基本情報

写真a

加野  裕

カノ ヒロシ


担当専攻 博士前期課程

情報電子工学系専攻

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

担当学科

情報電子工学系学科

職名

准教授

電子メールアドレス

メールアドレス

ホームページURL

http://www3.muroran-it.ac.jp/kanolab/index.html

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 光工学・光量子科学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 光計測工学,光学顕微鏡工学

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学大学院

    1995年03月,博士後期,工学研究科,応用物理学専攻,修了,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学

    1990年03月,工学部,応用物理学科,卒業,日本

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 応用物理学会

  • 米国光学会

 
 

著書 【 表示 / 非表示

  • Near-field Optics and Surface Plasmon Polaritons

    Hiroshi Kano,Springer,Excitation of Surface Plasmon Polaritons by a Focused Laser Beam,(頁 210),2001年04月

論文 【 表示 / 非表示

  • Microscopic absorption measurement with enhanced sensitivity by using focused surface plasmons

    Jun Ning, Hiroki Sato, Aomintanggesi Hereid, Hiroshi Kano,Opt. Commun.,427巻,(頁 405 ~ 408),2018年11月

  • Refractive index measurement of nanoparticle by immersion refractometry based on a surface plasmon resonance sensor

    Hiroshi Kano, Ayumu Iseda, Katja Ohenoja, Ilpo Niskanen,Chem. Phys. Lett.,654巻,(頁 72 ~ 75),2016年05月

  • Label-Free Measurement of Cell–Electrode Cleft Gap Distance with High Spatial Resolution Surface Plasmon Microscopy

    Koji Toma, Hiroshi Kano, and Andreas Offenhäusser,ACS Nano,8巻,12号,(頁 12612 ~ 12619),2014年11月

  • Mueller matrix microscopic ellipsometer

    Soichi Otsuki, Norio Murase, Hiroshi Kano,Opt. Commun.,305巻,(頁 194 ~ 200),2013年09月

  • Detection of Influenza Virus with Specific Subtype by Using Localized Surface Plasmons Excited on a Flat Metal Surface

    Jun Ning, Kotaro Nagata, Akira Ainai, Hideki Hasegawa, and Hiroshi Kano,Jpn. J. Appl. Phys.,52巻,8号,(頁 082402-1-082402-4 ~ ),2013年08月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Focused surface plasmon sensing for analyzing molecular interactions toward finding useful molecules in our environment

    Hiroshi Kano,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2018 (JSED 2018),(頁 7 ~ 8),Center of Environmetnal Science and Disaster Mitigation for Advanced Research (CEDAR),2018年03月,Muroran

  • Monitoring decomposition of lignin-like molecules adsorbed on a substrate by using microscopic surface-plasmon absorption sensing

    Hiroki Sato, Aomintanggesi Hereid, and Hiroshi Kano,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2018 (JSED 2018),(頁 97 ~ 98),Center of Environmetnal Science and Disaster Mitigation for Advanced Research (CEDAR),2018年03月,Muroran

  • Surface plasmon microscopy with a confocal detection system

    Aomintanggesi Hereid, Hiroshi Kano,Focus on Microscopy 2017 Program and Abstract Book,(頁 408 ~ ),2017年04月,Bordeaux, France

  • Surface plasmon microscopy with a Bessel beam illumination system using a spatial light modulator

    Aomintanggesi Hereid, Takuya Yamashita, and Hiroshi Kano,Program and Abstract Book, Focus on Microscopy FOM 2016,(頁 213 ~ ),2016年03月,Taipei

  • Observation of Micro-particles by Using A Surface Plasmon Microscope with Bessel Beam Illumination

    Aomintanggesi Hereid, Takuya Yamashita, and Hiroshi Kano,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2016 (JSED 2016),(頁 58 ~ 59),Center of Environmetnal Science and Disaster Mitigation for Advanced Research (CEDAR),2016年03月,Muroran

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • 局所励起表面プラズモンを用いた高感度光計測

    加野 裕,表面技術,62巻,6号,(頁 296 ~ 300),2011年06月

  • 2009年光学会の進展 8. 光応用計測

    加野 裕,光学,39巻,4号,(頁 185 ~ 186),2010年04月

  • 放射状偏光を用いる走査型局所励起表面プラズモン顕微鏡

    渡辺 向陽,加野 裕,光学,35巻,12号,(頁 652 ~ 654),2006年12月

  • 2光子吸収による表面プラズモンセンシング

    加野 裕,O Plus E,20巻,8号,(頁 935 ~ 941),1998年08月

  • 表面プラズモン共鳴を利用した光センサー

    河田 聡,加野 裕,計測と制御,36巻,4号,(頁 275 ~ 281),1997年04月

研究報告 【 表示 / 非表示

  • 短いテーパファイバによるフェムト秒コンティニウムスペクトル発生の数値解析と実験

    王朝暘,稲垣克哉,加野裕,今井正明,曽根宏靖,電子情報通信学会技術研究報告,OTF2004-18号,(頁 19 ~ 23),2004年

  • 微細金属グレーティングを用いた溶液センサー

    加野裕・河田聡,第13回光波センシング技術研究会講演論文集,(頁 91 ~ 96),1994年

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Surface plasmon focusing and its application to refractive index imaging

    Hiroshi Kano,JSAP-OSA Joint Sumposia,応用物理学会・Optical Society of America,The 79th JSAP Autumun Meeting, 2018,(頁 18a-211B-6),2018年09月18日,名古屋市,日本

  • 集束表面プラズモンを利用した顕微屈折率センシング・イメージング

    加野 裕,2018年度精密工学会秋季大会,精密工学会,2018年度精密工学会秋季大会シンポジウム資料集,(頁 21-22),2018年09月05日,函館市,日本

  • Surface plasmon microscopy of refractive index distribution using a confocal optical system

    Aomintanggesi Hereid, and Hiroshi Kano,The 15th International Conference on Near-field Optics, Nanophotonics and Related Techniques,University of Technology of Troyes,Conference booklet,(頁 P3B1),2018年08月26日,Troyes,France

  • 集束表面プラズモンを用いた吸着分子層の局所吸収測定

    佐藤弘樹, 加野 裕,第78回応用物理学会秋季学術講演会,応用物理学会,第78回応用物理学会秋季学術講演会講演予稿集,(頁 p.03-106),2017年09月05日,福岡県・博多市

  • Surface plasmon microscopy with a confocal detection system

    Aomintanggesi Hereid, Hiroshi Kano,Focus on Microscopy 2017,Focus on Microscopy 2017,Focus on Microscopy 2017 Program and Abstract Book,(頁 408),2017年04月09日,Bordeaux,France

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 独立行政法人,大企業

    2009年12月16日,ナノテクノロジー・材料分野

受託研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 公益法人等

    2007年07月12日,情報通信分野,2000000(円)

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 局所励起表面プラズモンを用いた極微量検体中ウイルスの並列検出に関する研究

    2013年度 ~ 2015年度,基盤研究(B),25286062

  • 局所励起表面プラズモンセンシングによるインフルエンザウイルス検出と感染性評価

    2010年度 ~ 2012年度,基盤B一般,22360022

  • 全反射蛍光顕微鏡法の像特性改善:走査型光学系の導入と偏光最適化

    2006年度 ~ 2008年度,基盤C一般,18560028

  • 局在型表面プラズモン顕微鏡のダイナミックレンジ拡大と生化学反応検出への応用

    2001年度 ~ 2002年度,奨励研究

  • 表面プラズモン共鳴による電場増強機能の電磁論的解析とバイオセンサーへの応用

    1995年度 ~ 1997年度,奨励研究(特別研究員)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • インター・テクノロジーA

    2018年度,学部

  • 基礎電気回路(前半)

    2018年度,学部

  • 応用計測工学

    2018年度,学部

  • 信号処理

    2018年度,学部

  • プログラミング応用演習

    2018年度,学部

全件表示 >>

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 光でのぞく極微世界 -顕微領域の光学とその応用-

    2011年08月25日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,光が導く未来世界,講演

  • パソコンによる文書作成

    2005年06月13日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,エクステンションスクール,講演

  • パソコンによる文書作成

    2004年07月01日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,エクステンションスクール,講演

  • ミクロを見る~見える限界への挑戦(2)

    2003年08月05日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,見るという科学・技術の世界,講演

  • レーザー光のはなし

    2001年08月23日,室蘭工業大学,室蘭工業大学,身近にある光のはなし,講演

講演 【 表示 / 非表示

  • ナノテクって何なの?~ナノの世界を見る光技術

    2003年11月01日,文化女子大学室蘭短期大学