Personnel Information

写真a

Maeda Jun


Affiliation centers1, etc

Center for General Education

Job title

Professor

E-mail Address

E-mail address

Research field 【 display / non-display

  • Clinical psychology

Keywords for Research Field 【 display / non-display

  • Clinical Psychology of General Hospital,Disaster Psychology,Psychodrama

Graduate school・Graduate course, etc. 【 display / non-display

  • Hokkaido University

    1992.03,Master's program,Graduate School, Division of Education,Division of Education,Completed,Japan

Graduate school・major, etc. 【 display / non-display

  • Hokkaido University

    1986.03,Faculty of Science,Department of Chemistry Second,Graduate,Japan

  • Hokkaido University

    1986.03,Faculty of Science,Department of Chemistry Second,Graduate,Japan

Academic Society 【 display / non-display

  • 北海道精神神経学会

  • 北海道心身医学会

  • 北海道教育学会

  • Japanese Association for Disaster Medicine

  • 日本ストレスマネジメント学会

display all >>

 

緊急事態における心理社会的支援体制

緊急事態をストレス概念から捉える

Purpose of Research

損なわれた安心感と安全感を回復する取り組み

災害や事件,事故などの緊急事態は,被災者や家族そして支援者にも多大なる心理的影響を与える。この影響をストレス概念から捉え,個々人それぞれに適した,安心感・安全感を回復させるための心的ストレスへの対応と,有効な心理社会的支援策および支援体制を立て,こころをケアする方策が研究の目的である。

Summary of Research

心理社会的支援という観点からの支援活動

国内では日本赤十字社,DMAT(日本災害医療支援隊),行政的支援をメンタルヘルス及び心理社会的支援という観点から支援活動に協力。国外では,国際赤十字赤月社連盟,各国赤十字,国際教育および各種支援団体の支援活動と支援体制について研究を重ねている。効果的な心理社会的支援の方法についての研究や,各職種や職域に適した支援プログラム及び研修プログラムの開発と研修の実施支援組織間の協力体制についての国際ガイドラインについての検討など,国内外をフィールドとし,特に赤十字機関と協力しながら研究を進めている。

Research Content

Features / Benefits of Research

1.Point of research 2.Research of novelty
  • 緊急事態での心理社会的支援を効果的に実施し心理的影響を減じる方法と体制づくり
  • 国外での文化的背景を加味した支援プログラム
  • 国際的にも有効な,日頃の社会生活の重要性も念頭においたメンタルヘルスと心理社会的支援の提供
3.Primacy of Technology 4.Situation of patent-related
  • 大規模自然災害から身近な事故まで,緊急事態に際しての現実的な対応と支援体制に関わる実務的研究
 

Books 【 display / non-display

  • 室蘭工大 未来を開く技術と研究

    国立大学法人 室蘭工業大学編 ,北海道新聞社,損なわれた安心感と安全感を回復する 災害支援と「こころのケア」の基本戦略,(p.230),2014.07

  • 総合病院の心理臨床 赤十字の実践

    全国赤十字臨床心理技術者の会編,勁草書房,第Ⅲ部 災害時の赤十字のこころのケア活動の実際 第1章、第2章-2、第2章-4、第4章-2、あとがき,(p.261),2013.09

  • 災害看護ー災害サイクルから考える看護実践

    勝見敦、小原真理子監修,ヌーベル広川,こころのケア,(p.487),2012.02

  • ナーシンググラフィカEX⑤ 災害看護

    黒田裕子、酒井明子編著,メディカ出版,3章2節 援助者の心理状態とその特徴,(p.250),2011.01

  • 心理臨床学事典

    日本心理臨床学会編,丸善,9.被害者支援 危機介入,(p.750),2011

display all >>

Papers 【 display / non-display

  • 発達障害のポジティブイメージの増減と持続に関する検討

    今野博信、前田潤,室蘭工業大学紀要,(第65号),(p.67 ~ 75),2016.03

  • Medium-and-long Term Support from a Psychosocial Point of View(日)

    前田潤,Job Stress Research(日),vol.20,(4),(p.1 ~ 4),2013.10

  • ON THE RELATIONSHIP BETWEEN LIVING STYLE AND DAMAGE OF DROUGHT IN SUNITE RIGHT BANNER INNER MOGOLIA(日)

    阿拉坦図雅、前田潤,Journal of Environmental Engineering(日),vol.78,(688),(p.537 ~ 542),2013.07

  • Psychosocial Support System in Emergency Settings-part3-Japan Red Cross Society's Early Phase Case of Great East Japan Earthquake--

    前田潤,齋藤和樹,槙島敏治,Memoirs of the MURORAN INSTITUTE OF TECHNOLOGY,(62),(p.113 ~ 123),2013.03

  • Psychodrama for the recovery from the Great East Japan Earthquake

    前田潤,TheJapanese Journal of Psychodrama,vol.17,(1),(p.3 ~ 8),2012.12

display all >>

International conference proceedings 【 display / non-display

  • The Feature of Japan Red Cross Society's Response toward Great East Earthquake as Psychosocial Support

    Jun Maeda,International Journal of Psychology,vol.51,(p.949 ~ 964),2016.07,Yokohama

  • Searching for more appropriate relief action after disaster-based on outpatient'dataof 2000 Mt.Usu Eruption

    Jun Maeda,Joint Seminar on environmental Science and Disaster Mitigation Research 2016,(p.94 ~ 95),2016.03

  • The Influences after 10 Years Mt.Usu Eruption in 2000 Interview Surveys to Outpatients in DATE Red Cross Hospitals in 2010

    Jun Maeda,Joint   Seminar of Environmental Science and Disaster Mitigation research 2011,(p.76 ~ 77),Muroran Institute of Technology,2011,muroran

  • 2008 Survey of the nomadic life in adrought-hit area in Sunite Right Banner,Inner Mongolia,China

    Alatantuya,Jun Maeda,et al,Joint Seminar of Environmental Science and Disaster Mitigation research 2010,(p.70 ~ 71),Muroran Institute of Technology,2010,muroran

  • A research of Recent Nomadic Herder's Actual life in Drought Areas in inner Mongolia based on Field Surveys from 2005 to 2008

    Alatantuya,Jun Maeda,et al,Joint Seminar of Environmental Science and Disaster Mitigation research 2009,(p.83 ~ 84),Muroran Institute of Technology,2009,muroran

display all >>

Editorial and Commentary 【 display / non-display

  • 災害時から復興期まで、それぞれの段階における心理支援

    前田潤,明日の医療を考える 月刊保団連,(1237),(p.22 ~ 28),2017.03

  • 自治体職員へのメッセージ 被災地自治体の職員として「選ばれた」意味を考える

    前田 潤,地方公務員 安全と健康フォーラム  特集 東日本大震災 心身のストレスから職員を守るために,(p.5 ~ 7),2011.07

  • 日本心理劇学会第15回大会を終えて

    前田 潤,日本心理劇学会ニューズレター,(28),(p.2 ~ ),2010.04

  • 緊急支援体制の重要性

    前田 潤,北海道臨床心理士会ニュースレター,vol.No.32,(p.p3 ~ ),2010

  • 「災害そのときに備える-災害直後とその後のために」

    前田潤,会報,vol.85,(p.4 ~ 5),2009.01

display all >>

Research reports 【 display / non-display

  • 2008年四川大地震後の被災教員の経験とその特徴ー発災5年目の現地インタビューー

    賈冉、前田潤,室蘭工業大学紀要,(63),(p.135 ~ 143),2014.03

  • The Inner Mongolia Pasturing People's Lives and the Disaster Damage in 2008

    阿拉坦図雅、前田 潤,室蘭工業大学紀要,(第59号),(p.37 ~ 42),2009

  • 全員参加の心理劇:サイコドラマの素晴らしさ

    前田 潤,心理劇,vol.第14巻,(第1号),(p.39 ~ 40),2009

  • The practical research on the Construction of Relief Activity System In the Disaster Including Psychological Support

    前田潤、槙島敏治、田村亨、後藤芳彦、、吉田英樹,国立大学法人室蘭工業大学地域共同研究開発センター研究報告,vol.No.19,(12),(p.1 ~ 5),2008

  • 成都医学院応用心理学研究所支援チーム活動報告

    小澤康司・前田潤・齋藤和樹,日本臨床心理士会雑誌,(第57号),(p.11 ~ 17),2008

display all >>

Presentaion at conference, meeting, etc. 【 display / non-display

  • Dreaming the dream

    Sue Daniel,Jun Maeda,PIM Workshop,Psychodrama Institute of Melbourne,PIM Website,2017.02.26,Australia

  • 想像の世界を創造するサイコドラマ

    前田潤,日本心理劇学会第22回大会,日本心理劇学会,日本心理劇学会第22回大会抄録集,(p.26),2016.11,東京,日本

  • 認知症高齢者が取り組みやすい回想法の進め方 その3

    森下敬子、前田潤,日本心理臨床学会,日本心理臨床学会第35回秋季大会発表論文集,(p.445),2016.09,横浜,日本

  • The feature of Japan Red Cross Society's Response toward Great East Japan Earthquake as Psychosocial Support

    Jun Maeda,The 31st International Congress od Psychology,Japanese Psychological Association and Science Council of Japan under the auspices of the international Union of Psychological Science,International Joournal of Psychology,2016.07,Yokohama,Japan

  • Searching for more appropriate relief action after disaster-based on outpatient'data of 2000 Mt.Usu Eruption

    Jun Maeda,Joint Seminar on environmental Science and Disaster Mitigation Research 2016,Joint Seminar on environmental Science and Disaster Mitigation Research 2016(JSED 2016),(p.94-95),2016.03,Muroran,Japan

display all >>

 

Class subject in charge 【 display / non-display

  • 教育心理学

    2017,Department

  • 地域再生論

    2017,Department

  • こころの科学

    2017,Department

  • こころの科学

    2017,Department

  • 表現技法

    2017,Department

display all >>