Personnel Information

写真a

OHIRA Yuichi


Affiliation centers1, etc

Center of Environmental Science and Disaster Mitigation for Advanced Research

The master's program in charge

Division of Sustainable and Environmental Engineering

The doctoral program in charge

Division of Engineering

The department in charge

Department of Sciences and Informatics

Job title

Professor

E-mail Address

E-mail address

Research field 【 display / non-display

  • Manufacturing Technology (Mechanical Engineering, Electrical and Electronic Engineering, Chemical Engineering) / Chemical reaction and process system engineering

  • Manufacturing Technology (Mechanical Engineering, Electrical and Electronic Engineering, Chemical Engineering) / Transport phenomena and unit operations

Keywords for Research Field 【 display / non-display

  • Absorption

  • Recycle,Zero-Emission

Graduate school・Graduate course, etc. 【 display / non-display

  • Niigata University

    1993.03,Master's Course,Graduate School, Division of Engineering,Division of Chemical Engineering,Completed,Japan

Graduate school・major, etc. 【 display / non-display

  • Niigata University

    1991.03,Faculty of Engineering,Department of Chemical Enginnering,Graduate,Japan

Degree 【 display / non-display

  • Doctor(Engineering)

    スピルリナの培養を目的とした微小重力下における気液界面の形状制御に関する工学的研究

Academic Society 【 display / non-display

  • The Society of Chemical Engineering of Japan

  • 資源・素材学会

  • 統合医療機能性食品国際学会

 

化学プラントの設計技術

スペースの有効活用・高機能化の化学プラント設計

Purpose of Research

製品としての化学プラントや装置の設計

化学プラントや装置などは,特殊なものを作るので特別な設計や技術が必要になる。さらに化学プラントは実験室レベルのサイズや量ではなく,製品として作り出す大きな収量が必要になってくるということも含めて設計していく必要がある。

Summary of Research

化学工学の理論を基にした技術的な設備設計

培ってきた蓄積技術と化学工学の理論を基に化学プラントの設計をしていく。材料などの諸条件によりプラントの設計が変わってくるので,熱・圧力・物質などの様々な条件や生成する物質などにより技術的な設備設計をしていく。

Research Content

Features / Benefits of Research

1.Point of research 2.Research of novelty
  • 要望を受け入れながら必要な基礎技術を使って,どのようにしたら資源やスペースを有効利用できるか,収量を増やすことができるかということも含めた化学プラントの設計
  • 資源やエネルギー,設置スペースを有効利用するための設計
3.Primacy of Technology 4.Situation of patent-related
  • 化学プラントにおいてスペースの有効活用と高機能化
 

Books 【 display / non-display

  • 実例で学ぶ化学工学 -課題解決のためのアプローチ

    化学工学会教科書委員会,丸善出版,第III編19章「温泉熱エネルギーの地産地消」,(p.266),2022.01,9784621307045

  • 撹拌技術とスケールアップ、シミュレーションの活用

    情報技術協会,情報技術協会,3段縦型撹拌槽の逆混合と交換流量,2021.11,9784861048647

Papers 【 display / non-display

  • 浮力秤量法による浮上性球形粒子の粒径分布測定におよぼす秤量棒および容器形状の影響

    大平勇一・中野和哉・Khairunnisa binti Mohd Paad・島津昌光・平野博人,KAGAKU KOGAKU RONBUNSHU,vol.48,2022.03

  • 泡沫分離装置を用いた貝類蓄養水槽の水質維持

    大平勇一・竹原禎稀・後藤優太・島津昌光・鈴木高士・田原昇矢・三小田和宏・三小田太朗,KAGAKU KOGAKU RONBUNSHU,vol.48,2022.01

  • 藍藻スピルリナの比増殖速度におよぼす培養液濃度の影響

    大平勇一・島津昌光,KAGAKU KOGAKU RONBUNSHU,vol.47,(p.140 ~ 142),2021.09

  • Effect of Vessel Diameter on Exchange Rate in a Vertical Stirred Vessel with Three Multiple Impellers

    大平勇一・島津昌光,KAGAKU KOGAKU RONBUNSHU,vol.47,(4),(p.96 ~ 99),2021.07

  • Measurement of Droplet Size Distribution in W/O Emulsion by the Buoyancy Weighing-bar Method

    澤田紋佳, 島津昌光, 大平勇一, 平野博人,Kagaku Kogaku Ronbunshu,vol.45,(p.184 ~ 187),2019.09

display all >>

International conference proceedings 【 display / non-display

  • Research and design of food-related equipment

    Y. Ohira, A. Sawada, M. Shimadzu and T. Shimazaki, The 25th Annual Meeting of International Congress on Nutrition and Intergrative Medicine,2017.07,札幌

  • Application od Correction Line in Floated Particle Size Distribution Measurement Using the Buoyancy Weighing-Pan Method

    Khairunnisa M. P., Y. Ohira, M. Shimadzu and E. Obata,Malasia-Japan Academic Scholor Seminar 2013,2013.11,Tokyo

  • Effecct of Pan Position and Suspension Concentration on Floating Particle Size Distribution by the Floated Balance Method

    Khairunnisa M. P., Y. Ohira and E. Obata,Malasia-Japan Academic Scholor Seminar,(p.25),2012.11,Tokyo

  • Measurement of Mean Particle Size of the All Particles within Five Minutes by Buoyancy Weighing-Bar Method

    Khairunnisa M. P., R. Tambun, Y. Ohira and E. Obata,Hydraulic Measurementsand Experimental Methods 2012,2012.08,Utah

  • Graphical and Numerical Determinations of Mean Particle Diameter by Buoyancy Weighing Bar Method

    Tambun, R., Y. Ohira and E. Obata,The 8th European Congress of Chemical Engineering,2011.09,Berlin

display all >>

Editorial and Commentary 【 display / non-display

  • 宇宙ステーション用バイオリアクター

    大平勇一,生物工学会誌,vol.77,(p.521 ~ ),1999

  • 濾過型液ジェットバイオリアクターによる有機物と窒素の除去

    山際和明・大平勇一・大川輝,ケミカルエンジニヤリング,vol.36,(p.77 ~ 82),1991

Research reports 【 display / non-display

  • 温泉熱を利用したバイナリー発電の可能性

    大平勇一・島崎剛・安澤典男・石井章生,「胆振地域における再生可能エネルギー利用の可能性に関する調査研究」小委員会報告書,(p.52 ~ 61),2016.03

  • Development of the Cylinder Type Flow Meter for a Sub-Irrigation System

    鈴木勲・古川克彦・大平勇一・小幡英二・吉田豊,開発技報,vol.52,(p.1 ~ 8),2013.10

  • Development of the Orifice Type Flow Meter for a Sub-Irrigation System

    鈴木勲・大平勇一・小幡英二・古川克彦・吉田豊,開発技報,vol.51,(p.16 ~ 23),2010

  • Buoyancy Weighing-bar Method: - A Particle Size Distribution Measurement using New Settling Method-

    大平勇一・古川克彦・ロンダンタムブン・島津昌光・小幡英二,堆積学研究,vol.69,(1),(p.17 ~ 26),2010

  • Measurement of Sweat Loss and Body Surface Temperature of Triathlete at Indoor Bike Training

    森谷直樹・大平勇一,室蘭工業大学紀要,vol.58,(p.125- ~ ),2009

display all >>

Presentaion at conference, meeting, etc. 【 display / non-display

  • 正規分布を持つ粒子群の速度平均径測定

    大平勇一・島津昌光・平野博人, 化学工学会第87年会,化学工学会,化学工学会第87年会講演要旨集,2022.03.16,神戸,Japan

  • 邪魔板なし撹拌槽の交換流量に及ぼす槽傾斜角度と翼形状の影響

    内匠勇太, 小寺司馬, 島津昌光, 大平勇一, 三木智士,第31回化学工学・粉体工学研究発表会,化学工学会北海道支部,第31回化学工学・粉体工学研究発表会講演要旨集,2022.01.21,オンライン,Japan

  • 冬季における泡沫分離装置を用いたホッキ貝蓄養水槽の水質維持

    大平勇一・島津昌光・鈴木高士・三小田和宏・三小田太郎,化学工学会秋田大会,化学工学会,化学工学会秋田大会講演要旨集,2021.07.01,オンライン,Japan

  • 泡沫分離装置を用いたホッキ貝砂出し中の海水水質維持

    大平勇一・島津昌光・鈴木高士・三小田和宏・三小田太郎,化学工学会第86年会,化学工学会,化学工学会第86年会講演要旨集,2021.03.20

  • 浮きを用いた尿比重の簡易判定

    大平勇一・森谷直樹,第10回JTUトライアスロン・パラトライアスロン研究会,第10回JTUトライアスロン・パラトライアスロン研究会抄録集,2021.02.06

display all >>

Works 【 display / non-display

  • 600kg/h蒸留装置、ほか

    2011.03

  • 300kg/h濃縮装置、ほか

    2005,小幡英二・大平勇一,アミノアップ化学

  • 10kg/h濃縮装置

    2004,小幡英二・大平勇一,アミノアップ化学

 

Class subject in charge 【 display / non-display

  • 確率論(Bクラス)

    2022,Department

  • 理工学概論(後半8週、Bクラス)

    2022,Department

  • 流れ学A演習

    2022,Department

  • 安全管理(前半8週)

    2022,Department

  • 流れ学A

    2022,Department

display all >>