基本情報

写真a

澤田 紋佳

サワダ アヤカ


担当専攻 博士前期課程

環境創生工学系専攻

担当学科

応用理化学系学科

職名

助教

電子メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 触媒・資源化学プロセス

  • 反応工学・プロセスシステム

研究分野キーワード 【 表示 / 非表示

  • 触媒化学

  • 反応工学

出身大学院・研究科等 【 表示 / 非表示

  • 室蘭工業大学大学院

    2016年03月,博士後期,工学研究科,物質工学専攻,修了,日本

出身学校・専攻等 【 表示 / 非表示

  • 室蘭工業大学

    2011年03月,工学部,応用化学科,卒業,日本

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

    高性能リン化ロジウム系水素化脱硫触媒の新規調製法に関する研究

所属学会 【 表示 / 非表示

  • 化学工学会

  • 触媒学会

  • 日本化学会

 
 

論文 【 表示 / 非表示

  • Low-temperature synthesis of rhodium phosphide on alumina and investigation of its catalytic activity toward the hydrodesulfurization of thiophene

    Y. Kanda, Y. Matsukura, A. Sawada, M. Sugioka, Y. Uemichi,Applied Catalysis A: General,515巻,(頁 25 ~ 31),2016年04月

  • Formation of Rh2P supported on Na-form zeolites and catalytic activity for hydrodesulfurization

    A. Sawada, Y. Kanda, M. Sugioka, Y. Uemichi,Journal of the Japan Petroleum Institute,58巻,5号,(頁 312 ~ 320),2015年09月

  • Rhodium phosphide catalyst for hydrodesulfurization: Low temperature synthesis by sodium addition

    A. Sawada, Y. Kanda, M. Sugioka, Y. Uemichi,Catalysis Communications,56巻,(頁 60 ~ 64),2014年11月

  • Formation of Active Sites and Hydrodesulfurization Activity of Rhodium Phosphide Catalyst: Effect of Reduction Temperature and Phosphorus Loading

    Y. Kanda, C. Temma, A. Sawada, M. Sugioka, Y. Uemichi,Applied Catalysis A: General,475巻,(頁 410 ~ 419),2014年04月

  • Preparation of Highly Active Noble Metal Phosphide Catalysts: Effect of Precursor on the Formation of the Active Phase and Hydrodesulfurization Activity

    Y. Kanda, T. Ichiki, S. Kayaoka, A. Sawada, M. Sugioka, Y. Uemichi,Chemistry Letters,42巻,(頁 404 ~ 406),2013年04月

学会等発表 【 表示 / 非表示

  • 酸化プラセオジムの生成温度に及ぼすセリウム化合物の影響

    高本圭樹,島崎剛,島津昌光,澤田紋佳,山中真也,大平勇一,第26回化学工学・粉体工学研究発表会,化学工学会北海道支部,第26回化学工学・粉体工学研究発表会 講演要旨,2017年01月28日,札幌,日本

  • 乾燥球形粒子の粒径測定に及ぼす減圧処理の効果

    志賀武尊,島崎剛,島津昌光,澤田紋佳,山中真也,大平勇一,平野博人,第26回化学工学・粉体工学研究発表会,化学工学会北海道支部,第26回化学工学・粉体工学研究発表会 講演要旨,2017年01月28日,札幌,日本

  • 2段縦型撹拌槽の交換流量に及ぼすフローパターンの影響

    佐野航,島崎剛,島津昌光,澤田紋佳,山中真也,大平勇一,第26回化学工学・粉体工学研究発表会,化学工学会北海道支部,第26回化学工学・粉体工学研究発表会 講演要旨,2017年01月28日,札幌,日本

  • ゼオライト担持リン化ロジウム触媒による水素化脱硫反応とその特性

    澤田紋佳,大平勇一,第26回化学工学・粉体工学研究発表会,化学工学会北海道支部,第26回化学工学・粉体工学研究発表会 講演要旨,2017年01月27日,札幌,日本

  • Preparation of High Active Ruthenium Sulfide Catalyst for Hydrodesulfurization

    Y. Kanda, T. Araki, A. Sawada, M. Sugioka, Y. Uemichi,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Prevention Research 2016,Muroran Institute of Technology,Joint Seminar on Environmental Science and Disaster Prevention Research 2016,2016年03月,Muroran,Japan

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 分析化学実験(バイオシステムコース)

    2017年度,学部

  • 化学工学実験A

    2017年度,学部

  • 化学工学実験A

    2017年度,学部

  • 化学実験

    2017年度,学部

  • 分析化学実験(応用化学コース)

    2017年度,学部

全件表示 >>