基本情報

写真a

柴田 傑

シバタ タケシ


担当専攻 博士前期課程

情報電子工学系専攻

担当学科

情報電子工学系学科

職名

助教

電子メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 知能情報学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • モーションキャプチャ

  • 拡張現実

  • 仮想現実

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学大学院

    2012年03月,博士後期,工学資源学研究科,電気電子情報システム工学,修了,日本

 
 

論文 【 表示 / 非表示

  • Low-dimensional Feature Vector Extraction from Motion Capture Data by Phase Plane Analysis

    Takeshi Miura, Takaaki Kaiga, Takeshi Shibata, Katsubumi Tajima, Hideo Tamamoto,Journal of Information Processing (Technical Note),25巻,(頁 884 ~ 887),2017年09月

  • Physical Constitution Adjustment for a Human Body Model Used in Motion Capture Data Analysis

    Takeshi Miura, Takaaki Kaiga, Takeshi Shibata, Katsubumi Tajima,Hideo Tamamoto,IEEJ Transactions on Electrical and Electronic Engineering,11巻,32号,(頁 S140 ~ S141),2016年12月

  • Sensor Number Reduction in Skelton Estimation from Magnetic Motion Capture Data

    Takeshi Miura, Takaaki Kaiga, Katsubumi Tajima, Takeshi Shibata, Hideo Tamamoto,Journal of Information Processing (Technical Note),23巻,5号,(頁 704 ~ 707),2015年09月

  • 学習者中心のインタラクティブ舞踊学習支援システムの開発

    柴田傑,玉本英夫,松本奈緒,三浦武,横山洋之,電子情報通信学会論文誌D,J97-D巻,5号,(頁 1014 ~ 1023),2014年05月

  • Adaptive Keypose Extraction from Motion Capture Data

    Takeshi Miura, Takaaki Kaiga, Hiroaki Katsura, Katsubumi Tajima, Takeshi Shibata, Hideo Tamamoto,Journal of Information Processing,20巻,1号,(頁 67 ~ 75),2014年01月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Development of an Uchi Self-learning System for Mutsumi-ryu-style Shamisen Using VR Environment

    Takeshi Shibata, Kazutaka Mitobe, Takeshi Miura, Katsuya Fujiwara,Masachika Saito, and Hideo Tamamoto,Intelligent Robotics and Applications 9th International Conference,(頁 359 ~ 370),Springer,2016年08月,Tokyo

  • A Motion Style Estimator for Lost Folk Dances in Akita Prefecture

    Takeshi Miura,Takaaki Kaiga, Takeshi Shibata, Hiroaki Katsura, Katsubumi Tajima, Hideo Tamamoto,Proceeding SA '15 SIGGRAPH Asia 2015 Posters,(頁 2 ~ ),2015年11月,Kobe, Japan

  • Coupled Motion Capture and Text Analysis of Japanese Folk Dance

    Takeshi Miura,Takaaki Kaiga,Takeshi Shibata,Hiroaki Katsura,Katsubumi Tajima,Hideo Tamamoto,Proceeding SA '14 SIGGRAPH Asia 2014 Posters,(頁 7 ~ ),2014年12月,Shenzhen, China

  • A CG Contents Production System for Explaining Human Motions in a Digital Museum

    Takeshi Shibata, Takashi Yukawa, Takaaki Kaiga, Hiroshi Yokoyama, Hideo Tamamoto,Proc. of ICMR 2009 Posters,(頁 AP27 ~ ),2009年10月,Akita, Japan

研究報告 【 表示 / 非表示

  • Motion Characteristics of Bon Odori Dances in Areas along Ushu Kaido Road in Akita Domain

    Takeshi Miura,Takaaki Kaiga, Takeshi Shibata, Hiroaki Katsura, Madoka Uemura,Katsubumi Tajima, Hideo Tamamoto,じんもんこん2015論文集,2015巻,(頁 269 ~ 276),2015年12月

  • 秋田県の民俗芸能研究におけるモーションキャプチャデータの活用

    三浦武,海賀孝明,柴田傑,桂博章,田島克文,玉本英夫,情報処理学会研究報告人文科学とコンピュータ(CH),2015-CH-108巻,5号,(頁 1 ~ 6),2015年10月

  • Coupled Motion Capture and Text Analysis of the Bon Odori Dances of Akita Prefecture

    Takeshi Miura, Takaaki Kaiga, Hiroaki Katsura, Takeshi Shibata, Katsubumi Tajima, Hideo Tamamoto,じんもんこん2014論文集,2014巻,3号,(頁 23 ~ 30),2014年12月

  • CGを用いた身体動作解説コンテンツ作成ツールの提案

    柴田傑,湯川崇,海賀孝明,横山洋之,玉本英夫,情報処理学会研究報告人文科学とコンピュータ(CH),2008-CH-80-1巻,(頁 1 ~ 8),2008年12月

  • 舞踊符自動生成のための自己組織化マップによる動作の分割化

    柴田傑,湯川崇,海賀孝明,門脇さくら,横山洋之,玉本英夫,秋田大学工学資源学部研究報告,28号,(頁 14 ~ 28),2007年10月

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • アクティブラーニングにおけるゲーミング・シミュレーションの活用2

    井門正美,柴田傑,久保山力也,伊藤慎一,笠原大輝,渡部育子,阿部修之,石毛あゆみ,鎌田達也,嶽石亮,日本シミュレーション&ゲーミング学会 2016年度秋季全国大会,日本シミュレーション&ゲーミング学会 全国大会論文報告集 2016年秋号,(頁 66-77),2016年11月12日

  • 簡易型モーションキャプチャを用いた三味線の運指計測手法の検討

    大向飛翔,柴田傑,平成28年度 電気・情報関係学会 北海道支部連合大会,平成28年度 電気・情報関係学会 北海道支部連合大会講演論文集,(頁 156),2016年11月05日

  • 畳みこみニューラルネットワークのためのモーションデータ画像化手法の提案

    岩田昌樹,柴田傑,第21回 日本バーチャルリアリティ学会大会,第21 回日本バーチャルリアリティ学会大会論文集,(頁 21B05),2016年09月14日

  • Development of an Uchi Self-learning System for Mutsumi-ryu-style Shamisen Using VR Environment

    Takeshi Shibata, Kazutaka Mitobe, Takeshi Miura, Katsuya Fujiwara,Masachika Saito, and Hideo Tamamoto,Intelligent Robotics and Applications 9th International Conference,Intelligent Robotics and Applications 9th International Conference, ICIRA 2016,(頁 359-370),2016年08月22日,Japan

  • アクティブラーニングにおけるゲーミング・シミュレーションの活用1

    井門正美,久保山力也,伊藤慎一,柴田傑,武田竜太,阿部修之,鎌田達也,嶽石亮,日本シミュレーション&ゲーミング学会 2016年度春季全国大会,日本シミュレーション&ゲーミング学会 全国大会論文報告集 2016年春号,(頁 72-81),2016年05月28日

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • プロジェクションマッピングを用いた三味線の学習支援システムの構築

    2015年度 ~ 2017年度,若手研究(B),15K16103

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 情報リテラシー演習

    2017年度,学部

  • ビジネスシステムデザイン基礎演習

    2017年度,学部

  • 情報工学演習A

    2017年度,学部

  • 情報システム学総合演習

    2016年度,学部

  • コンピュータ知能学総合演習

    2016年度,学部

全件表示 >>