基本情報

写真a

上井 幸司

ウワイ コウジ


担当専攻 博士前期課程

環境創生工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

応用理化学系学科

職名

准教授

電子メールアドレス

メールアドレス

ホームページURL

http://www3.muroran-it.ac.jp/biocat

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ケミカルバイオロジー

  • 生体関連化学

  • 天然資源系薬学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 生物活性物質

  • アミロイドβ

  • アルツハイマー病

  • 生体触媒

  • 酵素

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 北海道の天然資源を基盤としたアミロイドβ凝集阻害物質の探索と活性機構の解明への活用

    アミロイド,認知症,誘導体化,2011年04月 ~ 2018年03月

  • 天然物化学を基盤とした生物活性物質の創出

    天然物化学,生物活性物質,構造活性相関,1995年04月 ~ 2018年03月

  • 生物機能を利用した新規物質変換反応の開発

    リパーゼ,Pseudomonas putida,2011年04月 ~ 2018年03月

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 東北大学

    1997年03月,博士前期,薬学研究科,立体創薬化学,修了,日本

  • 東北大学

    2000年03月,博士後期,薬学研究科,薬学専攻,修了,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 東北大学

    1995年03月,薬学部,薬学科,卒業,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士

    ドクゼリ(Cicuta virosa)の中枢毒性C17-多価不飽和アルコールの薬学的研究

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 生体触媒化学研究会

  • 日本薬学会

  • 日本薬物動態学会

  • 日本生物工学会

  • 日本食品化学学会

全件表示 >>

学術賞 【 表示 / 非表示

  • 第十五回生体触媒化学シンポジウム ポスター賞

    2011年12月22日,第十五回生体触媒化学シンポジウム実行委員会

  • 日本医療薬学会論文賞

    2013年09月22日,日本医療薬学会

  • Outstanding Poster Award in The 5th Forum on Studies of the Environmental and Public Health Issues in the Asian Mega-cities (EPAM 2014)

    2014年11月10日

  • Best Presentation Award

    2016年09月01日,EPAM2016

 

酵素を用いた物質変換の試み

研究開発の目的

研究開発の目的

私たちヒトをはじめとする生物のなかでは、いつも化学反応が起きています。この化学反応は体の中にある「酵素」が主に行い,エネルギーの供給や解毒などの働きをしています。また、酵素は、私たちが普段食する酒や味噌,納豆などの食品の製造や,洗剤にも利用されています。私達は,このような身の回りにある生物資源の能力を医薬品の合成や環境物質の分解などに応用することを目的として,研究を行っています。

研究開発の概要

研究開発の概要

酵素をはじめとする生体触媒を利用した研究として,次に示すような研究を行っています。①酵素を利用した有機化合物の効率的変換・・・例えば,酵母が違えば、できる酒の味が異なるように,酵母によって化学変換する能力も異なる。そこで、私達は,人類がこれまでに利用して来た酵母をはじめとする生体の酵素の能力を、発酵等の本来の目的以外にも利用し,医薬品や化学物質の新しい製造方法の開発へと発展させるような研究を行っています。②ミミズによる環境汚染物質の分解・・・化学工業の発達によって、化学物質が環境を汚染し、動植物や私たちの生活に影響を及ぼす危険性が指摘されています。そこで、土壌改良能力を有し,増殖能力が高いミミズを用いて土壌中化学物質の無毒化について検討しています。

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • 既知の,あるいは新しい生体触媒を用いて,新規な反応を開発する。そのうえ、本研究で開発される結果は,化学試薬を用いない環境調和型の化学反応である。
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • やってみないとわかりません。出て来た結果次第だと思います。
 

著書 【 表示 / 非表示

  • BIO Clinica

    徳樂清孝、上井幸司,北隆館,量子ドットを用いたAβ凝集阻害物質の微量ハイスループットスクリーニング法,(頁 114),2016年04月

論文 【 表示 / 非表示

  • Simultaneous analysis of major ingredients of Gardenia fruit by HPLC-MS/TQMS method

    M Galaqin, K Uwai, M Yuguchi, T Iwasa,Mongolian J. Chem.,17巻,(頁 34 ~ 37),2016年12月

  • Simple primary β-amino alcohol catalyzed enantioselective Diels-Alder reaction of 3-hydroxy-2-pyridones

    Toshihisa Takahashi, U.V. Subba Reddy, Yoshihito Kohari, Chigusa Seki, Taniyuki Furuyama, Nagao Kobayashi, Yuko Okuyama, Eunsang Kwon, Koji Uwai, Michio Tokiwa, Mitsuhiro Takeshita, Hiroto Nakano,Tetrahedron Letters,57巻,51号,(頁 5771 ~ 5776),2016年11月

  • 2-Azanorbornane-based amine organocatalyst for enantioselective aldol reaction of isatins with ketones

    Ayumi Ogasawara, U.V. Subba Reddy, Chigusa Seki, Yuko Okuyama, Koji Uwai, Michio Tokiwa, Mitsuhiro Takeshita, Hiroto Nakano,Tetrahedron: Asymmetry,27巻,20-21号,(頁 1062 ~ 1068),2016年09月

  • Simple Primary Amino Amide Organocatalyst for Enantioselective Aldol Reactions of Isatins with Ketones

    Jo Kimura, Ummareddy Venkata Subba Reddy, Yoshihito Kohari, Chigusa Seki, Yasuteru Mawatari, Koji Uwai, Yuko Okuyama, Eunsang Kwon, Michio Tokiwa, Mitsuhiro Takeshita, Tatsuo Iwasa and Hiroto Nakano, European Journal of Organic Chemistry,2016巻,(頁 3748 ~ 3756),2016年07月

  • Lipase-Catalyzed Domino Michael-Aldol Reaction of 2-Methyl-1,3-Cycloalkanedione and Methyl Vinyl Ketone for the Synthesis of Bicyclic Compounds

    K. Sano, Y. Kohari, H. Nakano, C. Seki, M. Takeshita, M. Tokiwa, Y. Hirose, K. Uwai,Synthetic Communications,46巻,1号,(頁 46 ~ 54),2016年01月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Structure-activity Relationship of Amyloid β Aggregation Inhibitors: Dibenzylideneacetone Derivatives

    Koki Hatayama, Riho Taguchi, Yuichi Ando, Chigusa Seki, Hiroto Nakano, Kiyotaka Tokuraku, and Koji Uwai,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2017,(頁 47 ~ 48),2017年03月,Muroran

  • Structure-activity Relationship of Amyloid β Aggregation Inhibitors: Dibenzylideneacetone Derivatives

    Koki Hatayama, Riho Taguchi, Yuichi Ando, Chigusa Seki, Hiroto Nakano, Kiyotaka Tokuraku, and Koji Uwai,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2017,(頁 47 ~ 48),2017年03月,Muroran

  • Development of a novel antiseptic granule based on slaked lime for prevention of livestock epidemics such as foot-and-mouth disease and avian influenza

    Kento Azuma, Shinya Yamanaka, Koji Uwai, Kiyotaka Tokuraku,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2017,(頁 83 ~ 84),2017年03月,Muroran

  • Suppression of Amyloid β-induced cytotoxicity by Plant extracts and Polyphenols with inhibitory activity for Amyloid β aggregation

    Ryota Yamashita, Teppei Itada, Hiroyuki Nakagawa, Koji Uwai,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2017,(頁 27 ~ 28),2017年03月,Muroran

  • Function of Gloiopeltis furcata as Aggregation Inhibitor for Aβ, evaluated by a microliter-scale high-throughput screening system

    Takuro Yo, Teppei Itada, Tomohito Takahashi, Toshiki Ogara, Koji Uwai, Kiyotaka Tokuraku,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2017,(頁 87 ~ 88),2017年03月,Muroran

全件表示 >>

研究報告 【 表示 / 非表示

  • 量子ドットナノプローブを用いたアミロイド凝集過程のリアルタイムイメージング技術とその活用

    徳樂清孝、上井幸司,第54回粉体に関する討論会講演論文集,2016年09月

  • 微量ハイスループットスクリーニング法を利用したアオジソ含有Aβ凝集阻害物質の探索

    上井幸司,秋山財団年報,29巻,(頁 74),2016年07月

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • アミロイドb凝集阻害活性と総ポリフェノール含有量に基づく北海道白糠町産植物からの活性物質の探索

    久保研二, 渡邉輝, 杉村康司, 関千草, 中野博人、 菱田敦之, 徳樂清, 上井幸司,日本薬学会第137年会(仙台),日本薬学会第137年会(仙台)要旨集,2017年03月,仙台,日本

  • Development of a novel antiseptic granule based on slaked lime for prevention of livestock epidemics such as foot-and-mouth disease and avian influenza

    Kento Azuma, Shinya Yamanaka, Koji Uwai, Kiyotaka Tokuraku,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2017,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2017 Abstract,2017年03月,Muroran,Japan

  • Suppression of Amyloid β-induced cytotoxicity by Plant extracts and Polyphenols with inhibitory activity for Amyloid β aggregation

    Ryota Yamashita, Teppei Itada, Hiroyuki Nakagawa, Koji Uwai,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2017,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2017 Abstract,2017年03月,Muroran,Japan

  • ジベンジリデンアセトン類のフェノール性水酸基がAβ凝集阻害活性に及す影響

    畑山晃輝・田口莉帆・安藤雄一・関千草・中野博人・徳樂清孝・上井幸司 ,日本薬学会第137年会(仙台),日本薬学会第137年会(仙台)要旨集,2017年03月,仙台,日本

  • 光学活性 amino alcohol 有機分子触媒を用いる β-ketoester 類と nitroolefine 類との不斉 Michael 反応

    参鍋 春花・水島 亮輔・関 千草・奥山 祐子・權 垠相・上井 幸司・中野 博人,日本化学会第97春季年会2017,日本化学会第97春季年会2017要旨集,2017年03月,横浜,日本

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 公益法人等

    2016年08月23日,ライフサイエンス分野,0(円)

  • 中小企業

    2013年11月12日,ライフサイエンス分野,200000(円)

受託研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 地方公共団体

    2016年06月14日,ライフサイエンス分野,3500000(円)

  • 大企業

    2016年04月01日,ライフサイエンス分野,421200(円)

  • 中小企業

    2016年03月30日,ライフサイエンス分野,70200(円)

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • シソ科植物の成分基づく新規アミロイドβ凝集阻害物質の開発とその分子機構

    2016年度 ~ 2018年度,基盤研究(C),16K01909

  • 量子ドットナノプローブを活用したアミロイド凝集阻害物質の探索とその作用機序の解明

    2016年度,基盤研究(B),16H03288

  • 化学および生物学的手法による不斉酸化反応を触媒する薬物代謝酵素の単離とその応用

    2004年度 ~ 2006年度,若手研究(B),16790018

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 基礎化学

    2017年度,学部

  • 有機化学B

    2017年度,学部

  • 有機化学実験

    2017年度,学部

  • 有機化学実験

    2017年度,学部

  • 有機化学B

    2017年度,学部

全件表示 >>

教育著書 【 表示 / 非表示

  • 製剤化のサイエンス 改訂第6版

    2013年03月,第1部製剤材料の性質 第2章 分散系,ネオメディカル

  • 標準薬剤学

    2012年04月,渡辺善照、芳賀信他全41名,薬局製剤と病院製剤(製剤化の基礎), (頁 683),南江堂

  • NEO薬学シリーズ1 製剤化のサイエンス 改訂第5版

    2012年03月,唐沢健、上井幸司、金澤秀子、寺田勝英、高村彰、東豊、鴨原淳、徳村忠一、下園拓郎、高山幸三、高山信子、森下真莉子、松永和久、髙田二郎,第1部製剤材料の性質 第2章 分散系, (頁 415),ネオメディカル

  • 製剤化のサイエンス 改訂4版

    2011年03月,唐沢健、上井幸司、金澤秀子、寺田勝英、東豊、北河修治、伴野和夫、高村彰、高山幸三、宮嶋勝春、森下真莉子、髙田二郎,第1部 製剤材料の性質 第2章 分散系, (頁 420),ネオメディカル

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 白糠が素材の宝庫なんてしらぬかった・・・白糠特産品を科学する!

    2016年10月21日,北海道白糠町立白糠中学校,企画

  • シソの色素の謎 —光と色の関係—

    2015年11月09日,北海道白糠町立庶路中学校,企画

講演 【 表示 / 非表示

  • 白糠町−室蘭工大包括連携協定

    2016年10月28日,白糠町環境衛生会

研修 【 表示 / 非表示

  • 「失敗しない進路選択」

    2017年01月,室蘭市経済部産業振興課,室蘭工業大学 地域共同研究開発センター 2F「産学交流室」,「高校生キャリア教育」,講師

  • 細菌Pseudomonas putidaを用いたベンズアルデヒド酸化還元反応の制御

    2016年09月,室蘭工業大学,室蘭工業大学,平成23年度室蘭工業大学インターンシップ受入れプログラム,研究指導

  • 細菌Pseudomonas putida によるベンズアルデヒド酸化還元反応の添加剤を用いた制御

    2016年08月,室蘭工業大学,室蘭工業大学,平成28年度室蘭工業大学インターンシップ受入れプログラム,研究指導

  • 微生物を用いた有機化合物の構造変換に関する実習

    2014年09月,室蘭工業大学,室蘭工業大学,平成26年度室蘭工業大学インターンシップ受入れプログラム,研究指導

技術セミナー 【 表示 / 非表示

  • 微量ハイスループットスクリーニング(MSHTS)法を用いたアミロイドβ凝集阻害活性物質の網羅的探索

    2015年10月28日,JST,JST東京別館ホール,JST発 医療分野 新技術説明会,企画

学会・研究会の主催等 【 表示 / 非表示

  • The 7th Forum on Studies of Environmental and Public Health Issues in the Asian mega-Cities (EPAM 2016)

    室蘭市,Committee,日本

  • 日本化学会北海道支部2016夏季研究発表会

    室蘭市,委員,日本

学協会役員 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会北海道支部

    2017年04月01日 ~ 2018年03月31日,地方支部,支部役員

国・自治体等の委員 【 表示 / 非表示

  • 白糠町新農業ビジョン推進協議会委員

    2016年度