基本情報

写真a

中里 直史

ナカザト ナオフミ


担当専攻 博士前期課程

生産システム工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

システム理化学科

職名

助教

電子メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 構造・機能材料

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 先進セラミックス複合材料

  • 材料強度学

  • 製造プロセス開発

  • 原子力材料

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 室蘭工業大学

    2011年03月,博士前期,工学研究科,機械航空創造系専攻,修了,日本

  • 室蘭工業大学

    2013年03月,博士後期,工学研究科,物質工学専攻,修了,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 室蘭工業大学

    2009年03月,工学部,材料物性工学科,卒業,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

    NITE法SiC/SiC複合材料の要素技術の高度化及び統合に関する研究

職歴 【 表示 / 非表示

  • 室蘭工業大学 環境・エネルギーシステム材料研究機構(OASIS) 博士研究員

    2013年04月 ~ 2015年03月

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 米国セラミックス協会

  • 日本金属学会

  • 日本原子力学会

  • 日本鉄鋼協会

学術賞 【 表示 / 非表示

  • International Symposium on Advanced Energy Systems and Materials Poster Presentation Award

    2011年,Asian-core

  • 蘭学賞(研究の業績が顕著な者)

    2013年,室蘭工業大学

  • 日本金属学会北海道支部奨励賞

    2013年,日本金属学会北海道支部

  • 日本原子力学会材料部会奨励賞

    2018年09月05日,日本原子力学会材料部会

  • Young Researcher Award, 14th Japan-China Symposium on Materials for Advanced Energy Systems and Fission & Fusion Engineering

    2018年09月27日,14th Japan-China Symposium on Materials for Advanced Energy Systems and Fission & Fusion Engineering

 
 

著書 【 表示 / 非表示

  • 室蘭工大 未来をひらく技術と研究

    香山晃、幸野豊、岸本弘立、中里直史,北海道新聞社,2014年

論文 【 表示 / 非表示

  • Effect of Specimen Size on Toughness Evaluation by Charpy Test

    Testuya Ando, Norifumi Ito, Wataru Inagaki, Naofumi Nakazato,Materials Transactions,60巻,6号,(頁 865 ~ 867),2019年

  • Experimental studies on Joinability of zircaloy and SiC/SiC composite with titanium powder

    Hisashi. Serizawa, Naofumi Nakazato, Yuji Sato, Masahiro Tsukamoto, Joon-Soo Park, Hirotatsu Kishimoto,International Journal of Ceramic Engineering & Science,1巻,(頁 57 ~ 63),2019年

  • Effect of Slit Shape on Joinability of Zircaloy-SiC/SiC Composite Tube Joint with Titanium Powder

    Hisashi. Serizawa, Yuji Sato, Naofumi Nakazato, Masahiro Tsukamoto, Hirotatsu Kishimoto,Materials Science Forum,941巻,(頁 1944 ~ 1949),2018年12月

  • Specimen size effects on fracture behavior of SiC/SiC tubes during circumferential tensile test

    Ju-Hyeon Yu, Hirotatsu Kishimoto, Naofumi Nakazato, Joon-Soo Park, Akira Kohyama,Advanced Composite Materials,27巻,5号,(頁 531 ~ 539),2018年08月

  • Appropriate thickness of pyrolytic carbon coating on SiC fiber reinforcement to secure reasonable quasi-ductility on NITE SiC/SiC composites

    Naofumi Nakazato, Hirotatsu Kishimoto, Joon-Soo Park,Ceramics International,44巻,(頁 19307 ~ 19313),2018年07月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Feasibility Study for NITE-SiC/SiC as a Target Material for Pions/Muons Production at High-Power Proton Accelerator Facilities

    Shunsuke Makimura, Joon-Soo Park, Akira Sato, Shiro Matoba, Naritoshi Kawamura, Takayuki Yamazaki, Kazuhiko Ninomiya, Dai Tomono, Naofumi Nakazato, Marco Calviani, Inigo Lamas Garcia,JPS Conference Proceedings,28巻,Article Number:031005,2020年02月

  • Influences of Laser Condition and Slit Shape on Joinability of Zircaloy-SiC/SiC Composite Tube Joint

    H. Serizawa, H. Motoki, Y. Asakura, Y. Sato, N. Nakazato, M. Tsukamoto, J.S. Park, H. Kishimoto, A. Kohyama,Ceramic Engineering and Science Proceedings,39巻,2018年09月

  • "In-situ" Nutron Irradiation Effects in SiC/SiC Fuel Pin Segments under Dynamic LWR Water Environment"

    A. Kohyama, N. Nakazato, J.S. Park, H. Kishimoto,Proceedings of 39th Enlarged Halden Program Group Meeting,2016年

  • All SiC/SiC Cladding Irradiation in LWR Environment

    A. Kohyama, J.S. Park, D. Hayasaka, N. Nakazato, H. Kishimoto,Proceedings of TopFuel 2016,2016年

  • Large Scale Production of High Performance SiC/SiC Fuel Pins and the Behavior under Dynamic Reactor Water in Halden BWR

    A. Kohyama, H. Kishimoto , J.S. Park, N. Nakazato, E. Yanagiya,Proceedings of 2016 MRS Fall Meeting & Exhibit,2016年

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • 室蘭工業大学におけるセラミックス複合材料研究

    香山 晃, 岸本弘立, 中里直史,保全学会,18巻,2号,(頁 44 ~ 49),2019年

  • 産業化を目指した先進セラミックス複合材料の研究開発

    中里 直史,化学と工業,68巻,9号,(頁 798 ~ 799),2015年

研究報告 【 表示 / 非表示

  • 加速器材料としてのSiC/SiC複合材料の可能性探索

    朴 峻秀、岸本弘立、中里直史、青木正治、牧村俊助、的場史朗,室蘭工業大学 地域共同研究開発センター 研究報告,28巻,(頁 5 ~ 11),2018年

  • レーザを用いたジルカロイ-SiC/SiC複合体作製時のチタン封入法に関する研究

    元木裕崇,芹澤 久,朝倉勇貴,中里直史,佐藤雄二,塚本雅裕,朴 峻秀,岸本弘立,香山 晃,溶接構造シンポジウム2017講演論文集,(頁 135 ~ 140),2017年12月

  • 事故耐性燃料への適用に向けたNITE-SiC/SiC被覆管の高温高圧水環境下における材料挙動に関する研究

    中里直史,本間将人,柳谷絵里,朴 峻秀,岸本弘立,香山 晃,四竈樹男,齋藤正博,八戸工業大学 地域産業総合研究所紀要,15巻,(頁 5 ~ 7),2017年

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • メカニカルアロイング法を用いたSiCナノ粉末表面の改質の検討

    市川 乃吏親, 岸本弘立, 中里直史,日本金属学会2020年春季講演大会,日本金属学会2020年春季講演大会,2020年03月

  • 高融点活性金属を用いたNITE-SiC/SiC複合材料のロウ付けの検討

    西條友章, 中里直史, 芹澤 久, 岸本弘立,日本金属学会2020年春季講演大会,日本金属学会2020年春季講演大会,2020年03月

  • ACT2を用いたW-SiC/SiC接合材の高熱負荷特性評価

    中里直史, 中川公司, 西條友章, 浜地志憲, 増崎 貴, 時谷政行, 室賀健夫, 岸本弘立,日本原子力学会北海道支部第36回研究発表会,日本原子力学会北海道支部第36回研究発表会,2020年02月26日

  • 高温高圧水中におけるF82H鋼の表面状態に及ぼす溶存酸素量と浸漬時間の影響

    美馬悠希,中里直史,根本泰成,中島基樹,野澤貴史,谷川博康,岸本弘立,日本原子力学会北海道支部 第37回研究発表会,日本原子力学会北海道支部 第37回研究発表会,2020年02月26日

  • タングステンと炭素の焼結接合に用いるインサート材の研究

    古滝広大, 近藤 亘, 中里直史, 岸本弘立,日本原子力学会北海道支部 第37回研究発表会,日本原子力学会北海道支部 第37回研究発表会,2020年02月26日

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 中小企業

    2019年07月25日,330000(円)

  • 独立行政法人

    2019年06月10日,1100743(円)

  • 独立行政法人

    2019年06月01日,0(円)

  • 中小企業

    2019年04月15日,990000(円)

  • 独立行政法人

    2018年05月18日,物質・材料分野,1000000(円)

受託研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 独立行政法人

    2019年07月18日,0(円)

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • SiCセラミックスラスタに高い靱性を付与するハイパー・コンパージド技術

    2019年度 ~ 2022年度,基盤研究(A),19H00799

  • 金属微紛体援用による局所レーザ加熱無機-金属材料直接接合法の確立

    2018年度 ~ 2020年度,基盤研究(C),18K04776

  • SiC複合材料による大強度パイオン・ミュオン生成標的の開発

    2018年度 ~ 2019年度,基盤研究(B),16H03994

その他補助金等 【 表示 / 非表示

  • 超耐熱性先進セラミックス複合材料の開発

    2016年08月01日 ~ 2017年03月15日,公益財団法人北海道科学技術総合支援センター,平成28年度ノーステック財団「研究開発助成事業」,400000(円)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 材料工学実験B

    2020年度,学部

  • 弾塑性力学演習

    2020年度,学部

  • (隔週)基礎物理実験(Aクラス)

    2020年度,学部

  • (隔週)基礎物理実験(Bクラス)

    2020年度,学部

  • 材料科学A演習

    2019年度,学部

全件表示 >>

 

講演 【 表示 / 非表示

  • 先進セラミックス複合材料の実用化に向けた研究開発

    2019年01月17日,北海道機械工業会

学会・研究会の主催等 【 表示 / 非表示

  • 日本金属学会2017年秋期講演大会

    札幌,委員

  • 日本化学会北海道支部2016年夏季研究発表会

    室蘭,委員

学会委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本原子力学会材料部会運営小委員会

    2017年04月01日 ~ 2018年03月31日,委員,全国

  • 日本原子力学会材料部会運営小委員会

    2016年04月01日 ~ 2017年03月31日,委員,全国