基本情報

写真a

竹ケ原裕元

タケガハラ ユウゲン


所属センター等1

理工学基礎教育センター

職名

教授

電子メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 代数学

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学大学院

    1988年10月,博士後期,理学研究科,数学専攻,単位取得満期退学

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学

    1983年03月,理学部,数学科,卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士

    Zeta Functions of Integral Group Rings of Abelian (p,p)-Groups.

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本数学会

 
 

論文 【 表示 / 非表示

  • A formula of subgroup normality degrees with applications to the finite p-groups with cyclic subgroups of index p2

    Mohammad Farrokhi D. G., Y. Takegahara,J. Algebra Appl.,19 巻,Article Number:2050073,2020年04月

  • Multiplicative induction and units for the ring of monomial representations

    Yugen Takegahara,Advances in Mathematics,355巻,Article Number:106768,2019年10月

  • p-adic estimates of the number of permutation representations

    Yugen Takegahara,Advances in Mathematics,349巻,(頁 367 ~ 425),2019年06月

  • The number of subgroups of a finite group (II)

    Yugen Takegahara,COMMUNICATIONS IN ALGEBRA,47巻,5号,(頁 1964 ~ 1972),2019年05月

  • Lefschetz invariants and Young characters for representations of the hyperoctahedral groups

    F. Oda, Y. Takegahara, and T. Yoshida,Journal of Algebra,512巻,(頁 1 ~ 19),2018年10月

全件表示 >>

研究報告 【 表示 / 非表示

  • モノミアル・バーンサイド環の乗法的性質について

    竹ヶ原裕元,数理解析研究所講究録 有限群のコホモロジー論とその周辺 RIMS共同研究(公開型),2134巻,(頁 84 ~ 99),2019年11月

  • 2-adic properties of the number of solutions of xm=1 in the alternating group An

    竹ヶ原 裕元,数理解析研究所講究録,1926号,(頁 1 ~ 12),2015年01月

  • The crosses and monomial Burnside rings of finite groups

    竹ヶ原 裕元,第58回代数学シンポジウム報告集,(頁 28 ~ 47),2013年12月

  • バーンサイド環の一般化とその応用

    竹ヶ原 裕元,数理解析研究所講究録,1811号,(頁 60 ~ 77),2012年10月

  • Generalizations of Burnside ring and their applications.

    Y. Takegahara,数理解析研究所講究録,1756号,(頁 41 ~ 50),2011年08月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 斜バーンサイド環とマッキー2 関手

    小田文仁, 竹ヶ原裕元,2020年日本数学会年会,2020年日本数学会年会アブストラクト代数学分科会,2020年03月16日

  • p-adic properties of the number of permutation representations

    竹ヶ原 裕元,代数的組合せ論と関連する群と代数の研究,京都大学数理解析研究所,数理解析研究所講究録,2019年12月16日,京都府・京都市,日本

  • 有限アーベル p 群の置換表現の個数に関する p 進的性質について

    竹ヶ原 裕元,日本数学会 2019年秋期総合分科会,日本数学会,日本数学会 代数分科会 講演アブストラクト,2019年09月17日,石川県・金沢市,日本

  • モノミアル・バーンサイド環の乗法的性質について

    竹ヶ原 裕元,有限群のコホモロジー論とその周辺,京都大学数理解析研究所,数理解析研究所講究録,2019年02月13日,京都府・京都市,日本

  • Axiomatic theory of Burnside rings I

    小田文仁、竹ヶ原裕元、吉田知行,2018 日本数学会年会,日本数学会,2018年度年会(於:東京大学)アブストラクト 代数学分科会,2018年03月18日,東京,日本

全件表示 >>

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 有限群のバーンサイド環の一般化に関する包括的研究

    2019年度 ~ 2021年度,基盤研究(C),19K03436

  • 一般化されたバーンサイド環の構造とその応用の研究

    2016年度 ~ 2019年度,基盤研究(C),16K05052

  • 置換表現の個数に関するp進的性質の研究

    2010年度 ~ 2013年度,基盤C一般,22540004

  • 群の置換表現に関する母関数の性質及びその応用の研究

    2005年度 ~ 2007年度,基盤C一般,17540002

  • 特別な置換表現の個数に関する母関数の特性及びその応用の研究

    2003年度 ~ 2004年度,基盤C一般,15540002

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 計算機代数システム

    2020年度,学部

  • 線形代数A(Fクラス)

    2020年度,学部

  • 線形代数A(Cクラス)

    2020年度,学部

  • 計算機代数システム

    2019年度,学部

  • 線形代数A(Fクラス)

    2019年度,学部

全件表示 >>

教育著書 【 表示 / 非表示

  • 線形代数

    2017年10月,桂田英典、長谷川雄之、森田英章,第5章、第6章, (頁 310),学術図書出版社

  • 線形代数

    2008年10月,桂田英典、竹ヶ原裕元、千吉良直紀、長谷川雄之、山崎教昭,第4章、5章, (頁 231),学術図書出版社

 

学会・研究会の主催等 【 表示 / 非表示

  • RIMS研究集会、有限群とその表現,頂点作用素代数,代数的組合せ論の研究

    京都,代表,日本

学会委員会 【 表示 / 非表示

  • 代数学分科会運営委員会

    2009年09月24日 ~ 継続中,委員,日本数学会,全国

学協会役員 【 表示 / 非表示

  • 日本数学会

    2003年03月01日 ~ 2004年02月29日,全国,支部役員

  • 日本数学会

    2002年03月01日 ~ 2003年02月28日,全国,支部役員