基本情報

写真a

庭山 聡美

ニワヤマ サトミ


担当学科

システム理化学科

職名

教授

電子メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 生物有機化学

  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 生物有機化学

  • 合成化学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学術修士

  • 薬学博士

職歴 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学産業科学研究所 招へい教授

    2015年07月 ~ 2019年03月

  • Texas Tech University Health Sciences Center, USA, Adjunct Professor 

    2015年09月 ~ 2019年

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 日本有機合成化学協会

  • 日本プロセス化学会

  • American Chemical Society

  • 日本薬学会

全件表示 >>

学術賞 【 表示 / 非表示

  • Southwest Region American Chemical Society Award

    2018年11月08日,American Chemical Society

  • 内藤科学財団海外留学助成金

    1989年03月,内藤科学財団

  • 守田科学研究奨励賞

    2000年05月,大学婦人協会

  • 有機合成化学協会研究企画賞

    2002年02月,有機合成化学協会

  • National Science Foundation-CAREER Award

    2003年02月,National Science Foundation

全件表示 >>

国際的・全国的コンクール等受賞 【 表示 / 非表示

  • Southwest Region American Chemical Society Award

    2018年11月08日

 
 

論文 【 表示 / 非表示

  • Efficient and Practical Synthesis of Monoalkyl Oxalates under Green Conditions

    Barsukova,T.; Sato, T.; Takumi, H.; Niwayama, S.,RSC Advances,12巻,39号,(頁 25669 ~ 25674),2022年09月

  • Hydrophobic and antifouling modification of graphene oxide with functionalized polynorbornene by surface-initiated ring-opening metathesis polymerization

    Lin, X.; Shi, J.; Shi, Z.; Niwayama, S.,NEW JOURNAL OF CHEMISTRY,46巻,(頁 5806 ~ 5818),2022年02月

  • 13C NMR Spectroscopic Studies of Intra- and Intermolecular Interactions of Amino Acid Derivatives and Peptide Derivatives in Solutions

    Hiraga, Y.; Chaki, S.; Uyama, Y.; Hoshide, R.; Karaki, T.; Nagata, D.; Yoshimoto, K.; Niwayama, S.,Organics,3巻,1号,(頁 38 ~ 58),2022年02月

  • Non-enzymatic Desymmetrization Reactions in Aqueous Media

    Niwayama, S.,SYMMETRY-BASEL,13巻,Article Number:720,2021年04月

  • Kinetic Resolution of Nearly Symmetric 3-Cyclohexene-1-carboxylate Esters Using a Bacterial Carboxylesterase Identified by Genome Mining

    Dou, Z.; Chen, X.; Niwayama, S.; Xu, G.; Ni, Y.,Organic Letters,23巻,(頁 3043 ~ 3047),2021年04月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Synthetic studies of sialyl donor analogues via a novel buffer-mediated rearrangement for finding sialyltransferase inhibitors

    Barsukova, T.; Iwaki, K.; Niwayama, S.,American Chemical Society National Meeting abstract,American Chemical Society,2022年08月,Chicago

  • Practical Selective Monohydrolysis of Symmetric Diesters and Applications

    Niwayama, S.,2022 International Symposium for Advanced Materials Research Proceedings,(頁 23),2022年06月,online

  • Practical Synthesis of Monoalkyl Oxalates

    Barsukova, T.: Sato, T.; Takumi, H.; Niwayama, S.,American Chemical Society National Meeting abstract,2022年03月,San Diego

  • Development of Highly Efficient and Practical Selective Monohydrolysis of Symmetric Diesters and the Career Pathways in the US and Japan behind the Research

    Niwayama, S.,International Chemical Congress of Pacific Basin Societies (PACIFICHEM 2021) Proceedings ,2021年12月,Online

  • Theoretical Studies on the Mechanisms of the Highly Efficient Selective Monohydrolysis Reactions of Symmetric Diesters

    Osada, K.; Matsushima, S.; Takahashi, Y.; Niwayama, S.,American Chemical Society National Meeting abstract,2021年08月,Atlanta

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • Water-mediated Desymmetrization Reactions

    Niwayama, S.,Organic Chemistry: Current Research ,3巻,2号,Article Number:1000e138,2014年09月

研究報告 【 表示 / 非表示

  • タンパク質•ペプチドの定量分析法の開発

    庭山聡美、黒野定,室蘭工業大学地域共同研究開発センター研究報告,27巻,(頁 35 ~ 38),2017年02月

  • 特定のアミノ酸残基と反応する試薬の開発

    庭山聡美、黒野定,地域共同研究開発センター研究報告,26巻,(頁 49 ~ 51),2016年02月

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Synthetic studies of sialyl donor analogues via a novel buffer-mediated rearrangement for finding sialyltransferase inhibitors

    Barsukova, T.; Iwaki, K.; Niwayama, S.,American Chemical Society National Meeting,American Chemical Society,American Chemical Society abstract,2022年08月21日,Chicago,アメリカ合衆国

  • Practical Selective Monohydrolysis of Symmetric Diesters and Applications

    Niwayama, S.,2022 International Symposium for Advanced Materials Research,Online,2022 International Symposium for Advanced Materials Research Proceedings,(頁 23-23),2022年06月28日,online,中華人民共和国

  • 安定同位体で標識されたヨードアセトアニリドと質量分析を用いた臨床サンプル中のタンパク質の定量分析

    Kurono, S.; Niwayama, S.,日本薬学会第142年会,日本薬学会,日本薬学会第142年会予稿集,2022年03月25日,online,日本国

  • Quantitative Analysis of Proteins Using Stable Isotope-labeled Iodoacetanilide and Mass Spectrometry and the Application to Clinical Samples

    Kurono, S.; Niwayama, S.,日本化学会第102春季年会,日本化学会,日本化学会第102春季年会 予稿集,2022年03月23日,online,日本国

  • Practical Synthesis of Monoalkyl Oxalates

    Barsukova, T.; Sato, T.; Takumi, H.: Niwayama, S.,American Chemical Society National Meeting,American Chemical Society,American Chemical Society National Meeting abstract,2022年03月20日,San Diego,アメリカ合衆国

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • その他

    2022年02月03日,0(円)

  • その他

    2021年05月21日,1000000(円)

  • その他

    2020年07月09日,800000(円)

  • 大企業

    2015年04月01日,ライフサイエンス分野,1500000(円)

受託研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 独立行政法人

    2021年05月01日,7800000(円)

  • 独立行政法人

    2020年07月01日,5995000(円)

その他補助金等 【 表示 / 非表示

  • 水を主溶媒とする対称化合物の新規非対称化反応とその機能性高分子合成への応用

    2018年04月01日 ~ 2019年03月31日,(公財)鹿島学術振興財団,2017年度研究助成,1500000(円)

  • 水を主溶媒とする対称化合物の新規非対称化反応とその機能性高分子合成への応用 

    2017年04月01日 ~ 2018年03月31日,(財)鹿島学術振興財団,2016年度研究助成,1150000(円)

特許取得 【 表示 / 非表示

  • Synthesis of Half Esters

    U.S. 8,338, 635

  • Synthesis of Half Esters

    WO 2008/150487

  • Synthesis of Half-esters from Linear 1,1-diesters

    60/932,629

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 化学・生物学概論(特設)

    2022年度,学部

  • 有機化学D(後半8週)(週2回開講)

    2022年度,学部

  • 化学・生物学概論(Bクラス)

    2022年度,学部

  • 化学・生物学概論(Aクラス)

    2022年度,学部

  • 生物物質化学(A・B・Cクラス)

    2022年度,学部

全件表示 >>

教育論文 【 表示 / 非表示

  • 英語での大学院授業における表現方法の向上

    2020年04月,庭山聡美,室蘭工業大学 学報,4巻,606号, (頁 6)

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • カビから抗生物質を取り出そう

    2021年11月28日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,企画

  • 研究室紹介

    2020年06月09日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,オープンキャンパス,講演

  • オープンラボ・研究室紹介

    2019年08月03日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,オープンキャンパス,講演

  • 英語でのプレゼンテーション指導講座

    2018年08月11日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,企画

  • 色が変わる魔法のパンケーキ

    2018年08月04日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,オープンキャンパス,企画

全件表示 >>

講演 【 表示 / 非表示

  • Practical Selective Monohydrolysis of Symmetric Diesters and Applications

    2022年06月29日,Asia Pacific Society for Materials Research

  • Development of Highly Efficient and Practical Selective Monohydrolysis of Symmetric Diesters and the Career Pathways in the US and Japan behind the Research

    2021年12月21日,Ann Nalley (former President, American Chemical Society)

  • 材料と名前のつく研究領域のひろーーーい世界

    2021年09月24日,KNIT 北海道大学人材育成本部 ダイバーシティ研究環境推進室

  • Highly Efficient and Practical Selective Monohydrolysis Reactions of Symmetric Diesters and Their Applications

    2021年08月21日,Asia Pacific Society for Materials Research

  • Highly Efficient Selective Monohydrolysis of Symmetric Diesters and the Application

    2021年03月31日,Phronesis Researchers World

全件表示 >>

研修 【 表示 / 非表示

  • 室蘭工業大学FDワークショップ

    2015年08月20日,室蘭工業大学,参加者

学会・研究会の主催等 【 表示 / 非表示

  • Asia Pacific Spciety for Materials Research 2022 Annual Meeting(APSMR 2022 Annual Meeting)

    online,委員長,China

  • 2022 International Symposium for Advanced Materials Reserach (ISAMR 2022)

    online,委員,China

  • APSMR 2021 Annual Meeting

    online,Committee,China

  • APSMR 2019 Annual Meeting

    札幌,Committee

学会委員会 【 表示 / 非表示

  • 科学研究奨励委員会

    2022年06月01日 ~ 2024年05月31日,委員,大学女性協会,全国

  • (公財)MSD生命科学財団 万有札幌シンポジウムAdvisory Board委員

    2021年07月21日 ~ 継続中,委員,(公財)MSD生命科学財団,全国

  • 日本化学会北海道支部幹事

    2021年03月01日 ~ 2022年03月31日,委員,日本化学会,全国

  • 日本学術会議薬学委員会

    2021年01月08日 ~ 2023年09月30日,委員,日本学術会議,全国

  • 日本学術会議薬学委員会化学・物理系薬学分科会

    2021年01月08日 ~ 2023年09月30日,委員,日本学術会議,全国

全件表示 >>

学協会役員 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

    2016年 ~ 継続中,全国,支部役員

審議会 【 表示 / 非表示

  • MDPI Editorial board member meetings

    2021年03月 ~ 9999年,MDPI,論文査読,役割・職責名はEditorial board member

  • 日本学術会議(薬学委員会化学・物理系薬学分科会)

    2021年01月 ~ 2023年09月,内閣府,委員,役割・職責名は連携会員である

  • 北海道函館中部高校SSH運営指導委員会

    2020年09月 ~ 2023年09月,北海道函館中部高校,委員

  • 日本学術会議(化学委員会有機化学分科会)

    2017年10月 ~ 2023年09月,内閣府,委員,役割・職責名は連携会員である

国・自治体等の委員 【 表示 / 非表示

  • 函館中部高校SSH運営委員会委員

    2021年度

  • 函館中部高校SSH運営委員会委員

    2020年度

国際研究協力活動 【 表示 / 非表示

  • 対称ジエステルの新規高選択的モノ加水分解反応を用いた高分子合成研究

    China,Hainan Normal University,2021年04月 ~ 2025年04月

  • 酵素による有機合成

    China,Jiangnan University,2021年01月 ~ 2026年01月

  • 新型コロナウイルス感染症治療薬合成のためのキーステップとなる反応の開発とそのメカニズム探求

    USA,University of California Los Angeles,2020年07月 ~ 2023年03月