基本情報

写真a

樋口 健

ヒグチ ケン


所属センター等1

航空宇宙機システム研究センター

担当専攻 博士前期課程

生産システム工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

機械航空創造系学科

職名

教授

電子メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 航空宇宙工学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 構造力学

  • 宇宙工学

  • 宇宙機

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 宇宙構造物の構造概念

    航空宇宙機,宇宙構造物,構造概念,1983年 ~ 2016年

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 宇宙構造物の構造概念と機構

    1993年 ~ 2016年

  • 衛星構造

    1993年 ~ 2016年

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士

職歴 【 表示 / 非表示

  • 文部省宇宙科学研究所、独立行政法人宇宙航空研究開発機構、助教授、教授

    1993年04月01日 ~ 2010年05月15日

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本航空宇宙学会

  • アメリカ航空宇宙学会

  • アメリカ機械学会

  • 日本機械学会

学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本AEM学会著作賞

    1998年,日本AEM学会

  • 土木学会論文賞

    1999年,土木学会

  • 日本機械学会宇宙工学部門一般表彰スペースフロンティア

    2014年03月27日,日本機械学会

 

宇宙構造物の概念

研究開発の目的

人工衛星、月惑星探査機、軌道上構造物、月惑星面構造物、およびこれらに適用される機構を、システム工学の観点から研究する

研究開発の概要

宇宙構造物を構造力学からのみ研究するのではなく、あるべき構造形態やシステム検討から研究する
研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
 

著書 【 表示 / 非表示

  • きちんと知りたい!飛行機メカニズムの基礎知識

    共著,日刊工業新聞社,第4章機体の構造および材料,(頁 183),2018年01月,978-4-526-07785-2

  • 航空宇宙工学便覧 第3版

    共著,丸善,C5.7.1.構造設計で配慮すべき項目と設計基準,C5.7.2.人工衛星の構造材料,(頁 1149),2005年11月

  • ケーブル・スペース構造の基礎と応用

    共著,土木学会,第11章 宇宙における展開型ケーブル・膜面構造とその課題,(頁 341),1999年10月

  • 知的複合材料と知的適応構造物

    共著,養賢堂,第8章 宇宙構造物の振動制御,(頁 194),1996年

論文 【 表示 / 非表示

  • Deployment behavior control using cables and bi-shape memory alloy convex tape booms

    Nobuhisa Katsumata, Masaru Kume, Ken Higuchi,ADVANCES IN MECHANICAL ENGINEERING,Volume 9巻,No.7号,(頁 1 ~ 8),2017年07月

  • Covering Pressure and Friction Effect on Bending Stiffness and Natural Frequency for Braid-coated Biconvex Tape Boom

    Nobuhisa KATSUMATA, Ryota GOTO, Ren FUCHIZAWA, Ken HIGUCHI,TRANSACTIONS OF THE JAPAN SOCIETY FOR AERONAUTICAL AND SPACE SCIENCES, AEROSPACE TECHNOLOGY JAPAN,Vol.14巻,No.ists30号,(頁 51 ~ 57),2016年11月

  • Achievement of Long-term On-orbit Operation of the SIMPLE Inflatable Extension Mast

    Ken HIGUCHI, Hiroshi FURUYA, Yasuyuki MIYAZAKI, Takahira AOKI, Choji YOSHIDA, Akihito WATANABE, Kazuki WATANABE,Trans. JSASS, Aerospace Tech. Japan,Vol.14巻,No.ists30号,(頁 Pc_13-Pc_17 ~ ),2016年05月

  • 面計測と点計測を統合した大型宇宙構造物の高精度形状計測法の提案

    岩佐貴史,岸本直子,樋口 健,藤垣元治,小木曽望,航空宇宙技術,Vol.12巻,(頁 95 ~ 103),2015年07月

  • An Error Elimination Method for Surface Shape Measurement using the Grating Projection Method

    Takashi IWASA, Masanori HIRAMATSU, Naoko KISHIMOTO, Ken HIGUCHI, and Motoharu FUJIGAKI,JSASS Aerospace Tech. Japan,Vol.12巻,No.ists29号,(頁 81 ~ 88),2014年12月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Weightless Construction of High Tower to the Stratosphere

    Ryojiro Akiba, Ken Higuchi, Ryuichi Mitsuhashi, Riho Hiramoto and Junya Sasaki,31st International Symposium on Space Technology and Science,ISTS,2017年06月,Matsuyama

  • Surface Shape Measuring Method for Space Structures based on Images in Ultra Violet Range

    Naoko KISHIMOTO, Takashi IWASA, and Ken Higuchi,31st International Symposium on Space Technology and Science,ISTS,2017年06月,Matsuyama

  • Deployment Behavior Control using Cables and Bi-SMA-Convex Tape Booms

    Nobuhisa Katsumata, Masaru Kume, Ken Higuchi,26th International Conference on Adaptive Structures and Technologies (ICAST2015),26th International Conference on Adaptive Structures and Technologies (ICAST2015),2015年10月,Kobe

  • Development of High Precision Reflector for Balloon-Borne Radio Telescope

    Yasutaka Satou, Akihiro Doi, Kosei Ishimura, Hiroaki Tanaka, Yoshiro Ogi, Ken Higuchi, Yusuke Kono, Kimihiro Kimura,Proceedings of the 30th International Symposium on Space Technology and Science,ISTS,2015年07月,Kobe

  • Coating Pressure Effects on Bending and Torsional Stiffness for Braid Coated Bi-Convex Tape Boom

    Ryota Goto, Ren Fuchizawa, Nobuhisa Katsumata, and Ken HIGUCHI,Proceedings of the 30th International Symposium on Space Technology and Science,ISTS,2015年07月,Kobe

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • 宇宙インフレータブル構造の宇宙実証(SIMPLE)~その2

    岸本 直子, 石澤 淳一郎, 青木 隆平, 樋口 健, SIMPLEプロジェクトチーム,日本航空宇宙学会誌,65巻,5号,(頁 137 ~ 143),2017年05月

  • 宇宙インフレータブル構造の宇宙実証(SIMPLE)~その1

    青木 隆平, 樋口 健, 岸本 直子, 石澤 淳一郎, SIMPLEプロジェクトチーム,日本航空宇宙学会誌,65巻,4号,(頁 100 ~ 107),2017年04月

  • 日本にも宇宙港を作ろう

    樋口 健,日本機械学会誌,Vol.115巻,No.1119号,(頁 110 ~ ),2012年02月

  • 宇宙に広げる膜面構造物ー生物の羽に学ぶ

    岸本直子,樋口 健,未来材料,(頁 2 ~ 5),2008年01月

  • 低重力環境用打ち込み式試料採取器の捕集効率

    藤原 顯,安部正真,長谷川 直,島田孝典,小野瀬直美,矢野 創,樋口 健,澤井秀次郎,川口淳一郎,高木 周,高木靖彦,高山和喜,野中 聡,岡野康一,三輪治代美,奥平俊暁,矢島 暁,日本マイクログラビティ応用学会誌,Vol.17巻,No.3号,(頁 178 ~ 182),2000年03月

全件表示 >>

研究報告 【 表示 / 非表示

  • Surface Shape Measurement by Grating Projection Method in Aerospace Structures

    Ken HIGUCHI, Motoharu FUJIGAKI, Takayuki SHIOKAWA, Naoko KISHIMOTO, and Takashi IWASA,Memoir of Muroran Institute,46号,(頁 77 ~ 84),2015年01月

  • オオワシⅡ構造系開発

    樋口 健,勝又暢久,室蘭工業大学紀要,46号,(頁 39 ~ 44),2015年01月

  • Tethered Solar Power Satellite

    S. Sasaki, K. Tanaka, K. Higuchi, N. Okuizumi, S. Kawasaki, M. Shinohara, K. Senda, K. Ishimura, and USEF SSPS Study Team,JAXA Research and Development Report, ISSN 1349-113,ISSN 1349-113, JAXA RR-03-005E号,2004年03月

  • Effects of Loading-Rate on the Fracture Toughness of Epoxy Encapsulants for the LUNAR-A PENETRATOR

    Mitsugu Todo, KiyoshiI Takahashi, and Ken Higuchi,Reports of Research Institute for Applied Mechanics, Kyushu University,No.121号,(頁 95 ~ 103),2001年09月

  • SFU実験報告 搭載実験編 2D/HV

    名取通弘,國中 均,樋口 健,高橋慶治,小野寺利浩,松村健三,小森 実,川合嘉治,川村達男,対馬正晴,小倉壮一,池上真吾,北村孝之,宇宙科学研究所報告,36号,1997年

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • アンテナ反射鏡の変形計測手法と装置設計

    山﨑健次,樋口健,勝又暢久,岸本直子,岩佐貴史,藤垣元治,第33回宇宙構造・材料シンポジウム,宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所,宇宙航空研究開発機構リポジトリ,2017年12月08日,相模原,日本

  • 物体表面の二次元格子を利用した相対変位の光学的計測法

    樋口 健,勝又暢久,山﨑健次,岸本直子,岩佐貴史,藤垣元治,第61宇宙科学技術連合講演会,日本航空宇宙学会、他共催学協会多数,第61宇宙科学技術連合講演会,2017年10月25日,新潟,日本

  • 平面板構造の折りたたみ方法と構造剛性

    勝又暢久,橋本真之介,ムハマド・ハフィズディン,樋口 健,第61宇宙科学技術連合講演会,日本航空宇宙学会、他共催学協会多数,第61宇宙科学技術連合講演会,2017年10月25日,新潟,日本

  • 画像による複合材料板の変形・ひずみ計測

    岸本直子,藤垣元治,岩佐貴史,樋口 健,勝又暢久,第61宇宙科学技術連合講演会,日本航空宇宙学会、他共催学協会多数,第61宇宙科学技術連合講演会,2017年10月25日,新潟,日本

  • 宇宙構造物における硬い構造と柔らかい構造

    樋口 健,第59回構造強度に関する講演会,日本航空宇宙学会・日本機械学会・宇宙航空研究開発機構,第59回構造強度に関する講演会講演集,(頁 S1-S5),2017年08月04日,福井,日本

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 公益法人等

    2017年07月10日,フロンティア分野,1595000(円)

  • 公益法人等

    2016年06月22日,フロンティア分野,700000(円)

  • 公益法人等

    2015年07月01日,フロンティア分野,700000(円)

  • 公益法人等

    2014年08月25日,フロンティア分野,500000(円)

  • 中小企業

    2014年08月01日,情報通信分野

受託研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 2016年04月01日,情報通信分野,6565000(円)

  • 2015年06月11日,情報通信分野,9607000(円)

  • 公益法人等

    2015年01月01日,情報通信分野,195000(円)

  • 2014年08月01日,情報通信分野,416000(円)

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 計測対象の大きさによらない高精度動的表面形状計測法

    2015年度 ~ 2017年度,基盤研究(C),15K06594

  • 衛星搭載を目指したリアルタイム膜面形状計測法の確立

    2009年度 ~ 2011年度,基盤C一般,21560824

特許・実用新案取得 【 表示 / 非表示

  • 紫外線領域を用いた構造物の形状計測法

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 航空宇宙構造工学I

    2018年度,学部

  • 地域社会概論

    2018年度,学部

  • 航空宇宙工学セミナーI

    2018年度,学部

  • 航空宇宙工学特別講義

    2018年度,学部

  • 航空宇宙構造工学特論

    2018年度,博士前期課程

全件表示 >>

教材開発 【 表示 / 非表示

  • きちんと知りたい!飛行機メカニズムの基礎知識

    2018年01月,東野和幸,上羽正純,溝端一秀,今井良二,廣田光智,畠中和明,湊亮二郎,中田大将,樋口 健,境 昌宏,勝又暢久, (頁 183),日刊工業新聞社

 

講演 【 表示 / 非表示

  • 宇宙構造物における硬い構造と柔らかい構造

    2017年08月04日,日本航空宇宙学会

調査研究会 【 表示 / 非表示

  • 宇宙太陽発電システム外部評価委員会

    2015年度,委員,宇宙航空研究開発機構(JAXA)

  • 宇宙太陽発電利用調査研究

    2006年度 ~ 2007年度,委員,無人宇宙実験システム研究開発機構(USEF),宇宙太陽発電利用委員会

  • ユビキタス時代の衛星通信システムに関する調査研究

    2004年度 ~ 2005年度,委員,総務省情報通信政策局宇宙通信政策課,ユビキタス時代の衛星通信システムに関する調査研究会

  • 宇宙太陽発電システム専門委員会構造システム検討

    2003年度,委員長,無人宇宙実験システム研究開発機構(USEF),宇宙太陽発電システム専門委員会構造システム検討会

  • 宇宙太陽発電システム調査検討

    2002年度 ~ 2004年度,委員,無人宇宙実験システム研究開発機構(USEF),宇宙太陽発電システム専門委員会