Personnel Information

写真a

Kurihashi Yusuke


The master's program in charge

Division of Sustainable and Environmental Engineering

The department in charge

Department of Civil Engineering and Architecture

Job title

Lecturer

E-mail Address

E-mail address

Research field 【 display / non-display

  • Structural Engineering

Keywords for Research Field 【 display / non-display

  • repair and strengthening, FRP sheet, short-fiber mixed concrete

Graduate school・Graduate course, etc. 【 display / non-display

  • Muroran Institute of Technology

    2002,Doctoral program,Graduate School, Division of Engineering,Division of Civil Enginnering and Architecture,Completed,Japan

Graduate school・major, etc. 【 display / non-display

  • Muroran Institute of Technology

    1997,Faculty of Engineering,Department of Civil Enginnering and Architecture,Graduate,Japan

Academic Society 【 display / non-display

  • Japan Society of Civil Engineering

 

コンクリート部材の耐久力向上技術

短繊維でコンクリートの弱点を補う.安全・安心なコンクリート構造物の構築

Purpose of Research

短繊維を混入してコンクリート構造物の安全性を向上

コンクリートは圧縮力に対して大きな抵抗性を持つ。しかしながら,引張力に対する抵抗性は小さく,ひび割れが発生しやすいため,剥落事故につながる場合もある。このような被害を予防するため,短繊維をコンクリートに混ぜてコンクリートの損傷を抑制し,コンクリート構造物の安全性を向上させる方法に着目した。

Summary of Research

コンクリートに短繊維を混入し,耐久性,耐衝撃性を向上

従来は鋼繊維を混入する方法が用いられていたが,施工後の錆の発生などが問題になる場合があった。そこで,鋼繊維の2倍の引張強度を有し錆の心配のない有機化合物PVA(ポリビニルアルコール)短繊維の適用を試みたところ,短繊維混入によりコンクリート部材の耐荷性能および耐衝撃性能を向上可能であることを明らかにした。また,長期耐久性について検証するとともに,適切な施工技術を確立した。

Research Content

Features / Benefits of Research

1.Point of research 2.Research of novelty
  • セメントの付着が良好でかつ引張強度の高いPVA短繊維混入により,コンクリートの剥落を確実に抑制
  • 簡易な施工で構造部材の耐荷性能および耐衝撃性能が向上
  • 体積割合で最大3%までの混入が可能
3.Primacy of Technology 4.Situation of patent-related
  • 耐衝撃性の向上およびその定量評価
 

Books 【 display / non-display

  • Drop Weight Tests on Full-Scale Specimen of Rockfall Protection Galleries

    Christina Röthlin, Yusuke Kurihashi, Satoru Yamaguchi, Hisashi Konno, Norimitsu Kishi, and Thomas Vogel,ETH IBK,(p.396),2015.10

  • Technical Committee on Innovative Application of Fiber Reinforced Cementitious Composites

    金子佳生,国枝稔,金久保利之,栗橋祐介,コンクリート工学会,2013.07

  • Performance based design guideline for civil engineering protective structures subjected to impact loading

    園田佳巨,香月智,桝谷浩,安藤和彦,岸徳光,栗橋祐介,土木学会,2013.03

Papers 【 display / non-display

  • AFRPロッド下面埋設曲げ補強RC梁の耐衝撃性向上効果に関する実験的検討

    岸 徳光,小室雅人,栗橋祐介,三上 浩,船木隆史,Journal of Structural Engineering,vol.Vol.63A,2017.03

  • 凍害劣化したRCはりの耐衝撃挙動と残存耐力に関する実験的研究

    栗橋祐介,水田真紀,岸 徳光,池田和隆,Journal of Structural Engineering,vol.Vol.63A,2017.03

  • 圧縮強度400N/mm2を有する鋼繊維補強コンクリート梁の耐衝撃挙動

    栗橋祐介,河野克哉,曽根涼太,小室雅人,多田克彦,Journal of Structural Engineering,vol.Vol.63A,2017.03

  • 損傷度の異なる扁平RC梁のAFRPシート接着による耐衝撃性向上効果

    栗橋祐介,今野久志,三上 浩,酒井啓介,岸 徳光,Journal of Structural Engineering,vol.Vol.63A,2017.03

  • 衝撃的外力により損傷した凍害劣化RC 梁の残存耐力

    池田和隆,島多昭典,栗橋祐介,水田真紀,岸 徳光,コンクリート構造物の補修,補強,アップグレード論文報告集,vol.第16巻,(p.477 ~ 482),2016.10

display all >>

International conference proceedings 【 display / non-display

  • Numerical simulation of impact response behavior of rectangular reinforced concrete slabs under falling-weight impact loading

    N. Kishi, Y. Kurihashi, S. Ghagimi Khasraghy, and H. Mikami,Proceedings of Performance, Protection and Strengthening of Structures under Extreme Loading, POTECT2011,(p.266 ~ 271),2011.07

  • Load-Carrying Capacity of Flexural Reinforced PC Beams with Pretensioned AFRP Sheet

    Y.Kurihashi,N.Kishi and A.M.Ali,proceedings of CICE2010,(p.695 ~ 698),2010.09,Beijing,China

  • Flexural strengthening effects due to bonding pre-tensioned AFRP sheet to pre-cracked RC beams using a simple anchoring method

    A. M. Ali,N. Kishi,Y. Kurihashi and H. Mikami,proceedings of IECC-6,2010.06,Cairo, Egypt

  • Falling-weight impact test for 2/5 scale model of rockfall protection gallery with/without sand cushion

    H. Kon-no,S. Yamaguchi,H. Nishi,N. Kishi and Y. Kurihashi,Proceedings of 3rd Euro-Mediterranean Symposium on Advances in Geomaterials and Structures,(p.355 ~ 360),2010.05,Djerba

  • Experimental study on dynamic response behavior of PVA short fiber mixed LW-AG reinforced concrete slab

    Y. Kurihashi,N. Kishi and H. Mikami,Proceedings of PROTECT2009,2009.08

display all >>

Presentaion at conference, meeting, etc. 【 display / non-display

  • AFRPロッド下面埋設工法により曲げ補強したRC梁の衝撃載荷実験

    船木隆史,栗橋祐介,小室雅人,三上 浩,岸 徳光,土木学会北海道支部平成28年度年次技術研究発表会,社団法人土木学会 北海道支部,平成28年度 論文報告集 第73号 (CD-ROM),(p.A-26),2017.02.04,北見,日本

  • 凍害劣化したRC梁の耐衝撃挙動と残存耐力に関する実験的研究

    角田泰基,栗橋祐介,池田和隆,水田真紀,野々村佳哲,岸 徳光,土木学会北海道支部平成28年度年次技術研究発表会,社団法人土木学会 北海道支部,平成28年度 論文報告集 第73号 (CD-ROM),(p.A-46),2017.02.04,北見,日本

  • ソイルセメントを用いた緩衝工を設置した落石防護擁壁の安定照査検討

    鈴木健太郎,保木和弘,牛渡裕二,川瀬良司,小室雅人,栗橋祐介,山澤文雄,岸 徳光,土木学会北海道支部平成28年度年次技術研究発表会,社団法人土木学会 北海道支部,平成28年度 論文報告集 第73号 (CD-ROM),(p.A-45),2017.02.04,北見,日本

  • 圧縮強度400 N/mm2を有する鋼繊維補強コンクリート梁の耐衝撃挙動

    小野慎平,栗橋祐介,小室雅人,河野克哉,曽根涼太,多田克彦,土木学会北海道支部平成28年度年次技術研究発表会,社団法人土木学会 北海道支部,平成28年度 論文報告集 第73号 (CD-ROM),(p.A-44),2017.02.04,北見,日本

  • AFRPシート接着工法を施した損傷度の異なる扁平RC梁の耐衝撃性

    酒井啓介,栗橋祐介,今野久志,三上 浩,岸 徳光,土木学会北海道支部平成28年度年次技術研究発表会,社団法人土木学会 北海道支部,平成28年度 論文報告集 第73号 (CD-ROM),(p.A-43),2017.02.04,北見,日本

display all >>

 

Class subject in charge 【 display / non-display

  • 構造系創造実習

    2017,Department

  • 土木構造解析学

    2017,Department

  • 土木構造力学I

    2017,Department

  • 土木実験

    2017,Department

  • 短期インターンシップ(土木工学コース)

    2017,Department

display all >>