Personnel Information

写真a

Uemichi Yoshio


The master's program in charge

Division of Sustainable and Environmental Engineering

The doctoral program in charge

Division of Engineering

The department in charge

Department of Applied Sciences

Job title

Professor

E-mail Address

E-mail address

Research field 【 display / non-display

  • Catalytic Chemistry

  • Environmental Chemistry

Academic Society 【 display / non-display

  • プラスチックリサイクル化学研究会

  • 石油学会

  • The Society of Polymer Science, Japan

  • Catalysis Society of Japan

  • The Chemical Society of Japan

display all >>

 

触媒分解技術を使ったプラスチックのケミカルリサイクル

廃プラスチック再資源化技術の確立を目指して

Purpose of Research

究極の廃プラリサイクル

地球環境問題を考える上で廃棄物のリサイクル問題は重要なファクターの一つ。様々な廃プラスチックを自在に分解して石油化学原料に戻すことができれば,プラスチックを循環型資源として繰り返し利用するリサイクルシステムの構築が可能になる。究極のプラスチックリサイクルを可能にする触媒の開発を行っている。時代は,プラスチックの合成一辺倒ではなく,”合成”と”分解”,両方の技術を必要としている。

Summary of Research

触媒に通しプラスチック原料にする

廃プラスチックのリサイクルは,いかに効率のいい触媒を作りさせるかが研究の鍵となる。ポリエチレン,ポリプロピレンを石油化学工業の有用な原料BTXに戻す触媒分解技術を開発した。特性が異なる触媒を作ることによって,廃プラスチックの分解を自在にコントロールし,望みの化学原料を選択j的に得ることができる。

Research Content

Features / Benefits of Research

1.Point of research 2.Research of novelty
  • 廃プラの50%以上を占めるポリオレフィンを再資源化する
  • 化学原料の収率が高い本格的なケミカルリサイクル技術である
  • ポリオレフィンをプラスチック原料にする非燃焼型高効率リサイクル技術
3.Primacy of Technology 4.Situation of patent-related
  • プラスチックをつくる原料へ一段の反応で効率的に転換することが可能
 

Books 【 display / non-display

  • 触媒の設計・反応制御 事例集

    神田康晴・上道芳夫・杉岡正敏,技術情報協会,2013.04

  • プラスチック再資源化の基礎と応用

    上道芳夫・清野章男,シーエムシー出版,(p.319),2012.04

  • プラスチックの資源循環のための化学と技術

    上道芳夫,高分子学会,(p.200),2010.03

  • 各種手法による有機物の分解技術

    上道芳夫・神田康晴,情報機構,触媒によるプラスチックの石油化学原料への分解技術,(p.381),2007.05

  • 廃棄物処理・再資源化技術

    上道芳夫,シーエムシー出版,接触分解によるポリオレフィン廃棄物の新しい再資源化技術の開発,2005.12

display all >>

Papers 【 display / non-display

  • Low-temperature synthesis of rhodium phosphide on alumina andinvestigation of its catalytic activity toward the hydrodesulfurization of thiophene

    Y. Kanda, Y. Matsukura, A.Sawada, M. Sugioka, Y. Uemichi,Applied Catalysis A: General,vol.515,2016.04

  • Formation of Rh2P supported on Na-form zeolites and catalytic activity for hydrodesulfurization

    A.Sawada, Y. Kanda, M. Sugioka, Y. Uemichi,J. Jpn. Petrol. Inst.,vol.58,(5),(p.312 ~ 320),2015.09

  • Noble metal phosphides as new hydrotreating catalysts: Highly active rhodium phosphide catalyst

    Y. kanda, Y. Uemichi,Journal of the Japan Petroleum Institute,vol.58,(1),(p.20 ~ 32),2015.01

  • Rhodium phosphide catalyst for hydrodesulfurization: Low temperature synthesis by sodium addition

    A. Sawada, Y. Kanda, M. Sugioka, Y. Uemichi,Catalysis Communcations,vol.56,(p.60 ~ 64),2014.11

  • Formation of active sites and hydrodesulfurization activity of rhodium phosphide catalyst: Effect of reduction temperature and phosphorus loading

    Y. Kanda, C. Temma, A. Sawada, M. Sugioka, Y. Uemichi,Applied Catalysis A,vol.475,(p.410 ~ 419),2014.04

display all >>

International conference proceedings 【 display / non-display

  • Hydrodesulfurization over Noble Metals Supported on Mesoporous Silicate MCM-41 Catalysts

    M. Sugioka, A. Seino, Y. Uemichi, S. Namba,Proc. of The First Joint China/Japan Chemical Engineering Symposium,(p.263 ~ 268),2009.10,北京

  • Development of highly active new hydrodesulfurization catalysts for prevention of acid rain

    M. Sugioka, Y. Kanda, T. Kobayashi, Y. Uemich,Proceedings of The 2005 International Symposium on Advanced Engineering,2005.10,Pusan

  • Development of a Feedstock Recycling Process for Converting Waste Plastics to Petrochemicals

    J. Nishino, M. Itoh, Y. Fujiyoshi, Y. Matsumoto, R. Takahashi, Y. Uemichi,Proceedings of the 3rd International Symposium on Feedstock Recycling of Plastics&Other Innovative Plastics Recycling Techniques,vol.3,(p.325 ~ 332),2005.09,Karlsruhe

  • Development of a Catalytic Cracking Process of Waste Plastics for Converting to Petrochemicals

    J. Nishino, M. Itoh, T. Ishinomori, N. Kubota, Y. Uemichi,Proc. 2nd International Symposium on Feedstock Recycling of Plastics&Other Innovative Plastics Recycling Techniques,2002.09,Ostend

  • Hydrodesulfurization of Benzothiophene over Noble Metals Supported on Mesoporous Silica MCM-41

    M. Sugioka, A. Seino, T. Aizawa, J.K.A. Dapaah, Y. Uemichi, S. Namba,Proc. of 13th International Zeolite Conference,2001.08,Moutpellier

display all >>

Editorial and Commentary 【 display / non-display

  • プラスチックリサイクル触媒の開発と新しいケミカルリサイクルシステムの構築

    上道芳夫,ペトロテック,vol.37,(9),(p.683 ~ 686),2014.09

  • ポリオレフィンのケミカルリサイクルのための高性能分解触媒の開発

    上道、田、落合、山田、神田,ケミカルエンジニヤリング,vol.57,(4),(p.254 ~ 257),2012.04

  • 触媒による廃プラスチックからのBTX回収

    上道芳夫、清野章男、神田康晴,アロマティックス,vol.60,(秋季号),(p.244 ~ 250),2008

  • メタロシリケート触媒によるポリオレフィンの接触分解

    上道芳夫、清野章男、西野順也,触媒,vol.50,(3),(p.283 ~ 288),2008

  • ガリウムシリケート触媒による廃プラの石油化学原料化技術開発

    清野章男、神田康晴、杉岡正敏、上道芳夫,工業材料,vol.56,(5),(p.40 ~ 43),2008

display all >>

Research reports 【 display / non-display

  • Production of Green Hydrogen (Part 2)

    室蘭工業大学紀要,2008

  • 担持ニッケル触媒によるメタンの分解反応-グリーン水素製造

    アスマリザ、斎藤、神田、小林、上道、杉岡,室蘭工業大学紀要,vol.57,(p.37 ~ 42),2007

  • アルミニウムと水とのメカノケミカル反応による水素製造

    杉岡正敏、竹田昌広、東條祐輔、出口力也、神田康晴、佐藤考志、小林隆夫、上道芳夫,室蘭工業大学紀要,vol.56,(p.35 ~ 39),2006

  • 廃プラスチックの再資源化技術の開発

    上道芳夫、杉岡正敏、西野順也,室蘭工業大学地域共同研究開発センター研究報告,vol.17,(p.43 ~ 51),2006

  • 廃プラスチックの高効率石油化学原料化技術開発

    上道芳夫、橋本義人、清野章男、杉岡正敏,新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)基盤技術研究促進事業平成17年度成果報告書,2006

display all >>

Presentaion at conference, meeting, etc. 【 display / non-display

  • ポリオレフィン水素存在下でのポリスチレンの接触分解

    熊谷謙吾・加賀慎之介・篠原猛真・勝倉耀平・神田康晴・上道芳夫,第46回石油・石油化学討論会,第46回石油・石油化学討論会要旨,2016.11.18

  • ポリオレフィンの接触分解

    加賀慎之介,神田康晴,上道芳夫,日本化学会北海道支部 2016年夏季研究発表会,日本化学会北海道支部2016年夏季研究発表会要旨集,2016.07.23

  • メチルシクロヘキサンの脱水素

    森公佑,神田康晴,上道芳夫,日本化学会北海道支部 2016年夏季研究発表会,日本化学会北海道支部2016年夏季研究発表会要旨集,2016.07.23

  • ポリオレフィン水素を利用した廃プラスチックの接触分解によるケミカルリサイクル

    熊谷謙吾,篠原猛真,勝倉耀平,神田康晴,上道芳夫,第116回触媒討論会,2015.09

  • Zn/H-ZSM-5触媒を用いた炭化水素系プラスチックの接触分解

    會田直哉,山田恭平,大石亮太,神田康晴,上道芳夫,第116回触媒討論会,2015.09

display all >>

 

Class subject in charge 【 display / non-display

  • 分析化学

    2017,Department

  • 応用化学プレゼンテーション技法バイオシステムプレゼンテーション技法

    2017,Department

  • 基礎化学

    2017,Department

  • 基礎化学

    2017,Department

  • 環境化学

    2017,Department

display all >>