基本情報

写真a

長船 康裕

オサフネ ヤスヒロ


担当専攻 博士前期課程

生産システム工学系専攻

担当学科

機械航空創造系学科

職名

講師

電子メールアドレス

メールアドレス

ホームページURL

http://www.mmm.muroran-it.ac.jp/~osafune/index-j.html

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 機械材料学

  • 材料強度学

  • 破壊力学

  • 材料加工学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 材料強度

  • 熱処理

  • 鋳鉄

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 室蘭工業大学・大学院

    1991年03月,修士,工学研究科,金属工学専攻,修了

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 室蘭工業大学

    1989年03月,工学部,金属工学科,卒業

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本鋳造工学会

  • 日本金属学会

  • 粉体粉末冶金協会

  • 日本機械学会

学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日下賞

    2001年05月12日,日本鋳造工学会

  • 2013年度日本機械学会賞(論文)

    2014年04月18日,一般社団法人 日本機械学会

 

高強度・高靱性鋳鉄の開発

研究開発の目的

鋳造条件や熱処理によって鋳鉄の強度と靱性を向上させる.

研究開発の概要

オーステンパ熱処理によって高強度・高靱性鋳鉄を作る.オーステンパ球状黒鉛鋳鉄の湿潤環境中の脆化現象について研究する.
研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • ADIの付着水による脆化メカニズムを明らかする.
  • 湿潤環境中におけるADIの脆化抑制方法を明らかにする.
  • ADIが湿潤環境中で脆化しない方法を明らかにした.
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • 我々の手法によって湿潤環境で脆化しないADIが得られる.
  • 特許3704676
 

著書 【 表示 / 非表示

  • 室蘭工大 未来をひらく技術と研究

    佐藤一彦,関根ちひろ,桃野正,長船康裕,他37名,北海道新聞社,温故知新 鋳物の新たな可能性,(頁 8),2014年07月

  • 鋳物技術者と機械設計技術者のための新版 鋳鉄の材質

    中江秀雄,堀江 皓,木口昭二,野口徹,小松眞一郎,香川明男,平塚貞人,菅野利猛,水野慎也,石原 安興,野口昌彦,藤川貴朗,米田博幸,旗手稔,清水一道,堀川紀孝,清水宏明,長船康裕,笹栗信也,頓所政次,日本鋳造工学会,第3章鋳鉄の機械的性質及び諸性質 3.12オーステンパ球状黒鉛鋳鉄,(頁 3),2012年05月

論文 【 表示 / 非表示

  • Simulation of rolling contact fatigue strength for traction drive elements (comparison with fatigue test)

    Yukihito NARITA, Masashi YAMANAKA, Toshiharu KAZAMA, Yasuhiro OSAFUNE, Tomoya MASUYAMA,Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing,12巻,1号,(頁 JAMDSM0024 ~ ),2018年02月

  • Erosion of Grooved Surfaces by Cavitating Jet with Hydraulic Oil

    Toshiharu Kazama, Kento Kumagai, Yasuhiro Osafune, Yukihito Narita, Shohei Ryu,Journal of Flow Control, Measurement&Visualization,3号,(頁 41 ~ 50),2015年03月

  • Effect of crowning radius on rolling contact fatigue strength for traction drive elements (Evaluation by simulation)

    Yukihito NARITA, Naoto KATO, Masashi YAMANAKA, Toshiharu KAZAMA, Yasuhiro OSAFUNE, Tomoya MASUYAMA,Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing,8巻,6号,(頁 JAMDSM0081 ~ ),2014年08月

  • 肉厚2㎜の薄肉球状黒鉛鋳鉄のミクロ組織に及ぼす炭素量とけい素量の影響

    王強,長船康裕,田湯善章,桃野正,鋳造工学,86巻,6号,(頁 471 ~ 475),2014年06月

  • Simulation of Rolling Contact Fatigue Strength forTraction Drive Elements

    Yukihito NARITA, Masashi YAMANAKA, Toshiharu KAZAMA, Yasuhiro OSAFUNE, Tomoya MASUYAMA,Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturing,7巻,3号,(頁 432 ~ 447),2013年05月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • SIMULATION OF ROLLING CONTACT FATIGUE STRENGTH FOR TRACTION DRIVE ELEMENTS (OBTAINING OF S-N CURVE BY FATIGUE TEST)

    Yukihito NARITA, Ryousuke SATO, Tatsuya SASAGAWA, Masashi YAMANAKA, Toshiharu KAZAMA, Yasuhiro OSAFUNE, Tomoya MASUYAMA,Proceedings of the JSME International Conference on Motion and Power Transmissions 2017 (MPT2017),No.17-201巻,11-5号,2017年02月,京都市

  • Effect of Rare-earth Element on Microstructure of Flaky Graphite Cast Iron Contained Ce

    Kengo Ohashi, Yasuhiro Osafune,Wang Qiang, Yoshinori Tayu, Atsuya Toba,Book of abstracts Muroran-IT Rare Earth Workshop 2016,(頁 59),2016年06月,留寿都村(北海道)

  • Effect of Ce as Chilling Inhibitor on Microstructure of Thin Wall Ductile Cast Iron

    Yasuhiro Osafune, Wang Qiang, Yoshinori Tayu, Atsuya Toba, Yoshimitsu Shibata,Book of abstracts Muroran-IT Rare Earth Workshop 2016,(頁 57),2016年06月,留寿都村(北海道)

  • Effects ofoblique surfaces with grooves on erosion by cavitation oil jet

    Toshiharu Kazama, Kento Kumagai, Yasuhiro Osafune, Yuhihito Narita, Shohei Ryu,Proc. The 12th International symposium on fluid control, measurement and visualization,OS1-03-4巻,10pages号,(頁 USB ~ ),2013年11月,Nra, Japan

  • Effect of Carbon Content on Microstructure and Shrinkage of Thin-walled Ductile Cast Iron

    Qiang Wang, Yasuhiro Osafune, Tadashi Momono,Joint Symposium on Mechanical - Industrial Engineering and Robotics 2013,(頁 1),2013年11月,Chiang Mai, Thailand

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • 「超音波による材料評価技術」最近の状況

    鹿毛秀彦,長船康裕,鋳造工学,87巻,11号,(頁 782 ~ 784),2015年11月

  • 室蘭工業大学の機械系設計製図に関する実践教育(製図演習と加工実習の連携を模索して)

    風間俊治,藤木裕行,松本大樹,寺本孝司,長船康裕,設計工学,47巻,5号,(頁 236 ~ 243),2012年

  • ADIの性質と水脆化挙動

    長船康裕,日本鋳造工学会北海道支部会報,129号,(頁 6 ~ 12),2004年

研究報告 【 表示 / 非表示

  • ADIのヤング率に及ぼす熱処理条件の影響

    長船康裕,日本鋳造工学会 研究報告120 鋳造品実態での評価技術の確立に関する研究(Ⅱ),(頁 33 ~ 41),2017年10月

  • 3D積層造形法で製作したマルエージング鋼材の金属組織

    戸羽篤也,鈴木逸人,平野繁樹,長船康裕,葛西勝明,葛西健央,北海道総合研究機構工業試験場報告,316号,(頁 69 ~ 76),2017年08月

  • アルミニウム合金によるセラミクスの鋳ぐるみ

    長船康裕,田中雄一,「鋳造を利用した複合化・接合プロセス」日本学術振興会 鋳物臺4委員会複合化プロセス分科会編,(頁 117 ~ 118),2008年02月

  • ADI材の水脆化現象の特徴とその発生機構

    小松眞一郎,長船康裕,渋谷慎一郎,鋳鉄の高性能化とそのプロセッシング,(頁 161 ~ 176),2006年

  • Influence of water embrittlement effect on mechanical properties of ADI

    小松,京極,長船,田中,谷川,渋谷,近畿大学工業技術研究所研究報告書,4巻,(頁 23 ~ 30),2004年

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 腐食反応を用いたチタン酸ビスマスBi4Ti3O12の作製

    米内山慶之,佐々木大地,長船康裕,紛体粉末冶金協会平成29年度秋季大会,紛体粉末冶金協会,紛体粉末冶金協会平成29年度秋季大会概要集,(頁 72-72),2017年11月09日,京都市

  • 金属の腐食反応を用いたタングステン酸コバルトCoW4の合成

    小島寛史,佐々木大地,長船康裕,紛体粉末冶金協会平成29年度秋季大会,紛体粉末冶金協会,紛体粉末冶金協会平成29年度秋季大会概要集,(頁 71-71),2017年11月09日,京都市

  • 金属光造形複合加工法で造形したマルエージング鋼の硬さに及ぼす 熱処理条件の影響

    蝦名 翔仁, 長船 康裕,戸羽篤也,鈴木 逸人,日本鉄鋼協会,日本金属学会両支部合同H29年度サマーセッション,金属学会北海道支部,日本鉄鋼協会北海道支部,日本鉄鋼協会,日本金属学会両支部合同H29年度サマーセッション概要集,(頁 2),2017年07月14日,室蘭市

  • 腐食合成法を用いたチタン酸カリウムフィラーの作製

    小島 寛史, 長船 康裕,佐々木 大地,日本鉄鋼協会,日本金属学会両支部合同H29年度サマーセッション,日本鉄鋼協会北海道支部,日本金属学会北海道支部,日本鉄鋼協会,日本金属学会両支部合同H29年度サマーセッション概要集,(頁 7),2017年07月14日,室蘭市

  • 腐食反応を用いたチタン酸ビスマスの作製

    米内山 慶之,長船 康裕,佐々木 大地,日本鉄鋼協会,日本金属学会両支部合同H29年度サマーセッション,日本金属学会北海道支部,日本鉄鋼協会北海道支部,日本鉄鋼協会,日本金属学会両支部合同H29年度サマーセッション概要集,(頁 21),2017年07月14日,室蘭市

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 公益法人等

    2017年06月26日,製造技術分野,899800(円)

  • 公益法人等

    2016年06月27日,製造技術分野,495000(円)

  • 中小企業

    2016年03月31日,製造技術分野,330000(円)

  • 中小企業

    2014年06月26日,ナノテクノロジー・材料分野,550000(円)

  • 中小企業

    2011年05月31日,ナノテクノロジー・材料分野,550000(円)

全件表示 >>

受託研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 公益法人等

    2007年07月12日,製造技術分野,2000000(円)

特許・実用新案取得 【 表示 / 非表示

  • ホウ酸アルミニウムのウィスカーの製造方法

    日本,特願2015-153930,特開2017-031016

作品 【 表示 / 非表示

  • オーステンパ球状黒鉛鋳鉄のミクロ組織

    2007年,湯山 将史,長船 康裕,日本機械学会北海道支部フォーラム

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 材料強度学

    2018年度,学部

  • 機械システム工学実験

    2018年度,学部

  • 機械工作法実習I

    2018年度,学部

  • 機械工作法実習I

    2018年度,学部

  • 機械工作法実習I

    2018年度,学部

全件表示 >>

教材開発 【 表示 / 非表示

  • フレッシュマンセミナーブリッジコンテスト荷重台

    2007年,長船康裕

  • 製図用カット模型

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 非破壊検査

    2007年10月19日,日本鋳造工学会,東北大学片平キャンパス,鋳物の高信頼化技術の最前線,未設定

  • 非破壊検査

    2005年10月28日,日本鋳造工学会,北海道大学,鋳鉄品の非破壊評価技術,未設定

技術セミナー 【 表示 / 非表示

  • 金属3Dプリント技法を支える研究開発

    2018年02月19日,北海道機械工業会,札幌市,進化する3Dプリント造形技術の最新動向と応用,講演

  • 超音波試験

    2010年11月09日,日本鋳造工学会,埼玉県川口市,第7回鋳鉄品の超音波試験技術者講習会,企画

  • 超音波試験

    2010年06月23日,日本鋳造工学会,埼玉県川口市,第6回鋳鉄品の超音波試験技術者講習会,企画

  • 鋳造品の接合・複合化の基礎と応用

    2010年,日本鋳造工学会,札幌市,鋳造品の接合・複合化の基礎と応用,企画

  • 超音波試験

    2009年,日本鋳造工学会,埼玉県川口市,第4回鋳鉄品の超音波試験技術者講習会,企画

全件表示 >>

学会委員会 【 表示 / 非表示

  • 編集委員会

    2018年04月01日 ~ 2020年03月31日,論文査読,日本鋳造工学会,全国

  • 機素潤滑設計部門

    2017年04月01日 ~ 2018年03月31日,委員,日本機械学会,全国

学協会役員 【 表示 / 非表示

  • 日本鋳造工学会北海道支部

    2018年04月01日 ~ 2019年03月31日,地方支部,支部役員

  • 日本鋳造工学会

    2017年04月01日 ~ 2018年03月31日,地方支部,支部役員