基本情報

写真a

金 新哲

キン シンテツ


所属センター等1

環境調和材料工学研究センター

職名

助教

電子メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 電子・電気材料工学

  • 電力工学・電力変換・電気機器

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • NMR/MRI

  • 超伝導工学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 物性物理(実験)

    LaOFeP超伝導バルクへのキャリアドープ,LaOCoPバルクの遍歴電子磁性,2007年04月 ~ 2010年03月

  • 低温超伝導応用技術

    加速器用高磁場超伝導磁石,RHQ-Nb3Al超伝導線の電気的及び機械的特性,超伝導線の中性子回折測定と低温引っ張り装置開発,2010年04月 ~ 2013年03月

  • 高温超伝導応用技術

    希土類系超伝導NMR/MRI研究,HTS線の超伝導接合技術の開発,REBCO線の多芯化,2013年04月 ~ 2017年

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)

職歴 【 表示 / 非表示

  • 大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構(KEK),博士研究員

    2010年04月 ~ 2013年03月

  • 国立研究開発法人 理化学研究所,研究員

    2013年04月 ~ 2016年10月

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 公益社団法人 低温工学・超電導学会

その他の受賞(官庁・民間団体表彰、感謝状等) 【 表示 / 非表示

  • 卓越研究員

    2016年,文部科学省

 

高温超伝導応用技術の研究開発

次世代の高磁場&高分解能NMR/MRIの開発に向けて

研究開発の目的

(1)高温超伝導線の低抵抗接合と永久電流コイルの開発 (2)世界最高磁場NMR/MRIの要素技術開発

研究開発の概要

核磁気共鳴装置(NMR)用高温超伝導磁石の要素研究と開発を行っています。主に、希土類系の高温超伝導であるGdBCO線材の応用技術の開拓を目指し、線材間の超伝導接合と多芯化技術などの開発を進めています。

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • 独創的なアイデアの発想と検証を重視
  • 新規方法の開拓に注力
  • 溶融バルクによる結晶的な接続法(CJMB)
  • 内部スプリット法による多芯化
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • 高臨界電流密度、接続強度の向上、製造の簡便さ(コスト削減、時間短縮)
  • 高臨界電流、高い引張強度、遮蔽電流による磁場の改善、製造の簡便さ(低コスト、短時間加工)
  • “高温超伝導線材の低抵抗接続体および接続方法”,PCT/JP2014/77966, 2014.10.22(国際出願);特願2014-19034, 2014.02.04(国内出願),金 新哲、前田 秀明、柳澤 吉紀
  • “高温超伝導多芯テープ線、その製造方法、および製造装置”,PCT/JP2015/072393, 2015.08.06(国際出願);特願2014-164590, 2014.08.12(国内出願),金 新哲、前田 秀明
 

著書 【 表示 / 非表示

  • Neutron Diffraction: Principles, Instrumentation and Applications

    Xinzhe Jin (Sole editor),Nova Science Publishers, Inc,2013年,978-1-62808-725-3

論文 【 表示 / 非表示

  • Development of a REBa2Cu3O7-δ multi-core superconductor with 'inner split' technology

    Xinzhe Jin, Hidetoshi Oguro, Yugo Oshima, Tetsuro Matsuda and Hideaki Maeda,Superconductor Science and Technology,29巻,Article Number:045006,2016年

  • Advanced field shimming technology to reduce the influence of a screening current in a REBCO coil for a high-resolution NMR magnet

    S Iguchi, R Piao, M Hamada, S Matsumoto, H Suematsu, T Takao, A T Saito, J Li, H Nakagome, X Jin, M Takahashi, H Maeda and Y Yanagisawa,Superconductor Science and Technology,29巻,Article Number:045013,2016年

  • Combination of high hoop stress tolerance and a small screening current-induced field for an advanced Bi-2223 conductor coil at 4.2K in an external field

    Y Yanagisawa, Y Xu, S Iguchi, M Hamada, S Matsumoto, G Nishijima, H Nakagome, T Takao, H Suematsu, Y Oshima, X Jin, M Takahashi and H Maeda,Superconductor Science and Technology,28巻,Article Number:125005,2015年

  • Effect of epoxy impregnation on strain distribution of materials in Bi2223 superconducting coils by using synchrotron X-ray diffraction

    Xinzhe Jin, Kozo Osamura, Shutaro Machiya, Kentaro Kajiwara, Takahisa Shobu, Hideaki Maeda,Journal of Alloys and Compounds,650巻,(頁 444 ~ 449),2015年

  • Development of a superconducting joint between a GdBa2Cu3O7-δ-coated conductor and YBa2Cu3O7-δ bulk: towards a superconducting joint between RE (Rare Earth) Ba2Cu3O7-δ-coated conductors

    Xinzhe Jin, Yoshinori Yanagisawa, Hideaki Maeda and Yoshiki Takano,Superconductor Science and Technology,28巻,Article Number:075010,2015年

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Magnetism and Interlayer Distance of MnPS3 Controlled by Intercalation and Applying High Pressure

    Toshihiro Masubuchi, Xinzhe Jin, Kazuko Koyama, Yumiko Takahashi, Kouichi Takase, Yoshiya Uwatoko, Yoshiki Takano, and Kazuko Sekizawa,AIP Conference Proceedings,850巻,(頁 1279 ~ 1280),2006年,Orlando

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • 量子ビームによる実用超電導線材および導体中の局所歪の非侵襲的測定の最近の進歩

    長村 光造、町屋 修太郎、土屋 佳則、鈴木 裕士、淡路 智、高橋 弘紀、小黒 英俊、Stefanus HARJO、辺見 務、中本 建志、金 新哲、菅野 未知央、梶原 賢太郎,低温工学学会誌,49巻,9号,(頁 475 ~ 484),2014年

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Deployment of a high-temperature superconductivity application research project of Leading Initiative for Excellent Young Researchers (LEADER) in Muroran Institute of Technology

    Xinzhe Jin,29th International Superconductivity Symposium (ISS2016),National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST),ISS2016 Program & Abstracts,2016年12月13日,Tokyo,Japan

  • Progress of the development for superconducting joint between RE123-coated conductors by CJMB method

    Xinzhe Jin, Hideaki Maeda,1st Asian ICMC and CSSJ 50th Anniversary Conference,International Cryogenic Materials Conference in Asia (Asian ICMC), Cryogenics and Superconductivity Society of Japan (CSSJ),1st Asian ICMC-CSSJ 50th Anniversary Conference,2016年11月07日,Kanazawa,Japan

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 先進マテリアル工学概論

    2017年度,博士前期課程