基本情報

写真a

廣田光智

ヒロタ ミツトモ


担当専攻 博士前期課程

生産システム工学系専攻

担当学科

機械航空創造系学科

職名

准教授

ホームページURL

http://pelmit2015.wix.com/pelmit

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 燃焼工学

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学大学院

    1998年03月,博士前期,理工学研究科,機械工学専攻,修了,日本

  • 慶應義塾大学大学院

    2001年03月,博士後期,理工学研究科,機械工学専攻,単位取得満期退学,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 慶應義塾大学

    1996年03月,理工学部,機械工学科,卒業,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

    様々な濃度勾配中に形成されるTriple Flameの特性とその遷移機構

職歴 【 表示 / 非表示

  • 東北大学大学院工学研究科航空宇宙工学専攻助手

    2001年04月01日 ~ 2007年03月31日

  • 室蘭工業大学大学院工学研究科講師

    2007年04月01日 ~ 2014年03月31日

  • University of California, San Diego, Visiting Scholar

    2012年08月01日 ~ 2013年03月31日

  • 室蘭工業大学大学院工学研究科准教授

    2014年04月01日 ~ 2017年

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本燃焼学会

  • The Combustion Institute

  • 日本機械学会

  • 日本火災学会

  • 日本航空宇宙学会

全件表示 >>

学術賞 【 表示 / 非表示

  • 日本航空宇宙学会北部支部2005年講演会および第6回再使用型宇宙推進系シンポジウム  Best Presentation Award for Student

    2005年03月,日本航空宇宙学会

  • 日本機械学会北海道支部第37回学生員卒業研究発表講演会  Best Presentation Award

    2008年03月,日本機械学会

  • 日本機械学会北海道支部第39回学生員卒業研究発表講演会(2010年)Best Presentation Award

    2010年03月,日本機械学会

  • 第48回燃焼シンポジウムBest Presentation Award

    2010年12月,日本燃焼学会

  • 日本燃焼学会平成23年度奨励賞「希薄燃焼に向けた火炎基部の安定化に関する基盤研究」

    2011年12月,日本燃焼学会

全件表示 >>

 

超音波を用いた燃焼制御法

既存の燃焼器の燃焼率を上げエコ対策を実現

研究開発の目的

燃焼の効率化でエコを実現

小型燃焼器や施設の大型ボイラーの燃焼効率が悪ければ、コストがかさむばかりではなく、環境にも悪影響を及ぼす。原油高で燃料が高騰し続ける昨今、効率的な燃焼システムが求められている。既存のものを使い、燃焼効率を上げて低コスト化しながら、限られた資源を効率よく使うことが望まれている。

研究開発の概要

余分なものを出さないように燃焼を制御する

20kHzの超音波を利用して、燃焼の安定性を向上させながら有害排出物を低減させることができる、次世代高負荷クリーン燃焼器に向けた非接触の燃焼制御を行っているO超音波振動子とその反射面で挟まれた空間に定在波を作り出し、これを火炎の最も上流側に作用させて流れを偏向させ、火炎の吹き飛び限界を拡大しながらすすの排出を抑えることが可能になった。※定在波とは進行波と反射波が重なってできた波

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • 20kHzの超音波で燃焼を制御
  • すすを出さない燃焼
  • 燃焼の効率化
  • 超音波による燃焼の制御
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • 振動部が非接触型
  • 非接触型により後付けが可能
  • 局所的に制御が可能
  • 特願2007-128446
 

論文 【 表示 / 非表示

  • Soot Control of Laminar Jet-Diffusion Lifted Flame Excited by High-Frequency Acoustic Oscillation

    Mitsutomo HIROTA , Yuji NAKAMURA, and Tsutomu SAITO,Journal of Thermal Science and Technology,12巻,2号,(頁 1 ~ 10),2017年08月

  • Evaluation of Fluidic Thrust Vectoring Nozzle via Thrust Pitching Angle and Thrust Piching Moment

    L. Li, M. Hirota, K. Ouchi, and T. Saito,,Shock Waves,27巻,1号,(頁 53 ~ 61),2017年01月

  • チタンの溶解反応を用いたSrTiO3の合成

    廣田光智,柏井太郎,佐々木大地,齋藤務,世利修美,粉体および粉末冶金,60巻,7号,(頁 330 ~ 333),2013年07月

  • Successful Imaging of a the Preheat-zone of a Lean (Φ<0.6) Flame: A The Potential Capability of Acetone-OH Simultaneous PLIF to Diagnose Flames at the Near-extinction Limit

    Y. Nakamura, Y. Yamada, M. Hirota and T. Saito,,Journal of Visualization,15巻,4号,(頁 281 ~ 291),2012年05月

  • Flow Visualizatoin of Supersonic Free Jet Utilizing Acetone LIF

    K. Hatanaka, T. Saito, M. Hirota, Y. Nakamura, Y. Suzuki, T. Koyaguchi,Visualization of Mechanical Processes,2巻,1号,(頁 0-0 (online) ~ ),2012年

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Visualization of Flame Extinction Process by the Effect of Liquid Droplet Impinging on Heated Plate

    M. Hirota, H. Torikai, T. Sasaki, H. Okimoto, Y. Matsuoka and T. Saito,The 31th International Congress on High-speed Imaging and Photonics,(頁 USB ~ ),2016年11月

  • Investigations on Compressible Mixing Layers in Confined Ducts

    S. M. V. Rao, S. Asano, I Imani, M. Hirota, T. Saito,12th International Conference of Flow Dynamics,(頁 USB ~ ),2015年10月

  • Study of Supersonic Free Jets with Applications to Volcanic Eruptions

    S. M. V. Rao, S. Asano, M. Hirota, T. Saito,The 10th Anniversary International Symposium on The Center of Environmntal Science and Disaster Mitigation for Advanced Research - Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2015,(頁 1 ~ 4),2015年03月

  • Influence of Ultrasonic Waves on Lift-off Height Considering the Extended Premixed Flame Model

    M. Hirota, T. Tsuji, Y. Nakamura, t. Saito,Seventh International Symposium on Scale Modeling,2013年08月,Hirosaki

  • Numerical and experimental investigations of fluidic thrust vectoring with oblique shock waves

    K. Ouchi, K. Yamada, M. Hirota, K. Hatanaka, T. Saito,L. Li,The 29th International Symposium on Shock Waves,2013年07月,Wisconsin

全件表示 >>

研究報告 【 表示 / 非表示

  • 濃度勾配の時間的非定常変化に対するTriple Flameの挙動

    溝本雅彦,科学研究費補助金(基盤研究(c)(2))研究成果報告書,2002年

  • 濃度勾配を有する予混合気中に形成される火炎の特性

    溝本雅彦,廣田光智,日本機械学会研究協力部会RC173「乱流燃焼の最適制御技術研究分科会」研究報告書(最終),(頁 41 ~ 44),2000年

  • 濃度勾配を有する予混合気中に形成される火炎の特性

    溝本雅彦,廣田光智,日本機械学会研究協力部会RC173「乱流燃焼の最適制御技術研究分科会」研究報告書(中間),(頁 41 ~ 44),2000年

  • 濃度勾配の時間的変化を伴う混合気中の火炎の特性

    松尾亜紀子,財団法人マツダ財団第14回(1998年度)マツダ研究助成に関する最終報告書,2000年

  • 濃度勾配の時間的変化を伴う混合気中の火炎の特性

    松尾亜紀子,財団法人マツダ財団第14回(1998年度)マツダ研究助成に関する中間経過報告書,1999年

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • くさびに沿って伝播する衝撃波の反射形態遷移に関する研究

    畠中和明,王浩屹,岡部雄一郎,廣田光智,齋藤務,高山和喜,,平成28年度衝撃波シンポジウム,日本衝撃波研究会,平成28年度衝撃波シンポジウム講演論文集,2017年03月08日,横須賀市,日本

  • 熱線流速計による閉路内圧縮性乱流混合層の混合特性評価

    池田大季,布施亮祐,畠中和明,廣田光智,齋藤務,Srisha M. V. Rao,,平成28年度衝撃波シンポジウム,日本衝撃波研究会,平成28年度衝撃波シンポジウム講演論文集,2017年03月08日,横須賀市,日本

  • 高温壁面への消火剤衝突による間接消火法での効果拡大方法の検討

    廣田光智,日本火災学会消火の科学技術に関する専門委員会2016年懇話会,日本火災学会,日本火災学会消火の科学技術に関する専門委員会2016年懇話会,2016年12月15日,東京,日本

  • 高温固体表面の表層の空隙率が衝突する液滴挙動と消火に及ぼす影響

    岡卓希,廣田光智,鳥飼宏之,齋藤務,畠中和明,柿崎大輔,開米広樹,赤石壮史, 折居紳一郎,,第54回燃焼シンポジウム,日本燃焼学会,第54回燃焼シンポジウム講演論文集,2016年11月23日,仙台市,日本

  • 超音波が水素噴流火炎の窒素酸化物排出低減に及ぼす影響

    増田信凜,廣田光智,中村祐二,齋藤務,畠中和明,第54回燃焼シンポジウム,日本燃焼学会,第54回燃焼シンポジウム講演論文集,2016年11月23日,仙台市,日本

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 中小企業

    2016年09月30日,製造技術分野,420000(円)

  • 中小企業

    2014年08月07日,ナノテクノロジー・材料分野,420000(円)

受託研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 公益法人等

    2009年07月09日,ナノテクノロジー・材料分野,2000000(円)

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 最適な表面性状の高温固体面への液滴衝突でミストを生成・輸送する新規消火方法の開発

    2016年度 ~ 2018年度,基盤研究(C),16K01279

  • 二つの超音波効果の融合による広範囲混合促進で実現する超希薄燃焼の安定機構解明

    2013年度 ~ 2015年度,基盤研究(C),25420143

  • 異なる周波数の超音波効果融合による超希薄燃焼の安定機構解明と設定周波数の最適化

    2011年度 ~ 2012年度,若手B,23760171

その他補助金等 【 表示 / 非表示

  • 高温領域での固体表面改質による新規消火法の開発

    2015年05月27日 ~ 2016年03月31日,(財)JKA,平成27年度小型自動車等機械工業振興事業に関する補助金((財)JKA),3000000(円)

  • 超音波の音響放射力を利用した低温燃焼システムの開発と応用

    2009年07月09日 ~ 2010年03月31日,独立行政法人科学技術振興機構JSTイノベーションプラザ北海道,重点地域研究開発推進プログラム(シーズ発掘試験),2000000(円)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 航空宇宙工学セミナーI

    2017年度,学部

  • 推進工学

    2017年度,学部

  • インター・サイエンスD

    2017年度,学部

  • 航空宇宙機の基礎

    2017年度,学部

  • 燃焼工学

    2017年度,学部

全件表示 >>

教育論文 【 表示 / 非表示

  • (特集)ながれと創造教育-「創造工学研修」ロケット飛翔体の設計・製作

    2007年,滝田謙一,廣田光智,升谷五郎,ながれ,26巻, (頁 pp.87-90)

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • Access To Space

    2011年08月,室蘭工業大学入試広報室オープンキャンパスWG,室蘭工業大学,オープンキャンパス,未設定

  • Access To Space

    2010年08月,室蘭工業大学入試広報室オープンキャンパスWG,室蘭工業大学,オープンキャンパス,未設定

  • パネルディスカッション

    2010年08月,室蘭工業大学入試広報室オープンキャンパスWG,室蘭工業大学,オープンキャンパス,未設定

  • 速い流れを目で見る

    2010年04月,独立行政法人日本科学技術振興機構JST,室蘭工業大学,スーパーサイエンスハイスクール(SSH)研究開発,未設定

  • Access To Space

    2009年08月,室蘭工業大学入試広報室オープンキャンパスWG,オープンキャンパス,未設定

講演 【 表示 / 非表示

  • Triple Flameの特性

    2007年11月,弘前大学伊藤・鳥飼研究室セミナー

  • 高周波振動による燃焼制御

    2007年11月,室蘭工業大学・北電総研の技術交流会

  • 先輩が語る機械工学の魅力

    2005年11月,慶應義塾大学理工学部機械工学科

  • 濃度勾配を有する予混合気中に形成される火炎の特性

    1999年03月,日本機械学会研究協力部会RC173「乱流燃焼の最適制御技術研究分科会」