基本情報

写真a

金 新哲

キン シンテツ


所属センター等1

環境調和材料工学研究センター

担当専攻 博士前期課程

生産システム工学系専攻

職名

助教

電子メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 電子・電気材料工学

  • 電力工学・電力変換・電気機器

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • NMR/MRI

  • 超伝導工学

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 物性物理(実験)

    LaOFeP超伝導バルクへのキャリアドープ,LaOCoPバルクの遍歴電子磁性,2007年04月 ~ 2010年03月

  • 低温超伝導応用技術

    加速器用高磁場超伝導磁石,RHQ-Nb3Al超伝導線の電気的及び機械的特性,超伝導線の中性子回折測定と低温引っ張り装置開発,2010年04月 ~ 2013年03月

  • 高温超伝導応用技術

    希土類系超伝導NMR/MRI研究,HTS線の超伝導接合技術の開発,REBCO線の多芯化,2013年04月 ~ 2018年

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)

職歴 【 表示 / 非表示

  • 大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構(KEK),博士研究員

    2010年04月 ~ 2013年03月

  • 国立研究開発法人 理化学研究所,研究員

    2013年04月 ~ 2016年10月

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 公益社団法人 低温工学・超電導学会

  • 公益社団法人 日本金属学会

その他の受賞(官庁・民間団体表彰、感謝状等) 【 表示 / 非表示

  • 卓越研究員

    2016年,文部科学省

 

高温超電導応用技術の研究開発

次世代の高磁場&高分解能NMR/MRIの開発に向けて

研究開発の目的

高磁場NMR/MRIの開発に向けて、実用的な技術の確立を目指している。(1)高温超電導線材の極低抵抗接合と永久電流磁石の技術 (2)REBCO多芯テープ線材の製造技術

研究開発の概要

物質構造解析用の核磁気共鳴装置(NMR)と医療診断用の磁気共鳴画像(MRI)、および現在建設中である最高時速500kmを上回る超電導リニア新幹線(東京―名古屋間、2027年開通予定)などは内部に超電導コイルの磁石が組み込まれている。超電導コイルは、線材の両端を超電導に接合すれば永久電流(一度電気を流すと外部電源からの供電なしで数年間に運転する)を流すことができる。現在応用されている超電導線材はNbTiなどの低温超電導(金属系)であり、将来にはさらに大きい電流を流せるBi2223、RE123などの高温超電導(セラミックス系)が有望視されている。しかし、高温超電導は電気伝導性能が結晶方位に敏感であるため、金属のような溶接による多結晶的な接合に適せず、またセラミックスの材質であるため、押し出し成形による多芯化ができず、現在応用面では多くの課題が取り残されている。我々はこのような課題の解決に向けて、次世代NMR/MRI用高温超電導磁石の要素研究と開発を行っている。主に、Bi系のBi2223多芯線材と、希土類系のGdBCO線材について、線材間の超電導接合と多芯化技術などの開発を進めている。GdBCO線材間の接合においては、線材のGdBCO層を溶融させず、分解溶融温度が低いYbBCOバルクを中間媒体とした溶融成長法と、複数バルクによるマルチジャンクション法を開発している。Fig. 1にその接合原理を示した。接合界面(Junction)はYbBCOから分解溶融された液体により接着され、かつバルク側の界面での液相成長により超電導電流パスが形成される。

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • 独創的なアイデアの発想と検証を重視
  • 新規方法の開拓に注力
  • 溶融バルクによる結晶的な接続法(CJMB)とマルチジャンクション法を併用
  • セラミックスの脆性を利用した内部スプリット法による多芯化
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • 接合:高い臨界電流、実用的な接合強度、製造の簡便さ(コスト削減、時間短縮)
  • 多芯化:高い臨界電流、高い引張強度、遮蔽電流による磁場の改善、製造の簡便さ(低コスト、短時間加工)
  • “高温超伝導線材の接続体”,特願2017-165142, 2017.08.30(国内出願),金 新哲、前田 秀明、柳澤 吉紀
  • “高温超伝導線材の低抵抗接続体および接続方法”,PCT/JP2014/77966, 2014.10.22(国際出願);特願2014-19034, 2014.02.04(国内出願),金 新哲、前田 秀明、柳澤 吉紀
  • “高温超伝導多芯テープ線、その製造方法、および製造装置”,PCT/JP2015/072393, 2015.08.06(国際出願);特願2014-164590, 2014.08.12(国内出願),金 新哲、前田 秀明
 

著書 【 表示 / 非表示

  • Neutron Diffraction: Principles, Instrumentation and Applications

    Xinzhe Jin (Sole editor),Nova Science Publishers, Inc,2013年,978-1-62808-725-3

論文 【 表示 / 非表示

  • Measurement of persistent current in a Gd123 coil with a superconducting joint fabricated by the CJMB method

    Xinzhe Jin, Yoshinori Yanagisawa, Hideaki Maeda,IEEE Transactions on Applied Superconductivity,28巻,3号,2018年

  • Screening current induced magnetic field in REBCO superconducting coil wound by using split wire having intermittent inner split

    Tetsuro Matsuda, Xinzhe Jin, Tetsuji Okamura,Cryogenics,86巻,(頁 38 ~ 41),2017年07月

  • Development of a REBa2Cu3O7-δ multi-core superconductor with 'inner split' technology

    Xinzhe Jin, Hidetoshi Oguro, Yugo Oshima, Tetsuro Matsuda and Hideaki Maeda,Superconductor Science and Technology,29巻,Article Number:045006,2016年

  • Advanced field shimming technology to reduce the influence of a screening current in a REBCO coil for a high-resolution NMR magnet

    S Iguchi, R Piao, M Hamada, S Matsumoto, H Suematsu, T Takao, A T Saito, J Li, H Nakagome, X Jin, M Takahashi, H Maeda and Y Yanagisawa,Superconductor Science and Technology,29巻,Article Number:045013,2016年

  • Combination of high hoop stress tolerance and a small screening current-induced field for an advanced Bi-2223 conductor coil at 4.2K in an external field

    Y Yanagisawa, Y Xu, S Iguchi, M Hamada, S Matsumoto, G Nishijima, H Nakagome, T Takao, H Suematsu, Y Oshima, X Jin, M Takahashi and H Maeda,Superconductor Science and Technology,28巻,Article Number:125005,2015年

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Magnetism and Interlayer Distance of MnPS3 Controlled by Intercalation and Applying High Pressure

    Toshihiro Masubuchi, Xinzhe Jin, Kazuko Koyama, Yumiko Takahashi, Kouichi Takase, Yoshiya Uwatoko, Yoshiki Takano, and Kazuko Sekizawa,AIP Conference Proceedings,850巻,(頁 1279 ~ 1280),2006年,Orlando

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • 量子ビームによる実用超電導線材および導体中の局所歪の非侵襲的測定の最近の進歩

    長村 光造、町屋 修太郎、土屋 佳則、鈴木 裕士、淡路 智、高橋 弘紀、小黒 英俊、Stefanus HARJO、辺見 務、中本 建志、金 新哲、菅野 未知央、梶原 賢太郎,低温工学学会誌,49巻,9号,(頁 475 ~ 484),2014年

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • CJMB法によるGd123線間の超伝導接合の臨界電流

    金 新哲、柳澤 吉紀、前田 秀明,2017年度秋季(第95回)低温工学・超電導学会,公益社団法人 低温工学・超電導学会,第95回 2017年度秋季 低温工学・超電導学会 講演概要集,(頁 106-106),2017年11月21日,高知,日本

  • Measurement of persistent current Gd123 coil for superconducting joint fabricated by CJMB method

    Xinzhe Jin, Yoshinori Yanagisawa, Hideaki Maeda,25th International Conference on Magnet Technology (MT25),MT25 Conference 2017 - Timetable, Abstracts, Orals and Posters (Book of Abstracts),2017年08月27日,Amsterdam,the Netherlands

  • CJMB法によるGd123線材間の超伝導接合と永久電流コイル測定

    金 新哲、柳澤 吉紀、前田 秀明,2017年度春季(第94回)低温工学・超電導学会,公益社団法人 低温工学・超電導学会,第94回 2017年度春季 低温工学・超電導学会 講演概要集,(頁 14-14),2017年05月22日,東京,日本

  • Deployment of a high-temperature superconductivity application research project of Leading Initiative for Excellent Young Researchers (LEADER) in Muroran Institute of Technology

    Xinzhe Jin,29th International Superconductivity Symposium (ISS2016),National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST),ISS2016 Program & Abstracts,2016年12月13日,Tokyo,Japan

  • Progress of the development for superconducting joint between RE123-coated conductors by CJMB method

    Xinzhe Jin, Hideaki Maeda,1st Asian ICMC and CSSJ 50th Anniversary Conference,International Cryogenic Materials Conference in Asia (Asian ICMC), Cryogenics and Superconductivity Society of Japan (CSSJ),1st Asian ICMC-CSSJ 50th Anniversary Conference,2016年11月07日,Kanazawa,Japan

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 先進マテリアル工学概論

    2017年度,博士前期課程