基本情報

写真a

朴 峻秀

パク ジュンスウ


所属センター等1

環境・エネルギーシステム材料研究機構

職名

准教授

電子メールアドレス

メールアドレス

ホームページURL

http://rd-soran.muroran-it.ac.jp/profile/ja.zvvohM79mOq-umdv0A4KTA==.3.html

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 核融合学

  • エネルギー学

  • 複合材料・表界面工学

  • 原子力学

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 炭化ケイ素

  • 原子力材料

  • 核融合材料

  • セラミックス複合材料

研究歴 【 表示 / 非表示

  • 科学技術振興機構、研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)、「加圧水型DCHE方式地熱発電用の耐環境・長寿命セラミックス複合材料2重鋼管の開発」

    2012年10月 ~ 2015年09月

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 東義大学校

    1998年02月,修士,工学研究科,機械工学,修了,大韓民国

  • 京都大学

    2003年03月,博士後期,エネルギー科学研究科,エネルギー応用科学,修了,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 東義大学校

    1996年02月,工学部,機械工学科,卒業,大韓民国

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学士

  • 工学修士

    FEMによるAl7075/CFRP多積層ハイブリッド複合材料の強度解析

  • エネルギー科学博士

    セラミックスマトリックス複合材料の破壊抵抗に関する評価手法

職歴 【 表示 / 非表示

  • 東義大学校、機械工学科、研究助手

    1996年03月 ~ 1999年02月

  • 東義大学校、機械工学科、研究員

    1999年03月 ~ 1999年10月

  • 京都大学、エネルギー理工学研究所、産学官連携研究員

    2003年04月 ~ 2004年03月

  • (株)エネテック総研、製造開発部課長

    2004年04月 ~ 2013年12月31日

  • 京都大学、エネルギー理工学研究所、非常勤講師

    2006年04月 ~ 2007年03月

全件表示 >>

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本原子力学会

 

セラミックス、セラミックス繊維、セラミックス複合材料の製造と応用

研究開発の目的

エネルギーシステム、航空宇宙システム向けの先進セラミックス材料を開発。(*技術開発は香山機構長の下でOASISが進めており、その推進補助を行っており、主にセラミックス繊維、複合材料製造プロセスを担当)

研究開発の概要

耐摩耗、耐食、耐熱に優れた炭化ケイ素を初めて、セラミックス単体・セラミックス繊維・セラミックス複合材料の製造プロセス・評価① 高結晶性SiC長繊維の焼成② 化学気相浸透・蒸着による薄膜形成③ 緻密・高結晶性SiC繊維強化SiCマトリックス(SiC/SiC)複合材料の製造プロセス④ 繊維強化セラミックス複合材料の強度特性評価⑤ 繊維強化セラミックス複合材料の耐環境特性等
研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
 

著書 【 表示 / 非表示

  • エレクトロニクス分野における添加剤・薬品便覧-220選-

    共同著者(計116名),技術情報協会,SiC繊維、SiC粉末,(頁 453),2013年03月,978-4861044748

論文 【 表示 / 非表示

  • High speed formation of pyro-carbon coat on silicon carbide fiber by continuous chemical vapor deposition furnace

    Joon-Soo Park, Naofumi Nakazato, Naoyuki Takayama, Hirotatsu Kishimoto, Akira Kohyama,Fusion Engineering and Design,in press巻,in press号,(頁 in press),2017年

  • Development of Joining Method between Zircaloy and SiC/SiC Composite Tubes by Using Diode Laser

    Hisashi Serizawa, Yuuki Asakura, Hirotaka Motoki, Daisuke Tanigawa, Masahiro Tsukamoto, Joon Soo Park, Hirotatsu Kishimoto, Akira Kohyama,Materials Science Forum,879巻,(頁 1743 ~ 1748),2017年

  • Thermal property and microstrucutral characterization of W/SiC clad plates

    Yuuki Asakura, Hirotatsu Kishimoto, Joon-Soo Park, Naofumi Nakazato, Tamaki Shibayama, Akira Kohyama,Fusion Engineering and Design,in press巻,in press号,(頁 in press),2017年

  • High performance SiC/SiC components by NITE-method and Its Application to Energy and Environment

    A. Kohyama, D. Hayasaka, H. Kishimoto, J.S. Park,Ceramic Transactions,255巻,(頁 37 ~ 52),2016年08月

  • Oxidation and High Temperature Resistance of SiC/SiC Composites by NITE-Method

    Daisuke Hayasaka, Hirotatsu Kishimoto, Joon-Soo Park, and Akira Kohyama,Ceramic Transactions,255巻,(頁 29 ~ 36),2016年08月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Present Status of SiC Component R&D for "DeeMe" Rotating Target

    C. Kanda, J.S. Park, H. Kishimoto, S. Makimura, M. Aoki, A. Kohyama,Proceedings of the 2nd International Symposium on Science at J-PARC — Unlocking the Mysteries of Life, Matter and the Universe —,8巻,(頁 031020-1 ~ 031020-7),2015年,Tsukuba

  • Process Optimization for High Performance SiC Fibers from Polymer-Driven Pre-Ceramics

    M. Kim, T. Hinoki,A.Kohyama, J. Park, H. Kishimoto,Proceeding of 23rd IEEE/NPSS Symposium on Fusion Engineering, SOFE 2009,2009年,San Diego

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • 新規概念による地熱発電用SiCおよびSiC/SiC複合材料

    朴 峻秀、早坂 大輔、西村 博司、岸本 弘立、香山 晃,FCレポート,32巻,4号,(頁 131 ~ 136),2014年10月

  • 高分子と自動車材料:「SiCナノパウダーとSiC繊維」の工業製品(自動車用途を含む)への展開

    朴 峻秀,ポリファイル,46巻,550号,(頁 70 ~ 72),2009年12月

  • Joining Technologies of SiC/SiC Composites for Fusion Reactor

    Joon-Soo Park, T. Hinoki, A. Kohyama,Journal of the KSME,47巻,1号,(頁 61 ~ 66),2007年01月

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 中小企業

    2017年03月31日,ナノテクノロジー・材料分野,1000000(円)

  • 公益法人等

    2016年06月15日,製造技術分野,520000(円)

  • 公益法人等

    2015年05月15日,ナノテクノロジー・材料分野,600000(円)

  • 公益法人等

    2014年05月01日,ナノテクノロジー・材料分野,600000(円)

科学研究費助成事業 【 表示 / 非表示

  • SiC複合材料による大強度パイオン・ミュオン生成標的の開発

    2016年度,基盤研究(B),16H03994

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • マテリアル組織学

    2017年度,博士前期課程

  • マテリアル組織学

    2016年度,博士前期課程

  • 固体相転移学

    2015年度,博士前期課程