路解析

    1993年04月 ~ 2021年

  • 光導波路デバイス解析のための光シミュレータの開発

    1993年04月 ~ 2021年

  • 光導波路デバイスのトポロジー最適設計

    2004年10月 ~ 2021年

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学

    1993年03月,博士前期,工学研究科,電子工学専攻,修了,日本

  • 北海道大学

    1996年03月,博士後期,工学研究科,電子工学専攻,修了,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学

    1991年03月,工学部,電子工学科,卒業,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

    光ビーム伝搬解析ソフトウエア開発のための基礎的研究

職歴 【 表示 / 非表示

  • 北海道工業大学応用電子工学科 助手

    1996年04月01日 ~ 1996年09月30日

  • 北海道工業大学応用電子工学科 講師

    1996年10月01日 ~ 1997年07月31日

  • 北海道大学大学院工学研究科 助教授

    1997年08月01日 ~ 2004年03月31日

  • 北海道大学大学院情報科学研究科 助教授

    2004年04月01日 ~ 2004年09月30日

  • 北見工業大学電気電子工学科 助教授/准教授

    2004年10月01日 ~ 2011年03月31日

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会(シニア会員)

  • 応用物理学会

  • 米国電気電子学会(IEEE) (Senior Member)

  • 米国光学会(OSA) (Senior Member)

学術賞 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ賞

    2021年09月14日,電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ

  • IEEE Third Millenium Medal

    2000年05月15日,IEEE

  • 電子情報通信学会論文賞

    2019年06月06日,電子情報通信学会

  • 電子情報通信学会論文賞

    1999年05月22日,電子情報通信学会

  • 電子情報通信学会論文賞

    1997年05月17日,電子情報通信学会

全件表示 >>

その他の受賞(官庁・民間団体表彰、感謝状等) 【 表示 / 非表示

  • エレクトロニクスソサイエティ活動功労表彰

    2018年03月20日,電子情報通信学会エレクトロニクスソサイエティ

  • Top Peer Reviwer 2019 in Physics

    2019年09月17日,Clarivate Analytics

  • Session Organizer Award

    2021年11月24日,The Electromagnetics Academy

 

光導波路デバイスの数値解析法と自動最適設計法の開発

研究開発の目的

光通信の高速大容量化のための高性能な光デバイスの実現

研究開発の概要

光導波路デバイスの数値解析法と自動最適設計法の開発
研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • 有限要素法を基礎とした汎用的な光導波路デバイスの解析
  • GUIを利用したインタラクティブな構造データ等の入力と電磁界の可視化
  • トポロジー最適化等による光導波路デバイスの自動最適設計
  • アダプティブメッシュを利用した高精度・高効率な有限要素法および有限要素ビーム伝搬法
  • 光導波路デバイスのための各種効果を取り入れた光シミュレータ
  • 設計領域の構造表現に関数展開法を利用したトポロジー最適設計
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
 

著書 【 表示 / 非表示

  • 計算電磁気学

    生野浩正,柏達也,宇野亨,小柴正則,辻寧英,羽野光夫,田中嘉津夫,松原正則,田口光雄,広川二郎,山崎恒樹,山内潤治,河野健治,培風館,有限要素法・導波路不連続解析,(頁 227),2003年07月,78-4563067236

論文 【 表示 / 非表示

  • Optimal design of NRD guide devices using 2D full-vectorial finite element method

    Bashir Tahir, Morimoto Keita, Iguchi Akito, Tsuji Yasuhide, Kashiwa Tatsuya, Nishiwaki Shinji,IEICE ELECTRONICS EXPRESS,18巻,15号,Article Number:20210243,2021年08月

  • Bidirectional Beam Propagation Method Based on Axi-Symmetric Full-Vectorial Finite Element Method

    Iguchi Akito, Morimoto Keita, Tsuji Yasuhide,IEEE PHOTONICS TECHNOLOGY LETTERS,33巻,14号,(頁 707 ~ 710),2021年07月

  • Optimal design of dielectric flat lens utilizing Bayesian optimization

    Kudo Koji, Morimoto Keita, Iguchi Akito, Tsuji Yasuhide, Kashiwa Tatsuya,MICROWAVE AND OPTICAL TECHNOLOGY LETTERS,63巻,7号,(頁 1978 ~ 1983),2021年07月

  • Novel scattering operator for arbitrary finite element models in optical waveguides

    Keita Morimoto, Akito Iguch, and Yasuhide Tsuji,JOURNAL OF LIGHTWAVE TECHNOLOGY,39巻,9号,(頁 2941 ~ 2948),2021年05月

  • モード結合理論と機械学習を用いた3 次元光導波路デバイスの最適設計の効率化に関する研究

    工藤滉司,森本佳太,井口亜希人,辻 寧英,電子情報通信学会論文誌C,J104-C巻,5号,(頁 137 ~ 145),2021年05月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Topology optimal design of NRD guide devices using simulated annealing like scheme

    N. Hieda, A. Iguchi, Y. Tsuji, and T. Kashiwa, PhotonIcs & Electromagnetics Research Symposium (PIERS 2021),2021年11月,Hangzhou

  • Bayesian optimization of three-dimensional plasmonic devices

    H. Maruyama, A. Iguchi, Y. Tsuji, and T. Kashiwa, PhotonIcs & Electromagnetics Research Symposium (PIERS 2021),2021年11月,Hangzhou

  • Flexible scattering operator technique for analysis of axi-symmetric optical devices

    K. Morimoto, A. Iguchi, and Y. Tsuji, PhotonIcs & Electromagnetics Research Symposium (PIERS 2021),2021年11月,Hangzhou

  • Comparative study of optimization method for design of NRD guide devices with mosaic-like structure

    T. Bashir, K. Morimoto, A. Iguchi, and Y. Tsuji, PhotonIcs & Electromagnetics Research Symposium (PIERS 2021),2021年11月,Hangzhou

  • Optimal Design of Photonic Devices Using Time-Domain Beam Propagation Method

    Akito Iguchi, Yasuhide Tsuji,2021 International Applied Computational Electromagnetics Society Symposium (ACES),2021年09月,Hamilton

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • シミュレーションを用いたマイクロ波・光デバイスの自動最適設計技術

    辻 寧英,電子情報通信学会誌,96巻,6号,(頁 396 ~ 400),2013年06月

  • 有限要素時間領域ビーム伝搬法

    辻 寧英・平山浩一,光学,35巻,7号,(頁 348 ~ 354),2006年07月

研究報告 【 表示 / 非表示

  • 軸対称フルベクトル有限要素法を用いた効率的な導波路デバイスの解析

    森本佳太, 井口亜希人, 辻 寧英,電子情報通信学会技術研究報告,121巻,109号,(頁 86 ~ 90),Article Number:EST2021-24,2021年07月

  • 焼き鈍し的手法を用いたNRDガイド素子のトポロジー最適設計

    稗田直哉, 井口亜希人, 辻 寧英, 柏 達也,電子情報通信学会技術研究報告,121巻,109号,(頁 59 ~ 64),Article Number:EST2021-19,2021年07月

  • 3次元プラズモニックデバイスのベイズ最適化

    丸山皓貴, 井口亜希人, 辻 寧英, 柏 達也 ,電子情報通信学会技術研究報告,121巻,109号,(頁 82 ~ 85),Article Number:EST2021-23,2021年07月

  • 進化的手法と勾配法を組み合わせた光デバイスのトポ ロジー最適設計

    奥谷怜平,森本佳太,井口亜希人,辻 寧英,電子情報通信学会技術研究報告,121巻,32号,(頁 27 ~ 31),Article Number:EST2021-6,2021年05月

  • S行列を用いた領域分割型有限要素法による光導波路解析の効率化

    森本佳太,井口亜希人,辻 寧英,電子情報通信学会技術研究報告,120巻,328号,(頁 39 ~ 44),2021年01月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 2枚の導体板間に形成するTHz帯導波路に関する研究

    風間 啓祐,井口 亜希人,辻 寧英,電気・情報関係学会北海道支部連合大会,電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集,2021年11月06日,北見市

  • 焼き鈍し的手法を用いたNRDガイド周波数分離素子のトポロジー最適設計

    稗田 直哉,井口 亜希人,辻 寧英,柏 達也,電気・情報関係学会北海道支部連合大会,電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集,2021年11月06日,北見市

  • 進化的手法と勾配法を組み合わせた汎用的なトポロジー最適設計に関する研究

    奥谷 怜平,井口 亜希人,辻 寧英,電気・情報関係学会北海道支部連合大会,電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集,2021年11月06日,北見市

  • ベイズ最適化を用いた3次元プラズモニック導波路デバイスの設計に関する研究

    丸山 皓貴,井口 亜希人,辻 寧英,柏 達也,電気・情報関係学会北海道支部連合大会,電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集,2021年11月06日,北見市

  • PUFEMによる光導波路解析に関する研究

    北浦 憲,井口 亜希人,辻 寧英,電気・情報関係学会北海道支部連合大会,電気・情報関係学会北海道支部連合大会講演論文集,2021年11月06日,北見市

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 大企業

    2019年10月24日,4000000(円)

  • 大企業

    2011年05月16日,情報通信分野,1100000(円)

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 目的特性を与えるだけで光デバイスを自動設計する多目的トポロジー最適設計法の開発

    2021年度 ~ 2023年度,基盤研究(C),21K04169

  • 関数展開法と進化的手法による光デバイスのトポロジー自動最適設計法の開発

    2018年度 ~ 2020年度,基盤研究(C),18K04276

  • 関数展開法を用いた3次元光導波路デバイスの汎用的なトポロジー最適設計に関する研究

    2015年度 ~ 2017年度,基盤研究(C),15K06009

  • 3次元ベクトル有限要素ビーム伝搬法による光回路のトポロジー最適設計に関する研究

    2011年度 ~ 2013年度,基盤C一般,23560382

  • 完全フォトニックバンドギャップ磁性フォトニック結晶に基づく新機能光デバイスの提案

    2008年度 ~ 2010年度,基盤C一般,20560314

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 工学技術者倫理(電気電子工学コース)

    2021年度,学部

  • 通信工学

    2021年度,学部

  • 通信工学(夜間・電気)

    2021年度,学部

  • 電子回路Ⅰ

    2021年度,学部

  • 伝送回路工学

    2021年度,学部

全件表示 >>

 

学会・研究会の主催等 【 表示 / 非表示

  • 電気・情報関係学会北海道支部連合大会

    室蘭市,委員,日本

  • 電気・情報関係学会北海道支部連合大会

    札幌市,委員,日本

  • 電気・情報関係学会北海道支部連合大会

    函館市,委員,日本

  • IEICE北海道支部学生会インターネットシンポジウム

    北海道,委員,日本

  • IEICE北海道支部学生会インターネットシンポジウム

    北海道,委員,日本

全件表示 >>

学会委員会 【 表示 / 非表示

  • エレクトロニクスシミュレーション研究専門委員会  副委員長

    2020年06月04日 ~ 継続中,委員,一般社団法人 電子情報通信学会,全国

  • 北海道支部運営委員会 支部委員

    2020年06月01日 ~ 継続中,委員,一般社団法人 電子情報通信学会,地方支部

  • 「Special Section on Recent Advances in Simulation Techniques and Their Applications for Electronics」編集委員会 編集委員(リエゾン)

    2019年10月01日 ~ 2020年11月30日,委員,一般社団法人 電子情報通信学会,全国

  • 代議員会 代議員

    2019年06月01日 ~ 2020年05月31日,委員,一般社団法人 電子情報通信学会,全国

  • 「Special Section on Distinguished Papers in Photonics」編集委員会 編集委員(リエゾン)

    2017年07月06日 ~ 2018年07月31日,委員,一般社団法人 電子情報通信学会,全国

全件表示 >>

学協会役員 【 表示 / 非表示

  • IEEE Sapporo Section, Chair of Technical Program Committee

    2013年01月01日 ~ 2014年12月31日,地方支部,支部役員