Personnel Information

写真a

Nakatsugawa Makoto


The master's program in charge

Division of Sustainable and Environmental Engineering

The doctoral program in charge

Division of Engineering

The department in charge

Department of Civil Engineering and Architecture

Job title

Professor

Research field 【 display / non-display

  • Hydraulic engineering

Keywords for Research Field 【 display / non-display

  • Hydrology

  • River Engineering

  • Environmental Hydraulics

Research themes 【 display / non-display

  • Study on Flood Forecast

    Flood Forecast,Crisis Management,1986.04 ~ 2016.08

  • Research on adaptation measures for climate change

    Adaptation measures for flood disaster,Adaptation measures for water resources,2015.04 ~ 2016.08

  • Study on Hydrologic Process in Watersheds

    Hydrologic Process,Watersheds,1990.04 ~ 2016.08

  • Study on Improvement of Water Quality for Rivers and Lakes

    Improvement of Water Quality,Rivers and Lakes,1988.04 ~ 2005.03

Graduate school・Graduate course, etc. 【 display / non-display

  • Hokkaido University

    1986.03,Master's program,Graduate School, Division of Engineering,Division of Sanitary Engineering,Completed,Japan

Graduate school・major, etc. 【 display / non-display

  • Hokkaido University

    1984.03,Faculty of Engineering,Department of Sanitary Engineering,Graduate,Japan

Degree 【 display / non-display

  • Doctor of Engineering

    積雪寒冷地流域の水文現象のモデル化と環境変化がそれらに与える影響に関する研究

Career 【 display / non-display

  • 北海道開発庁 北海道開発局 土木試験所 河川研究室 技官

    1986.04.01 ~ 1988.04.07

  • 北海道開発庁 北海道開発局 開発土木研究所 環境研究室 主任研究員

    1994.07.01 ~ 1997.03.31

  • 北海道開発庁 北海道開発局 石狩川開発建設部 維持管理課 課長

    1997.04.01 ~ 1999.03.31

  • 独立行政法人 北海道開発土木研究所 環境研究室 室長

    2001.07.06 ~ 2005.03.31

  • 国土交通省 北海道開発局 石狩川開発建設部 豊平川ダム統合管理事務所 所長

    2005.04.01 ~ 2005.06.30

display all >>

Academic Society 【 display / non-display

  • Japan Society of Civil Engineers

  • Japan Society of Hydrology and Water Resources

  • Ecology and Civil Engineering Society

  • Japan Society on Water Environment

Academic prize 【 display / non-display

  • 土木学会北海道支部奨励賞

    1990.05.25,土木学会北海道支部

  • 土木学会論文賞

    1997.05.30,土木学会

 

気候変動に適応できる水のマネジメント

転ばぬ先の水のマネジメント

Purpose of Research

気候変動による洪水・渇水リスクの軽減

気候変動によって想定外の時期に,想定以上の大雨が降って起きる洪水が懸念されるとともに,雪の減少や雪解けの早まり,少雨による渇水の頻発が懸念されている。このような想定を超えるリスクの軽減を目指し,洪水から地域の安全を守り,安定した水利用や豊かな自然環境を実現するために,流域レベルでの水のマネジメント方策を提案する。

Summary of Research

積雪寒冷地に適用可能な水循環モデルの開発

大気〜地表面の熱輸送過程,流域の降雨・降雪・積雪・融雪・蒸発散・貯留・河川流出・ダム操作による流出入といった水文過程を総合化した水循環モデルを構築する。これを用いて洪水リスクや渇水リスク,それらへの適応策の提案・評価をおこなう。

Research Content

Features / Benefits of Research

1.Point of research 2.Research of novelty
  • 気候変動による流域レベルの洪水・渇水リスクを評価
  • 洪水予測の活用やダムなどの既存施設の機能向上によるリスク軽減策を提案
  • 健全な環境を実現するための水循環のあり方を提案
  • 流域水循環に関わる既存研究分野(水文学・河川工学・気象学・林学・農学など)の知見の総合化
3.Primacy of Technology 4.Situation of patent-related
  • 積雪・融雪の物理プロセスを反映させることによる積雪寒冷地への適用可能な水循環モデル
  • ダムの操作規則,河川取水など人為的オペレーションがモデル上で考慮可能
  • 広範囲,長期的な水循環が表現可能
 

Books 【 display / non-display

  • Tropical Peatland Ecosysytems

    Mitsuru Osakiほか編, Tadaoki Itakura, Makoto Nakatsugawaほか,Springer,Chapter 16 Characteristics of Watershed in Central Kalimantan,(p.651),2016.01,978-4-431-55680-0, 978-4-431-55681-7 (eBook)

  • 室蘭工大 未来をひらく技術と研究

    国立大学法人室蘭工業大学編, 中津川誠ほか,北海道新聞,気候変動に対応できる水のマネージメント,(p.230),2014.07,978-4-89453-745-3

  • 日本の水環境1 北海道編

    日本水環境学会編, 中津川誠ほか,技報堂出版,治水史 ダム開発と水資源,(p.258),2001.05,4-7972-2522-X

  • 積雪寒冷地の水文・水資源

    水文・水資源学会編集出版委員会編, 橘治国, 中津川誠ほか,信山社サイテック,積雪寒冷地の水資源・積雪寒冷地流域における融雪流出,(p.322),1998.02,4-7655-3168-6

Papers 【 display / non-display

  • ランダムフォレスト法による洪水時の水位予測手法の提案

    岡崎亮太, 中津川誠, 小林洋介,土木学会論文集B1(水工学),vol.74,(4),(p.I_1459 ~ I_1464),2018.02

  • 気候変動が積雪寒冷地の汽水湖水質に及ぼす影響の評価

    工藤啓介, 長谷川裕史, 中津川誠,土木学会論文集B1(水工学),vol.74,(4),(p.I_205 ~ I_210),2018.02

  • 釧路川の蛇行復元が湿原の地下水位に及ぼす影響の分析

    坂本久宣, 中津川誠, 工藤啓介,土木学会論文集B1(水工学),vol.74,(4),(p.I_499 ~ I_504),2018.02

  • 融雪を考慮した土壌水分量の定量化とそれを用いた土砂災害発生危険度の判定

    宮崎嵩之, 中津川誠, 臼谷友秀,水文・水資源学会誌 原著論文,vol.30,(2),(p.89 ~ 101),2017.03

  • 土砂災害発生危険度評価のための実用的融雪量算出法の提案

    宮崎嵩之, 中津川誠, 西原照雅,土木学会論文集B1(水工学),vol.73,(4),(p.I_1375 ~ I_1380),2017.02

display all >>

International conference proceedings 【 display / non-display

  • A FLOOD ANALYSIS MODEL FOR RIVERS IN LOW-LAYING AREAS THAT INTEGRATES INLAND WATER AND BACK WATER

    TAKEHIRO OKI, MAKOTO NAKATSUGAWA,Proceedings of the 37th IAHR World Congress,(p.1714 ~ 1723),2017.08,Kuala Lumpur, Malaysia

  • A STUDY ON THE EFFECTS OF FUTURE CLIMATE CHANGE ON WATER RESOURCES IN THE TOYOHIRA RIVER BASIN BASED ON A STATISTICAL DOWNSCALING METHOD

    YOKO TANIGUCHI, MAKOTO NAKATSUGAWA, KEIGO OTANI,Proceedings of the 37th IAHR World Congress,(p.4460 ~ 4468),2017.08,Kuala Lumpur, Malaysia

  • NON-CONTACT TYPE DISCHARGE OBSERVATION CONSIDERING RIVER BED FLUCTUATION DURING FLOODING

    SHUN KUDO, ATSUHIRO YOROZUYA, HIROSHI KOSEKI, TOSHIHARU FUETA, MAKOTO NAKATSUGAWA,Proceedings of HydroSenSoft (International Symposium and Exhibition on Hydro-Environment Sensors and Software),(p.300 ~ 305),IAHR,2017.03,Madrid, Spain

  • Global Warming-Induced Changes in the Amount and Quality of Snow cover in Dam Catchment Basins

    Yoko TANIGUCHI, Makoto NAKATSUGAWA, Keisuke KUDO,Proceedings of The 7th International Conference on Water Resources and Environment Research (ICWRER2016),2016.06,Kyoto, Japan

  • Study on Long-Term Water Level Forecasting for the Kahayan River in Indonesia Considering Global Sea Surface Temperature Changes

    Chiaki Yoshida, Makoto Nakatsugawa, Shun Kudo,Proceedings of The 7th International Conference on Water Resources and Environment Research (ICWRER2016),2016.06,Kyoto, Japan

display all >>

Editorial and Commentary 【 display / non-display

  • 近年の豪雨災害を踏まえた洪水時の危機管理について

    中津川誠,地方公共団体の危機管理講演録 地方自治体の防災・危機管理業務と地域住民の協働,(6),(p.34 ~ 55),2018.03

  • 平成28年8月の豪雨災害を考える 平成28年8月の北海道豪雨災害と今後の洪水対策について

    中津川誠,季刊消防防災の科学,(129),(p.32 ~ 38),2017.08

  • 自然災害に備える 第4回 2016年8月豪雨を振り返る③ 土木学会調査団の調査報告の概要と提言

    中津川誠,開発こうほう,(648),(p.12 ~ 17),2017.07

  • 2016年8月北海道豪雨による災害報告

    中津川誠,土木学会誌,vol.101,(12),(p.38 ~ 39),2016.12

  • 北海道で考えるべき地球温暖化への適応策~水資源リスクへの対応~

    中津川誠,Docon Report,vol.199,(p.2 ~ 7),2015.12

display all >>

Research reports 【 display / non-display

  • 2016年8月の豪雨災害をもたらした気象・水文要因に関する調査概要

    中津川誠,室蘭工業大学紀要,(67),(p.3 ~ 7),2018.03

  • 北海道の土砂災害に関する緊急セミナー報告5「2014年8月礼文島豪雨災害の現地調査報告」

    中津川誠, 川村志麻, 加賀屋誠一,寒地土木研究所月報寄稿,(747),(p.57 ~ 61),2015.08

  • WG4:釧路・十勝地域における望ましい対応の研究

    中津川誠,土木学会地震工学委員会・水循環ネットワーク施設災害軽減対策研究小委員会活動報告,(p.4-1 - 4-41 ~ ),2015.03

  • 2014 年8 月礼文島豪雨災害の現地調査報告

    中津川誠, 川村志麻, 加賀屋誠一,北海道の土砂災害に関する緊急セミナー調査報告 独立行政法人・土木研究所・寒地土木研究所・防災地質チーム(http://chishitsu.ceri.go.jp/h26_saigai.html(2015.3.28閲覧)),2015.03

  • 気象・水文情報を利用した既存ダムの機能向上策について

    中津川誠,天気,(61),(p.20 ~ 29),2014.08

display all >>

Presentaion at conference, meeting, etc. 【 display / non-display

  • Research of Influence of Future Climate Change on Water Resources in Toyohira River Basin Based on Statistical Downscaling

    Yoko Taniguchi, Makoto Nakatugawa,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2018,室蘭工業大学・環境科学防災研究センター,Proceedings of Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2018,(p.61-62),2018.03.02,北海道・室蘭市

  • Research on Condition Analysis Contributing to Growth of Alunus Japonica Forest of Kushiro Mire using The Random Forest Method

    Kanju Sakuma, Makoto Nakatsugawa, Yosuke Kobayashi, Hisanobu Sakamoto,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2018,室蘭工業大学・環境科学防災研究センター,Proceedings of Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Mitigation Research 2018,(p.61-62),2018.03.02,北海道・室蘭市

  • 常呂川を事例としたリカレントニューラルネットワークによる水位予測

    山田恒輝, 小林洋介, 中津川誠, 岸上順一,土木学会北海道支部,土木学会,平成29年度土木学会北海道支部論文報告集74,(p.CD-ROM, B-14),2018.01.27,北海道・札幌市

  • 衛星雨量を利用したインドネシア・チリウン川の水位推定手法の提案

    星野佳太, 中津川 誠,土木学会北海道支部,土木学会,平成29年度土木学会北海道支部論文報告集74,(p.CD-ROM, B-10),2018.01.27,北海道・札幌市

  • 2016年8月の異常洪水時におけるダム操作の考察

    寺田詢, 中津川 誠, 田中雅人,土木学会北海道支部,土木学会,平成29年度土木学会北海道支部論文報告集74,(p.CD-ROM, B-12),2018.01.27,北海道・札幌市

display all >>

 

Class subject in charge 【 display / non-display

  • 水理学I

    2018,Department

  • 応用水理学

    2018,Department

  • 水文・水資源学

    2018,Department

  • 土木工学概論

    2018,Department

  • 水防災工学特論

    2018,Master's program

display all >>