基本情報

写真a

中野 英之

ナカノ ヒデユキ


担当専攻 博士前期課程

環境創生工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

応用理化学系学科

職名

教授

電子メールアドレス

メールアドレス

ホームページURL

http://www3.muroran-it.ac.jp/nakano_lab/

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 機能性有機材料化学

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学大学院

    1991年,博士後期,工学研究科,プロセス工学専攻,修了,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学

    1986年,工学部,応用化学科,卒業,日本

 
 

著書 【 表示 / 非表示

  • 発光の事典 基礎からイメージングまで

    木下修一ほか多数,朝倉書店,8.2 発光の応用 「8.2.1発光色材」,(頁 788),2015年09月

  • 光化学の事典

    光化学協会メンバー,朝倉書店,6.1 医療に用いる光技術 「歯科用光重合レジン」,(頁 418),2014年06月

  • フォトクロミズムの新展開と光メカニカル機能材料

    入江正浩ほか65名,シーエムシー出版,14 アゾベンゼン系分子材料で観測される光誘起物質移動,(頁 337),2011年11月

論文 【 表示 / 非表示

  • Mechanochromic luminescence of 1-alkanoylaminopyrenes adsorbed onto cellulose papers

    E. Nagata, T. Ara, and, H. Nakano,Dyes Pigm.,141巻,(頁 48 ~ 52),2017年03月

  • pi-Stacked Poly(vinyl ketone)s with Accumulated Push-pull Triphenylamine Moieties in the Side Chain

    H. Wang, Y. Wang, X. Ye, H. Hayama, H. Sugino, H. Nakano, and T. Nakano,Polym. Chem.,8巻,4号,(頁 708 ~ 714),2017年01月

  • Modulation of Emission Intensities of Binary Films Composed of Fluorescent Amorphous Molecular Materials and p-Toluenesulfonic Acid in Response to Exhaled Breath

    H. Nakano, T. Nishimura, E. Nagata, and R. Ichikawa,ChemistrySelect,1巻,8号,(頁 1737 ~ 1740),2016年06月

  • Aggregation Induced Emission of 4-[Bis(4-methylphenyl)amino]acetophenone

    K. Shishido and H. Nakano,J. Photopolym. Sci. Tech.,29巻,3号,(頁 369 ~ 372),2016年06月

  • Stark Spectroscopy of Rubrene. I. Electroabsorption Spectroscopy and Molecular Parameters

    T. IImori, R. Ito, N. Ohta and H. Nakano,J. Phys. Chem. A,120巻,25号,(頁 4307 ~ 4313),2016年05月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • アゾベンゼン系アモルファス分子材料を含む複合微粒子の寒天ゲル中における光変形

    市川亮太、中野英之,日本化学会第97春季年会,日本化学会,日本化学会第97春季年会予稿集,2017年03月16日,神奈川県・横浜市

  • 溶媒に依存したテトラシアノキノジメタンの発光特性

    玉谷穂菜美、中野英之、飯森俊文,日本化学会第97春季年会,日本化学会,日本化学会第97春季年会予稿集,2017年03月16日,神奈川県・横浜市

  • ポリ酢酸ビニル中に分散させた1-アセチルアミノピレンの発光挙動

    高橋宏輝、小椋硬介、宍戸一樹、中野英之,日本化学会第97春季年会,日本化学会,日本化学会第97春季年会予稿集,2017年03月16日,神奈川県・横浜市

  • 寒天ゲル表面上に製膜したアゾベンゼン系アモルファス分子材料のフォトメカニカル挙動

    北野文萌、市川亮太、中野英之,日本化学会第97春季年会,日本化学会,日本化学会第97春季年会予稿集,2017年03月16日,神奈川県・横浜市

  • 4,4'-Bis[bis(4-methylphenyl)amino]azobenzene-有機酸複合膜が示す可逆的色彩変化

    北村侑也、市川涼児、中野英之,日本化学会第97春季年会,日本化学会,日本化学会第97春季年会予稿集,2017年03月16日,神奈川県・横浜市

全件表示 >>

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 界面分子協調システムによる高次光子利用反応系の構築

    2016年度,新学術領域研究(研究領域提案型),26107006

  • 界面分子協調システムによる高次光子利用反応系の構築

    2015年度,新学術領域研究(研究領域提案型),26107006

  • アゾベンゼン系分子材料が示す光誘起物質移動現象の機構解明と光駆動微小機械の開発

    2014年度 ~ 2016年度,基盤研究(C),26410211

  • 界面分子協調システムによる高次光子利用反応系の構築

    2014年度,新学術領域研究(研究領域提案型),26107006

  • 新しい原理に基づく高性能書き換え可能ホログラムの開発を志向した材料の探索研究

    2009年度 ~ 2011年度,基盤研究(C),21550171

全件表示 >>

特許・実用新案取得 【 表示 / 非表示

  • 湿度感受性を有する混合物

    日本,特願2014-239123,特開2016-98363

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 物理化学B

    2017年度,学部

  • インター・サイエンスE

    2017年度,学部

  • 反応速度論

    2017年度,学部

  • 物理化学C

    2017年度,学部

  • 物理化学B

    2017年度,学部

全件表示 >>