基本情報

写真a

須藤 秀紹

ストウ ヒデツグ


担当専攻 博士前期課程

情報電子工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

情報電子工学系学科

職名

准教授

電子メールアドレス

メールアドレス

ホームページURL

http://www.sdlabo.net

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • メディア情報学, システムデザイン

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 大阪教育大学大学院

    1999年,博士前期,教育学研究科,総合基礎科学専攻,修了,日本

  • 京都大学・大学院

    2002年03月,博士後期,情報学研究科,システム科学専攻,単位取得満期退学,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 徳島大学

    1991年03月,総合科学部,総合科学科,卒業,日本

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 計測自動制御学会

  • ヒューマンインタフェース学会

  • 日本感性工学会

  • 人工知能学会

  • 日本色彩学会

全件表示 >>

学術賞 【 表示 / 非表示

  • 2003年度計測自動制御学会論文賞

    2003年08月05日,計測自動制御学会

  • 2016日本感性工学会論文賞

    2016年09月09日,日本感性工学会

その他の受賞(官庁・民間団体表彰、感謝状等) 【 表示 / 非表示

  • 2016年システム・情報部門 部門貢献表彰

    2016年12月08日,計測自動制御学会システム・情報部門

 

感性情報に基づくインターフェースデザイン

人の感性を動かす色彩

研究開発の目的

人間本来の機能を引き出す色彩選択のシステム開発

最初に目に入る情報である色彩。色彩は人間に与えるインパクトが大きいので,目的や用途を考慮した色や,色の組み合わせを選ぶことが重要となる。色の与えるイメージや印象が人間の行動に対して及ぼす影響を調べて評価し,最適な色彩を提案する。色彩を適正に選ぶことによって,正確性や操作速度を向上させることができる。さらに操作初心者や高齢者などの幅広いユーザの利用に応えるため,ユーザビリティの高い操作性に優れたインターフェースが必要である。

研究開発の概要

心電や脳波から生理的データを計測し分析・評価する

機械式操作パネルやタッチパネルの操作時に,操作者の心電や脳波といった生理的データを計測することによって,操作パネルに与えられた色彩が人間の感性に与える影響を,正確性や反応速度などの面から分析・評価する。デザイン的側面であるユーザの色彩によって得られる満足度と,工学的側面である効率化の機能の二つの視点から機能性を捉えて横断的に扱うことで,インターフェースの新たな評価手法を提案している。社会学的・心理学的視点である定性的な面と,工学的視点である定量的な面をバランスよくつなぐことで,デザイン性と機能性を両立できる色彩を提案していく。

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • 感性と機能を両立させて相乗効果を創出
  • 新しい視点・価値基準で色彩を捉え,感性と機能の相乗効果を創出
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • 数値化できないものを評価し。さらには定量化していくことによってあらたな価値を創造
 

著書 【 表示 / 非表示

  • 読書とコミュニケーション ビブリオバトル実践集 小学校・中学校・高校

    須藤秀紹 粕谷亮美,こどもの未来社,(頁 143),2016年06月,978-4-86412-110-1

  • ビブリオバトル ハンドブック

    ビブリオバトル普及委員会,こどもの未来社,(頁 94),2015年04月,9784864121002

  • ビブリオバトル入門 〜本を通して人を知る・人を通して本を知る〜

    ビブリオバトル普及委員会,一般社団法人 情報科学技術協会,2013年06月,9784889510492

  • 新商品開発における【高級・上質・本物】感を付与・演出する技術

    須藤秀紹,技術情報協会,第2章2節-2,(頁 620),2012年08月,BB10442855

  • コンピュータ情報処理の基礎と応用

    馬場則夫, 武内良樹, 川口雅司, 須藤秀紹, 渥美清隆, 満倉靖恵,共立出版,第5章 オートマトン理論の理解の徹底を目指して,(頁 197),2010年04月

論文 【 表示 / 非表示

  • Relationship between Arrangements of Houses with Air-conditioners and Usage of Electric Power

    Terumi Yoshiki, Hidetsugu Suto,電気学会論文誌C,137巻,2号,(頁 354 ~ 359),2017年02月

  • A representation model of collaborative design mechanism using Channel Theory

    Patchanee Patitad, Hidetsugu Suto,電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌),136巻,8号,(頁 1149 ~ 1154),2016年08月

  • 発話中の「間」がプレゼンテーションに対する聴衆の支持に与える影響 -書評ゲーム「ビブリオバトル」の発表音声録音データ分析による考察-

    横井 聖宏, 馬場 康輔, 須藤 秀紹, 山路 奈保子,日本感性工学会論文誌,15巻,3号,(頁 363 ~ 368),2016年05月

  • A modeling of collaboration mechanism of design process based on Channel Theory, Journal of Robotics

    Patchanee Patitad, Hidetsugu Suto,Networking and Artificial Life,2巻,1号,(頁 46 ~ 49),2015年06月

  • An evaluation method of supply chain efficiency considering customers' satisfaction

    Woramol CHAOWARAT, Hidetsugu SUTO, Takahiro YOKOI,Internatonal Journal of Affective Engineering,14巻,1号,(頁 231 ~ 237),2015年02月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • A personal relationship analyzing tool based on Psychodrama methodologies

    Hidetsugu Suto, Jun Maeda, Patchanee Patitad,HIMI 2017: Human Interface and the Management of Information: Supporting Learning, Decision-Making and Collaboration, LNCS,10274巻,(頁 614 ~ 622),Springer, Cham,2017年05月,Vancouver

  • A support system for vitalizing brainstorming with related images

    Hidetsugu Suto, Shuichi Miyo,HIMI 2017: Human Interface and the Management of Information: Supporting Learning, Decision-Making and Collaboration, LNCS,10274巻,(頁 528 ~ 538),Springer, Cham,2017年05月,Vancouver

  • Designing Engineering Design Workshop for Student with Different Areas of Education

    Patchanee PATITAD, Hidetsugu SUTO,Proc. ISASE2017,2017年03月,Tokyo

  • Investigation of Team Synergy in Collaborative Design Case study: International Engineering Design Workshop

    Patchanee Patitad, Hidetsugu Suto,Proc. KEER2016,2016年08月,Leeds

  • Representation Model of Collaboration Mechanism with Channel Theory

    Patchanee Patitad, Hidetsugu Suto,Human Interface and the Management of Information. Information and Knowledge in Context Lecture Notes in Computer Science,9173巻,(頁 511 ~ 521),Committee of HCI2015,2015年08月,Los Angeles

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • メディア・ビオトープ~下草としてのメディアの活用

    須藤 秀紹,計測と制御,51巻,8号,(頁 722 ~ 725),2012年08月

  • コミュニケーションのメカニズムデザイン : ビブリオバトルと発話権取引を事例として

    谷口忠大, 須藤秀紹,システム制御情報学会誌,55巻,8号,(頁 339 ~ 344),2011年08月

  • 情報メディアとしての地域ブランド構築

    須藤秀紹,月刊マテリアルインテグレーション,24巻,7号

研究報告 【 表示 / 非表示

  • 北海道の自然と科学から生まれた化粧品「北花」

    須藤秀紹, 小北麻記子, 野嵜龍介, 田中順三, 城野理佳子, 魚住超,月刊バイオインダストリー,2010年巻,8月号号,2010年

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Communication Scheme with Media Biotope

    Hidetsugu Suto,EEDSCC'11,WSEAS,Recent Researches in Energy, Environment, Devices, Systems, Communications and Computers,2011年03月08日,Venice,Italy

  • タッチ画面の配色が操作者に与える影響と操作性との関係

    南部真友子, 坂本牧葉, 須藤秀紹,第6回日本感性工学会春季大会,日本感性工学会,第6回日本感性工学会春季大会プログラム,(頁 CD-ROM),2011年03月03日,福岡県・福岡市

  • タッチ画面に用いる色彩の明度コントラストが操作に与える影響

    坂本牧葉, 南部真友子, 須藤秀紹,感性フォーラム札幌2011,日本感性工学会「あいまいと感性研究部門」「感性インタラクション研究部門」,感性フォーラム札幌2011講演論文集,(頁 NA),2011年02月05日,北海道・札幌市

  • 知識ベースの認知処理で適切に理解できるインタフェースの配色デザイン

    埴田卓, 坂本牧葉, 須藤秀紹,感性フォーラム札幌2011,日本感性工学会「あいまいと感性研究部門」「感性インタラクション研究部門」,感性フォーラム札幌2011講演論文集,(頁 NA),2011年02月05日,北海道・札幌市

  • ネットワーク構造の違いが協調行動の伝播に与える影響

    森田拓愛, 須藤秀紹, 澤井政宏,第23回自律分散システム・シンポジウム,公益社団法人計測自動制御学会,第23回自律分散システム・シンポジウム 資料,(頁 205-208),2011年01月29日,北海道・札幌市

全件表示 >>

受託研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 公益法人等

    2010年09月15日,情報通信分野,1170000(円)

  • 中小企業

    2010年09月01日,情報通信分野,1155000(円)

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 問題領域発見の手がかりに着目したデザイン支援システムの開発

    2016年度,基盤研究(C),26350013

  • グローバル化時代のパブリックスピーキングにおける「説得」の諸相

    2016年度,基盤研究(C),16K02807

  • エンジニアリングデザイン教育のための領域横断型PBL授業設計支援システムの開発

    2016年度,基盤研究(C),15K00486

  • 問題領域発見の手がかりに着目したデザイン支援システムの開発

    2015年度,基盤研究(C),26350013

  • エンジニアリングデザイン教育のための領域横断型PBL授業設計支援システムの開発

    2015年度,基盤研究(C),15K00486

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 情報工学PBL:表現技術

    2017年度,学部

  • 地域社会概論

    2017年度,学部

  • 地域社会概論

    2017年度,学部

  • コンピュータ言語

    2016年度,学部

  • 情報システム学実験

    2016年度,学部

全件表示 >>

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • メディアの発展と生活

    2008年07月15日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,今、ここから平和と人権を考える,講演

  • 人工社会の生成と観察・分析

    室蘭栄高校,室蘭工業大学,室蘭栄高校スーパーサイエンスハイスクール,未設定

  • コンピュータシミュレーションを使った社会学モデルの分析

    室蘭栄高校,室蘭工業大学,室蘭栄高校スーパーサイエンスハイスクール,未設定