Personnel Information

写真a

Asada, Takumi


Affiliation centers1, etc

The Center for Creative Collaboration

The master's program in charge

Division of Sustainable and Environmental Engineering

The department in charge

Department of Engineering

Job title

Assistant Professor

E-mail Address

E-mail address

Research field 【 display / non-display

  • Civil engineering project/Traffic engineering

  • Structural engineering/Earthquake engineering/Maintenance management engineering

Keywords for Research Field 【 display / non-display

  • 空間系ビッグデータ

  • 道路維持管理

  • 空間統計解析

  • AI/IoT道路点検

Research themes 【 display / non-display

  • IoT/AIを用いた道路状態データベースの構築と活用

    地域景観,生体ストレス,舗装マネジメント,2009 ~ 2020

  • 空間系ビッグデータを用いた都市・交通の把握および将来予測

    GIS,データマイニング,空間統計解析,2014 ~ 2020

Graduate school・major, etc. 【 display / non-display

  • Hokkaido Institute of Technology

    2006.03,Faculty of Engineering,社会基盤工学科,Graduate,日本

Degree 【 display / non-display

  • 博士(工学)

    シークエンス画像を用いた道路の内部景観の評価に関する研究

Career 【 display / non-display

  • 中央大学 理工学部 都市環境学科 教育技術員

    2011.04.01 ~ 2012.03.31

  • 中央大学 理工学部 都市環境学科 助教

    2012.04.01 ~ 2014.03.31

Academic Society 【 display / non-display

  • 土木学会

  • 都市計画学会

  • 造園学会

  • Eastern Asian Society of Transportation Studies

  • 交通工学研究会

Academic prize 【 display / non-display

  • Excellent Poster Award (On-site) Bronze Prize

    2021.10.14,IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE)

  • Excellent Student Paper Award (On-site) Outstanding Prize

    2021.10.14,IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE)

 

IoT/AIを用いた道路データコレクション技術の開発と応用

Purpose of Research

地方道路マネジメントのための道路データコレクションとデータ活用

地方道路の維持管理・空間活用のために,地域の実情に応じた道路データコレクション技術を開発し,さらにそれらデータの活用方法を提案する.

Summary of Research

市販のカメラを一般車両に取り付け,通常走行で道路状況を動画撮影し,AI等の多様な画像解析を適用することで,高頻度,網羅的な道路データコレクションを可能とする.さらに,これらデータに空間分析や統計モデルと適用して,効果的なマネジメント方策を提案する. ●ポイント ・市販のカメラを使用することで,イニシャルコスト,ランニングコストを大幅に抑えることができる. ・GPS内蔵の車載カメラによる撮影,解析のため,簡易,安全,定量的な調査が可能となり,位置情報によるデジタルマッピングを容易にできる. ・全数調査データベースの構築が容易になるため,それを用いた客観的な優先順位付けや信頼性の高いLCC推計により,舗装維持管理や道路空間活用施策等のマネジメントに役立つ. ●これまでの研究・開発の成果 ・道路区画線の診断システム ・動画解析による自転車走行時の振動不快度評価手法 ・XAIを用いた道路舗装のひび割れ評価・診断手法 ・画像ビッグデータを用いた地域景観の特性分析 ●今後の研究計画 ・平坦性やわだち掘れの計測手法の開発 ・ポットホール等突発型の路面損傷の検知および予測手法の開発 ・各種データベースのマネジメントへの活用 ・救急搬送の観点からの道路舗装マネジメント ・沿道住民を考慮した生活道路の舗装マネジメント

Research Content

Features / Benefits of Research

1.Point of research 2.Research of novelty
  • 道路管理者・利用者との共同開発
  • IoT/AIによる低コスト化・簡易化
  • 道路の維持管理・空間活用
  • 測定手法からマネジメント手法までの一括開発
  • 空間系ビッグデータ融合
  • 市販車載カメラによる多様な道路空間評価
  • 道路の連続性を考慮した安全・シームレスな測定
  • 全数調査データベースの構築と分析
3.Primacy of Technology 4.Situation of patent-related
  • イニシャル・ランニングコストの低減
  • 作業時間・要員の低減
  • 測定時の安全性向上
  • ユーザーフレンドリーな測定・解析システム
  • NETIS:走行式道路区画線診断システム(HK-160014-A)
 

Papers 【 display / non-display

  • ESTIMATION OF EMERGENCY TRANSPORTATION TIME USING INTEGRATED SURVEY DATA OF AMBULANCE AND PAVEMENT

    浅田拓海,布広祥平,佐々木博,城本政一,亀山修一,土木学会論文集D3(土木計画学),vol.77,(5),(p.I_511 ~ I_519),2022.05

  • ESTIMATION OF THE HOURLY NUMBER OF PEOPLE WHO HAVE DIFFICULTY RETURNING HOME IN THE HOKKAIDO EASTERN IBURI EARTHQUAKE BY POPULATION DISTRIBUTION STATISTICS

    後藤海周,奥村航太,浅田拓海,有村幹治,土木学会論文集D3(土木計画学),vol.77,(5),(p.I_173 ~ I_180),2022.05

  • Assessing transportation system efficiency in its relationship with urban housing: A data envelopment analysis

    Ha Thi Khanh Van,Tran Vinh Ha,Takumi Asada, Mikiharu Arimura,Asian Transport Studies,vol.8,Article Number:100065,2022.02

  • DEVELOPMENT OF A METHOD TO DETERMINE THE CAUSE OF CRACKS IN PAVEMENT USING AN EXPLAINABLE AI

    長屋弘司,浅田拓海,亀山修一,Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. E1 (Pavement Engineering),vol.77,(1),(p.28 ~ 38),2021.11

  • CONSTRUCTION OF DATABASE BY EXHAUSTIVE PAVEMENT INSPECTION ON RESIDENTIAL ROADS AND APPLICATION TO MANAGEMENT

    浅田拓海,居駒薫樹,有村幹治,亀山修一,土木学会論文集D3(土木計画学),vol.76,(5),(p.I_41 ~ I_49),2021.04

display all >>

International conference proceedings 【 display / non-display

  • Spatial Extraction of Pavement Damage using Inspection Database with Car-mounted Camera

    Kota KACHI, Takumi ASADA, Mikiharu ARIMURA,2021 IEEE 10th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE),(p.51 ~ 52),2021.10

  • Travel Time Estimation for Ambulances based on a Smartphone and Car-mounted Camera Survey

    Shohei NUNOHIRO, Takumi ASADA, Shuichi KAMEYAMA,2021 IEEE 10th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE),(p.605 ~ 606),2021.10

  • Exhaustive Pavement Inspection on Residential Roads Using Car-Mounted Cameras and U-Net

    Takumi ASADA, Kota KACHI, Mikiharu ARIMURA,2020 IEEE 9th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE),(p.775 ~ 776),2020.10

  • A Measurement System of Vibration Discomfort in Cycling by using Simple Prove Bicycle with Action Camera

    Takumi ASADA, Shigeki IKOMA, Mikiharu ARIMURA, Shuichi KAMEYAMA,Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies,vol.Vol.12,Article Number:72,2019.12,Colombo

  • Development of Low-Cost Diagnostic System for Road Markings by using In-Vehicle Camera

    Takumi ASADA, Shinichiro KAWABATA, Shuichi KAMEYAMA,Computing in Civil Engineering 2019: Smart Cities, Sustainability, and Resilience,(p.390 ~ 396),2019.12,Atlanta

display all >>

Editorial and Commentary 【 display / non-display

  • 特集「土木のデジタライゼーションーヒト・モノのデータ活用とIoTの可能性ー」

    浅田拓海,井上亮,中村晋一郎,松本茂,森野敬充,土木学会誌,vol.105,(5),(p.4 ~ 31),2017.05

  • 特集「地方創生と学ー地域を育む土木の「知」と「人」ー」

    松本茂, 浅田拓海,佐藤正己,中村公一,山中亮一,土木学会誌,vol.101,(12),(p.6 ~ 37),2016.12

Research reports 【 display / non-display

  • 台風10号被害が道路交通ネットワーク流に与えた影響に関する調査

    有村 幹治, 浅田 拓海,室蘭工業大学紀要,vol.67,(p.21 ~ 28),2018.03

  • 空間系ビッグデータ適用による北海道地方都市のコンパクトシティ施策立案支援に関する研究

    有村 幹治 ・松田 真宜・浅田 拓海・長谷川裕修,北海道開発協会開発調査総合研究所 平成26年度助成研究論文集,(p.15 ~ 59),2014

Presentaion at conference, meeting, etc. 【 display / non-display

  • マクロ交通シミュレーションを用いたオールドニュータウンへのオンデマンド交通導入評価

    佐々木悠貴,有村幹治,浅田拓海,第65回土木計画学研究発表会,土木学会,土木計画学研究・講演集,2022.06.04

  • 車載カメラを用いた電動キックボードの走行挙動計測に関する基礎的研究

    日原弘貴,布広祥平,有村幹治,浅田拓海,第65回土木計画学研究発表会,土木学会,土木計画学研究・講演集,2022.06.04

  • 北海道胆振東部地震発災前後における札幌市民の防災意識の変化

    髙田光太,古田叶美,浅田拓海,有村幹治,第65回土木計画学研究発表会,土木学会,土木計画学研究・講演集,2022.06.04

  • COVID-19感染拡大時における建物種別滞在人口の変化

    佐藤陽介,石川玲衣,浅田拓海,有村幹治,第65回土木計画学研究発表会,土木学会,土木計画学研究・講演集,2022.06.04

  • IoT/AIを用いた道路データコレクションとネットワークレベル評価ー地域課題の解決に資する道路施策に向けてー

    浅田拓海,農業農村工学会農村道路研究部会,農村道路研究部会会報 第31号,(p.16-21),2022.02.17

display all >>

 

Class subject in charge 【 display / non-display

  • 確率統計(Aクラス)

    2022,Department

  • 測量学実習

    2022,Department

  • 測量学

    2022,Department

  • 建設マネジメント

    2022,Department

  • 土木応用プログラミング(前半8週)

    2022,Department

display all >>