基本情報

写真a

小林 洋介

コバヤシ ヨウスケ


担当学科

情報電子工学系学科

職名

助教

電子メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 知覚情報処理

  • 通信・ネットワーク工学

  • 建築環境・設備

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 音響学

  • 音声情報処理

  • 聴覚情報処理

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 山形大学

    2013年03月,博士後期,大学院理工学研究科,電子情報工学専攻,修了,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

職歴 【 表示 / 非表示

  • 山形大学 工学部 技術部 技術員

    2013年04月01日 ~ 2014年03月31日

  • 都城工業高等専門学校 電気情報工学科 助教

    2014年04月01日 ~ 2016年03月31日

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会

  • 日本音響学会

  • 電気学会

  • IEEE

  • 情報処理学会

学術賞 【 表示 / 非表示

  • 1ビットオーディオコンソーシアム 2008年 技術賞

    2008年02月10日,1ビットオーディオコンソーシアム

  • 日本音響学会 2013年春季研究発表会 学生優秀発表賞

    2013年09月26日,日本音響学会

  • 電気学会東北支部 支部長賞

    2014年04月01日,電気学会東北支部

  • 連合大会講演奨励

    2015年11月01日,電子情報通信学会九州支部

 

音声の明瞭性に着目したシステム開発

研究開発の目的

雑音下での少数サンプルによる了解度推定法

研究開発の概要

雑音下での音声了解度試験は多くの評価音を用いた被験者実験である。このため,被験者一人当たりの負荷が大きく安易に大規模な実験が行えないため,一人当たりの了解度評価単語数の削減が必要である。了解度を二項分布で表現すると,認知確率の等しい単語であれば1条件につき1単語で実験可能である。本稿では,20単語による主観評価値をSNRと親密度を説明変数とするロジスティック回帰による推定関数を提案する。提案法は,全条件の平均二乗誤差で0.068と十分な性能を持つことが明らかとなった。

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
 

論文 【 表示 / 非表示

  • リアルタイムブートストラップ型音声マスキングシステムの構築

    金丸 鈴美, 小林 洋介,電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌),137巻,3号,(頁 549 ~ 550),2017年03月

  • 雑音環境下での少数音声による推定了解度関数導出法

    小林洋介,日本音響学会誌,72巻,6号,(頁 321 ~ 323),2016年06月

  • A Speech Intelligibility Estimation Method Using a Non-reference Feature Set

    Toshihiro SAKANO, Yosuke KOBAYASHI, Kazuhiro KONDO,IEICE Transactions on Information and Systems,E98.D巻,1号,(頁 21 ~ 28),2015年01月

  • Comparison of Output Devices for Augmented Audio Reality

    Kazuhiro Kondo, Naoya Anazawa, Yosuke Kobayashi,IEICE Transactions on Information and Systems,E97.D巻,8号,(頁 2114 ~ 2123),2014年08月

  • Performance Evaluation of an Ambient Noise Clustering Method for Objective Speech Intelligibility Estimation

    Yosuke Kobayashi, Kazuhiro Kondo,,Electronics and Communications in Japan,97巻,5号,(頁 43 ~ 52),2014年05月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Listening Difficulty Assessment for Real-time Bootstrap Masking System

    Yosuke Kobayashi and Suzumi Kanemaru,Proc. IEEE The 5th IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE 2016),(頁 413 ~ 414),2016年10月

  • An Ambient Noise Clustering Method for Japanese Speech Intelligibility Estimation

    Yosuke Kobayashi, Kazuhiro Kondo,Proc. 44th International Congress and Exhibition on Noise Control Engineering,2015年08月,San Francisco

  • Bootstrap masker generation method for speech masking systems

    Yosuke Kobayashi, Kazuhiro Kondo,Proc. 43th International Congress and Exhibition on Noise Control Engineering,2014年11月,Melbourne

  • Single-Ended Estimation of Speech Intelligibility using the ITU P.563 Feature Set

    Toshihiro Sakano, Yosuke Kobayashi and Kazuhiro Kondo,Proc. International Conference of the International Speech Communication Association (Inter-Speech),(頁 2031 ~ 2035),2014年09月,Singapore

  • Characteristics Comparison of Two Audio Output Devices for Augmented Audio Reality

    Kazuhiro Kondo, Naoya Anazawa, Yosuke Kobayashi,Proc. Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference 2013 (APSIPA ASC 2013),2013年10月,Kaohsiung

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • 屋外拡声品質の文章了解度をブラインド予測する手法の開発

    小林洋介,一般財団法人カワイサウンド技術・音楽振興財団 機関誌サウンド,31号,(頁 6 ~ 9),2016年

研究報告 【 表示 / 非表示

  • 音環境センシングシステムの開発

    児島悠太,小林洋介,電子情報通信学会技術研究報告EA,117巻,138号,(頁 125 ~ 130),Article Number:EA2017-22,2017年07月

  • 発話構文解析を利用した「よく聴こえる」拡声システムの基礎検討

    石川 耕輔 , 太田 健吾, 小林 洋介, 岸上 順一 ,情報処理学会研究報告音楽情報科学(MUS),115巻,47号,(頁 1 ~ 5),2017年06月

  • 主観・客観評価を用いたスピーチマスキングシステムの品質推定

    小林洋介,近藤和弘,電子情報通信学会技術研究報告. EA, 応用音響 ,116巻,302号,(頁 67 ~ 72),Article Number:EA-2016-59,2016年11月

  • 雑音下での少数サンプルによる了解度推定

    小林洋介,近藤和弘,坂本修一,日本音響学会聴覚研究会資料,46巻,7号,(頁 471 ~ 476),2016年10月

  • 機械学習と音声認識を用いた屋外拡声器の音声品質予測

    小林 洋介,太田 健吾,近藤 和弘,情報処理学会研究報告,2016-MUS-111巻,43号,(頁 4pages ~ ),2016年05月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 実環境を模擬した少数サンプルによる了解度推定

    小林洋介,近藤和弘,坂本修一,日本音響学会2016年春季研究発表会,日本音響学会,日本音響学会2016年春季研究発表会講演論文集,(頁 583-586),2017年03月15日

  • 音環境評価のためのセンシングシステムの開発

    児島悠太,小林洋介,平成28年度IEICE北海道支部学生会主催インターネットシンポジウム,電子情報通信学会北海道支部学生会,平成28年度IEICE北海道支部学生会主催インターネットシンポジウム予稿集,2017年03月01日

  • 少ない音声サンプルからの音声了解度推定

    小林洋介,平成28年度電気通信研究所共同プロジェクト研究発表会,東北大学電気通信研究所,平成28年度電気通信研究所共同プロジェクト研究発表会,(頁 168),2017年02月23日

  • 機械学習手法に基づく2016年8月の常呂川連続洪水を対象とした水位予測の研究

    岡崎 亮太,中津川 誠,小林 洋介,谷口 陽子,公益財団法人 土木学会北海道支部,平成28年度論文報告集 第73号,(頁 B-19),2017年02月04日

  • Estimation of binaural speech intelligibility based on better ear model

    Kazuya Taira, Yosuke Kobayashi and Kazuhiro Kondo,5th Joint Meeting Acoustical Society of America and Acoustical Society of Japan,,Acoustical Society of America, Acoustical Society of Japan,Journal of Acoustical Society of America, Vol. 140, No.4, Pt. 2 of 2,(頁 3215),2016年11月28日,Honolulu,USA

全件表示 >>

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • 了解度計を実現するための時系列解析を利用した文章了解度予測モデル

    2016年度 ~ 2018年度,若手研究(B),16K21584

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • ユーザセンタードデザイン演習

    2017年度,学部

  • ビジネスシステムデザイン基礎演習

    2017年度,学部

  • コンピュータ知能学実験

    2017年度,学部

  • コンピュータ知能学総合演習

    2016年度,学部

  • プログラミング演習(前半)

    2016年度,学部

全件表示 >>