基本情報

写真a

飯島  徹

イイジマ トオル


所属センター等1

全学共通教育センター

担当専攻 博士後期課程

工学専攻

職名

教授

電子メールアドレス

メールアドレス

ホームページURL

http://www.muroran-it.ac.jp/crd/

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 機械力学・制御

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 流体関連振動

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 東京理科大学・大学院

    1988年03月,博士前期,工学研究科,機械工学専攻,修了

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 東京理科大学

    1986年03月,工学部,機械工学科,卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士

    直交気液二相流における直列二円柱系の振動に関する研究

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会

  • 土木学会

  • 産学連携学会

学術賞 【 表示 / 非表示

  • IEEE ICRA2012 Best Conference Paper Award

    2012年05月17日,IEEE

  • FA財団平成24・25年度論文賞

    2013年12月13日,FA財団

 

流体力低減方法開発・函体構造物や流体機械、熱交換器など様々な機械構造物にかかる流体力の低減方法を研究する・流体力低減アクチュエータ

deveropment and research for redution of fluid force dynamicaly&by air spowting actuetor and flip-flop type actuator

研究開発の目的

アクチュエータの制御の抵抗低減・様々なアクチュエータ作用する流体力低減のため摩擦力や流体抵抗低減を図るシステム開発・MMTのリブレット形状の最適設計

development of adaptive control and design guideline for MMT&achievment reduction designguidline for MMT using riblet surface on MMT

研究開発の概要

研究紹介

研究開発の特徴/利点

1.研究のポイント 2.研究の新規性
  • 流体関連振動tとその制御
  • MMT
  • 振動や力低減の一般の制御と比べて投入エネルギーが大幅に低い
3.従来の技術に比べての優位性 4.特許関連の状況
  • 空気放出型アクチュエータ
  • 柱状構造物に作用する流体力低減装置
  • 波力変換装置
 

著書 【 表示 / 非表示

  • Flow-Induced Vibrations Classifications and Lessons from Practical Experiences second eddition

    Shigehiko Kaneko,Tomomichi Nakamura, T.Iijima,Elsevier Science Ltd,two circular cylinder in cross flow,(頁 409),2014年06月,978-0-08-098347-9

  • Flow-Induced Vibrations Classifications and Lessons from Practical Experiences

    Shigehiko Kaneko,Tomomichi Nakamura, T.Iijima,Elsevier Science Ltd,two circular cylinder in cross flow,(頁 310),2009年08月,978-0-08-044954-8

  • 事例で学ぶ流体関連振動第2版

    金子成彦,中村友道,稲田文夫,加藤稔,根本晃,萩原剛,飯島徹,他17名,技報堂,直交流れによる流動励起振動,(頁 365),2008年06月,4-7655-3262-4

  • 事例で学ぶ流体関連振動

    金子成彦,中村友道,稲田文夫,加藤稔,根本晃,萩原剛,飯島徹,他17名,技報堂,直交流れによる流動励起振動,(頁 282),2003年09月,4-7655-3258-5

論文 【 表示 / 非表示

  • マイクロ波ドップラーセンサーを用いた惑星探査ローバーの誘導に関する教育と研究(信号処理回路の製作と実験)

    磯貝正弘,高田裕也,飯島徹,計測自動制御学会中部支部教育工学研究委員会・教育工学論文集,39巻,(頁 22 ~ 24),2016年12月

  • マイクロ波ドップラーセンサを用いたローバ誘導に関する研究(試作3号機の製作と実験)

    磯貝正弘,松本将大,名和靖彦,坂口鋼一,花井雅昭,飯島徹,計測自動制御学会中部支部教育工学研究委員会・教育工学論文集,Vol.37巻,(頁 17 ~ 19),2014年12月

  • 惑星探査ローバの誘導に関する研究と教育(試作3号機による実験とアンケート調査)

    磯貝正弘,名和靖彦,飯島徹,計測自動制御学会中部支部教育工学研究委員会・教育工学論文集,Vol.37巻,(頁 45 ~ 47),2014年12月

  • 振動駆動型マイクロロボットのワイヤレスリモートコントロールに関する研究(1cm3サイズのマイクロロボットの3号機の試作と直線・旋回走行実験)

    磯貝正弘,福浦淳人,飯島徹,計測自動制御学会中部支部教育工学研究委員会・教育工学論文集,Vol.37巻,(頁 20 ~ 22),2014年12月

  • High-Speed Magnetic Microrobot Actuation in a Microfluidic Chip by a Fine V-Groove Surface

    Kawahara, T. ; Iijima, T. ; Arai, F.,IEEE Transactions on,29巻,ISSUE2号,(頁 363 ~ 372),2013年04月

全件表示 >>

国際会議Proceedings 【 表示 / 非表示

  • Research on and Education for Navigation Control of an Exploration Rover with Microwave Doppler Sensors

    Masahiro Isogai, Yasuhiko Nawa and Toru Iijima,,IEEE Proceedings of the 25th Annual Symposium on Micro-Nano Mechatronics and Human Science (MHS) ,Vol.26巻,(頁 4 ~ 9),2015年11月

  • Navigation Control for an Exploration Rover with Microwave Doppler Sensors(Fabrication of Third Prototype Rover and Experiments)

    Masahiro Isogai, Yasuhiko Nawa, Toru Iijima,IEEE Proceedings of the 25th Annual Symposium on Micro-Nano Mechatronics and Human Science (MHS),(頁 16 ~ 20),IEEE,2014年11月,名古屋

  • High Speed Microactuation in a Microl^fluidic Chip by Levitated Structure with Riblet Surface

    M.Hagiwara, T.Kawahara,T.Iijima,Y.Yamanishi F.Arai,IEEE Proc. Of ICRA 2012,(頁 2517 ~ 2522),IEEE,2012年05月,Saint Paul

  • On-chip high speed microrobot made of Ni-Si composite structure with three-dimentionally pararel surface

    M.Hagiwara, T.Kawahara,T.Masuda, T.Iijima,Y.Yamanishi F.Arai,Symp. of Micro-Nano Mechatoronics and Human Science 2011 NAGOYA,1巻,(頁 108 ~ 112),IEEE,2011年11月,NAGOYA

  • Ultrahigh Speed Cell Manipulation by Robot on a Chip: A Levitated Structure with Three-Dimensionally Patterned Surface

    M.Hagiwara, T.Kawahara,T.Masuda, T.Iijima,Y.Yamanishi F.Arai,Topic No. 1.3 (Cell Culture / Handling / Analysis)巻,(頁 1548 ~ 1550),Chemical and Biological Microsysteme society,2011年,シアトル

全件表示 >>

論説・解説 【 表示 / 非表示

  • 直列二円柱の気液二相流の流力弾性振動に関する研究

    飯島 徹,原子力分野における流体関連振動研究会,(II)巻,(頁 134 ~ 157),1991年08月

  • 直交気液二相流における直列二円柱の流力弾性振動

    飯島,Research Projects in Review,Vol.13巻,(頁 269 ~ 277),1990年03月

研究報告 【 表示 / 非表示

  • 直交流による振動(間・管群)

    飯島徹,第32FIV研究機亜購読論文集,32巻,(頁 64 ~ 75),2017年06月

  • スロッシング

    飯島徹,FIV研究会購読論文集,31巻,(頁 58 ~ 69),2016年06月

  • 平交流・流体移送菅

    中村友道、飯島徹らほか,第27回FIV研究会購読集,30巻,(頁 49 ~ 69),2015年06月

  • 流体ー構造連成

    中村友道、飯島徹らほか,第27回FIV研究会購読集,27巻,(頁 34 ~ 48),2012年06月

  • 流体-構造連成

    加藤稔、中村友道、飯島徹らほか,第26回FIV研究購読論文集,26巻,(頁 18 ~ 28),2011年06月

全件表示 >>

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • Research on and Education for Navigation Control of an Exploration Rover with Microwave Doppler Sensors

    Masahiro Isogai, Yasuhiko Nawa and Toru Iijima,,2015 International Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (From Micro & Nano Scale Systems to Robotics & Mechatronics Systems),IEEE,IEEE Proceedings of the 26th Annual Symposium on Micro-Nano Mechatronics and Human Science (MHS),(頁 4-9),2015年11月,Nagoya,JAPAN

  • Navigation Control for an Exploration Rover with Microwave Doppler Sensors(Fabrication of Third Prototype Rover and Experiments)

    Masahiro Isogai, Yasuhiko Nawa, Toru Iijima,25th 2014 International IEEE Int. Symposium on Micro-NanoMechatronics and Human Science (From Micro & Nano Scale Systems to Robotics & Mechatronics Systems),IEEE,IEEE Proceedings of the 25th Annual Symposium on Micro-Nano Mechatronics and Human Science (MHS),(頁 16-20),2014年11月,Nagoya,JAPAN

  • High Speed Microrobot actuation in a microfluidic chip by levitated structure with riblet surface

    M.Hagiwara, T.Kawahara,T.Masuda, T.Iijima, Y.Yamanishi、F.Arai,Int. Conf. of Robot and Automation,IEEE,Proc. Of ICRA2012,(頁 2517-2522),2012年05月,Saint Paul,アメリカ

  • On-chip highspeed microrobot made of Ni-Si composite structure with three-dimentionally pararel surface

    M.Hagiwara, T.Kawahara,T.Masuda, T.Iijima, Y.Yamanishi、F.Arai,Int. Symp. of Micro-Nano Mechatoronics and Human Science,IEEE,Int. Symp. of Micro-Nano Mechatoronics and Human Science 2011 NAGOYA,(頁 108-112),2011年11月,Nagoya,JAPAN

  • Ultrahigh Speed Cell Manipulation by Robot on a Chip:A Levitated Structure with Three-Dimensionally Patterned Surface

    M.Hagiwara, T.Kawahara,T.Masuda, T.Iijima, Y.Yamanishi、F.Arai,The 15th International Conference on Miniaturized Systems for Chemistry and Life Sciences,Chemical and Biological Microsystems Society,Proc. Of μTAS2011,(頁 1548-1550),2011年10月,Seattle,アメリカ

全件表示 >>

共同研究の実績 【 表示 / 非表示

  • 中小企業

    2005年02月02日,社会基盤分野,800000(円)

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 物理学実験

    2017年度,学部

  • 物理学実験

    2017年度,学部

  • 物理学実験

    2017年度,学部

  • 物理学実験

    2017年度,学部

  • 流体関連振動論

    2017年度,博士前期課程

全件表示 >>

教材開発 【 表示 / 非表示

  • Flow-Induced Vibrations Classifications and Lessons from Practical Experiences 2nd eddition

    2014年06月,Shigehiko Kaneko,Tomomichi Nakamura, T.Iijima, (頁 410),Elsevier Science Ltd

  • Flow-Induced Vibrations Classifications and Lessons from Practical Experiences

    2009年08月,Shigehiko Kaneko,Tomomichi Nakamura, T.Iijima, (頁 310),Elsevier Science Ltd

  • 第2版事例で学ぶ流体関連振動

    2008年06月,金子成彦,中村友道,稲田文夫,加藤稔,根本晃,萩原剛,飯島徹,他17名, (頁 365),技報堂

  • 事例で学ぶ流体関連振動

    2003年09月,金子成彦,飯島徹他24名, (頁 282),技報堂

 

公開講座等 【 表示 / 非表示

  • 地域開発と技術研究における大学と企業のこれからのあり方

    1996年,室蘭工業大学と小樽商科大学との合同公開講座,室蘭テクノセンター、室蘭工業大学、小樽商科大学札幌サテライト、小樽市民ホール,激動社会の経営と技術~文系と理系大学からの総合的アプローチ,講演

技術セミナー 【 表示 / 非表示

  • 産業財産法の現状と課題

    発明協会、特許庁,CRDセンター,産業財産法セミナー,未設定

学会委員会 【 表示 / 非表示

  • ASME

    2016年08月10日 ~ 継続中,論文査読,ASME,全国